ブログのTOPへ

ブログTOPへ

2012年の記事
出張⇒帰省します♪
響きあう…
2525劇場
リンパ&関節調整⇒温♪
11月のレポート
軽有酸素運動で温35分
一番の発言って…?
おしゃべり上手な運動
冬の笑心地〜時間♪
今年の秋〜冬の体内浄化
軽快♪リフレッシュ温♪
お薬について?!
思考は多面的にしたいね
レッスンの感想御礼♪
新感覚⇒スイッチON体操
なおすのは、だれ?
鎌倉世界遺産の会議
小町通りの乳酸菌食べ物
私のメルヘン好きは…♪
がんばって得る満足??
骨格調整体操⇒ポカポカ
運動会御礼
爽やかポカポカ笑体操♪
走るの…楽しいネ!
イタイのは…?
寿命は3段階〜♪
秋の「からだ」よろこぶ
ねじる体操でスッキリ♪
口内炎大爆発
夏休みの自由研究
いろいろ心地の体操時間
出湯鳥取♪
出張⇒帰省します♪
足裏トントン⇔快体操♪
夏の「からだ」を…♪
どこまで信じる?
発汗良好の柔軟体操
夏の脳リラックス…♪
よくなりたいですかぁ?
どんな水分補給…?
くり返し体感すると…♪
天使の手⇔アレンジ花
講習会受講しました♪
仙骨湯たんぽ習慣
愛を巡らせる体操の時間
似顔絵…楽しいね♪
少々の膝基礎筋力ケア…
呼吸で円やか♪
夏のからだへON♪
6月になりました♪
市民活動フェスティバル
運動後の牛乳は?
進化論NG(笑)!
女3世代和気ワイワイ♪
web支援講座
太腿スッキリ…笑心地♪
バス停ベンチ維持活動
インドの乳酸菌は…?!
私が手術から得たこと
ハッ♪お臍が凹む時間
悩みの…「第二の◎○」
生活習慣病は…?
これは名案⇔明暗
手首足首ほぐしと…
C1講習会の再受講♪
くもった(?)料理…。
乳酸菌力活かしたいね♪
新年のご祈祷…
豊氣巡る笑顔の時間
黙祷
太りすぎちゃ…!
肩甲骨と心ポカポカ♪
フクラムまごころさん
女バス部の会話…
のんびり体操しました♪
春の氣ムンムン体操♪
めばえちゃん巻き寿司
いろいろかるた
お休みになりました。
立春しましたね♪

ページタイトル右の、家のイラスト「homeさん」をクリックすると、 トップページへいきます♪

平成24年12月19日


平成24年12月18日

響きあう…

「からだ」は「いのち」を宿す美しい存在。
これは、私の笑心地のコンセプトの一つです。

「からだ」には、大自然の美しさや純粋さと響きあっている… 美しい細胞の営みがあります。
その営みに感動する感性は、 私の魂を正しい方向へ導いてくれるように思います。

その美しさに響き合う感覚を…、
私は、体調を崩してから…、
忘れて…、
いいえ、失ってしまっていたカモ??
…と、気が付いたのは、 先日、出かけた高砂淳二さんの写真展でした。

展示されている写真を見ながら、ふと思いました。
地球には…、私が行くことができない場所には…、
大自然の純粋な美しさがあふれているみたい。
…みたいではなく、あふれているなぁ…(^-^)♪

地球には、こんなに美しい、自然の営みが…、あるんだ…。
(あるねぇ…^^。知っているよ♪)

そう思いながら、
展示されている 大きな写真に「からだ」を染めました。

そして、写真に転写されている、その土地のスピリットへ魂を向けました。 実体験ができない時、私は、この方法で旅行(?)を試みます(^−^)。
(もしも・・・今、私に金銭的余裕があったら、即度立っていると思います。)

そうしたら…聖子復活です(笑)♪
私の中にある、大自然の美しさを感じて、 共鳴する「からだ」の感覚が呼び覚まされるのを感じました。
(しばらく、使っていなかったみたい・・・な鈍重い感じがしました。)
同時に、この感覚を呼び覚ますスイッチが、 ゴトッ♪と音を立てて、作動した感じがしました。
そして私は、写真ではなく、今すぐにでも、 外へでて、大自然と響き合う感覚をつくりなおしたくなりました。
この美しさを満喫できる現実体験が欲しい〜〜〜!と、叫びたくなるような衝動でした。
(過去の私は、魂の衝動のままに生きてきたので、 この感じは本当に久しぶりでした^^;。)

ところが、会場のコニカミノルタプラザは、 新宿にあるので、私の欲している大自然感覚は得ることができませんでした。
…ので、この感覚の調整(大自然感覚)は、 この日からの、私の健康課題になりました(^−^)。

大自然の美しさと響き合う「からだ」の感性は、天恵の感性です。
この感性は、健康づくりに欠かせません。
私は、この感性が、自然治癒力を調整してくれると考えています。

丁度…、この冬の私の「からだ」に何をしてあげたら、いいのかしら?
と、「からだ」に聞きながら、過ごしていました。
そうしたら・・・(^−^)♪ 写真展のDMが届きました。

出かけてみたら、私の、美しさに響き合う…私の感性の復活!のベルが鳴り響きました! (うれしかったです♪とても新鮮な感じがしました。)
DMを転送くださった、Yoさん、ありがとうございます(^-^)♪
そして、高砂氏に感謝♪
写真展に関わる全ての皆様に感謝を申し上げます。
皆様の、ご健康とご活躍をお祈り申し上げます♪

高砂淳二ブログ
【写真:写真展の案内、買った写真集、江の島の海】


平成24年12月17日

2525劇場

2525劇場は、「にこにこげきじょう」と読みます(^-^)♪
これは、姪っ子達とつくる、お話あそび?です。
合奏あり、うたあり、体操あり、ダンスあり、 宿題あり(?)…なんでもあり♪ の創作あそびです。
去年までは、私の読み聞かせバージョンでしたが、 今年からは、本格的な創作スタートです。
私の舞台好きは、姪っ子達は知りません(笑)。
ですが、姪っ子達は、発表会形式の出し物が好きです。
今年は、とてもやる気満々のようです。

そろそろ・・・帰省をするので、 安房直子さんのコレクション本を荷物にいれる電話をしたら…、 姪っ子達は、図書館で、本を借りて準備してくれたようです。
ヤッホー!& ステキ〜!
台本を持って稽古(遊び?)をするようです(笑)。 これには、びっくり!聖子感激でした(^0^)♪
ありがとう♪
電話で、火の妖精の歌や宝温泉音頭を一緒に歌いあいました。
2525劇場の演目は決めてあり、合奏内容や配役も決まっているようです。
ヤッホー!& ステキ〜!

今回、私は、安房直子さんの童話『雪窓』の中にある、 子守歌に振り付けをしようと思っています。
鬼の子ども達が歌うシーンがあるので、 そこで、鬼の子が踊りながら歌うイメージが頭の中に浮かんでいます。
それができたら、実家の近所の山の中の公園で、踊ろうと思っています。
雪が積もったら・・・雪の上で踊れます。楽しみです(^-^)♪
それを山の神様に見てもらうのが目的です(笑)。

これは、私が子どもの頃からのmyルールです。
去年の冬に、わたしのmyルールを姪っ子達に話したところ…、
どうも同じような感覚をもっているのがわかり、うれしかったです♪
不思議(^−^)♪

今年は、どんな冬休みになるのかな?
楽しみです♪
姪っ子達の成長をよろこびつつ…、
この楽しみが、いつまで続くのかわからないので、 この冬の2525劇場を姪っ子達と大切に過ごそうと思います。

2525劇場より、愛を込めてニコニコ元気を送ります(^0^)♪

10月13日のブログ 「私のメルヘン好きは…」
【写真:姪っ子達の新作めばえちゃん♪、
     yuyu夕陽のうた画、rere『雪窓』の感想カード】


平成24年12月13日

リンパ&関節調整体操しました♪

平成24年12月12日(水)の水曜市場健康体操教室は、今年最後の教室でした。
この日は、寒〜い朝でした。 寒い季節は、血流を促して、 免疫機能を活性化させる健康体操がオススメです(^−^)。
And、今年一年お世話になった「からだ」を労い、感謝をしながら、 話しかけたいですネ・・・というイメージで教室をすすめました。

水曜市場の健康体操では、 毎回、「ありがとう体操」をしていますが、12月は別格です。
年末にはまだまだ日にちがありますが、
一年間お世話になった「からだ」に「ありがとう〜♪」と伝えましょう〜♪
と足をさすっていたら、
Tuさんが、次のような、言葉を発してくださいました。

「今年もありがとう…、私は、年末年始は大忙し、
もうしばらく、よろしくネ(^-^)♪」
お正月を迎えるまでの準備や支度、 お正月を迎えてからの諸々・・・を、 全て切り盛りする現役主婦のステキなつぶやきでした。

現代事情では、買えば済むお正月事情が当たり前になっていますが、 Tuさんは、嫁いだ頃からの・・・手間暇をかける年末年始を続けておられます。
私はいつも、Tuさんのお話を伺う度に、頭がさがる思いでいっぱいになります。
水曜市場の皆さんは、年末年始も大活躍。 主婦に正月休みはありません。
お正月を円満に過ごすことができるよう、エールを送りますネ(^−^)♪
そんな気持ちになりました(笑)♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
リンパマッサージ体操をしながら、 年末の家事の最中に、 冷えと疲労の予防&解消にオススメの肩や背骨の体操を紹介しました。

家事動作は、背中を丸める動作や、中腰の動作が多いです。
きりがいいところまで(掃除や片づけ等を)やってから…体操をするのでは、 一日が終わってしまうようです(笑)。
そこで、年末の掃除や片づけの合間に、 脳のリフレッシュ感覚で、骨格や関節のメンテナンスをする思考をお話ししました。
そうすれば、疲労を次の年に持ち越しするのを予防できるからです。
加えて、代謝もアップします♪
丁度、教室前に、年末年始は、体操の時間をつくることが難しい上に、 ついつい…食べ過ぎて太ってしまうから、 その予防をしたい♪という話があったので、ちょうどよかったカナ?と思いました。

フットセラピーは、先月に続いて「疲れ目」ケアを紹介しました。
先月から、私も疲れ目ケアのフットセラピーを続けています。
目に関連する臓器は肝臓です。ついでに消化器系全般もケアした季節です。 足裏たたきをしながら、反射区を入念に快刺激する方法を紹介しました。

後半は、BGMをかけて、35分の軽〜い有酸素運動をしました。
先月から、行っているプログラムのバリエーションです。
股関節の調整エクササイズと、肩関節の調整エクササイズをしました。
単純で、軽い動きのくり返しですが…、軽〜く動かしたいけれど、 骨格を意識して行うと、ついつい力が入ってしまったり、 動きすぎて疲れてしまったり…いろいろでしたネ(^0^)♪
だけど、確実に、初回に比べて、皆さんの動きが滑らかになっているのがわかりました。 ステキ♪
うまくできなくても、いいんですよ(^−^)♪
この調子で、来年も続けさせてくださいませ♪
桜の花が咲くころには、きっと、滑らかで心地よい動きになっていると思います。
楽しみですね♪

今年も一年、大変お世話になりました。
水曜市場の皆様のお陰で、今年の私は、 昨年よりも心明るく温かい生き方が出来たように思います。
ありがとうございます(^0^)♪
次回は、来年1月23日(水)14:00〜15:00です。参加費はお一人様500円。

水曜市場は12月26日(水)まで、毎週、開催されています♪
美味しくて、からだにやさしいお野菜と明るくて、 温かい心があふれる水曜市場へ、是非、足をお運びくださいませ。

【写真:はくさい、私の買った品々♪、たまご(みんな濃い味でおいしい♪)】


平成24年12月12日

11月のレポート

11月の私の活動レポートを3つ更新しました♪
私の文章は…、 長いので、もっと短くしてください… 等々のアドバイスをよくいただきます。
…が、どうやったら、短くまとめることができるのか?
今の私には、課題のようです。まだまだ練習期間が必要です。
申し訳ありませんが、大きな心で見守っていただければ幸いです。
ので、お忙しい御方は、チラっとご覧いただくだけで構いません(^-^)♪

講演会に際して、私が感じたこと思ったことを綴っています。
よろしければ、ご覧下さいませ(^−^)♪


11月11日 愛知県犬山市 寂光院「笑顔と感謝の健康づくり」
寂光院のホームページに今年の紅葉の燃えるような美しさが紹介されています。
レポートの最後にリンク先を紹介しましたので、是非、ご覧くださいませ♪


11月17日 埼玉県深谷市 吉祥寺「ありがとう体操〜笑心地の健康づくり〜」
吉祥寺のホームページの中にある、 住職ブログと座敷ネズミ(奥様)ブログに、 11月17日の紹介があります。
レポートの最後にリンク先を紹介しましたので、是非、ご覧下さいませ♪


11月24日 神奈川県鎌倉市 鎌倉ホームヘルパー連絡会研修会「リンパ体操」
研修中の写真撮影をお願いするのを忘れてしまい、写真が少ないです。
が、介護をする立場の人々のセルフケア(健康づくり)には リンパマッサージ体操はオススメです。その思いも含めて綴りました。
よろしければ、ご覧下さいませ。

【写真:江の島の海(遠くに富士山見えました♪)】


平成24年12月10日

軽〜い有酸素運動で温♪35分

平成24年12月5日(水)の水曜市場健康体操教室は、のんびり開始(^0^)♪
教室前には、健康に関する話題が色々ワイワイ、 話題になっては…消えていきました。
皆さんそれぞれが、生活で得た健康情報と 自分の実践結果と主観を活用しておしゃべりし合っています。
何が正しい情報で、何が自分に適切なのかは別として、 本当に、話題が尽きません。そして、楽しい時間♪
おしゃべりは不思議な魅力のある時間です(笑)。

そんな水曜市場の皆さんの様子を拝見しながら・・・、
今年の私は・・・♪
おしゃべりを楽しむことは脳を良好に活性化してくれるので、 その最中に、健康を専門にしている私が口をはさむと、 おしゃべりの楽しさ(主観的な楽しさ)が減ってしまうなぁ…と、 私は思うようになりました。

健康に関して正しい知識と思考を得ることは、 病気の予防や改善に欠かせないのですが、 水曜市場の皆さんのお人柄を考えると…、 今の会話の楽しさ、面白さが変わってしまうカモ(^^;)… と、思うようになったからです。

もちろん、おしゃべりの内容によっては、
そのままいけば…、 病気を発症して当然だなァ…と思うこともあります。
(スイマセン・・・^^;)

…と同時に、皆さんの健康の知識と思考をフォローするには、 私は、何を皆さんへお伝えしたらいいんだろう?という視点が生まれてきました。
これは、過去の指導現場では、ナカナカできなかった思考です。
水曜市場で、育ててもらっている喜びを感じます♪ 今年も水曜市場の皆さんのおしゃべり♪に学ぶことの多い一年でした。
皆さん、本当に素敵です&ありがとうございます(^0^)♪

来年は、おしゃべりを満喫しながら、円満に…、 皆さんが健康づくりに関して情報を得て、 思考を得る楽しみを見つけられるよう、 ちょっとづつ工夫をしてみたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
今回は、有酸素運動用の軽快なBGM♪をかけて35分、 骨格調整タイプの軽〜い運動をしました。
(姿勢改善&肩と腕の疲労をスッキリ解消したい〜♪プログラムです。)

なぜなら、水曜市場の皆さんは、 体操前に、大根の甘酢漬け作業をされていたからです。
スゴ〜イ速さで、ものすごくたくさんの大根をピーラーで向いて、 切って、樽に漬け込む…作業でした。
見るからに・・・背部と肩、腕の筋肉に疲労物質が溜まりそうな動作です。
そして、素晴らしい作業展開でした♪
見とれてしまうほどの、動作に聖子感激でした^0^♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪
BGMのスイッチを入れて、
私は「30分エクササイズ、やりましょう^0^♪」とお伝えしました。
フフフ(笑)、内心、目標35分でした(笑)♪
(大根漬け作業の疲れ解消エクササイズです♪)
皆さん、ありがとうございます(^−^)!
バッチリ、疲労解消時間になりましたね♪

開始して・・・♪
15分くらいたったら、「温まってきた〜♪」
25分くらいたったら、「アツくなってきた〜♪」「気持ちいい〜♪」
35分くらいたったら、「からだが軽〜い♪」「ポカポカ〜♪」

その後は、リンパマッサージとフットセラピーをしました。
有酸素運動で血行良好なので、 いつもよりも触るポイントが柔らかくて温かく、 マッサージしやすかったようです。よかったです(^−^)♪

有酸素運動といえば、ウォーキングが実践しやすいですが、
ウォーキングは、 姿勢改善や骨格調整や関節のメンテナンス&疲労改善や動きの改善を 目的にした運動ではありません。
(だから、快適に歩けるようにメンテナンス運動をしましょう♪ …、と私は提案しています♪)

…確かに、姿勢改善や骨格調整…等々になるウォーキングの仕方もありますが、 それは、レベルが、ちょいと(いや、ずいぶん…)高いです。 ウォーキングに関連する「からだ」の動きの癖を自覚することができるレベルの人で、 自己改善する身体感覚と関連する知識と思考を得た人のレベルです。

つまり、身体感覚が非常に優れている人で、自己改善が自在で自由に可能な人です。
このようなレベルの人には、私のような運動指導は必要ありません。 早くこのような人が増えてほしいと思っています(^0^)。
そうしたら、歩くほどに調子が良い人が増えて、 病気の予防まもちろん、バッチリ!介護予防に貢献できます♪
私の考察では、水曜市場に参加くださる皆さんは、 まだこのレベルに至っていないご様子なので、 私の出番だワ!とよろこんで通わせていただいています(笑)。

初めての35分の世界です。お疲れ様でした。ありがとうございます。
次回も、BGM付きでお試しさせてくださいませ。

次回は12月12日(水)14:00〜15:00です。参加費はお一人様500円。

【写真:水曜市場の柚子、にんじん、会計中♪、ターサイ、12/5の空♪】


平成24年12月9日

一番の発言って…?

「先生、やっぱり食事が一番だよね。」
「先生、健康にイチバンいいは、睡眠だよね。」
「歩くのが健康に一番いいよね。」
「健康には、◎○布団が一番大切です。」
「健康にいいのは、◎○水が一番でしょ!」
・・・などのお言葉を私に話しかけてくださる人は多いです。
ありがとうございます(^−^)♪

個人的には…、
「一番」を発言する思考をしなくてもいい発想で、 お互いの健康に有用な会話をしていただきたいと思っています。
この場合の、健康づくりの思考には、 「一番・・・」という思考が、あてはまらないように思うからです(笑)。
その気持ちはわかりますが…、
優先順位をつけたい項目が多くなりすぎです…ネェ。

その会話を聞きながら…

「なんで、一番なんですか?」と聞きたくなっている、 私の心理をズバリ!見抜いてくださった人が、
「先生、気にしないでね(^−^)、
◎○さんは、一番の意味を分からないで、 テレビの話(芸能人のコメント)をそのまま言っているだけよ。
たぶん本人は、本心で一番と思ってはいないよ〜!」
…と、隣で、耳打ちしてくださるので、私はニコニコ会話を聞くことができます。

新聞、広告、テレビ、ラジオ、インターネット…等の言葉を鵜のみにして、 日常会話に活用しているだけなのだそうです。

(そうでしょうねェ^^;  しかし…あぁ…、勉強しすぎた私には、 そのような会話は、決してできません^^;)
(そりゃそうです、私は健康を仕事にしている立場ですから^^;)

近年「考えるチカラ」の教育の必要性がクローズアップされています。
健康づくりにも、「考えるチカラ」が必要です。
その前に…、
健康づくりには、「感じるチカラ」が必要です。
感じて、考えて、運動する。
この3つ連動が、健康づくりを目的にした身体運動の世界です。
感じないで、考えないで、運動してしまっているから…、
理屈ばかりこねて、じっとしているから(行動しないから)…、
感じ方、考え方、運動の仕方を教わって、研鑽するよろこびを知らないから…、
諸々の健康問題を複雑化していくのだと考えています。

加えて、私は、健康づくりを仕事にさせてもらっているから、 メディアの現状(情報操作や思考誘導・洗脳)に早く気が付くことができましたので、 その影響を受けないように努力をしています。

私たちが日々の生活で無意識に得てしまう情報の処理の仕方(思考や認識)を、 ちょっと修正することで、セルフケアの健康づくりの質がランクアップします。

日々の生活で、当たり前に(無意識で)言葉にしている内容について、 考え直したいと思いました。
セルフケアの健康づくりは、本当に奥が深いです。
だけど、研鑽する価値は大いにあります。

【写真:今月の…近所の諏訪神社のイチョウや木々♪】


平成24年12月4日

おしゃべり上手な運動しました♪

平成24年11月28日(水)の水曜市場【健康体操教室】は、 寒い日でしたが、おしゃべりいっぱい笑心地の時間になりました。
前回のBGM付きエクササイズが好印象だったと伺い、とても嬉しく思いました。

・・・が、
この日は有酸素運動用のCDとCDプレーヤーを忘れてしまい(スイマセン)、 BGMなしでの軽有酸素運動をしました(^−^)。

有酸素運動といえば、ウォーキングがおススメの世代ですが、 骨格の動きを調整するメンテナンスなしでウォーキングしても、 現代人の場合は、良好な運動効果は得られないのでは??、 と私は運動療法の研究をしながら、考察を深めています。
(からだの理に叶う、自然な歩き方をしていただきたいと願っています)

・・・・・・・・・・  ・・・・・・・・・・
過去には、毎日2〜4万歩歩いている習慣があり、 健康に自信がある中高年へウォーキング指導をさせていただいた時、 彼ら彼女らの筋肉の硬化や癖の弊害ケアが必要なことを伝えるのに 大変苦労した経験もあります。

(歩くのなら…歩いてくれる「からだ」のメンテナンスをして、 骨格を活かして、細胞の正常な代謝を促す歩き方をしてください〜〜♪
と伝えたかったのですが、
このタイプの方々=万歩計の値に満足している思考の方々には、
伝えるのが難しかったです^^;)

(自分で満足のいく歩き=万歩計の結果だけが価値あることがそうですので、
教わる気もなく、時間がもったいないそうでした。⇒聖子即退散しました^^;)

今回も軽有酸素運動では、 股関節の滑らかな動きを引き出す運動プログラムにしました。
・・・・・・・・・・  ・・・・・・・・・・

前回は初体験でしたが、今回は2回目です。
動きの感度が学習済みの感じでした。
(この感覚の良さは水曜市場の皆さんは抜群です。)

ところが2回目なので、イメージするようには、なかなか動かすことができません。
これが、楽しいおしゃべり時間に発展しました♪
(そうです、だって2回目ですもの^−^)
私は、「それで、いいんですよ♪  まずは、体験することからはじめています♪」というようなことをお伝えしました。

運動神経が動きの学習をするのには、経験の蓄積が必要です。
さらに、その経験をどのような「こころ」で、どのような身体感覚で、 どのような雰囲気でしたらいいのか?が、重要課題です。
ただ、自己中心的に、自己都合で、自己流で、やればいい世界ではありません。
何でも、そうですが、健康運動には、思考の豊かさを求める感性が大切だと思います。 水曜市場の皆さんは、その感性が豊かです(笑)。
楽しくて、おしゃべりと血行を促す時間になりました。

他には、定番のリンパマッサージ体操と、 フットセラピーは前回紹介した目の疲れケアをしました。
椅子に座って行う、骨盤と肩関節をユルユル…動かす体操(背骨の体操)と、 太腿と下半身の筋力づくり運動で日常動作を支える筋肉メンテナンスをしました。
筋力低下サインがでているご様子でしたので、
次回も筋力づくり体操をしよう(^−^)♪と思いました。

リンパマッサージ体操の最中に…、
「私達って、本当におしゃべりね〜〜♪」
「おしゃべりしながらの体操が楽しい・・・♪」
というような、話題がチラッと出ました。
内心「そうなんです!皆さんおしゃべり上手なんです!」
…と、拍手喝采したくなりました(笑)。

水曜市場の皆さんは、心底、明るい、陽気な雰囲気のおしゃべり上手です。
時には、人情があったり、人生の難儀苦労の話もありますが、 最後は、陽気な笑顔になれて、気持ちがいい方向でおしゃべりが終わります。
ありがたいです。毎回、聖子御礼です♪
この体験が、私にはとても勉強になります。
人との明るいお付き合い現場に身を置くことは、人生が明るくなります。
皆様の明るい人生を応援する健康づくりを支援したい、 と思う私には素晴らしい学びの現場です。ご縁に感謝しています。
皆さん、今回もありがとうございました(^−^)♪
次回は、12月5日(水)14:00〜15:00です。参加費はお一人様500円。

【写真:キャベツ、ほうれん草、さといも、諏訪神社の冬のタンポポ♪】


平成24年12月2日

冬の笑心地上手な体操時間でした♪

平成24年11月14日(水)は、 今年最後(5回目)の飛島善光寺で「いきいき講」でした。
今年の「いきき講」の「からだほぐし」は、 リンパマッサージと「いのち」の呼吸&健康体操(ヨガもどき?!) で笑心地をつくろう!と企画をすすめました。

春から健康と関係の深いチャクラやオーラについて、 テーマをしぼって思考錯誤しながら…展開して、今回がまとめです。
どうなるかしら?と思っていましたが、どうにかなりました(^−^)。
この試みは、私にとって、新鮮な発見と謙虚な確信が生まれる結果になりました。
ご神仏に感謝、住職様や副住職様に感謝、参加くださる皆様に感謝を申し上げます。

リンパマッサージの体操をして、 呼吸を感じて、フットセラピーをして、 健康体操(ヨガ的)をすると…、 明るくて清らかなエネルギーが流れるように感じました。
そして、先生主導型の指導ではなくて、 私は話題提供をしますが、皆さんと一緒に考えたり、 感じたりしたことを、 おしゃべりしながら「こころ」と「からだ」を動かしていると、 笑心地の世界が深く広く発展していくのがよくわかりました。

ただ体操(ポーズ)をまねる(模倣する)運動ではなくて、 見えないエネルギーの流れがあることを知っていただきたいと、 ちょっと難しいカモ?レベルの話もしましたが、 皆さんはついてきてくださいました。
「よくわからないけど…(^^)。。。」と素直に感想を下さる人も多く、 それが嬉しかったです。
一年間、本当に、ありがとうございました。
来年も続きますので、よろしくおねがいいたします。

今回は下半身の冷え改善と転倒予防&冬の筋力低下予防のリンパマッサージと体操をしました。 フットセラピーは疲れ目ケアをしました。
体操後は、重心感覚が楽(^^)になったご様子で一安心しました(笑)。

ヨガには重心を調整しながら行うポーズがあります。
苦手だからやらない、ではドンドン筋肉の委縮感覚の鈍麻が進みます。 体力が低下して当然ですし、体脂肪が増えて当然です。 体力が低下していくと…転倒⇒骨折は避けられません。

苦手な体操があっても、笑顔で乗り越える方法を提案するのが私の仕事ですから…♪
出来ない状態がわかったら、できるレベルの実践方法をその場でズバリ!提案する、 というスタイルで続けさせてもらって今年で6年目です。

グングン前向きに体操を試みるタイプの人と、 ドンドン後ろ向きに参加御を止めるタイプの人に分かれてきました(^0^)!
それがよくわかるので…、
私は明るく積極的に&ユーモアを心がけて参加を誘導する発言するようにしています。
結果は、笑心地です(^−^)♪

前向きの人のワクワク楽しもう感覚が伝わって… 後ろ向きの人は、ヨッコラショ♪と参加して下さいます。
この流れ(雰囲気)を私は拝見する度に笑顔になってしまいます。
ホントに皆さん・・・カワイイです(笑)♪
これは、回数を重ねて養う精神力だと思います。

体操前に、健康のアファメーションを紹介しました。
自然治癒力を養い高めることを目的にした場合の健康体操は、 健康な氣の流れ(オーラやチャクラ)を巡らせることが重要です(^−^)。

ご本尊様に見守られて…、
その御光に包まれて…アファメーションをする心地よさを感じました。
本当に素晴らしい感じがしました♪

皆さん、健康のアファメーション、初めてでしたネ(笑)。
みんなで、金色の光をイメージして…ステキな時間を過ごせたように思います。 ありがとうございました。
今回はお試し?のようなアファメーションでしたので、 来年は工夫をして皆さんが体験しやすい内容を考えます。
今年も一年間、ありがとうございました。

私が担当する「からだほぐし」の後は…、
副住職様の「こころほぐし」。
孔子様の教えから2つ、お話を頂きました。

「意志は誰も奪えない」
「人のことをわかろうとする」

他の人がどれほど強いても変わらない、
力強い意志を全ての人は持っているのです…。
その意志の存在に気が付いて、 その意志を研鑽して、ご神仏の息吹と和する次元で、 その意志を活かすことができたら…幸せだなぁ…と思いました。
この時私が考えた意志は、心なのかもしれません(笑)。

もう一つ。

わかってもらう喜びを人に与えることは、 同時に自分のことに関心を持ってもらうきっかけを作ることになります…。
コレは!仕事柄、時間の都合で、 相手のことを認めてあげることをしていないことが多い私の心に響く内容でした(笑)。
人のことをわかろうとする、という思考は、狭くなりやすいです。
できるだけ枠や定規や色目を使わないようにして試み続けています(笑)。

次回(来年)の飛島善光寺【いきいき講】は3月13日(水)13:30〜15:00です♪

今年のいきいき講の紹介
飛島善光寺ホームページ
【写真:山門、控室の書(いつも氣をいただいています♪)
    資料のイラスト作成中…♪、私が乗った電車の案内板、蟹江駅の夕陽】


平成24年12月1日

今年の秋〜冬の体内浄化

しばらく更新していませんでした。

今年の秋から冬にかけて、
からだの大掃除がはじまったような、 9月10月11月を過ごしています。

有難いことに、教室や講演会等で、 お会いする方々からは、 「先生に会うと元氣をもらえるのよ(^0^)!」
と嬉しい御言葉を頂戴する日々でした(笑)。
ありがとうございます♪
(本当に…仕事の時の私は、キラキラ&ニコニコ元氣です♪)

仕事の時は…、
私の「からだ」に、 別のエネルギー体(?!)が流れるよう?なのが、 よくわかり、本当に助かりました。
私に仕事の時だけでも、イキイキ元氣を満たしてくださった、 ご神仏の御守護に深く感謝をする日々を過ごしています。

9月は口内炎の大爆発⇒消化器系の弱化…、
10月からは、肺炎モドキ系?の大波小波…という感じでした。
ついでに、今年の風邪の菌は、昨年よりも、 黒く曇ったしぶとい?エネルギーのように感じています。
11月は何種類か風邪の菌を体験できたみたいです(笑)。
なんでしょうねェ(^^;)??

こんな状況でしたが、
出張先や日々の生活で目にする大自然の美しさには魂が癒されました。

冬のステキは大自然の美しさです。
一年を経験する「こころ」と「からだ」は、冬にはじまり、冬で終ります。
1月の季節は、冬(^−^)。
12月の季節は、冬(^−^)
この一年の「はじまり」と「おわり」の冬って、 とっても意味のある自然の摂理のように思えてなりません。

寒いけれど、心温かく、美しく、楽しむんだよ♪
そんな声が聞こえてきそうな気がしてなりません。
この気持ちは、子どもの頃からずっと変わっていません。

秋〜冬の体内浄化がひと段落しそうなので、 今年の「からだ」を動きやすく整えて、 新しい年を迎える健康の準備をしようと思います。
And、冬のステキ、美しさを沢山感じて、心をキレイにします(^−^)♪

皆様の冬のステキ&笑心地をお祈り申し上げます♪
【写真:高山市宮川、田んぼ、宮川土手の桜♪】


平成24年11月9日

軽快に♪リフレッシュ温運動しました♪

平成24年11月7日(水)の 水曜市場【健康体操教室〜ありがとう体操〜】は、 ニコニコ笑顔&和やかムードで始まりました。
午後2時は、心地よい眠さ(^^;)に包まれる時間で、 私もウトウト眠心地でした(笑)が、
この日の体操の時間は、 軽快で♪スッキリ目が覚めるリフレッシュタイムになりました。

今回私は、BGMをかけて♪軽い有酸素運動を体験してもらおう〜!
と思ったので、CDプレイヤー持参で水曜市場入りしました。

この日は、立冬の日でした。
立冬すると「からだ」は冬モードになります。
大自然は紅葉して美しい風景を私たちに恵んでくれます。 寒さが自然の美しさを引き出します。
関連して、「からだ」も、大自然を映す鏡のように、 美しさを引き出したい季節です。

とはいえ、冬は気温が低いので「からだ」の動きが鈍く、 硬くなりやすいです。
寒さの影響を受ける筋肉へ血流を促して、 日々の活動を支える筋力を維持、もしくは増進して、 美しく活動的な「からだ」になるよう快メンテナンスしたいのが 冬の健康づくりのように思います。

ガンガン頑張るのではなく、 ポカポカいい気持ちでちょうどいい感じ♪レベルの内容がオススメです。
そして、冬の時期に、どのように過ごしたかで、 やがて始まる、新しい一年の「からだ」が方向づけられます。
ですから・・・(^−^)!
寒くてブクブク太っている場合ではないのです(笑)。
夏よりは、やせにくい(笑)季節であるのは確かですが、 立冬して・・・・立春するまでの期間に、 ポカポカ快感覚に「からだ」の調整ができると、
立春してからの「からだ」が変わります。
そんな思いを持ちながら、
「寒さの影響を受けて、硬〜くなる筋肉のメンテナンスをしましょう。」
とはじめました。

そして、先月からウォーキングを始めたMさんとUさんの、 来春の笑心地ウォーキングをサポートするためにも、 ウォーキングの質を改良するエクササイズをしたいと思って 、BGMのスイッチをONしました♪
これが、今回の軽有酸素運動のねらいでした(笑)。

股関節と肩関節の調整をメインにした軽ステップエクササイズを20分程度しました。
色々・・・♪ 私が紹介する動きをいろいろやっていくうちに・・・♪
「ポカポカ温まってきた〜〜♪」
呼吸がハッ、ハッ・・・♪ となってきた〜〜♪
(有酸素運動のメリット↑)
・・・になりました(^−^)。

初めての体験なので、おしゃべりの余裕はありませんでしたが、 ワイワイ(^−^)♪感覚で軽有酸素運動は終わりました。
初めて行うプログラムとはいえ、 3年間私の体操を経験された皆さんの動きは感度良好でした(拍手!!)
継続って、本当に素晴らしいな、と思いました。
皆さん、ありがとうございました。 次回もさせてくださいませ♪

そして、 体験前と後では、柔軟体操の筋肉の感覚が違う (軽有酸素運動後の方が柔らかい♪)のを感じることができました(やったー♪)。
リンパマッサージも、 軽有酸素運動の効果を体感くださいました。
脇や股関節(そけい部)のリンパがいつもより温かくて、 柔らかく感じたそうです。
(そうなんです! 運動後のリンパケアも超オススメなんです! という気持ちをこめて、皆さんと会話を交わしました。)

次回は呼吸のワーク時間も確保して、
血行良好=全身運動(有酸素運動&軽体操)⇒ 代謝の良好な筋肉のメンテナンスになるようにしようと思います(^−^)♪

代謝の良好な筋肉ということは、フフフ(笑)、 体脂肪を燃焼するチカラが良好な筋肉、という意味です。
私も今年こそは燃焼力を高める冬にしようと思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・
この日、水曜市場は鎌倉ケーブルテレビの取材がありました。
取材でいらした女性に、
「水曜市場は温かい(人情がある)ですよね〜♪」
と話しかけられました。
即、私も「本当に心が温まる場です(^0^)♪」と答えました。

人の心が明るくて、温かいから、足を運んでしまうのは、 私だけではありません。みんな、そうだろうな。と、思い、うれしくなりました。

夕方テレビをみました(笑)。
水曜市場の魅力がバッチリ放送されていて、聖子感激でした。
次回は、11月28日(水)14:00〜15:00です。参加費はお一人様500円。

【写真:しいたけ(肉厚で美味しい♪)、買ったお野菜♪
    鎌倉ケーブルテレビの放送写真(水曜市場の案内、買い物中の私(^^;)】


平成24年11月2日

お薬について

教室や講演会等で、私は。お薬についてふれることがあります。
諸々書くと長くなるので、 最近よく質問を受けるので、私が参考にしているサイトをご紹介します。

[薬のチェックは命のチェック]

余談ですが、過去に私がご縁をいただいた医師の中に…、
薬の真実を理解しているので、できるだけ投薬・服薬を さけておられる人がおられました。
知っている人は、命を守る行動をされています。

私は、まだ全部を拝見していないのですが、以下のサイトです。
参考になれば幸いです。

薬のチェックは命のチェック
特定非営利活動法人医薬ビジランスセンター

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[さとう内科循環器科医院]
ついでに、子宮頸ガンワクチンについてもご紹介します。
どう考えても、調べれば調べるほど、 子宮頸ガンワクチンは安全ではありません。

お嬢様には、ご家庭で、 健康的な家庭教育を施して、 自己免疫力を高める生活習慣に徹してくださいませ。
そして、品格のある女性としての生き方を教えてあげてくださいませ。

以下のサイトをご参照ください。とても詳しい情報です。

さとう内科循環器科医院
ホームページの中に、以下の項目があります。

子宮頸がんワクチン接種に反対


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[六号通り診療所長のブログ]
日本脳炎ワクチンについてです。
今日ご近所で、話題になったので、調べました。
上記の子宮頸がんワクチンレベルの内容までは、 時間の都合でできませんでした。

過去に、日本脳炎ワクチンの事実を知り、 ゲ〜〜〜(@@)となったような気がします。
旧ワクチンと新ワクチン両方の情報を提供くださっていました。
ご参照くださいませ。

六号通り診療所長のブログ
続・細胞培養日本脳炎ワクチンを考える[科学的検証]

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

余談ついでに…(^^;)、
私が運動療法に、 リンパマッサージやフットセラピーや、 内臓のセルフマッサージ等を積極的に、 取り入れている理由の一つは、
生活習慣病の治療薬が「からだ」にもたらす影響(負担)を、 できるだけ速やかに、体外へ排泄させる(体内浄化)のが目的でした。

生活習慣病だけでなく、病気の治療で投薬や服薬をされている、
もしくは、過去に投薬や服薬を受けた人々は、
「からだ」が受けた影響を浄化する必要があると、 私は考えています。

キビシイようですが、これが現代社会です。
お薬の恩恵を受けているのですから、そのお薬の影響を勉強して、 具体的な実践方法を学び、行動することが重要だとおもいます。
憂い嘆いている場合ではありませんので、
心を明るく「からだ」の浄化&掃除の生活習慣にはげみましょうね(^-^)♪


【写真:今日のお茶のブレンド内容、出来上がりの野草茶♪】


平成24年11月1日

思考は多面的にしたいね

今まで…健康体操や運動療法の指導をさせていただいて、 健康に関する感性や身体感覚は優先する思考が、
人それぞれ本当に違うんだなぁ。
ということがよくわかりました(^−^)。
人それぞれに、違っているものだから、
お互いに理解し合えるよう、心を和す感性を活用して、
創造的に場をつくっていくことが大切なのだと思うようになりました。

ご自身や家族の健康づくりのために・・・

食事や食習慣を優先して思考する人。
睡眠時間や生活リズムを優先して思考する人。
運動や身体活動を優先して思考する人。
下着や衣類を優先して思考する人。
住まいや生活空間を優先して思考する人。
・・・など、
あげるときりがないほど多種多様な項目があります。

ご自身の感性や身体感覚を基にして健康づくりを行動されている人は多いと思います。
その逆で、全く健康づくりに関して思考をしない人も多いです。
病気と関連した情報にばかり思考しすぎている人も多いです。

個人的には、健康に関連する思考を多面化、立体化させて、 天来の自然と調和する感性⇔身体感覚、 病気のサインを直観できる感性⇔身体感覚、 健康で調子の良い感性⇔身体感覚を養うための行動が必要な時代のように感じています。
健康づくりに関して、誤解や間違いを生む情報が多い時代になりました。

先日、尊敬する研究者の特別講演会を拝聴した際、
冒頭の発言に深いため息がでました。
確かに、そうです。その通りです!と・・・。

「今の世の中の、一切の全ては、 1から10までウソ偽りの世界です。・・・・。」

それほど、私達庶民は情報操作をされ、 真実を隠蔽されている、という話がつづくのですが、
ここだけ書くと・・・、確かに、強烈ですネ…(笑)。
本当に強烈な衝撃を受ける講演会でした。

健康づくりだけではありません、あらゆる諸々の事情が隠蔽されています。
その裏事情を御存じないまま、現実を安易に受け入れて、 メディアの情報を鵜のみにしていると大変なことになります。

だから・・・(^−^)♪ 、
大変なことにならないために、 どうしたらいいのか、という具体的思考や実践方法を教えてくれる場として、 この度、講演会の拝聴というご縁を頂けたことに、私は深く感謝を祈りました。

自分が得ている情報の真偽を確かめる作業を、これからはじめたいと思いました。
思考の多面化と同時に、思考の真偽をするのは、 勇気がいる作業ですが、心明るく、清々しく、 気長な作業になると思います(^0^)♪ 

【写真:鳥取砂丘♪ 砂丘で体操すると…いい気持ち♪】


平成24年10月31日

レッスンの感想御礼♪

私のレッスンは身体感覚と思考へのアプローチが多いです。

先日、次のようなコメントを教室の参加者の女性からもらいました。

「先生のレッスンは、感じたり、考ええたりする時間が多くて、
体操をしているのに、とてもいろんなことを感じて、 考えるから最初は大変でした。
進行もゆっくりだし、他の先生みたいに、体操の指示だけして、 次から次に体操をまねるだけのレッスンがいいかも?、
と正直、考えていましたが、今は違います。
一つの体操を時間をかけて行う意味が分かり、心地よさがわかりました。

ただ体操をすればいいんじゃないんですね(笑)。

それと…、
感じたり、考えたり、 正しい健康の情報を理解して自分のからだに応用するのは、
時間も手間もかかるし、考えるのが面倒な時もありましたが、 感じて、考えて、自分のからだに聞いて体操すると、 家に帰ってからのからだが変わるんです。
違うんです。
教室で体操してよかった、って思うんです。
だから、また先生のレッスンが受けたくなるんです(^−^)♪ 
先生の真似だけしてればいい体操のレッスンが、 今では物足りなくなりました。…など。」

なんて、ありがたいお言葉でしょう(涙^^)
正直、とてもとても、
うれしかったです(^−^)。
真似をするだけの体操ではなく、
自分で自分の「からだ」を活用する体操方法を自分でつくる 体験していただきたかったので、
私の意図を理解して、 それを評価くださったのがわかった瞬間でした。

この女性は、体操をした時の「からだ」が心地よさを満喫する感覚を得ないまま、 次の体操をする、という運動指導を受けてこられたようでした。
(それでは、目的にしている運動効果は引き出せないですよ〜、 と、よく御声掛けした記憶があります^^;)

このようなお言葉を頂けることがあると、私は、勇気が倍増します。
通常は、私の感じる&考える指導に耐えられず(笑)、
私の指導は自分の感性や身体感覚に合わないので、 参加を止めるというパターンですから、
この時の私は、帰りの電車で涙がでそうになるほど感激したのを覚えています。
心より御礼を申し上げます(^−^)♪


【写真:去年の諏訪神社参道の切り株♪
    …年輪は日当たりが良い方が幅がありました(笑)】


平成24年10月26日

新感覚⇒スイッチON体操しました♪

平成24年10月24日(水)、水曜市場【健康体操教室】は、 教室開始時に「目をさましたいから(笑)」という理由で、 個人的に準備体操をされるOnさんの動作からヒントを得て、 「じゃぁ、目を覚ます体操をしましょう♪」と、 今まで紹介していなかったタイプの体操から教室がはじまりました(^^)。
この日は、歩き方のランクアップを狙った体操をしよう! と思っていたので、関連させて、 下腿〜アキレス腱&股関節の伸展運動と、 股関節伸展回旋の体操を2つご紹介しました。

フフフ(笑)、専門用語で書くと「なんですかソレ?」 と言われそうですね。運動指導のプロであれば、 誰でも心得ている思考だと思います。
(…とはいえ、巷には…心得ていないかも? と思ってしまうプロもいらっしゃるようなので、 指導者を選ぶ時代だと思います。 私も選んでいただけるような運動指導のプロになろうと 研鑽しているところです。)

1つめは、
一般的に少々のバウンドをさせながら行われている 「アキレス腱のばし」と呼ばれている体操を、 骨配列(骨格)を決めて、膝を伸ばして、 じっくりと…筋肉を伸ばすやり方で行いました。
今回行ったアキレス腱のばしタイプの体操は、 バウンドする意図のないやり方です。
この方が、午後の下腿と股関節にはおススメです。
また、この後の体操で、マッサージケアを行うので、 そのマッサージ効果を高めるやり方で行いました(^−^)♪

じっくり…時間をかけて行うと、 確実に…「からだ」で起きていることを感知することができます。
この感知する感覚が、ポイントです。
気持ちよくて心地よく感じられるやり方を、いろいろ見つけてもらいました。

「あぁ・・・、伸びてる。イタイ〜!」
「これは、効いてる感じがするワ^^;」
「私は、これくらいが、きもちいい〜。」
水曜市場の人は、朝から立ち仕事です。 お昼を過ぎると、下半身は疲労して筋肉は硬化しているはず (と察しました^^;)なので、 この体操で筋肉がよろこんでくれるはずでは?と私は思いながら、 皆さんの様子をみていました。

2つめは、
骨配列を決めて、足を前後に開いて、 つま先を支点に、かかとをスイングさせる体操です。
股関節の運動ですが、やってみたら・・・ 思うように足を動かすことができないので、 皆さんは、目を覚まして(笑^0^♪)はげんでくださいました。

この体操は、有吉与志恵先生のご著書 『コアトレスタートブック』の94ページに載っている体操を 少々アレンジしたものです。
「歩き方を変える=正しくするために行う体操」の中の1つです。
「意外にムツカシイ動きなのネ・・・。」
「アレ?かかとじゃなくて、つま先が動いちゃう(笑)!」
「どうやったらいいの〜〜??」
初めて行う体操ならではのワイワイ感で、 場が明るくもりあがった感じがしました(^−^)♪

そのうちに…
「あら、やってると・・・からだが温かくなってきたワ!」
「ポカポカするね。」
などのお言葉をいただくことができました。

私は、この動きで活用している筋肉を動きよくしてあげれば、 ウォーキングの効果は上がることと、
この動きがスムーズにできなくなっている、ということは、 それだけ、日常生活で正しい歩行ができなくなってきているという、 「からだ」のサインであることをお伝えしました。

この日は、歩行に関連して、 感度の鈍くなっているかもしれない(笑)筋肉を、 メンテナンス体操をした結果、
「からだ」は、ちゃんと応えてくれました。
皆さんの感度の良さに、改めて感謝。
そして、こんな素晴らしい感覚を 「からだ」に備えてくださった大自然(神様)に大感謝の心地がして、 私は嬉しくなりました。
寒い季節が始まる前に、
筋肉の感度=神経系のスイッチをONできたようです。

2つめの体操は、水曜市場では初めて紹介した体操です。 だから、全員初体験の体操でした。
新しい動きや体操に出会うと、 皆さんの「からだ」はワクワク楽しそうに見えました(^0^)。
このような、ワイワイ&ワクワク感のある新鮮な感覚は、 教わる方も教える方も楽しさ倍増になります。

目的の動きができなくても大丈夫です。
できていないように思ってていても、 自覚ができなくても、 皆さん、個人差があっても、 それなりに…動いていましたから、大丈夫(^0^)。
身体感覚のスイッチONができたようです。いい感じ♪

あとは、私の伝え方です。
他の体操と組み合わせて指導法を改良すれば、 必ずできるようになりますので、 気長にお付き合いくださいませ。
初めての体操を紹介した時の反応の明るさがとってもステキな皆さんでした。 次回は、もっと、脱力して、 楽に、気軽にできるように伝え方の工夫をしますね。

水曜市場【健康体操教室】の参加者の中に、 私の投げかけで、ウォーキングを初めてくださった人々がいます。
ありがとうございます!! それぞれに改善目的がある人々です。
だから、私は、歩き方をフォローできる体操を紹介したい、 と思ってこの日の教室に臨みました。
そうしたら、タイミングよくOnさんの準備運動でした。
私の意図が伝わっていたかのような、 素晴らしいアクション(アキレス腱のばし体操)に 聖子感激&拍手喝采のスタートでした。
Onさん、ありがとうございます(^−^)。

その後は、会話を弾ませながら、 肩甲骨の調整体操と背骨の連動体操&呼吸調整、 リンパマッサージ&柔軟体操を行いました。
その中で、胸椎をメインにした体操もできました。 これも新しい感覚がする体操だったと思います。

今月は、色々と新しい身体感覚を養う体操を沢山体験してもらいました。
日常生活で動かす頻度の少ない筋肉や、 しばらく動かすのを忘れていたような筋肉を活用するのは、 とても大切な「からだ」のメンテナンスです。
この発想で今後の体操を考えようと思います。 皆さん、ありがとうございます。

来月は立冬します。 寒い季節がはじまっても、 「こころ」はワクワク、 「からだ」はポカポカいい心地になれる体操を紹介したいと思います。
もちろん、骨格に正しい歩き方ができるようなプログラムです。

次回は、11月7日(水)14:00〜15:00です。参加費はお一人様500円。
水曜市場のご案内はこちら♪

【写真:ミニトマト&ピーマン&きゅうり、山本養鶏場の卵箱、
       ほうれん草(美味しい♪)、里芋、この日の空♪】


平成24年10月23日

なおすのは、だれ?

「なおしてください!」
「どうにかしてください!」
というようなことをよく言われます。

その度に・・・(^−^)♪
「なおすのは、自分ですよ♪」
「自分で改善するための実践をナビゲートするのが私です。」
「セルフケアで行える、からだの調子よくするための 具体的な方法をお伝えするのが私です。」
「毎日の生活の中でできるやり方を指導支援するのが私です。」
というようなことをお伝えしています。

私の立場で可能なことは、 現在抱えている「からだ」の問題を、 筋肉の立場からアプローチすることです。
筋肉の立場、と書きましたが・・・、
実は筋肉の代謝は、内臓の調子はもちろん、 私たちの「からだ」の全ての細胞の営みと直接関係があります。
加えて筋肉は、「こころ」の営みとも直接関係しています。 そして、筋肉は人生のレコーダーのような働きもしています。
ですので、いろんなことが関連するので、 気長(^−^)に筋肉へアプローチをします。

「なおしてください!」という人の気持ちはよくわかります。
であればこそ・・・(^−^)!
他人になおすのを手伝ってもらいながら、 なおるために必要な知識や思考を学んで、 じゃあ、どんな思考で行動をしたらなおるのか、 よくなるのかを考えて、必要な情報を整理して、 人生のビジョンを持って、 現状に合わせた計画をして、 コツコツ実践することが大切だと思います。

健康に関する正しい知識と実践方法を得ると、安心感が増します。
そして、実践を続けていく中で、 身体感覚が養われていくと…、
なおっていく=よくなっていく過程が徐々に楽しめるようになります。

そうすると…その過程の中に、
何で「なおす」必要があるほどの「からだ」にしてしまったのか、 に気が付くチャンスが来ます。
チャンス到来^−^!
「こころ」や「からだ」の声がわかります。
「いのち」のメッセージを知ることになります。
このチャンスを、素直に、愛深く受け入れることができると、 実践のレベルがさらにワンランクアップします。
時に、簡単にはメッセージを受け入れることができない時もありますが、 私もこの過程を経て、今があります(^−^)♪

遠くに広がる空や大地を感じていると、 ゆっくりとおおらかに流れているリズムを感じます。
そうすると、気長になります。
そんな感じ(^−^)♪に包まれて…、 自分の健康づくりの道をつくって、歩むのだと思います。

早くよくなりたい!と求める気持ちもよくわかりますが、
大自然の営みを感じながら、 「こころ」と「からだ」のメンテナンスをしていただきたいと思います。
どうか・・・私に「なおしてください!」と言われた皆様・・・(^−^)。
気長に…健康づくりのお勉強をするつもりで、 私とお付き合いいただければ幸いです。

《今までの指導経験から…つけたし》
気長な感覚になってくださった人は、
日々の生活の中で、心地よく自己改善できる喜びを 言葉にしてくださいます。
そして、未来へ向かった発言をされます(A)。

気長になれないご様子の人は、
私に「ちっとも、よくならない。」 「先生の、教え方が悪い。」等のお言葉をくださいます。
そして、未来へ向かった発言をされます(B)。

どちらも御礼。ありがとうございます。
加えて、私の指導の不備不徳を心よりお詫び申し上げます。
(A)と(B)の発言は、ご想像におまかせします(笑)♪

広がる空と大地を巡る風をイメージして…、 ニコニコ元氣を送ります(^−^)♪

【写真:鎌倉 由比ヶ浜の午後×2、江の島の海、
          由比ヶ浜の夕方、鳥取砂丘の夕方】


平成24年10月22日

10月21日(日)の午後、 「日々のくらしと世界遺産〜女性円卓会議〜」を拝聴しました。
知人のYさんが出演者でした。 Yさんに会うまで私は「アダプト」という言葉を知りませんでした。 詳細はYさんのホームページ『常盤道普請の会』をご覧ください。

鎌倉に越した時、鎌倉を世界遺産登録するんだ…。
と、市報や市民団体の活動を拝見して思った程度でしたが、 講演会や研究等で出張した際、 既に世界遺産登録が終わった地域の人々の話を伺うことがあり 、様々な実情を聞き、様々な課題があることを知ることがあったので、 この度、Yさんにご案内いただいて、 世界遺産と住民の日々のくらしがテーマになっている、 しかも女性の会議である、という点をとても興味深く感じました。
しかも、Yさんが出演されるとのことです!
これは行ってみよう、と申込みました。(^-^)♪

・・・・・・
いろいろな話題が飛び出て、いろいろな視点から鎌倉を考えることができました。
古都鎌倉という言葉があるから、 鎌倉には鎌倉時代のものが残されていると思う人が多いそうですが、 鎌倉時代の風情が残っている所は、ないのだそうです。
戦後の開発の影響も大きいようでした。
では、鎌倉が世界遺産登録をするのは何故なのでしょう?
あ、この点を私は聞き逃して帰ってしまったようです。
(スイマセン、未消化です^^)

世界遺産登録が進んだら…私達の暮らしぶりはどうなるのかしら?
という視点で考えると、本当に多種多様な視点で考える必要があり、 それぞれ立場の異なる出演者の発言は、参考になりました。

・・・・ とはいえ…、私は、司会者に頭が下がりました。
途中の休憩で、お手洗いに並んでいた時…
ポソッと聞こえた声に私は言葉にならないうなずきをしてしまいました。

「5分でお願いします、が、 個人スピーチがどんどん長くなってしまった…。」

私も気をつけなくてはいけないな、と心を改めました。
人前で、しかも限られた時間の中で、 会議をするという状況は、あるレベルの優れたスキルが必要だと思います。
拝聴していると、女性ならではのスピーチのように思いましたが、 四方山話のように展開する内容よりも、 テーマに則した実直なお話を伺いたいとも思う時がありました。
過去に私が拝聴したシンポジウム等でも、このような状況はよくありました。

今回は初めての企画だそうです。
「とりあえず・・・初めてなんだから、 慣れていない出演者もいるから(開催することに意味があるから」、 いいんじゃない。」と別の人が話していました。
(そうなんだ。そういうシンポジウムなんだ。)
私は個人的に、Yさんや、Tさん、Aさんの発現がもっと聞きたかったです。
…と思っていたら・・・(^−^)♪
会議の後で、いろいろ伺うことができて聖子感激♪うれしかったです。
ありがとうございました。

Yさんのホームページ『常盤道普請の会』
鎌倉的環境保全の活動をされています。
私はこの「鎌倉的」という思考に、 大変考えさせられることが多く、 鎌倉に越してから、 街づくりの視点が変わりました。
ブログにその視点が満載です。

《HPより抜粋》

鎌倉世界遺産候補地 国指定史跡北条氏常盤亭跡  一向堂・殿入川 周辺、 鎌倉市役所通りの美化活動&景観づくりに取り組んでいる  鎌倉アダプト・プログラム参加団体  常盤道普請の会 ときわみちぶしんのかい のサイト  (鎌倉市民活動センター広報部指導によるウェブサイト)

「環境とまちづくり市民ブログ」
スバリ! 諸々の事情をスパッ!とレポートくださっています。
このブログを拝見するようになってから、 私は出張時に、観光地の自動販売機様子、公共トイレの様子、 路地の張り紙や違法広告の様子や路上喫煙等… が気になるようになりました(^−^)。
街なみに感じる、小さなギモンを解消してくれる内容です。


【写真:会場の建長寺の金木犀、会議案内、会場の廊下、
    YさんのHPデザイン(今はさらにバージョンアップしています♪)】


平成24年10月17日

小町通の乳酸菌食べ物

私は乳酸菌が大好きです。
昨年春から始まった、 米とぎ汁でつくる乳酸菌づくりはライフワークになっています。
植物性の乳酸菌は、とても素晴らしい活性力を持っています。

そもそもは…
内部被曝の害を浄化するために始めた乳酸菌研究でした。
311の福島原発の事故から月日が流れて、 被曝への意識も薄れておられる人の様子を察しながら…
そんな薄い健康問題ではないと私は心得ているよ、 と心の中でつぶやいています。

危機感から始めた、植物性の乳酸菌づくり。
今は、楽しい乳酸菌づくり生活になっています♪
そして、自分でつくるのもいいけれど、 売り物の乳酸菌も食べてみたい、と思うようになり、 出先で、見つけては買ってきて食べて楽しんでいます。

先月は、鎌倉の小町通りにあるお店2軒で、 植物性の乳酸菌の入った食べ物を買いました。

1つ目は、「腸詰屋・鎌倉」です。

ソーセージ、ウインナーなど腸詰の品々が沢山あるお店ですが、 ドイツのキャベツの漬物のザワークラウトがあります。
先日、友人に誘われてお店に入ったところ、 発見!即購入して、味が気に入ったので、買いに行きました。
過去の私の主観では、ザワークラウトの味は、 買ってみないとワカラナイ?味わいがありました。
ですが、ここの味わいに私の「からだ」は抵抗感がないみたいです(^−^)♪
腸詰屋・鎌倉 ホームページ

2つ目は、「京つけもの処 近為」 です。

私は「すぐき」のお漬物が大好きです。
大好きだけど、すぐきのお漬物をいつも買っているのではなくて、
一年に数回、すぐきのお漬物がどおしても食べたくて食べたくて・・・ ウズウズしてしまう時期があるので、その解決策を探していたら、
鎌倉の小町通りですぐきのお漬物を発見することができました(^−^)♪
それからというもの、やっぱり一年に数回、すぐきのお漬物を買いに行っています。
「すぐき」のお漬物に入っている乳酸菌といえば、ラブレ菌です。

京つけもの処 近為 ホームページ
店舗のご案内をクリックすると、鎌倉小町店のmapがあります。

植物性の乳酸菌は動物性の乳酸菌よりも腸で生きて活躍するチカラが強いそうです。
大地の恵みは発酵力(^−^)!ありがたいですね♪
免疫力を養い高める努力はコツコツ続けてこそ、成果が表れます。 心を明るくもって継続したいです。
皆さんもご一緒くださいませね(^0^)♪

【写真:ザワークラウト、グリーンボールとすぐきのお漬物、
                  腸詰屋さん、近為さん】


平成24年10月13日

私のメルヘン好きは…♪

私は、安房直子さんの童話が大好きです。
大人になっても…やっぱり大好き。
短編のもの、長編のもの、いろいろありますが、 内容も心温まるものから、不可思議なものまで多次元多様な世界があります。
その私のメルヘン好き(笑)は、姪っ子達に影響しているようです。

昨日、今年の秋冬の私のオススメ絵本が手元に届いた姪っ子達のお気に入りぶり(笑)を (今朝の電話で)母から聞いて、私は大笑いしました。

母との電話の続きに、
お姉ちゃんのyuyu-ちゃんは、 早速、お話の中に出てくる詩に作曲して歌って聞かせてくれました。
妹のrere-ちゃんは、 絵本についている出版社宛ての感想カードに感想を記入したそうす(笑)。 絵本の冒頭に出てくる登場人物(クマ)について感想を聞かせてくれました。

yuyu&rere-ちゃん〜、
宿題するのを忘れるほど!(笑^^;おばあちゃん、ゴメンナサイ!)、 絵本を満喫する夕べを過ごしてくれて、ありがとう! 続きは、冬休みだね^^♪

私は小学校の頃から、絵本が大好きでした。
だから図書館大好き。本のにおいも大好きでした。
メルヘンの世界は、日常生活とは逸脱していますが、 心をどこまでも満たしてくれるお話の世界でした。
大人になったら必要ない世界と思っていましたが、 いえいえ、そんなことはありません。 メルヘンのおかげで、今の私があるような気がします。
・・・・・・・・
たぶん、私の笑心地指導がユーモアあふれると好評いただけるのは、 安房さんの本の世界を知っているからだと思います。
私は指導に行き詰った時、時々…考えるのを止めて、 安房さんの童話を読みます。 そうすると…確かに、何かヒントを得ることが多いです。
・・・・・・・・・

「せいこちゃん、安房さんのお話は、 ずっと、ずっと、いつまでも楽しめるお話だでなァ。」
yuyu-ちゃんは、大人になっても、 楽しめるメルヘンの世界観についてのコメントを私にくれました。

「うん、だけぇ〜な、せいこちゃんも、 大人になっても、やっぱり…安房さんのお話がすきなだけぇ〜。」
と、私は返事をしました。 (会話は私の実家の方言です^^;)

創造力が豊かな伯母ちゃんの感性をくみとってくれるような、 創造力豊かな姪っ子達であることがわかり、うれしく思いました。

二人が今よりももっと小さい頃、
お昼寝の前に、本を読んであげた時…
私が読むメルヘンの世界が楽しくて…楽しくて… 結局、目が覚めてしまうことが沢山ありました(笑)。

私と姪っ子達とのメルヘンを通したコミュニケーションが続いています。
近年、このメルヘンコミュニケーションは、 だんだんと・・・おうちdeミニ劇場(ミュージカル?)的な遊びに転じています。

お話を読んでもらう楽しみ、心で読む楽しみ。声に出して読む楽しみ。「からだ」で表現する楽しみ。
そして、見てもらえる楽しみ。見てもらった後の楽しみ。
この楽しみを私は知っています。
姪っ子達は、この私のお楽しみレベルに気が付いているのかもしれませんネ(笑)。

今年もあと数カ月になりました。
冬の帰省の楽しみをふくらませながら、今年のまとめをしようと思います♪

【写真:私が送った絵本、朝の散歩で出会ったキジ(鳥取)、
         子どもの頃よく食べたパン屋さんのパン、
         山陰冬の味覚(親ガニ?水ガニだっけ?)】


平成24年10月12日

がんばって得る満足??

私のレッスンを受けてくださる人の中には、 「がんばっているのですが、なかなか…満足できません。」 と言われる人がいらっしゃいます。

フフフ(笑)。この言葉を聞くたびに、
「わかるなぁ〜その気持ち♪」と思いつつも、 健康づくりの場合は、「がんばること⇔心身を満足させる」、 という「⇔」が成立しないことを知っている私は、 つい心の中で微笑んでしまいます(^−^)♪

私は、子どもの頃、大人に 「がんばれば、必ず成果がある⇔満足できる結果が得られる」 とよく言われていたので、、
本当にそう思って、疲労困憊になるまで、倒れるほど、 寝るのも惜しんでがんばるタイプの生き方を続けていました。 (この「からだ」を酷使した分、 私が溜めた健康負債の解消は、現在も続いています。)

がんばっても、「からだ」が辛いだけではないか?
いつまで…がんばればいいのだろう?
そんな問いかけを心に抱いていました。

ある時期から・・・
私は運動療法の勉強をしていくうちに、 この思考の矛盾にきがつくことができました。
健康づくりを目的にした場合、 「こころ」と「からだ」の関係は、 がんばらなくてもいいようにできているのがわかったからです。
その時から、私は指導現場で 「がんばりましょう」を発言しなくてもよくなりました。
とても気持ちの良い気づきだったように思います。
がんばらなくてもいいように、促せばいいのです。 だから「笑心地」になったのだと思います。

体調を改善したり、病気を改善したい時に、 円満な成果(運動の効果)を得たいと思うのは、 だれでも望むことだと思います。
そして、その希望を達成するために 「がんばる」という思考をされる人は多いです。
それがよくよく分かるから、健康づくりの現場で、 私は「がんばる」発言をする人へ、 スマイルアプローチを試み続けています。

・・・・・・・・・・・・・・・・
大切に心がけたいことはなんでしょう?

どんな心がけをしたら、満足が得られるのでしょう?
どんな知識を得たら、満足が得られるのでしょう?
どんな体験と実践を得たら、満足が得られるのでしょう?

先日、「がんばる」発言をしてくださった御方へ、 私はレッスンで次のようにお伝えしました(^−^)♪
「がんばるから、…満足できないんですよぉ。 がんばることを求めているから、筋肉に過度の緊張をさせて、 筋肉が疲労することを「がんばる」と思い違えているから、 継続できないんですよぉ。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コンディショニング(体調改善運動)を世の中に広めた〜いと、 愛情いっぱいに指導者養成をしてくださる有吉与志恵先生は、 頑張ることよりも、調子よく活躍できるように セフルコンディショニングすることの重要性や、 「こころ」と「からだ」の調子をよくすることで、 自然に力が発揮できる⇒「顔晴る(がんばる)」健康づくりを提唱されています。
「がんばらない健康づくり」
私は、有吉先生のコンセプトが気に入って、 コンディショニングインストラクターの資格を取得していますので、 講習会を受ける度に、ウンウンそうだ♪そうだ♪と毎回うなずいて帰っています。
有吉与志恵先生のご著書は沢山あるので、ご興味のある人は検索くださいませ。
有吉先生のブログはこちら♪

気持ちよく、あふれる思いと衝動にかられて、 「がんばる」もしくは「がんばれる」のは悪いことではないと思います。
その行動力の背景には、強烈なエネルギーがあると思います。
そのエネルギーの波調を、 御自身の健康を高める次元へとチューニングしてはいかがでしょうか?

がんばらなくてもいい感じ。
このシステムを得ると、満足のいく実践になります(^−^)♪
このシステム、もしくは、身体感覚を、 自分で開発&調整できるように誘導するのが私の仕事です。 精進しています。

そんな「がんばる思考」の人が、先日、
「先生…、こんな優しい感じでもいいのね。」
「こんなんじゃ、効かないと思っていたけど、違うワ、気持ちがいい〜ワ。」
とニコニコ笑顔で、発言くださいました。

セルフケアで行うマッサージのレッスンの最中、 自分でつくることのできる、小さな…小さな… 「いい感じ♪ 感覚」に気づいてくださったのです。
(嬉しかった〜〜〜^―^♪)
とても満たされた笑顔をくださいました(^−^)♪

たった一つのセルフマッサージで、 満足のいく実践を得ることができました。
この体験で、この御方の「がんばる思考」 を解放するアプローチが始まったように思います。

そして、ポツリと続いた言葉…。
「もっと、はやく、知りたかった…。」
…確かに、もっと早くお会いして、 お伝えしたかったな(けれど叶わなかったな)、 と私は思いましたが…、
そこにタイミングよく、その場で様子を見ていた人が、 次のような発言をしてくださいました。

「もっと…はやく、と言われましたが、 今のステキな発見は、今日だからこそ (今までを、苦労を…経験されたからこそ)ですよ(^−^)♪  だから、今日でいいんですよ(笑)!!」

「今日でいいんですよ!」

なんてステキな、フォローでしょう!!
ホントに、その通りです(^−^)!
この発言で、満足倍音になりました。
ありがとうございました(^−^)♪
笑心地は私と皆様でつくる世界なんだな、と改めて思い直しました。

【写真:2010年夏の因幡路〜朝の散歩コースより〜】


平成24年10月4日

リンパ&骨格調整体操⇒ポカポカしました♪

平成24年10月3日、水曜市場【健康体操教室】は、 雨が降って気温が下がり、体操で「からだ」を動かした時のポカポカ感が 心地よい時間帯の開催でした。心と身体の温かくなる時間になりました。 皆様、ありがとうございました(^−^)♪

この日は、気温の変化を受けて、 血流の影響を受けやすい…末梢の血流を促すマッサージから始めました。
末梢は心臓から離れた部位のことをいいます。 リンパの流れを促進したいので、 手と足の指またエリアをターゲットにして、 のんびりと時間をかけて刺激をしました。
のんびり、と表現したのは、 この日は、のんびりと楽しみたい会話(話題)があったからです(笑)。

水曜市場【健康体操教室】に継続参加をくださっている皆さんは、 おしゃべりの花を咲かせていても、 目的の動き(体操やマッサージ)ができるようになりました。
私は、それを知っているので安心して、 会話の途中に、次のマッサージ体操の指示をすることができます。
足指またの刺激の後は 、フットセラピー。続けて、 全身のリンパ系を促すリンパマッサージ体操をしました。
ワイワイと会話が弾んで、 「からだ」がポカポカして血行がよくなる感じも弾んでいるようでした(^−^)♪

リンパの流れを促しながら、 「こころ」の流れをポジティブに促すことができると、 「からだ」を司る脳と「こころ」を司る脳の 両方に刺激を送ることができます。
これがおしゃべり運動のメリットです。 どの程度のおしゃべりならいいのか?という見極めと見守りが重要ですが、 私はこの見極め&見守り感覚を養い続けて20年が過ぎました。
奥が深い世界ですが、 お陰様で、おしゃべりを運動効果に活用するMyルールができつつあります。

後半は、肩甲骨の可動を引き出す体操を6種類と、 背骨と骨盤の体操6種類行い、柔軟体操をしていたら…終了時間になりました。
新しい体操をいくつか紹介したので、 後半は、御自身の「からだ」に集中する時間が多くなりました(^−^)♪
次回は、今回紹介した体操に股関節の調整体操を加えて、 気温が下がっても…動きやすくて代謝の良好な「からだ」づくりをしようと思います。

ゆるやかにくり返すパターンの体操をしていると、
最初は、ギコチナイ動作ですが…、
時間をかけると、 徐々にしなやかで滑らかな動きに変わっていきます。
反動で動かすのではなく、 小さめの可動域で、目的の動きになるように身体制御(コントロール)する体操は、 骨格のアンバランスを調整するのに適しています。
いつもがんばっている筋肉と、 いつも働くことができない状態にある筋肉の両方に刺激を送るのが目的の運動です。

「え〜〜、動かない〜。」
「どうやってやるのぉ〜?」
「あ、わかってキタ!」
「動きがいい方と、動かない方がある〜〜。」
「あ、動いてキタ!」
「きもちがいい〜^^〜♪」

私は、「からだ」っていろんな動きができるようにつくられているヨォ〜。 ステキでしょう^^♪
と伝えたかったのですが、 皆さんの発見発言を聞くのが楽しくて…口に出すのを忘れていました。

遊び感覚で動かしてみると、いろんなアンバランスがわかります。
楽しかったですね。皆さん、ありがとうございます。
次回もよろしくおねがいいたします(笑)。
次回は10月24日(水)14:00〜15:00です。参加費はお一人様500円♪

【写真:さといも、オクラ&にんじん、採れたてミョウガ♪】


平成24年10月3日

運動会御礼♪

先日、Sa-さんの小学校と、E-リンの小学校の運動会を参観させてもらいました♪
ありがとうございます(^−^)♪

そこで、走る練習をしたSyo君の80メートル走を見ることができました。
子どもらしい感性がキラキラしているSyo君は、 走る前に、自分の席で、フットセラピーをしてくれました。
自分の走りをよくするために♪
走る気持ちよさを得るために♪
自分が満足のいく走りをするために♪
とても純粋で素直な心です。
ズバリ!走る〜いい感じを得るために!
・・・・・・・・

この走る〜いい感じ、というのは疾走感覚のことです。
疾走感を快感に感じられることは、 子どもの正常な発育発達に欠かせない身体感覚だと私は考えています。
この身体感覚に、走りに必要な体力要素が充足されたら、 子ども達は、疾走感覚抜群の美しい走りを私たちに見せてくれます。
記録にすると個人差が出てしまいますが、 ビュ〜ンと風のような軽いイメージで走ることは、 どんな子どもでも体験することができます。
体験できるように導いてあげれば可能な世界です。
ステキでしょ〜♪

Syo君は、その疾走感覚を満喫しながら走り抜けてくれました♪
お母さんの「よっ! 日本一!」という声援にピースサインでこたえながら 美しい走りをみせてくれました。

お父さんからは、「ビリから2番目やん。」と言われていましたが、 私は、Syo君のフォームが改善されて、 美しい走りになってきた喜びを伝えました(^−^)!!
速く走るスキルは色々あって、 まだまだ伝達して体験していないことが沢山ですので、 来年の運動会を御期待くださいませ(笑)♪

Syo君! とってもいい走りだったね♪
出会った時は、フォームが乱れて走るのが大変そうだったけど…、 骨格を整えて、筋肉の調子を良くしてあげると、 走りやすいのがわかったね(^−^)♪
だから、運動会でも実行してくれたんだよね。
その行動力、素晴らしいよ♪ありがとう♪

走る前に、フットセラピーをすると、 足の筋肉が調整されて、 足の感覚が軽くなって走りやすくなります。
だから、走りの質が向上します。 ケガや故障も軽減されます。

私もフットセラピーに出会ってから、 走り感覚が快適になりました(^−^)。
20代より30代、30代より40代… 私の走り感覚は良好になっています。
速度は遅くなっていますが(笑)、 これって、素晴らしい現象ですよね!
「からだ」の仕組みに正しく、 機能的に「からだ」を動かすことげできると…
年代を得ても、確実に進化発展することができるのが、 私たちの身体動作の世界だと思うようになりました。

私たちの「からだ」は走れるようにつくられています。
「走る」という動きは、 私達が大自然から与えてもらっている恵の動きのように思います。

運動会で走る子ども達の姿を見ながら…
いろいろ考えることは多々ありましたが、 子ども達にキラキラ輝く応援パワーを送って過ごしました。

【写真:運動会参観カード、運動会後の空、雨に潤う近所の葛♪】


平成24年10月2日

爽やか秋のポカポカ笑体操しました♪

平成24年9月26日(水)の水曜市場【健康体操教室】は、 爽やかな風が吹いて心地よい時間にはじまりました。
秋らしい気温になった安堵感を持ちながら、 気温の低下の影響を受けてメンテナンスをしたいエリア(冷えを感じやすい部位や、 動きが鈍くなりやすい関節部位など)の 血流を促してポカポカ心地よくなれるタイプの体操をしました。

また、今回は私が研究中(笑)の膝裏と腋下(わき)の リンパマッサージを丁寧に…じっくり行いました。
リンパ節エリアに手を入れてなんとなくもみほぐすのではなく、 明確に位置や角度を指定して手や指の具体的な動きを説明して、 試してもらいました。

そうしたら…、
新しい発見?のような?感覚がみつかる気配がしました♪
プロが行う施術にはほど遠い方法ですが、 今回私がこの方法をお伝えしようと思ったのは、 水曜市場の皆さんの中に、 肩コリ名人(笑!)がいらっしゃるからでした。
私は、その肩コリ名人さん達の肩関節の可動域を改善してあげた〜い♪
…と毎月、アレコレと思考錯誤の指導を試み続けて3年目の秋です。

今回はどうかな??と思いつつも、後半の肩関節の運動で 、リンパマッサージの効果を私は確認することができました(^−^)!!
(内心、ヤッター♪の心地でした^^)
いつも行っている肩関節の体操の動きがやや滑らかです。
いつも痛そうに…体操をしている様子がスムーズです。
「あら?先生、私の肩…動いているね^^。」という声を聞く事ができました。
その声を聞いた皆さんも、ニコニコ顔でした。

水曜市場の皆さんは、毎回、 私の研究途中のいろんなタイプの試み(体操)にお付き合いくださいます。
本当にありがたい方々ばかりです。ありがとうございます。
来月も引き続き、開発をしてみますので、 引き続きご協力をお願いいたします(^−^)♪
・・・・・・・・・・
最後の呼吸法は「いのち」を感じて大自然と和する呼吸をしました。
私のイメージ表現を参考にして、 穏やかで安らかな呼吸の時間になりました。
笑っているわけではないけれど、 微笑んでいるように見える表情で、 ゆったりとした波調の呼吸をされている様子に…聖子感動の時間でした(笑)。
体操で「こころ」と「からだ」がほぐれたからこそ、実現可能な世界です。

見学(体験)に来てくださった人々にも感謝♪
みんなでステキな秋の笑心地時間をつくることができました。
皆さん、ありがとうございます。
次回は、10月3日(水)14:00〜15:00、参加費お一人様500円です♪

【写真:タマネギ、洗ったお野菜、人参スープ♪】


平成24年9月24日

走るの…楽しいネ!

やっぱり、「からだ」を操って走るのは、楽しいネ!
という体験をさせてもらっています。
Sa-さんありがとうございます(^−^)!!
聖子大感激、パワー倍増&久しぶりの筋肉痛で感激しております。

ありがたいことに…ご縁をいただいて
運動会に燃えている?(笑)、 小学3年生の男子の走る練習に御一緒させてもらっています(^−^)♪
御一緒?というよりも、 私が専門にしている 、子どもの運動遊び方式で、 Saさんの息子Syo君の走る練習をさせてもらっています。

実際は、Syo君に遊んでもらっている感じです♪
たぶん、Syo君も遊んでいる感じだと思います♪
とても、楽しいです。 大人になっても、やっぱり、走るのは楽しいです♪

この走る遊びは、 筋力づくり=からだのメンテナンスが進むので、 やっぱり、子育ては健康づくりになるなぁ、 いいなぁ(^0^)と思い直しています。
子どもの健康づくりになる運動遊びは、 そのまま…親御さんの健康づくり運動になります。
スバラシイですよね〜。

子どもと遊ぶ、というのは、 親御さんの「からだ」が若々しく動く秘訣が満載です♪
とはいえ、その身体感覚を養わないまま大人になっている人が多いので、 そのフォローを仕事にしているのは私ですが…。
走る爽快感を得るレベルの体力やスキルは、 いくつになっても得ることができますので、 その感覚を体験していただきたいと思っています(^−^)♪
(私が専門にしているのは、 記録を狙う走りではなく、 疾走感を満喫する走りの世界です^^♪ とっても、気持ちがいい世界です♪)

私がSyo君と走っている間に…母親のSaさんは、 フットセラピーやコンディショニング系のエクササイズをしながら 見守ってくださいます。
お母さんに見守られて遊ぶことはとても大切なことです。
私も見守られて…安心感が増して、うれしいです(笑)♪
このような機会を私にくださり、感激です。ありがとうございます。 御一家のご多幸とご健康をお祈り申し上げます(^^)♪
Syo君、hinちゃんありがとう〜^0^♪

加えて、走る練習にお付き合いくださるA子先生、ありがとうございます♪
願わくば…Syo君との走る練習が終わっても…、 走る遊び同好会(仮称)として、 私と一緒に「からだ」で遊んでくださいませ♪ よろしくおねがいしま〜す♪

【写真:2009年9月20日の彼岸花、場所は諏訪神社♪】


平成24年9月23日

イタイのは…

「からだ」が痛いのは、本当に辛いですね。 仕事柄、「からだ」が痛くて辛いという話を聞く機会が多いです。
日常生活(仕事も含む)に支障をきたすレベルの「痛み」は、 いろんな「からだ」のメッセージが込められています。
「こころ」のメッセージもあります。
「人生」のメッセージもあります。

痛みを鎮痛剤で回避して、メッセージを聞かないで過ごしていると、 「からだ」はどうなるか想像がつきますか?
関連して「こころ」もどうなるか考えたことがありますか?
「こころ」と「からだ」を反映する筋肉は、どんな状態になるかご存知ですか?

痛んで困っている人に、直接このように問いかけたりはしませんが、 痛みの背景には、メッセージがあって、 筋肉はそれを伝える媒体をしているように思えてならない時もあります。

個人的に今月の私は、痛〜い9月を過ごしています(笑)。
口内炎で痛い思いをした後は、うっかり包丁で指先をカットしてしまいました。 ので、PCの文字入力は指先を使うので、まだ…イタイです。
生活に支障をきたすレベルのイタイは避けた〜い、 と心底思っているので今月の痛〜いのには心が折れそうになりますが、 炎症や切り傷は、慢性の痛みではありませんので、 生活に支障があっても、もうしばらくの辛抱だと思うと乗り越えられます。

ところが、慢性の痛みはそうはいきません。
毎日の痛みや不快感に、感情が乱れてしまうことが多くて、 人間関係も乱れたり、波風にあおられたり、
暴風雨のように(?)荒れてしまうことがあります(^^;)。。。

そんな時こそ!平素からのスマイル思考(私の場合は笑心地づくり♪)がオススメです。 状況を和やかに変えてくれます。
私の経験から、(すいません、勝手ですが…)過去の人々を思い出すと…、 日ごろから、笑顔になれる心づくりを養っている人は、 痛んでも人間関係の乱れを引き起こすほど感情が乱れることがないようです(^−^)♪
今も、痛い「からだ」の現状を和やかに受け入れながらも、 明るい心で療養(快善)活動に励んでおられる人がいらっしゃいます。
頭が下がります。そして、そんな皆さんを 思い出すたびに笑心地のニコニコ元氣を送っています^0^♪

「からだ」の痛みと「こころ」の痛みを受け入れて、 心地よい身体感覚や感情をつくるために、 必要な知識を学び、現状を受け入れて、 とるべき行動を実践することが改善のポイントであることは確かです。

そこに私は、どれだけ笑顔になれる心を養う創意工夫ができるかが 円満解決のポイントのように思います。
完治はなくても円満解決(^−^)!
その線引きも重要ではないかしら?と投げかけることもあります。

私の顔面麻痺は、欠損があるので、完治しません。 麻痺があって痛みのような感覚はずっと続きます。
その理由を心得ているので、私は、治る思考よりも、 心地よい顔面感覚を得るための「からだ」のメンテナンスを心がけています。
今日も、明日もつづきます。天寿をまっとうしたいので、 その時まで続けるつもりです(笑)♪

今日も「痛む」人の話を耳にしました。
いろんなイタイがあるけれど、 すぐに解決しない痛みの場合は、知恵が必要です♪
痛くても…心明るく笑顔になれるような生き方をしたいものだな、 そんな生き方を支援できるような笑心地の知恵を養いたいな、 と思い直しました(^−^)。

簡単、単純ではないけれど…、
きれいごとにはいかないけれど…
みんなで心を合わせて、 力を合わせて、乗り越えたいね♪

【写真:鞍馬山〜貴船路(撮影年月は色々♪)】


平成24年9月21日

寿命は3段階〜♪

「からだ」は「いのち」を宿す、とても美しい存在です。
生きている実感があるのも「からだ」があってこそ。
その「からだ」は、幸せな人生を歩む大切な道具ですから、 手入れをして調子よく生かして、天寿をまっとうしたいものです(^−^)♪

このコンセプトは、私の笑心地研究の発端になっています。
その中に「天寿」という言葉があります。
寿命の考え方は様々ですが、 過去に、波動医学や自然治癒力について調べていたら、 「天寿」について明確に記してある本がありました。
現在は、浄波良法というメソッドでご活躍されている
松本光平先生のご著書、 『波動良法で自然治癒力を引き出す』(たま出版)の109ページに、
【人間の寿命―天寿をまっとうする】という内容がありました。
その中には、「人間の寿命は3段階に分かれている」と書かれています。
第一の寿命、第二の寿命、第三の定命(じょうみょう)だそうです。
(内容の一部を抜粋させていただきます^^)

現在はいろいろなことが発達し、 いろいろなことをやり過ぎることによって、 第一、第二の寿命で他界する方が非常に多いように見受けられます。

・・・・まだ生きることができるのに、
じつにもったいないと、よく思ったものです。

第三の定命は、本当の寿命である天寿です。 この定まった命である定命まで生きることができれば、 死に際も苦しむことなく、この世を全うすることができます。
(…省略)
(人々を第三の定命まで導くために、研鑽され完成したのが波動良法だそうです)

定命まで健康を維持し、 さまざまな社会活動を維持しながら生きることは、 かつては人間にとって自然なことでした。………。
(抜粋おわり^^)

…このことを心得ていたら、 私達は、毎日の生活が変わると思います。

定命(天寿)をまっとうするために、 快く健康づくりにはげんで、
天命に生きる(^−^)!というのが人の道のように思います。

(ここで、2つつぶやきます^0^)
(そうすれば…生活習慣病にならない生き方を求めて実践するはずです♪)
(そうすれば…要介護にならなくてもすむような生き方を求めて実践するはずです♪)

長く生きることが喜ばれたのは、 定命を心得ているからこその心情だと思います。 そして、そんな心得のある人が増えてほしいです♪

私自身が、どのように天寿に向かっているのかの レベルや次元はよくわかりませんが、 この松本先生のご著書との出会いで、 なお一層、私も定命まで精進してみたい〜♪と、 勇気が湧いたのを覚えています。
お会いしたことはありませんが、御礼を申し上げます。

第一、第二の寿命を天寿と考えている 医療や健康づくりに従事する専門家が多いのは確かです。 心得ておきたいですね(^^;)
松本先生のホームページはこちら

【写真:富士山浅間大社の桜と御神水の池、実家の散歩道のねこじゃらし】


平成24年9月19日

秋の「からだ」がよろこぶ時間でした♪

平成24年9月12日(水)の飛島善光寺別院【いきいき講】は、 暑い時間の開催でしたが、ニコニコ笑顔でお集まりくださいました。
暦の上では中秋の時期なのに…夏のように暑いので、 秋モードの「からだ」はその分堪えてくれています。
暑い…!とはいえ、 食の恵は秋の恵でいっぱいです♪うれしいですよね♪

…その「からだ」のメンテナンスに… フットセラピーとお腹のマッサージ体操からはじめました。
「からだ」に感謝のきもちを込めて手を当てて、 気持ちよさをみつけながらセルフケアワークをしていると…、 「気持ちいい〜♪」と心地よさそうな表情で続けてくださる人と、 「い…イタ〜イよ先生!!」と困り顔をくださる人と、 「私はなんともないよ。」と答えてくださる人…いろいろ反応が返ってきました。

心地いい人は、 「からだの声」に従って… さらにいい気持ちの触り心地をみつけてください。
イタイ人は、 痛くなくて気持ちがいいレベルの触り心地をみつけてください。
「イタイと感じる所の筋肉はどんな感じがしますか?」と投げかけると、 「硬〜い感じ…」「筋張った感じ。。。」「冷たい…感じ」など 、いろいろあるご様子でした。
痛む触り心地ではなく、「イタ気持ちいい感じ♪」か 「やさしい触り心地」をみつけてもらうよう促すと…、 「からだの声」を聞きながら各々思考錯誤しながらの セルフマッサージ時間になりました。
なんともない?と言う人には、 なんともないのは無感覚(何も感じない)なのかどうかを確認して…、
なんともない=感じないのは、 何を感じないのか聞くと…痛みが無い、というご様子でしたので、 気持ちがいい感じを感じられるような感じ方と触り方をみつけてもらうよいに促しました。

笑い声の花が咲く中、時に黙々と…(笑)、楽しい時間が過ぎました。
自分一人で行うと、自分の「からだ」の情報しか得ることができませんが、 【いきいき講〜からだほぐし〜】では、いろんなタイプの人の情報でいっぱいです。 会話だけでは知ることのできない体調や様子がわかります。
私はその都度、具体的にどうやったらいいのかを提案して、 体操の質を紹介できるよう努めてきました。
【いきいき講】の開催当初から通ってくださる人々は、 それを心得ていて、セルフケアマッサージを紹介する時の言動が、 過去の経験を得た内容になっていました。 これは素晴らしいことだと思います。
それが、今年から参加されている人々にとって、 とても参考になる情報(体験)になっています。 そして、そのおかげで私の指導クオリティが上がっています。
ご本尊様に見守られながら、一緒に育ててもらっているような、 ありがたい時間でした(^−^)♪
お集まりくださる皆様に心から感謝を申し上げます。 そして、飛島善光寺別院のご神仏に感謝の気持ちでいっぱいになります。 ありがとうございます。

・・・・・・・
続いて、首や背骨の動きを調整する体操をじっくり行いました。
今回のヨガ的にアプローチしたいのは、のどにあるチャクラです。 「からだ」を巡るエネルギー(波動)をイメージしてもらいながら、 呼吸に集中して行いました。

また、この日のサブテーマは、 「脱力して…地球の波動を感じること」でした!
実りの秋の波動が大地に満ちていることをお話したら、 その瞬間に目を閉じて大地を満喫しようとしてくださる人が多くて、 私はうれしさがワァ〜っとこみ上げてきたのを強く覚えています (とってもステキでした♪)。

腕や手、脚や足の重さを感じながら、 重力に「こころ」と「からだ」をゆだねると… 地球に巡る氣と和することができます。
そうすることで、 私達はスピリチュアルな循環系に波調を合わせることができるようです。 地球に生きている私たちは、地球の波動を得ることで、 健康に生きることができるようにつくられています。本当にありがたいことです。
…そんな情報を紹介しながら、 静な呼吸をする時間を紡いで【からだほぐし】の時間が終わりました。
皆様、集中したり、笑ったり、のんびりしたり…いろいろ楽しかったですね。 ありがとうございます♪

そして、副住職様の【こころほぐし】のお話をいただきました。
「仁に当たりては、師にも譲らず」
「人能く道を弘む」
自己解釈で読んでいると狭い見解に陥ってしまうな、と改めて思いました。

譲り合いの根本は優しさや慈愛の心。 本当の思いやりや謙虚さについてのお話でした。 譲り合いの気持ちを忘れずべき時があります。 その際に要となるのは純粋な思いやりの心、 慈愛の心である…と聞きながら、 私もついつい謙虚さや譲り合いを都合よく行動してしまうことがあることを思い出しました。 あぁ、本当だな、これから確認しようと思いました。

人にはその人がつくる道がある。 私たちは、はじめから道があることに慣れ切っているのかもしれません。 道があるからこそ歩むのではなく、 自分が歩むべき道は自分で切り開いて、 そこを進んでいくもの…。 いくつになっても、その道は続くと聞き、納得。 他人の話や他人の情報は他の人の道です。 他の人の道に学び、自分の道を創り進むことは、 とても勇気のいることのように思いました。

自らの人生で開拓して進む道がある。とした時に、 進むためにはどうしたらいいのかわからなくなっている人が多い世の中です。 私もその中の一人でしょうね…。
また、その道の背景に病気(浄化)という現象があるようにも思いました。 深い、深い課題です。 今、思いつきで考えたって、浮かぶ言葉は空論になりそうです(笑)。
今年の秋は、私にとって、 道の開拓方法を再考する提案をしてくれたような感じです。 副住職様、ありがとうございます(^−^)♪
飛島善光寺の皆様へ…、鎌倉より愛を込めて、笑心地のニコニコ元気を送ります♪

次回の飛島善光寺【いきいき講】は、11月14日(水)13:30〜15:00です(参加無料)。 今年最後の【いきいき講】になります。 冬の「からだ」ほぐしになると思います。 皆様のご参加をお待ち申し上げます♪

いきいき講の紹介
飛島善光寺ホームページ
【写真:本堂と松、三宝荒神さまのお堂、めばえムーン
     この日の資料、善光寺の松、最寄駅(近鉄蟹江駅ホーム♪)】


平成24年9月18日

ねじる体操でスッキリ♪

平成24年9月5日の水曜市場【健康体操教室】は、 のんびりと会話をはずませながら…和やかな体操時間になりました。

水曜市場の皆さんは、おしゃべりしながらの体操が上手です(笑)。
上手?という表現が適しているかどうかわかりませんが、 「からだ」を動かしながら…自然に…思いついた事を自由にお話されます。 もちろん、健康に関することが中心です。
お一人が何か投げかけると…誰かが関連して会話の快キャッチボールが展開されます。 次の体操になったら、会話はおしまい(^−^)♪
とても自然な流れです。
もちろん、快キャッチボールの中、 私は個人指導を展開したり、体操の補足を伝えたりしています。
この私の言動に注視しながらの快キャッチボール会話は、 教室を重ねた結果だと思っています。

運動指導に従事してほぼ20年になりますが、 こんな教室スタイルがあったのかぁ! と大発見&大感謝の水曜市場【健康体操教室】です。

運動指導の現場では、指導者が主導権をもちつつも、主役は参加者の皆さんです。
ということを、近年、指導者の講習会で発信くださる講師の先生が増えました。
そうだと思います。加えて私は、主役も脇役もどうでもよくて、 大根役者でも大道具でも舞台装置でも客席でもなんでもよくて…
皆さんが笑心地な参加をしてくださればいい。 みんなが笑心地に関わって、それぞれが笑心地で存在してくださればいい。 そんなふうに最近思っています。

そう思うようにさせてくれたのが水曜市場【健康体操教室】です。
定期的な開催だからこそ今のクオリティに達したのだと思います。 私は、この日の帰り道…自転車をこぎながら… 水曜市場の皆さんに大感謝の気持ちでいっぱいになりました。

この日も、暑い時間でしたので、 フットセラピーをして足裏の反射区を刺激しながら始めました。
足裏トントン…軽快打は定番です。 足指の刺激もして、足をすっきりさせて、 リンパマッサージや肩関節を調整する体操をしました。 背骨や股関節、脚の柔軟体操も念入りにしました。

最後は「ねじる体操」を呼吸法とセットで入念に行いました。
じんわり…じんわり…続けていると…(笑)…。
「汗が出てきた〜〜^^。。」
「だんだん、ねじりが楽になってきた〜〜^^。。」
「お腹が凹んできた〜〜〜^^。。」
右側、左側をじっくり3セット行いました。

今回紹介したのは、たくさんねじることではなくて、 楽にねじるレベルでくり返すやり方です。
無理にねじって冷や汗をかくのではなく、 確実にねじる動作の基本になる筋肉を刺激して、 ねじれるように動きづくりをする…タイプの基礎体操です。

秋はねじる♪がオススメです♪内臓の快マッサージにもなりますよ〜♪と始めました。 フルメニュー終わった時の爽快感は別格です(笑)。
「あぁ〜スッキリした〜!」「いい気持ち〜!」
終了時に発してくださった声が凛と気持ちよく聞こえました。 暑い中、本当におつかれさまでした。ありがとうございます(^−^)♪

・・・・・・・・・
水曜市場の皆さんには個人差が大きくて、 体操によっては幅広いアレンジをして指導フォローをします。
だから…苦手な体操があっても…大丈夫(^^)です。 「痛い〜〜」とか、「できない〜〜」「助けて〜〜」という人には、 私はできるやり方をフォローして、 「これならいい感じ♪」をみつけてもらえるように努めています。
そうすると…できている人の中に、 そのフォロー体操をすぐまねる人がいます。 ちょっと試しに私もやってみようかしら?という感覚です。
そして、「あぁ、こんな感じなんだ。気持ちがいいね」という感じを 「からだ」で返してくれることがあります。

私は、このような様子を察すると心が優しくなります。
こんな時は会話のキャッチボールはなくなりますが、 言葉ではなく、「からだ」で、 お互いがコミュニケーションをしているように感じるからです。

気持ちよ〜く体操をしている人は「いい感じ」を伝えてくれるし、 筋肉が硬くて可動域が制限される人は痛そう、 苦しそうに「からだ」が伝えてくれます。
苦しそうな人が「いい感じ」でできるやり方にアレンジできると、 緊張感が消えて、みんなで「いい感じ」を満喫できます。

このような時の一体感が私は大好きです。
笑心地の共有(?)というか、みんなで笑心地感覚をみつけて、 その波動をお互いに伝えあっている時は 、大自然も一緒に一体化してくれるように感じます。

うまく表現できませんが、この感じが 、私の伝えたい笑心地の世界のうちの一つです。

だから…この日お休みの連絡をくださった0nさんは、 この感じを得たくて(?)、体調が悪くて家で寝ているよりも 、教室に行った方がいいと思って、遅れて参加くださったのかな?と思います。
(実際、Onさんは、そのように発言くださいました♪ありがとうございます♪)
もちろん、Onさんは、倒れ伏す程体調を崩していなかったのと、 体力の予備力があったので、ご自身の「からだの声」を聞いて 判断されていらしたのだと思います。

休む時は、よく休む。
動かした方がよくなりそう♪ と直感したら調子がよくなる動かし方ができる環境をつくって 体調改善のスピードをアップさせる。
この判断力、すばらしいですよね(^−^)♪

動かす力があるならば…
自然治癒力は自分一人で高めるよりも、仲間とみんなと一緒に高めた方がいい。
健康体操の現場には自然治癒力の泉のようなものがあるように私は思っています。
ありがたいです。その泉を湧かせる人になれるよう精進します。
秋とはいいながら、暑いけれど…水曜市場の皆さんの笑顔はキラキラです。 今回もキラキラスマイルパワーに聖子感激!なんだかとても癒された感じでした。
ありがとうございました(^−^)!
次回は、9月26日(水)14:00〜15:00です。参加費はお一人様500円。

【写真:今年のさつまいも♪、水曜市場の風景(この場所で体操しています♪)
       きゅうり&ゴーヤ、さつまいもスープ、今日の空、江の島の蟹♪】


平成24年9月17日

口内炎大爆発

この秋も(笑)、私の「からだ」は答えてくれました。
今回は口内炎大爆発です(^−^)。溜まっていた何かが吹き出ました♪
9月1日から少しずつ…私の口の中で口内炎がプツ…プツ…始まりました。
そしてその数がドンドン増えて…激しくなって… とうとう流動食しか食べられなくなりました。
あれれ…大変です。
耳下リンパはもちろん、顎の下から扁桃腺があるあたりまでよく腫れて、 マッサージをすると、プチュッと消えて…のくり返しをしていました。

ちょうど歯科医院に虫歯の治療の予約をしていたので、 相談をしたら、口内炎も診てくれるそうなので、 ありがたく口内炎に塗る薬を処方してもらいました。
今は収束方向にむかっています。
この体験は痛くて大変でしたが、とてもいい経験をしました。
この間、助けてくださった皆様に御礼を申し上げます。
・・・・・・・・
痛くて火を噴くような口内炎は、火山火口のように見えました(笑)。
今は、火口は塞がれて、徐々に小さくなっています。
今回の口内炎で、口内炎って、 痛みの自覚がなくなったら終わりじゃないんだ。 ということの意味を改めて考えました。

そうだなぁ。筋肉だって炎症を起こして、 回復して、復帰するまで、細胞の代謝を考えると…時間かかるよなぁ…。
「いのち」のメッセージもあるよなぁ。。。。
表面的な、もしくは自覚のできる痛みが治まったから=なおった! って考えるのは間違いだよなぁ。。。
他の細胞の炎症なら、その意味を生理学的に考えるのに、 何で口の中の事を同じように考えられなかったのかしら??なんでかなぁ…??
と、いろいろと多次元的に省みています。
これがとてもいい勉強になりました。
口の中に炎症ができると…
会話は苦しいし、食べ物は入れたくないし、 痛くて頭のてっぺんまで響くので、生活行動に難儀をします。
私の口はそれほど禍をしているのでしょうか?
(うん、確かに、そうだよなぁ。。。と納得できる過去がありました。)
過去の不徳を詫びました。
そしてそれでも、このような痛みで、 どうにかなっていることをありがたく思いました。

痛くなるほど痛めたら…痛めた細胞さん達が、 ニコニコ元氣にはたらけるように細胞さんが よろこぶことをしてあげたらいい(^−^)♪
そうしてあげよう♪
と思って、「こころ」と「からだ」をやすめることを優先していたら…
作業はしていましたが、ホームページやブログの更新まで至りませんでした。
アクセスしてくださった皆様、画面が変わらず…申し訳ありませんでした。 ごめんなさい。

久しぶりの更新ついでに、大空に向かってニコニコ元気を送ります♪

【写真:江ノ島で見た虹入りの入道雲、近所のくずの花、
    口内炎中(笑)につくったスープ(2種、アスパラとかぼちゃ)】


平成24年8月31日

夏休みの自由研究

今年の私の夏休み=実家へ帰省は、 長めにして…姪っ子達(小学1年生rereちゃんと3年生yuyuちゃん)の 夏休みの自由研究を一緒にしました。

私は「夏休み自由研究」が好きでした。
全て自由です。こんなにステキなことはありません。 その夏休みの自由研究が宿題になっている姪っ子達が、 ちょっとうらやましい気がして、私も一緒にやりたいなぁ〜と思いついて、 今回、勝手ですが、名乗りをあげました(笑♪)。

私にとって、子ども時代、夏休みの自由研究は、 大変だったけど、終わってみたら達成感と満足感あふれる宿題でした。
高学年の時は、アゲハチョウの観察の研究をしていたら… 夏休みが終わっても研究が終わらなくて(蝶の孵化を待っていました) …先生にお願いして遅れて提出したこともありました。
中学校の夏休み研究も前葉体(シダ植物)の研究が終わらず (前葉体の発芽?を待っていました)、 遅れて提出しました。 新学期が始まったのに…夏休みの研究を続けていることを恥ずかしく思いましたが、 家族や学校の先生に認めてもらい、温かく見守ってもらえたことで、 私は勇気と自信がつきました。この経験があったから、 今の私があると思います。(過去に大感謝!)
ということで、この度の帰省は、 私の母校に通う姪っ子達の自由研究サポートが始まりました。
・・・・・・
テーマは「乳酸菌の研究」です。
yuyuちゃんは、小学校の図書館で乳酸菌についての本 (カルピス社発行)を借りて読んで準備をしてくれていました。 うれしかったです♪
rereちゃんは、初めての自由研究。 研究っぽい気分を満喫することが優先です(笑)。

乳酸菌は健康にいいみたい♪… 程度は二人ともメディア等でわかっているようでした。 しかし、こんな二人に、 私はどうやって「乳酸菌」を伝えたらいいのかしら?と考え直しました。
1年生と3年生にわかるように伝えるのは、どうしたらいいのかなぁ?と思いましたが、 結果は心配ご無用(^−^)!
自由な話し合いをしているうちに…解決の糸口は自然に見えてきました。
(ココが、子どものスゴイところだと思いました!!遊んでいるようで、 自由気ままにしているようで、そこに答えが出てしまいます。 聖子感激♪したのは言うまでもありません♪)
私が持参した数冊の本を、独自に(自由に)解読しながら読んで(笑)、 わかったことを、ノートに書いていました。

タイミングよく、訪問販売のヤクルトさんが来てくれて、 いろいろ質問をして、答えを得ることができました。
(この販売員さんが素晴らしい女性でした! 子どもにわかるように医学情報や研究情報を説明してくださるので、 聖子大感激♪御礼でした♪)

ヤクルトさんが帰った後、yuyuちゃんは、 「社会見学みたいだった〜〜!」と目を輝かせていました。 rereちゃんの質問は、最新の研究情報にも関連していて、 私はオドロキました。
(子どもだから…という発想はNGでした♪ 子どもの発想を引き出すのは大人の役目ですね♪ そして、私の私見ですが、子どもは必ず大人の発想を超えていきます。 それがよくわかりました^−^♪)

楽しかったのは、「食べてみたよ!乳酸菌を含む食べ物(研究)」です。
本の中に市販されている食品がまとめてある「乳酸菌辞典」があったので、 参考にしていろんなメーカーのヨーグルトを食べました。
台所にあるものも調べ(食べ)ました。 スーパーの売り場も見に行きました。 ヤクルトのホームページの菌の図鑑に熱中もしました。
いろいろ…自由に本や資料を調べて、 自分が気になる事柄を選んで… 、調べたこと、感じたこと考えたことを自由にノートに書いていきました。

途中で、旅行があったり、親戚やお友達と遊んだり、 義妹(姪っ子達のお母さん♪)と里帰りしたり、 お盆があったり…いろいろありました(^−^)♪

いろいろ楽しいことがいっぱいで、研究するのが面倒になって、 イヤイヤ虫がムズムズしたり(笑)しましたねぇ(^0^)♪ 研究が終わらないかもしれない…と不安になって、 心が乱れたりしましたねぇ(^−^)♪
子どもらしい、感情も大爆発(笑)♪
「もうやりたくなぁ〜い!!」感じのようでした(笑)♪
(子どもらしい、素直な爆発?です^^;)

だけど、私は二人のノートを見て、ビックリ!
「ちゃんと、わかったことがかいてある!!しかも…たくさんある〜〜!!」
あとは、模造紙にまとめる作業です(ここで、私の出番⇒本番♪)。

子どもの字を、よみながら、模造紙のレイアウトを決めさせてもらいました。 本当は、このレイアウト作業も子どもらしい発想を聞きながら、 何回も失敗しながら作業ができるとよかったのですが、 私の滞在期間は延長できないので、伯母ちゃん大介入しました。 (すいません^^;)

後日、仕上げてもらう段取りをして義妹Na-chanにお願いして、 私の(?)夏休みの自由研究が終わりました。

「最初は、よくわからなかったけど…、しらべたり、 ノートに書いたりして、大変だけど…夏休みの研究するのが、 ちょっと楽しくなったから、もうちょっと、やる(がんばる)よ…。」
「こんなふうに勉強するのは、初めてだけど…大変だけど…やりたい…。」
大爆発した後の、二人のコメントです(^−^)♪
私は二人が、汗ブルブルになって、集中して模造紙の原稿を書いている姿に、胸が熱くなりました。

8月27日(月)から、姪っ子達は学校が始まりました。
先日yuyuちゃんが、自由研究のまとめをしたことを電話で知らせてくれました。 よくがんばったね(^−^)♪ 特大の愛を込めて拍手♪とニコニコ元気をおくりたくなりました(^−^)♪ そして、私と姪っ子達を温かく見守ってくれ、手伝ってくれた家族に大感謝♪ na-chanありがとう〜♪
みんな〜ありがとう〜(^−^)♪

自由研究って、やっぱり いいね♪ 楽しいね♪
調べる楽しみ♪、まとめる楽しみ♪、発表する楽しみ♪があります。
yuyuちゃん、rereちゃん、ありがとう♪
おかげで、私は研究の楽しみ♪を3つ再確認することができました(^−^)♪

【写真:近所のサルスベリ、朝の散歩路、研究作業中♪、ヤモリ♪
    私が持参した乳酸菌入りのたまご焼き(?)、
    yuyuのマメちしきカードA、rereの研究ノートのイメージ図、
    お土産のシャープペン=宍道湖自然館のゴビウス
    (研究のナビゲートをしてくれました♪)】


平成24年8月30日

いろいろ心地の体操時間(笑)♪

平成24年8月29日(水)水曜市場の【健康体操教室〜ありがとう体操〜】は、 会場のガレージに、そよ風が心地いい感じ♪で始まりました。
教室前に…のんびり椅子に腰かけていた時…。 私も含めて…(笑)夏の疲れがドドッ?と蓄積している感じ?の皆様に感じました。

暦(二十四節気)では、初秋が過ぎています。
8月が終わる頃は、秋の氣がグンと増しています。 水曜市場ではトマトが終わり、梨やぶどうが並んでいました。 ニュースでは早場米の収穫をやっていました。
…つまり、大自然は秋です。それ故「からだ」はすでに秋モード。
暑く感じるから、ついつい夏モードの身体感覚で、 暑さに適応しようと思考してしまうので、 ちょっと発想転換をしてもらうようお話しました。

そこで、筋肉のメンテナンスの話になり…発展して…、 介護予防と生活習慣病予防に関連する筋持久力の目安にする 脚筋力のエクササイズ(筋力評価)を紹介することになりました。
現代の日本人の健康体力は低下するばかりです。
(これには…諸事情があり… 体力が低下するような時代背景があるので、心を磨いて、 低体力育成のサイクルを見抜いて、環境をつくって、 健康体力増進の道を歩んでいただきたいと、私は願ってやみません!)

そして、筋力が低下しているかどうか、 もしくは、転倒予防を目的にした場合に参考になる筋持久力の運動の話になり、 歩行動作の基礎筋力も含めて考えたいので、脚の筋持久運動を紹介しました。

椅子から立ち上がる動作をくり返す運動と、 椅子から立とうかな?と重心を移動させて大腿の筋肉に力を発揮させる運動の2つをしました。
…ところが、求める姿勢で動作のできる人は0でした(^0^)♪
そうなんです!
それだけ、正しい動きができない、 脚の筋肉の動作をコントロールできない、 動作を円滑にくり返すことができない…という人が増えているので、 これは老化現象よね〜、 できなくてもいいよね〜と思ってしまう心情があることを私はお話ししました。
しかし…それでは、困るんです!
そのまま放置すれば、生活習慣病と要介護が待っています!
願わくば…、この運動ができるように、 コツコツ筋力アップできるようにしてくださ〜い!! …という気持ちを込めて、話を加えました。

この筋持久力レベルを体得すると…今より体脂肪は少ないはずです(笑)!
今より動きが軽くて若々しくなるはずです(笑)!
今より歩くのが楽しくなるはずです!
という思いを込めて…私は、椅子運動のデモンストレーションをくりかえしました。
ha-sanがんばりましたね(ありがとうございます)

私だって…40歳を過ぎてから、 この運動が辛くなる=筋力低下を自覚することが多くなりました。 皆さんと一緒に筋持久力アップに励みたい秋の到来です♪
・・・・・
と、ここまでが教室前の四方山話&運動の紹介タイムでした。 食後の眠気から目覚めての開始です。 午後2時になり、全員集合して教室が始まりました。

ところが…
教室が始まったら…ウトウト心地いい時間になりました(笑)。

秋モードの、リンパマッサージ体操をしたところ。。。。 また眠気がやってきました。
ゆるやかなリズムで、長〜いあしをさすります。 夏の暑さのダメージを受けて、内臓諸器官の代謝を促して、 体液の循環を促すタイプのリンパマッサージ体操は、 気持ちが良くなって…眠くなります…(−−)♪

胸のリンパマッサージをして呼吸調整をしていたら…眠くなる…(−−)♪
肩を脱力させて、背骨をほぐす体操をしていたら…眠くなる…(^^)♪

本当に気持ちよさそうに、眠り心地の体操になり、私は皆さんが可愛いいなぁと思いました。 子どもがウトウト…♪するしぐさに似ていました。 内心、寝かせてあげたいと思いました。

水曜市場の皆さんは、朝6時から市場で働いておられます。 6時に市場を開けるということは…起床時間はもっと早いです。
夏の疲れ(老廃物)をリンパマッサージで浄化すると脳がリラックスするので、 早起きの人は午後2時は眠くなりやすいですよね。。。
これも笑心地♪いい感じ(脳の調整)♪
私の声が子守唄に聞こえると言ってくれるのはma-sanです♪ありがとうございます。
市場の時は、イキのいい明るい声でお客様を迎えてくれる人々が、 静かに、子どものような顔でウトウトしておられるお姿は、純粋な魂の御顔のように思いました。 ステキでした(ありがとうございます)。

後半は、目の覚めるよう、脳の活性化を意図したリズム体操をしました。 リラックスできた分、目覚めも早くて動きの感度も良好でした。
8月初旬に私は骨盤・股関節の講習会を受講してスキルアップしたので、 内転筋のアプローチもしました。
最後はフットセラピーと呼吸のワークで氣の巡りを整えました。 秋の氣が巡った?ように思いました。

筋肉をグッと活用したり、ウトウト眠くなったり、脳を目覚めさせたり… いろいろな心地のする教室になりました。
こんなに変化できるなんて!
水曜市場の皆さんの身体感覚の素晴らしさに御礼です。
ありがとうございました(^−^)♪
次回は、来週9月5日(水)14:00〜です。参加費はお一人様500円♪

【写真:なす、ピーマン&ゴーヤ、
    教えてもらってつくったポテトチップス(大成功!)
    ぶどう(あま〜い)、布ぞうり(早速履いています♪)】


平成24年8月28日

出湯鳥取♪

街〜に出湯〜が、シャン〜シャ〜ンわぁ〜いぃ〜てぇ〜♪ (シャンシャン傘踊り、という踊りの歌です。とても心地よい踊りです♪)
…という音頭があるように、鳥取には温泉が沢山あります。
今回は、食事をすると温泉に入れる(タオルも貸してくれます)、 対翆閣(通称;しいたけ会館)のお湯につかることができました(^−^)♪

つるっとした肌心地のいい温泉でした。
温泉は、やっぱりいいです。気持ちがいいです。
特に、生まれた土地の温泉は、私にとっては別格です(^−^)♪
お母さん、連れて行ってくれてありがとう♪


それから…
近年の帰省時のmyブームになっているのが、鹿野温泉の足湯です。
今回は、国民宿舎の山紫苑バス亭の足湯に入りました。 バスの本数が少ない田舎路に足湯があると、健康にもいいし、 バスを待つ時間が「からだ」がよろこぶ時間になります。

真昼の暑〜い時間ですが、足湯をすると…いい気持ち(^−^)♪ 大地のパワーをもらえたような感じになりました♪
次回は、温泉に入れるようなスケジュールで出かけたいと思いました♪

そういえば、鎌倉にも温泉があります。
稲村ケ崎温泉(通称;稲温?)。琥珀色の温泉です。
ツルっとした滑らかなお湯だったように思います。 ちょっと…忘れてしまった感じです。すいません(笑)。
夏の疲れを癒しに、そろそろ出かけてみようと思います(^−^)♪

ところで…帰省前のブログに、湯の花音頭♪のことを書きました。
ちょっと補足です。
湯の花音頭は鳥取の民謡ではありません(笑)。
私の大好きなメルヘン童話にでてくる、宝温泉の温泉音頭です。 しいたけ会館の大浴場で姪っ子達と歌いました(^−^)♪
いい気分〜〜♪また歌おうねぇ〜♪

【写真:rereちゃんの朝顔(毎朝沢山咲いてくれました♪)、
    山紫苑の足湯とバス停の案内(時計はテンプラだそうです^^;)
    鳥取夏の味覚(旬)岩カキ(かろ市場)】


平成24年8月3日

出張⇒帰省します♪

関西へ出張して…
そのまま実家の鳥取県に帰省します♪

今年の帰省は、姪っ子達の夏休みの自由研究を一緒にすることが、 帰省の楽しみの一つです。
それと、今年こそは「温泉!」
毎年、帰省の度に「温泉入りたい!」と言いながら、 行動をしないまま帰路についていました。
温泉で「湯の花音頭」を鼻歌したいと思います(^−^)♪
もちろん、乳酸菌の研究は帰省しても続きます(笑)。

広がる空、大らかに広がる山並に包まれながら…
ニコニコ元気を送ります(^−^)♪


【写真:昨日の朝の空♪(ベランダから撮りました)】




平成24年8月1日

足裏トントン⇔快体操しました♪

平成24年8月1日【水曜市場】健康体操教室は、 暑い時間ではありましたが、心地よい風が私たちを包んでくれました♪
「風が気持ちがいいねぇ〜〜♪」
水曜市場の皆さんは、朗らかで大らかです。 どんなに暑くても、汗ブルブルでも、お客様をハートフルに迎えてくださいます。 「いらっしゃ〜い!」この声に元気づけられる人は多いと思います。 (私もその中の一人です^0^)
この日私は、しみじみ…、水曜市場の皆さんって素晴らしいなぁと思い直しました。
暑い夏の一日、朝早くからがんばっている「からだ」を労ってメンテナンスしてあげたい、 そんな気持ちになりました。

暑さのダメージを受けると「からだ」はむくみやすいです。 内臓も筋肉もお疲れサマーモードです。

まずは、老廃物の排泄を促したいのと、体内に蓄積している熱を放出して、 体内環境を整えたい、と始めたのが、フットセラピーでした。

足裏をトントン…トントン…トントン…♪
…………………………♪
軽〜く軽快に快打しました。
200回を目安に、右足、左足、もう一回右足、左足…。
加えて、湧泉のツボの刺激と、足指の爪をクリクリ&ポン♪しました。
そして、再度、 足裏の土ふまずゾーンを、トントン…トントン…トントン…♪
氣の流れも整えたいので、手の爪もクリクリ&ポン♪♪

そして、ふくらはぎのマッサージと下肢のリンパケア体操をしました。

暑さを感じる時、足裏の刺激をすると、とっても気持ちが良いです♪
そして、足裏が軽くなって気持ちがよくなると、 「からだ」の感覚も、楽になっていることに気がつきます。
足ってやっぱり素晴らしい&ステキなパーツですね(^−^)♪
それを知っていただきたくて何度も指示を出しました♪

足を触りながら…いろんなおしゃべりの花が咲きました。
続けて、リンパマッサージ体操や背骨の調整体操などをしながら、 ワイワイ…おしゃべりが進みました。
ところが…
(このメリハリが素晴らしいと思います!)
呼吸法とセットの体操になると、静か〜な、やすらぎの時間に変わります。 吸ったり〜吐いたり〜する、ゆるやかなリズム(波調)が心地よい空間になります。

柔軟体操をすると、動きに不都合がある人でも、 呼吸は安らか和やかにできます。
気持ちよさそうなお顔を拝見できると、私はうれしくなります。 みんな、観音様のような優しい笑みを浮かべています。 ステキ。笑顔になろうと思っていなくても、 心地よい呼吸ができると…自然にほほ笑んで見える。 私が笑心地で大切にしたい状態です。

後半は、先週紹介した柔軟体操をして、3時になりました。
最後に、もう一度足裏トントン………♪して、 教室前よりも、調子がよくなっているのを確認しました。
やればやるほど、気持ちがいい♪

私は暑い日は、一日何回も、足裏トントン…♪します。 そうすると、体操がしやすくなるからです。 動作も明快、気分よしになります(^−^)♪

立秋すると…残暑シーズンがはじまります。 次回まで、足裏トントン…していただきたいなぁ。と思いました。

そうそう、肩が痛〜いmi-子さ〜ん♪
痛くなる前に…胸のリンパマッサージや肩の脱力(ブラブラ…)をしてみてください。
痛いと思考も狭くなるようですから…胸に手を当てて…
思考を休めて、痛むストレスで緊張している脳をリラックスさせて…
肺の動きを感じる呼吸を深〜く…くり返してみるのはいかがでしょうか?
肩が痛い時は、ゴリゴリ音がする肩を、 グルグル肩を回して体操をしている…と聞きました。 (それはNGですよぉ〜〜^^;)
痛い時は、正しい位置に骨配列が整うように、調整をしましょう♪
上述したリンパ&呼吸ケアと、腕の重さを感じられる脱力タイプの調整運動をして、 深層部の筋肉のメンテナンスをしましょう♪
動かし方のコツがまだつかめないご様子ですから、 まずは脱力感覚をみつけてみることから始めてくださいませ(^-^)♪

次回は、8月29日(水)14:00〜15:00です。参加費はお一人様500円♪

【写真:水曜市場の…なす、フルーツトマト、緑のトマトをカット♪、
           玉縄小学校の…ムクゲ(だっけ?)白くて美しいね♪】




平成24年7月31日

夏の「からだ」をよろこばせてあげましょう♪

猛暑、酷暑…が夏の話題になって…もうずい分年月が流れました。
今年も、強烈な暑さに、すっかり参っている人が多いのでしょうか?
多いでしょうねぇ…。

猛暑⇒熱中症の危険⇒予防をするためにはどうしたらいいのか?
という夏の健康づくりを考えて、皆様に提供する仕事をしています。
異常気象という言葉を聞く頻度が増えた頃から、 私は夏がどんでもないほど暑くなるらしい?!と聞いて、
真剣に、暑いアツ〜イい夏に順応できる健康づくりの提案をしよう!
と、はげんできました。 もう10年以上前からです。

異常気象だの、猛暑だの、酷暑…とわかっているのだから、
熱中症を予防できるよう、体調改善=健康づくりに励むのが、 良心的な健康づくりだと思っています(^-^)♪
暑さに適応できる「からだ」づくりです♪
「こころ」もつくりなおす必要があります♪

体温調節機能のメンテナンスをして、 「からだ」に備わった天然のエアコンの感度調整&改良をしましょう♪
「こころ」も解放して、朗らかで和やか=笑心地でいられるようにしましょう♪

そんな思いいっぱいに、先日、 7月30日は【くるみサロン】で夏の健康講座をさせていただきました。
写真は、胸のリンパマッサージをした後に、胸に手を当てて呼吸をしている写真です。
(講座で紹介した体操ワークです♪)
講座中の写真撮影を頼むのをすっかり忘れていて、講座後に撮影しました。 ほっぺがピカピカ&温泉に入っていい気分〜♪な感じの私になっています(笑)。
(撮影くださったスタッフの皆様、ありがとうございました♪)

息を吸ったら…肺が膨らみ肋骨が動きます。
息を吐いたら…肺がしぼんで肋骨が動きます。

ふくらんで…♪
しぼむ…♪
胸郭メインの呼吸です(^−^)♪

息を吐くときに「ふぅ〜」と吐くと、
吐く息は涼しいのが出ます。
息を吐くときに「はぁ〜」と吐くと、
吐く息は熱いのが出ます。

体内にこもった熱を出したい時は、
「はぁ〜」の方が直接的です(^^)。。
そんなお話をしながら、
呼吸のワークをしました。楽しい時間が流れていきました♪
【くるみサロン】の皆様、ありがとうございます♪

他には、リンパマッサージや関節の動きを調整する体操などをしました。
よろしければ、以下のリンクをご覧になってください♪

夏の「からだ」をよろこばせてあげるためには…?
夏の「からだ」がよろこぶことを考えましょう♪
そして、夏の「からだ」がよろこんでくれるように…、
生活習慣を見直して、改善する必要があります。
また、夏の「からだ」になるように、年が明けてから、
どのように過ごしてきたか、という蓄積がモノをいいます(^−^)♪
私は、この蓄積をくり返しながら…夏の「からだ」を養う努力をしつづけています。
特に、3年前に倒れてからは、抜本的に養い方を変えました。大変革♪
健康って、一朝一夕にはいかないのがよぉ〜くわかりましたよぉ〜〜(笑)♪

【くるみサロン】夏の「からだ」がよろこぶ健康講座のご報告♪
【写真:駅までの道中(歩)で撮ったススキ、
      くるみサロンの私♪、駅までの道中(歩)…気持ちいい歩でした♪】




平成24年7月26日

どこまで信じる?どう信じる?

自分の自然治癒力を、どこまで信じていますか?
また、自然治癒力を、どのように信じていますか?
そして、信じた自然治癒力が発揮できるように生きていますか?
自分の自然治癒力を、どのように養い高めていますか?

過信は禁物ですが、
私は、この問いかけを、ずっと、ずっとくり返しています。

そして、現代は、自然治癒力を養い、高める方法を意図的に学び、 実践し続ける必要がある時代だと思っています。
(本当に大変な時代になりました。それ故、私は真剣です0^−^0)

別の言葉で置き換えると「浄化力」だと思います。
今は、浄化に発展を加えて、「浄化⇔発展力」と表現してしまいたくなります。

私たちの「からだ」の細胞は、宿した「いのち」のために、 休むことなく、ずっと、ずっと…生成化育をくり返してくれています。
ずっと…ずっと…です(^−^)♪
そして、人生のいろいろを経て…さらに発展をしつづけてくれます。
すばらしいですよね。とてもポジティブで躍動的なエネルギーです。
確かに加齢による…様々な現象はありますが、
決して委縮鈍麻(委縮して鈍化して麻痺してしまう意味)ではありません。
外見の判断でもありません。
この生成化育の営みとセットで考えたいのが自然治癒力。

自然治癒力は、この世に生まれて、天寿を全うする時まで、活用が続きます。
自然治癒力を研究していると、人生観も養われます。
私自身の成長とともに自然治癒力の研究があるようにも思います。
人様の健康づくり=自然治癒力を引き出して、 高めることを仕事させていただきながら、 実は、私自身の成長につながっていることがよくわかりました。
ありがたいことです(^−^)♪ありがとうございます♪

自然治癒力をどう信じて、 どのように行動するか?の問いかけは、 私の生涯の課題なのでしょうね(笑)♪
皆様、お付き合いいただければ幸いです♪

★花や SAKURAホームページ
【写真:花やSAKURAさん店内オブジェ、
    沖縄の白いランと何だっけ?(名前忘れました)、
    先日つくった杏の皮でつくった酵素ジュース(ジャムを作った残り)】




平成24年7月25日

発汗良好の柔軟体操になりました♪

平成24年7月25日(水)、水曜市場【健康体操教室】は、 前回(7/11)に続いて,、体温調節機能のメンテナンス= 熱中症の予防が目的の活動になりました。

リンパマッサージや筋肉のマッサージと 骨格を調整するコンディショニング系の心地よい運動をして、 体液の流れを促し、発汗促進&リラックスモード(脳の調整)の30分を満喫した後…。
(今回は肩関節と腕〜手の調整をしました^−^!  脱力の動きがとても改善されましたね! 見ていてその変化がよくわかりました。)
持参した資料を参考に、柔軟体操を体験してもらいました(笑!)。

お渡しした資料のタイトルは、
「筋肉に いい感じ をあげましょう 柔軟体操(1)と(2)」。

「長い!」と言われてしまいそうですが、 これは現場の指導で生まれた言葉です。 この資料は、過去に運動療法の現場で、 同業者と一緒に研究を重ねて自作したものです。
なんとなく動きをまねたらいい、という発想はなく、 筋肉の調子を良くするためには、 どんなやり方で柔軟体操をしたらいいのか、
資料を参考にしながら…、その時の「からだ」の調子を良くするためには、 どんなアレンジを加えて体操をしたらいいのかを考えて行動をしてほしい、 という発想で付けたタイトルです。

「筋肉に いい感じ」をあげるためには、 どんな身体感覚を活用したらいいのでしょうか?
これが活用できると、「からだ」がよろこびます♪
ちょっと理解が難しい発想かもしれませんね(笑)。
だけど、私と一緒に体操をしてもらうと、その思考や感覚を体験できると思います。 (これが指導者に教わる醍醐味だと思っています^−^)

イラストを見ると…体操を効かせたい部位がわかります。
イラストのような姿勢や動きが出来ない人や、 動かした時に違和感のある人は、 「からだ」の状態に合わせた体操をその都度アレンジして行います。

今回も、参加者の皆さんの「からだ」の様子に合わせて、 体操の個別指導を加えさせていただきました。

「40代のSaさんは、◎○のレベルでやりましょう♪」
「膝の手術をしたMiさんは、◎○◎でやりましょう♪」
「股関節が硬いMaさんは、◎○★でやりましょう♪」
「歩き方を改善したいHaさんは、☆◎○でやりましょう♪」
・・・・・・・・など。
私は絶えず、口をはさみました(^−^)♪
お互いの様子をみながら、自分の様子を感じながら… いろいろ試してもらいました。
日常生活では中々活用することができない 筋肉や関節がメンテナンスできました。
ついでに筋肉の代謝を促したい 、消費カロリーをアップしたい… タイプのよくばりアレンジを加えました。

この方法で柔軟体操をすると、
本当に「からだ」をよく動かした〜〜〜感覚が得られます。
以前、生活習慣病の患者さんから、
「先生の柔軟体操は30分ウォーキングするより、 疲れるけど、スッキリして満足感がある!」 と言われたことがありますが、
実は、それが狙いでした(笑)。
ついでにボディーラインも整うので、私としては超オススメのメソッドです。 そんな…過去のケース(成功例)をお知らせしながら、 おしゃべりモードで体操をしました。 (楽しい、アレコレ忙しい?時間でしたね^^;)

・・・・・・・・・・・・・・
今回紹介した柔軟体操は身体の表層部の筋肉をターゲットにしています。
柔軟体操で深い呼吸をくり返しながら、筋肉を刺激すると、 血流が増し(熱が対外へ発散されやすくなり)、 体温調節機能のメンテナンスができます。
身体の深層部へのメンテナンスとセットで行うと、より安全に実践ができます。
今回は、後半の30分程度の柔軟体操では、汗ブルブル…汗ブルブル…。
むくみ傾向の方々は、さらに汗ブルブルになっちゃいましたね(笑)。
だけど、前半にリンパの流れを促して、 筋肉をリラックスさせているので、動きは良好でしたね(^−^)♪ (すばらしい成果です!!)
汗と一緒に、体内にこもっている熱も発散されたはずです。
体操後の、汗が出た後のスッキリ笑顔が印象的でした。
教室後のお茶が本当に美味しかったですね♪
おつかれさまでした。そして、素直な心で参加くださり、ありがとうございました♪

次回は、8月1日(水)14:00〜15:00です。参加費はお一人様500円。

【写真:ピーマン(甘かったヨ♪)、坊ちゃんかぼちゃ&露地トマト(味が濃美味♪)
            柔軟体操の資料、人参&露地きゅうり(味が濃美味♪)】




平成24年7月13日

夏の脳→リラックスしました♪

平成24年7月11日(水)、水曜市場【健康体操教室〜ありがとう体操〜】は、 体温調節機能の適応を促して、熱中症を予防するための体操内容にしました(^−^)♪
「からだ」が熱って、暑く感じるということは、 正常な体温調節機能が働いていない、もしくは、暑さに「からだ」が適応していない、 と言う状況であるという…「からだ」のメッセージです。 良好な発汗ができないためにトラブル(からだの不快感)が生じている、とも考えます。
そのために、水分補給をする、衣服や環境を涼しくする…等の情報が沢山でています。

それらの情報に加えていただきたいのが、 自律神経の働きを促し、脳をリラックスさせて、体液の循環を快適にして、 発汗を促して正常な体温コントロール機能の適応(夏バージョン) を促す軽体操やセルフケアワークです。そんな説明をして教室が始まりました。
(あぁ…長い文章ですいません。)

…ということで、暑さに適応できるように、 体内にこもった熱を良好に発散&発汗できるようにするセルフケアマッサージ&体操と、 暑さの影響で受けた脳のストレスを解放して、 リラックス〜できるような右脳優先的な体操&呼吸法を行いました。

暦は小暑を過ぎて大暑に向かっています。
今が体内浄化最盛期。身体的にはゆる〜いタイプの運動ですが、 老廃物の排泄を促して、 夏の氣を巡らせて…、ついでに、足の裏からモヤモヤした曇った氣を出したい、 そんな気持ちが加わり、体操をしては、足裏をトントン軽打するパターンをくり返しました。
そうしていると…(^−^)。
目が覚めたり、眠くなったり…いろいろでしたね(笑)♪
からだを動かしながら、自由におしゃべりが展開して、心地よい時間でした。 うれしいのは、私の声が心地よい、と言ってくれることです。

…といいながら、話しかけ方のパターンについて、ツッコミをくださる方もいて、 愉快で和やかな、ゆる〜い快心地の時間になりました。皆さん、ありがとうございます♪
私は水曜市場の体操教室パターンはとても大切な心理的効果があるといつも思います。 集う人の心の優しさや温かさが広がります。毎回、聖子御礼です♪

教室前に、体脂肪をしっかり燃焼したい!!という話題で盛り上がりましたが、 ごめんなさい。燃焼系は次回にします(笑)♪

夏のパワーは今が真っ盛り!
この意味と価値を知っていますか?
夏の氣をジャンジャン「こころ」と「からだ」に巡らせて、チャージするからこそ、 実りの秋が迎えられるのです。
私は暦と健康の関係を調べて、 季節が私たちに与えてくれる氣の意味を知ることができました。
秋になったら充実するのではありません。 秋に充実できるように、冬や春や夏を過ごしているから、 今年一年の健康の充実期=秋が迎えられるのです(^−^)!
(だからといって、夏にガンガン健康づくりに励むのはNGですヨ。 人それぞれ、それぞれに適した課題があるはずです…笑!)

どの季節でも、運動の効果を引き出すことはできますが、 夏は他の季節にない多次元的で様々なメリットがあります。 …とわかった上で、その時できることをお伝えする。 それが水曜市場の健康体操教室での私の試みになっています。 この日も、夏の「からだ」のためにお伝えしたいことを体操しました。

・・・・・・・・・・
水曜市場の健康体操教室も9月になったら3年になります。 3回季節が巡ると、健康づくりの課題が明確化し始めます。 季節の変化に合わせて、水曜市場の皆様の「からだ」の様子を継続して拝見できることは、 とても意味のあることです。
そもそも、教室を始めるきっかけは、 皆さんを痩せさせてスッキリ若々しく、 ステキな奥様に変身させてあげる約束をしたからでした(笑)!
皆さん、待っててね(^−^)♪

次回は、7月5日(水)14:00〜15:00です。参加費はお一人様500円♪

【写真:私が買った…フルーツトマト、なす、にんじん、ニンニク♪
           江の島神社の奥津宮の梅♪、今日の野草茶♪】




平成24年7月6日

よくなりたいですかぁ〜?

「本当に…
よくなりたいですかぁ〜???」
私はこの言葉を、熱烈な愛情をこめて活用する時があります(笑)。
病気の改善を目的に運動療法を行う現場や、 健康診断後のフォロー教室などで、私の一喝エールを浴びた人は少なくないはずです(^−^)♪

このイラストは、(脱メタボ思考の提案) 「いい目標」&「いい心のくせ」のつくり方、と題して、 過去に私が作成した資料の挿絵です。
資料の見直しをしていたら、ヒョッコリ目に入ったので、ご紹介です。 このイラストの女性は「やせたいさん」となっています。
見てわかると思います(笑)。
「やせたいさん」には、太りやすい心や考え方のクセがあって、 それが、やせない原因の一部になっています…。

このイラストを挿絵にして資料をつくりました。 サブテーマは、『ファットバーン(体脂肪を減らす)基本(考え方のレッスン!)』。
市町村保健センターで活用した資料です。 当時は、保健師、看護師、管理栄養士、健康運動指導士がチームを組んで、 徹底的に参加者の皆さんを支援しよう!と温かい心と愛情を込めて、 相談を重ねて取り組みました。(なつかしいなぁ。。。)
指導を受ければ→改善する。な〜んてことは、あり得ないのが、 人間の「こころ」と「からだ」です。人生です(笑)!
(このことを心得たプロの指導支援を受けることをお勧めします♪)
[資料より]

1)正しい考え方と行動が決め手です!
(↑体脂肪を減らしたかったら…正しい考え方と行動の仕方を学ぶ必要がある、 ということを考えてもらいたい(^−^)!という意図のワークタイム。)

ワークで私は、次のような投げかけをしました。

体脂肪を減らしたい=運動の効果を出したい…、
と願っていても、 自己流の「工夫しているつもり…」では、結果は出ません♪
今現在の「からだ」は、今まで生きてきたように(生活していたように)思考して動きます。 日々の生活で、 太りやすい感じ方や考え方や身体動作(活動)をしていると思いませんか?

(改善するために、いろんなことに気がついてほしい。気がついて改良してほしい。 それを私達健康づくりのプロは、いつまでも支援しますよぉ〜^−^〜 というメッセージ込みでワークを展開しました。。)
・・・・・・・・
イラスト「やせたいさん」は、肥満タイプのイラストですが、 何か、ご自身の健康に関して健康課題を自覚している人は、 その課題に合わせた「脱思考」もしくは「転換思考」を、 愉快で自由な発想でクリエイトしてみてください(^−^)。

ちなみに、私がこの思考をワークに展開するのに大変参考になったのは、
コーチングのプロ『哲楽家』紀々さんです。
著書の、冊子『「かがみ屋」へどうこそ〜せるふこーちんぐ入門』 (オフィス紀々)はオススメです。
今までの思考、発想を転換して、 未来に向かって飛び立つ追い風をくださるステキな人です。
★紀々さんのホームページ

【写真:「やせたいさん」のイラスト、膝をセルフケアしているめばえちゃん、
    調子が悪くてフラフラのめばえちゃんのイラスト】




平成24年6月29日

どんな水分補給…?

一日に摂取する水分の目安はどれくらい?
この答えについては、栄養学的な観点からガイドラインがでていまが、 ネットで検索してみたら… 天然水を販売している業者のサイトが沢山あるのがわかりました。
赤ちゃんからお年寄りまで、 年代に分けた水分摂取量や、 身体活動レベルに合わせたガイドラインがでています。
オススメのサイトを…と思い、 先ほどいくつか見ましたが、 私の心をくすぐるタイプのものが見つからなかったので、 紹介なしにします。

今回、「どんな水分補給?」とタイトルしたのは、 一日の摂取量も関係しますが、 どんな内容で水分を体内に摂りこんでいるか?ということを提案したかったからです。

実は、必要な水分量は「からだ」が教えてくれます。 その「からだ」の水分感覚(センサーからのメッセージ)を感知することができるように、 その感覚を日々の生活で育てて養っているか?がポイントだ、と私は考えています。
また、仕事の都合や目的とする身体活動の都合で、 最低限の水分摂取量で活躍できる「からだ」をつくる必要がある人は、 別の考え方になります。

メディアで報じられている内容の多くには、 物販が目的のための表現がされていますので、 私たちは、その情報を賢〜く活用して、 実生活で行動できるように精進する必要があると思います。
(だから、私たちのような健康づくりのプロが巷にいるのだと思っています)

水分摂取といっても、 ある量のお水をガバガバ飲めばいいというわけではないことを 皆さんはご存じだと思います(笑)。
ところが、ガバガバ飲んで、 健康になれる♪と信じて行動されている人は多いと思います。 (時として、健康に悩む状況になってしまうと、人は迷い走りますよね。)

■ちょっと過去の例をご紹介^−^--------♪
先日、都内の教室後に質問を受けました。
「私は毎日4Lの天然水(ペットボトル)を飲んでいますが、それでいいですか?」
見たところ、明らかに肥満症タイプです。 教室に参加されているご様子は、 身体がむくんで身体動作に制限がある程でした。
(ご本人は、お水を沢山飲むとやせられる、 というようなことを聞いて、熱心に実践されているとのことでした。 私が教室中に紹介した調整体操で、足のむくみがみるみる解消されていくので、 嬉しくて質問をくださったようです。ありがとうございます♪) 世の中には、このような人が沢山おられます。 (もちろん指導フォローさせていただきました。)
また、過去には、スイカがむくみ改善にいいと聞いて、 スイカを毎日食べて(たぶん小玉1〜1/2個)、通常の食生活プラス 2Lの天然水を飲んでいて、改善の時を期待している生活習慣病の人がいました。
(この場合、病気を改善する方向に「からだ」が進まないのは当然でした。 良くなりたい、という思いはわかりますが、 現状に適さない知識と思考と行動がありました。 ←正しい知識と思考と実践策をお伝えしました。)
このような健康に関する誤認識を、 私たちはしてしまうことをよく心得ておきたいと思いました。
------------------------------
「からだ」は、必要以上の水分が入りそうだと予測したら、 「もう要らない」⇔飲みたくない、水分の多い食べ物は口にしたくない、 と答えるので、目の前に水分があっても、飲む行動をしません。
これが正常な(健康な)身体感覚(摂食感覚)です。
私はこれが、私たちが求めるべき身体感覚だと考えています。

加えて、「からだ」は、必要な水分の内容も教えてくれます。
天候や気温、季節や環境意外に、 水分摂取と関連する内臓の調子や体力要素(身体的な要素)と 心理的傾向(感情や思考、ストレス)もあります。
水分に関する「からだの声」を調整して、一時的に 目的とする水分量に「からだ」を適応させる場合は、 そうなるように専門的にトレーニングをします。
一口に「水分」といっても、 そこには奥が深くて多次元的な要素がからみあいます。 これが「からだは水の惑星☆」と表現されるステキな理由だと私は思っています(笑)。

私は、この感覚(感性)を重視した食生活を試み続けています。
鎌倉に越してからは、体調を崩したのを機会に、 どんな水分を「からだ」に入れてあげたら、 「からだ」がよろこぶのか?といろいろ試すようになりました。
水分の量は体調に合わせてコロコロかわります。毎日定量、というのはありませんでした。 不調の日は、飲んだ水分の巡りが悪く、下半身がむくんで冷えました。 軽度の有酸素トレーニングをする日は必要以上の水分は口にしない代わりに、 食事も含めてどんな内容(塩分、うまみ、酸味、苦味、甘味、スパイス・ハーブ、薬草)を 「からだ」に入れたいのか明確になるようです。
今では、私にとって水分補給は、体調改善のための行動の一つになりました。
このおかげで(笑)、薬草やハーブの研究が益々好きになり、 昨年からは、 自分で手に入れた薬草を自宅の窓辺に干して、 薬草茶をつくってみる生活が始まりました(^−^)。

なんとなく、のどが渇くから、からだが何か飲みたいと思う時…、
「どんな飲み物がいい?」と聞きます。
何も浮かばない時は、薬草Boxを開けて、薬草を見ます。 月の暦(星座)がどこにあるかを参考にする場合もあります。 思いつくのが緑茶や紅茶、コーヒーの時は、そうします。 リンパマッサージやフットセラピーをしたら、飲みたいものが浮かぶ時もあります。
なんとなく、いつも◎○だから…という思考は一切ありません。
「からだの声」を純粋に聞くだけです。
といいながら…、頂きモノの紅茶があったり、 仕事の打合せでコーヒーショップに入ったりした時は、 その状況に合わせています(^−^)♪それでいいと思っています。

この…私が研究中の食感覚は、 天然由来、大自然から授けてもらった(健康づくりに必要な)純粋な感性だと思っています。
感謝をしてその感度、感性を磨きたいと思っています。
この感性は水分だけでなく、 どんな食べ物を食べたらいいか?という課題をクリアできる感性だと思います。
現在の私には、まだまだ精進が必要ですが、 コチラも徐々に体得していきたいと思っています(笑)。


【写真:今朝ブレンドして煎じた野草茶、浅草大沢屋の36茶、今年のドクダミ
      福木(煎じるといい香り)、びわの葉茶(…たぶん前橋のびわの葉)】




平成24年6月28日

同じ体操をくり返して体感すると…♪

平成24年6月27日(水)水曜市場【健康体操教室】は、のんびり心地で始まりました。 少し涼しめの風がそっと入ってきて、お昼寝したくなるような…(笑)、 そんな時間に感じられました。 (この時、一番眠かったのは私かもしれません^-^;)

体操が始まる前に、私は過日薬局の「自由におとりくださいコーナー」でみつけた、 食事療法(糖尿病等の食事療法)の冊子を紹介しながら、 一日の食事の量(内容)の目安について話をしました。
頭では知っているようで…
実は、それが行動に明確化されていない事情があるから、 体脂肪が蓄積しやすい、疲労から改善できない、生活習慣病のリスクが低くならない… などの悪循環(自覚している健康課題を改善したいけど、叶っていない=目的を達成していない) が生じているのではありませんか??
…と投げかけたかったからです。 今回投げかけたかったのは、食事内容についてでした。

実は、いつも皆さんが交わす会話を聞きながら…
私は、消費カロリーよりも、カロリー摂取が多いように感じたり、 食事内容に偏りが生じているように感じたり、 ◎○を食べているから健康、と思いこんでいる様子を察したり、 自分の食生活に関する知識や思考を過信しすぎているのでは?と察したり…、 食欲の欲求や味覚に再検討の必要性をに感じたり…、 それよりも、心と食事の関係をゆっくり再考してみてはいかが?と思ったりしていました。
ですので、食生活に関して提案したい案件が、 次から次に蓄積されて、今日を迎えた状態になってしまいました。

加えて、食生活は健康関連体力や体力要素に合わせて、 調整(コントロール)する必要があるので、 参加者の皆さんにとっては、知識や思考のハードルが高いです。
そこに、生活習慣病と加齢という専門知識の考察が加わります。 食事と運動の世界はホントウに奥が深いですね(笑)。

紹介した冊子には、一日に食べる食事内容の目安が写真にしてあり、 具体的な量がわかりやすく載っていました。
私は、「日頃の食事内容を、この写真(内容)と比べてみて、いかがですか?」 と投げかけました。
(内心、私の意図は、この量よりも多く食べておられるのでは??と投げかけたつもり…)
ある人の反応は、「いつもこれくらいだよ(^−^)!」でした。
(内心、あれ???、もっと食べてるんじゃない???、でも仕方がないかぁ…。 写真を見て、判断する健康づくりの基礎知識と思考の仕方を知らないから、 そう反応しちゃうよねぇ。じゃぁ、このフォローを考えよう。^^;)
ある人は、「これより、食べちゃう!」と返してくれました。
この人は、病院で栄養指導を受けたことがある人です。 だけど、◎○は食べちゃいけない(△g以上はダメ)、 という禁止系の指導だったようで、 思考の範囲が狭く、応用展開が乏しいご様子でした。
そこで、私は考えました。
これは、この女性の勝手な解釈でしょうか?? それとも、実際、禁止系印象の残る栄養指導を受けたのでしょうか?
禁止系の印象の残る栄養指導だったとするならば…、
ここで、この女性の栄養指導をされた管理栄養士さんにお願いがしたくなりました。

どうか、食生活の豊かさを前提にした根気強い前向きな健康思考を養う栄養指導= 健康教育を試み続けてくださるようお願い申しあげます。
私達、健康づくりや病気の治療や改善に関わるプロは、 心を和して、健康づくりにお悩みの人々をこよなく愛して支援するスペシャリストです。 お互いに切磋琢磨したいですよね! そんなことを強く思いました。
(このように書いたのは、 私は、過去に豊かな栄養(食事)教育を施してくださるタイプの 管理栄養士さん達と仕事をした経験があるからです。
私が知っている管理栄養士さん達は、 食事指導の時、禁止系の内容を、 如何にして伝えたら相手の心が楽しく豊かになるか…、 健康教育になるかを深く思考し、 経験を基に創意工夫、進化発展を試みておられました。 愛のあるスペシャリスト達でしたヨ♪)
ということで、書くと長くなりましたが、 健康体操教室前のチョットした時間はアッ!と言う間に過ぎ、 体操時間になりました。

この日は、じっくり同じ体操を何度もくり返して、 筋肉の反応(変化)や神経系の反応(変化)を体感してもらいました。
最初は動き鈍くて、筋肉が硬くて痛くて不都合があるけれど、 右側、左側、また右側、左側…と、 くり返しているうちに、身体が軽くなって気持ちが良い、 筋肉が調整されて心地いい…続けてもいい感じ、 だんだん動きやすくなるのがうれしい、 などの「いい感じ=笑心地」を見つけてもらいました。

30分くらいかけてリンパマッサージを加えたり、 バリエーションを加えながら、じっくり体操をくり返しました。
(個人差に合わせて、じっくりアプローチができたのも私にはよかったです。)
後半は背骨や肩甲骨周辺と股関節の調整体操をしました。
…じっくりタイプの体操を60分。 健康体操は、やり方を吟味して行うと、 行う体操の種類は少なくなりますが、 得られる身体感覚の充実感は別格です。
終わる頃には、のんびり笑顔をくださいました。
皆さん、ありがとうございます(^−^)。

痛いところ、動きがニブいところは手入れ場所(^-^)♪
痛いから、動かないから、何もしない=放置するでは、 悪化、鈍化、鈍麻(麻痺)の悪循環サイクルに入り、行く先は要介護です。 (その前に、排泄障害が始まります)
運動療法の観点から考えると、
痛い&鈍い部位があるということは、大難の前の小難の状態です。
難が小さいうちにケアできると、大難にはなりません。 それどころか、難が転じて楽になります。うれしいですね(^−^)♪
痛くて日常動作に重度の支障を来す前に、 「からだ」が出しているサインに合わせた メンテナンス(セルフケアの健康体操)を 生活習慣化していただきたいと願ってやみません。


【写真:鎌倉ブランド野菜のシール、朝どりトウモロコシ(甘〜い!)、
                     フルーツトマトmix(色が色々♪)】


平成24年6月26日

天使の手⇔アレンジメント花

「ねぇ、せいこちゃん、私にもお花おくってほしいなぁ。」
ある日、姪っ子Yu-ちゃんから言われて、
「そうだねぇ(^−^)。私は、Yu-ちゃんのお誕生日には、 お家(実家)に帰れないから、お誕生日の日にお祝いしてあげられないねぇ。」
…ということで、今年から私が帰省する代わりにお祝いのお花を送ることになりました。
(確かに…帰省費用に比べたら格安です^^;)
とっても可愛い姪っ子からのリクエストに、嬉しくなってそう返事をしました。
本人は覚えていないかもしれませんが…(笑)。

そこで、私の大好きな花屋さんにアレンジメントフラワーを注文しました。
注文するだけじゃなくて、アレンジメントしている様子が見たくて、見たくて(笑)、 今日、見に出かけました(^−^)!!!

私には、いつもアレンジメントフラワーをつくる花屋さんの手が、 天使の手に見えてしまいます。
本当にステキ!!!

流れるように次から次へと…花が…花が…花が…、 緑色のスポンジみたいなのにスイスイはめこまれていきます。 その手の動きを見ている様子に、私はついウットリ(笑)。
それが楽しみなんです。
お花がキラキラ笑っているようにみえます。
(メルヘンなイメージの世界です)
今日もその動きを満喫しました(^−^)!! 聖子感激です!
とってもステキなアレンジメントフラワーでした! ありがとうございます!
Ka-zさん、アレンジメントの依頼主(私)がウロウロしていたので邪魔だったカモしれません。 スイマセン。だけど、とっても魅力的ステキな時間でした。
ありがとうございます♪

きっと、姪っ子は喜んでくれると思います。 だって、お誕生日の日にお祝いのお花が届くんですから♪ 送る私は、もっとうれしいです。
送られる人も送る人も心は花咲く笑顔の心地、花心地ですもの(^0^)♪

それと、私がうれしかったのは、 9歳になるYu-ちゃんがお花がほしいって言ってくれたことです。
お菓子や遊び道具じゃなくて、お勉強道具でもないけれど…、 お洋服でもなくて、お金でもなくて…。
生花アレンジメントフラワーを希望してくれたことです。
その感性の輝きがステキだなぁ。 と素直に思いましたよ(笑)。

私は9歳の頃、お花ほしいって思ったかしら? (お菓子やお人形をほしがった時代だったと思います。)
その感性を大切に育ててあげたいと思います。

Yu-ちゃん、お誕生日おめでとう♪
いつも笑心地のニコニコ元氣をおくっているよ〜♪

ということは…、次女のRe-ちゃんのお誕生日にも…、
祝アレンジ花がほしいだろうなぁ(笑)♪

★花や SAKURAホームページ
【写真:アレンジメント中の手♪、花屋さんの窓とハイビスカス♪】


平成24年6月25日

講習会受講しました♪

健康運動指導士の講習会を受講しました。
私が健康運動指導士を取得した当時は、厚生省が認可する資格でした。 国家資格ではありませんが、 生活習慣病の運動療法について大学院で研究させてもらっていた私にとっては、 仕事に結びつく資格でしたので、取得しました。
・・・・・・・
時代が流れて現在は…、 公益財団法人 健康・体力づくり事業財団が認可する資格となっています。 (その背景については、講演会等でお知らせしていますので、ここでは省略します^−^)

講習会の会場は、代々木にある国立の施設でした。 このハコモノの施設は、老朽化していました。 時代の変遷を思いながら…施設内を歩きました。 (同時に、お疲れさまとありがとうをいいたくなりました。)
それと同時に、ちょっと…、(いやわかってはいましたが…)残念な印象を持ちました。 講習会の受講会場がある棟のエントランス付近には喫煙所があり、 煙がモクモクしていたからです。
これが、青少年を健全に育成するのを目的に掲げている文科省の国立施設かと思うと、 複雑な心境になりますが、この煙曇った組織的な体質は、 私が大学院当時から変わっていません。 相変わらずなのネ…と思いながら苦笑いして通過しました。
(ちょうど、講師の先生からも、 このことに関するお話しがあったので、嬉しく拝聴しました♪)

今回は、私にとっては、重要な講習会でした。 というのは、この講義を受講しないと健康運動指導士の資格を継続できなくなるからです。 やっと日程調整が叶っての受講です。
講義内容は、周知の部分と新しい確認ができた領域がありました。 私の今後の指導スタイルを考え直すのに良い機会になりました。
ステキな人との出会もありました。
(これは、とてもうれしい心の支え=勇気倍増になりました。出会いに大感謝♪)
ありがとうございます(^−^)!

【写真:今回の講習会のテキストと月刊「健康づくり」】


平成24年6月22日

仙骨湯たんぽ習慣

3年前の今頃は、立っていられないほど体調不良でした。 夜は眠ろうとしても脳がショートした感じで、 肉体はすっかり疲弊しているのを感じていました。
そんな頃…私は初めて超〜冷え症になりました。 足先が冷たくて、冷たくて…冷凍とまではいかないものの、 主観的には感情が優先するので、 「まるで氷のように冷たい足指」と表現したくなるほどでした。 …なんでこうなってしまったか?については、長くなるので省略しますね(笑)。

体温も35度レベルでした。
体温が35度レベル…というのはガン細胞が増殖しやすいと言われている体温です。 もちろん免疫力も低い状態です。(当時、乳がんの要精密検査になりました)
以前は、低体温、冷え症でお悩みの皆様へ体調改善運動をレッスンしていましたが、 まさに、私がその対象者の状況になったのです。
ありゃ〜、こりゃ「からだ」さんがカワイソ〜!!!

足の爪の様相も…色も鈍くなって、 健康な爪の状態に比べて、やや爪が肥厚しています。 観察すればするほど、足は私の体調不良を教えてくれる状況に変貌していました。 短期間にこれほど劣化するものなのか?!と驚きつつも、 不調を感じることを全て自作の「からだのチェックシート」に書き出しました。
とても沢山書き出すことが多くて、笑ってしまいましたが、 ワークシートを参考にして、早急に改善すべきポイントを考察して、 心を改めて、長期的な体調改善と体質改良プランを立てました。

それから…3年くらい経ったのが今頃です(^−^)♪

その中の改善項目の一つが、 体温を36.7〜37.0度レベルに上げること、でした。
これができないと細胞が円滑に代謝できませんからね(笑)。

そこではじめたのが、湯たんぽで仙骨を温めること、でした。 当時の私の「からだ」では体温を上げるチカラがないと体感していたので、 湯たんぽを求めました…が、コーナンにはなかったので、 貼るカイロを貼って温めながら…秋になるまで待ちました(笑)。
そして湯たんぽを手に入れてからというもの、 毎朝の習慣が「仙骨湯たんぽ温め生活」になりました。
中型の湯たんぽをトレーニングパンツ(ウエストはゴムです)に半分入れて、 朝の生活がスタートします。
仙骨がジワジワ温かくなると、「からだ」が動きやすくなって、 ポカポカいい気持ちになります。 だるくて、立つのもやっとの時でも、 朝の家事をこなすことができました。
PC作業時も湯たんぽで温めることが多いです。
自宅にいる時は、 「からだ」が「湯たんぽで温めてください♪」と感じたら、すぐお湯を沸かしています。
出張には荷物になるので、持っていきませんが、 年2回の帰省時も同様です。

「いつまで、温め生活を続けるの?」と聞かれたことがありますが、 「私の『からだ』が『いらないよ』って教えてくれるまで」と答えています。
同時に、以前かコツコツ研究を続けていた野草茶(ハーブも含む)研究が役立ちました。 ヨモギ茶、タンポポコーヒー、ケツメイシなどは定番野草でした。 今は、いろんな薬草をブレンドして30種以上混ぜ混ぜにしたのを飲んでいます。 ハーブティも体調に合わせて自由に混ぜては飲んでいます(^−^)♪

今年は、月の満ち欠けに合わせて、 ヨモギ、スギナ、どくだみを近所からチョッと摘ませてもらって、 干してお茶にして飲んでいます。 市販の薬草よりも「からだ」がよろこぶ風味がして不思議です。
古来からの伝承的な自然療法を調べると日本人の素晴らしさがよくわかりました。 自然治癒力を高め養う習慣に野草(薬草)ハーブは欠かせないと思いました。
そこに昨年から、米のとぎ汁でつくる乳酸菌を活用する生活が加わっています。 米のとぎ汁でつくる乳酸菌については以前書きましたので省略します。
・・・・・・・
現在の体温は、まだ安定はしませんが、 体調がよさそうに感じる日は、目標体温です。
体温が37度くらいあると、 暑さと湿度に対しての不快感が以前より軽くなっているように思います。
当たり前ですよね(笑)!
暑熱適応(暑さに適応する)力は、体温が低い人ほど弱いですから…ネ!
37度を通常の体温レベルにすると、 ガンの予防はもちろん、免疫機能の働きも良好ですから、 病気の予防はもちろん改善になります。 私の体験談を参考にして、 皆さんも体温改良にとりくんでいただけたらいいなぁ〜と思っています。
説明しませんでしたが、仙骨湯たんぽ温め作戦(^−^)!は、 体温調節=自律神経の働きを改善したい、という意図もありました。 熱中症の予防を考えたら自律神経系への改良アプローチをする必要があります。 ので、仙骨湯たんぽはいいアイデアだと思います。 私が実践中の体温改良企画ですが、他にもそのために努力していることがあります。 つづきは、またの機会にしますね♪

蒸し暑い…梅雨時期ですが、こんな時期だからこそ、 仙骨湯たんぽ温め習慣です(^−^)! 私は、まだまだしばらく続けます。

【写真:朝の湯たんぽ、干し中のドクダミとアシタバ、米とぎ汁乳酸菌仕込み中】


平成24年6月21日

愛を巡らせる体操の時間

平成24年6月20日(水)飛島善光寺いきいき講は、 台風の話しと台風(熱帯低気圧)が もたらす「からだ」への影響(不調)についてお話をしながら…始まりました。
その前に…。
私が無事に善光寺に到着できるのかしら?と心配してくださった人ばかりで、 私はうれしくて、心が和みました。
健康づくりの場では、愛と思いやりの心を養うことが必須項目です。
この日のテーマは「愛を巡らせる…体操の時間」でしたので、 いきいき講が始まる前から、私は善光寺のご神仏の御力=愛をいただいているように感じて、 胸に優しい何かが湧きあがりました。
ご神仏に感謝をお祈りして、会場(本堂)に向かいました。

それともう一つ。
右の写真は、いつもいきいき講の看板がかかっている山門の仁王像の足です。
前回同様、隙間にカメラを入れて撮りました(スイマセン)。 古〜い大きな草鞋がありました。仁王様の足は大きいです。 グッ〜っと手を上げて踏ん張っている足を見て、 「あ、仁王様の親指が立ってる(笑)。 流動的な動作の断片なんだな?」とイメージして仁王様の動きをマネたくなりました。
私は、この日、到着した時、山門の二対の仁王像に守られて、 本日のいきいき講開催が叶ったようにも思いました。手を合わせ一礼して山門をくぐりました。
・・・・・・・・・・
(資料より)
自然治癒力を養い健康を高めるのに大切なのは…愛。 愛には、私たちの人生を豊かにしてくれるだけでなく、 健康に導いてくれるはたらきがあります。
・・・・・・・・・・・
脳の働きはもちろん、内臓の働き、筋肉の働きに関係する「愛」があります。 免疫力に直接結び付くような「愛」があります。 正常な細胞の代謝を機能させるような「愛」があります。
恋愛とは概念が異なる「愛」ですが、 大自然の根本が愛であることを肯定するような…「愛」 「いのち」の本質が愛であることを肯定するような…「愛」の価値観です。
そして、健康に必要な自己愛があります。

健康づくりは、愛なくしては始まらない。 そんな思いが湧いて、湧いて……聖子劇場のような(笑)体操の時間になりました。 病気の発症の考察する際、「愛」は欠かせません。 過去の指導経験を踏まえて、いろんな話を加えました。
私は、これほど「愛」を前提にした健康教室をしたことがありませんでした。
「愛」って…いいですね(^−^)♪
私の投げかけに、ニコニコ笑顔でついてきてくださる皆様が愛おしくてたまりませんでした。 ありがとうございます。

愛の流れと関連するのは、ハート(胸の)チャクラです。 今年度は「ヨガもどき(?!)」が体操のテーマでしたから、 胸の流れを解放できる体操と呼吸を紹介しようと思って資料をつくりました。
資料を参考にしながら、肩関節と背骨の調整運動とリンパマッサージ体操をして… ポカポカ心地よい発汗を促しました。 フットセラピーは夏向き=胃腸系&下肢のむくみケア体操にしました。

最後に、『オーラ・ヒーリングのちから』 (バーバラ・Y・マーティン、ディミトリ・モレイティス共著、 紫上はとる訳、潟iチュラルスピリット発行)に紹介してある、 [愛の流れを増幅させるための祈りの瞑想]を参考にして、 イメージワークをしました。

自然の風が本堂を舞い、私たちを癒し浄化くださったような優しく心地よい時間でした。 それぞれの「いのち」の波調と、自然の波調と、 ご神仏の波調が愛の色調で息を合わせているような感じでした。
氣やオーラ、チャクラのメンテナンスを意図した健康体操って…やっぱりいいです♪
言葉では表現することができない結果をもたらしてくれます。感謝を祈りました。
私の担当する「からだほぐし」の後は、副住職様の「こころほぐし」。 今回も孔子様の教えを2つお話しくださいました。
子曰く…と続く内容です。 注釈に説明がついていますが、 副住職様は「からだほぐし」の内容や 参加者の皆様の様子を例に出して教えてくださいます。
私にはこの時間をとても貴重で尊く感じています。 生き方を振り返る時間になるからです。 今回は、川の流れと死のとらえ方を例にして… 今をいかに生きるか?という問いかけをくださいました。

次回のいきいき講は9月12日(水)13:30〜15:00、楽しみです♪

いきいき講の紹介
飛島善光寺ホームページ
【写真:山門、仁王像の足、今回描いためばえちゃん、資料】


平成24年6月19日

似顔絵…楽しいね♪

ちょうど一月前。 第14回かまくら市民活動の日フェスティバルがありました。
私はこのイベントに「ありがとう体操」で参加しました。 その時のご報告は、活動のページに先日アップしましたので、 ご覧下さいませ。
フェスティバルの「ありがとう体操」ご報告
鎌倉市市民活動センター運営会議のホームページの最新ニュースには、 フェスティバルの様子が動画になって紹介されています。 動画編集は私にとってはあこがれのスキルです。
こちらも、ぜひご覧くださいませ(^−^)。
第14回かまくら市民活動の日フェスティバルの様子

この第14回かまくら市民活動の日フェスティバルで、 「かまくら似顔絵倶楽部」さんのブースに立ち寄り…、 似顔絵を描いてもらうのが私の楽しみの一つになっています(^−^)!!

かまくら似顔絵倶楽部のメンバーの皆さんのお人柄にふれる度に、 私は心が和みます。近年、すっかり私のお気に入りです(笑)。 皆さん、ありがとうございます。
ホームページは充実していて、楽しいです。 イベントにかまくら似顔絵倶楽部というネームをみつけたら、 ぜひ足を運んで…描いてもらってください♪

かまくら似顔絵倶楽部のホームページ

今回私は、かまくら似顔絵倶楽部の講師のオウスケ先生に描いてもらいました。 ありがとうございます!!!!
オウスケ先生は、この日描いた私の写真を、 オウスケ先生ブログ(2012年5月19日)に紹介くださっていました。
オウスケ先生、はやい!
(というより、私の更新がおそい!⇔スイマセン)

オウスケ先生のブログ『ちょび髭親父のブログ』はコチラ♪
5月19日の『ちょび髭親父ブログ』はこちら♪♪
オウスケ先生のホームページはこちら♪ 切り絵の世界が広がります。 いろいろ見ていたら…アッという間に時間が過ぎましたよ(笑)
切り絵のオウスケ商店♪

私がうれしかったのは、オウスケ先生に、 「目がきれいな人ですね」と言ってもらえたことです。
オウスケ先生、ありがとうございます!!
私は、この言葉に救われました(^−^) 実は…目は私の難課題です。

何千人、何万人の人々の顔(心の鏡)を見つめて、 描き続けておられるオウスケ先生に言われた「目がきれい」です。
そう思うと、なんだかとってもありがたくて、温かい気持ちになりました。

交通事故に遭って、瞳を中心に集めて前を向く事や、 目を閉じたり開いたりすることが満足にできない状況を体験しました。
今でも、写真を撮る時など、目のコントロールに悩みます。 「目は心の鏡」ともいわれますが、 私にとって「目」は、とても特別で別格のパーツです。

この日、できあがった似顔絵の目はとてもキラキラしてステキでした。 たとえ、こんなキラキラ瞳でなかったとしても、 こんなキラキラ瞳を目指して笑心地ライフを続けようと思いました。
御礼の気持ちを込めて、オウスケ先生、かまくら似顔絵倶楽部の皆様へ 笑心地のキラキラパワーを送りますね(^−^)/ (ありがとう〜〜〜〜〜♪)

【写真:かまくら似顔絵倶楽部HP画像、ちょび髭親父ブログカード、私と似顔絵】


平成24年6月14日

少々の膝基礎筋力ケア…

平成24年6月13日(水)の水曜市場【健康体操教室】は、 空気がヒンヤリ少し寒い日でしたので、 リンパを刺激して血行良好にするマッサージ体操から始まりました。
…教室前、直前のおしゃべりでは、 体脂肪が減らない???悩み事が話題になりました。
この時の私は、 出かける前に家でフットセラピーをしないで水曜市場入りをしたので、 皆さんの自由な会話を聞きながら…フットセラピーをしていました。
が…!
体脂肪が減らない=燃やせない=円滑な筋代謝ができない理由を研究しているプロとして、 黙っていられなくなってしまい、 ついつい…、口をはさんでしまいました(笑)。

大ざっぱに言うと、私達の行動を支えている筋肉は、 30歳を過ぎると…年率1%ずつ筋肉が委縮するといわれています。 30歳を過ぎて、何年たったのでしょうか?
その間、なぁ〜んにも知らないで、 好き勝手好き放題の生活習慣を続けて… 還暦を迎えた人々の筋代謝はどれほどな状態か想像してください(笑)。 筋肉が委縮すると正常な筋肉代謝は損なわれます。
私は過去の医療機関での運動療法の指導経験で、 その意味の重要性を身にしみて感じています。
だからといって、ガンガン筋力トレーニングをすればいい、と言うのも早合点。 短気と浅知恵は禁物です(^−^)!
そこで、私達運動指導のプロは勉強に勉強をしているので、 いろんなご提案や情報提供ができます。
そんなお話をして、今回話加えたのが、 「歩き」を支える基礎筋力でした。
そして、以前、私が膝痛改善教室をしていた際の目安にしていた、 筋肉のコントロール(動きづくり)と、 筋持久力(同じ動作の継続力)へのアプローチ体操を紹介しました。
教室前でしたが、チョコッと試したら…(笑)。
むくんでいるのがわかったり…、 動かそうと思ったら、筋肉が疲れて動かなかったり…、 筋肉が痛かったり(筋力の限界がすぐ現れました)…、 なんだかとっても大変ソウでした(笑)。
私も、たまに基礎筋力へのアプローチに励んで… 若々しい筋肉づくりをしています(^−^)! 40歳を過ぎたので、今までのような筋肉感覚でなくなってきたので、 すごーく真剣になってきたところです。
・・・・・・
ということで、この日は、リンパを流して血行良好にして、呼吸を調整したら、 後半は太腿や下腹部の筋力メンテナンスの体操になりました。 (これらが、膝痛の予防改善運動の内容の一部です)
下肢の骨配列を厳守しながら、ジンワリ…ジンワリ動かしました。
日常生活で歩けているから、自分の基礎筋力は大丈夫、と思い違えてはいけません。 口で言うより、動いてみると…筋力や筋持久力、そして動きのコントロールは一目瞭然。 (筋肉は嘘をつきません!)

ところがこの運動…明るい気持ちでコツコツ続けていると、 その後の動きやボディーラインへ結果を導いてくれます。 (筋肉は本当に素晴らしい!愛着も生まれます!)
前半はとっても気持ちが良い〜〜〜時間でしたが、後半は目が覚める時間になりました。 皆様、おつかれさまでした。ありがとうございます。
筋肉痛が生じたら、リンパを流して、お伝えした体操で筋肉を回復させてあげてくださいませ。 筋肉痛がない場合は、よろしければ…ご自宅で今日の運動を続けてくださいませ。
2週間くらい続けると…身体感覚が変わりますよぉ〜♪ 私も皆さんへ応援パワーを送りながら、体操をコツコツ続けますね(笑)♪
今から貯筋しておくと…実りの秋を迎える頃は、 今よりも少し引き締まった「からだ」になると思います。楽しみね♪

次回は、6月27日(水)14:00〜15:00です。参加費はお一人様500円。

【写真:先週買ったタマネギとジャガイモと昨日買ったトマト♪
    先週買って、じっくり焼いたキャベツ♪】


平成24年6月13日

呼吸で円やか♪

平成24年5月30日(水)の水曜市場【健康体操教室】は、 定番になっている(笑!)リンパマッサージ体操と 骨格を調整するタイプのユルーイ調整体操をして、 私が今年…熱心に研究しているタイプの呼吸のワークをしました。
季節は立夏を過ぎたので、 積極的に老廃物を排泄できる実践(リンパマッサージやフットセラピーなど)に加えて、 体脂肪を燃やしたい〜〜〜(笑)と願っている人々には、 この時期に筋肉の質を良好にモデルチェンジする話をしました。

(みなさぁ〜ん!今が筋肉の代謝を改良するチャンスです! 夏の氣を活用して、感度の良い動きの良い&代謝の良い= 体脂肪をよく燃焼させる筋肉にメンテナンスしましょう!) …そしてその前に、「氣」や「オーラ」、 「チャクラ」等の生体エネルギーの調整をしましょう♪
その方が、細胞が活性化しやすいです! そのために、今回、新しいタイプの呼吸のワークをします(^−^)♪
…と、私は気持ちよく言いきって、教室を展開させていただきました。

見えないけれど、確実に存在している(と私は研究して確信しています^−^) 「氣」や「オーラ」「チャクラ」へのアプローチは、場合によっては、 眉ツバモノ…ちょいとアヤシイ???と誤解をされてしまう現状があるのは否めませんが、 健康に関連した領域の「氣」や「オーラ」「チャクラ」 があることを伝えてくださる諸先輩がおられます。

私は18年間、調べに調べて… (それでこの程度ですか?と言われても仕方がありませんが…スイマセン。)、 体験して、さらに調べて…調べて…今に至ります。 (私のこの執着心は特異的だと自分で思います…^^;)
水曜市場の皆さんは、本当に心が広くて温かいです。 この度の私の思いつき(熱情)にノッてくださいました。ありがとうございます!!!
結果は…(^−^)♪
言うまでもなく、「いのち」がよろこんでいるような、 時間と空間になりました。

その呼吸をしてくださっている皆さんの空気の振動(波調)が変わりました(と私は感じました)。 うまく言葉で表現できませんが、無限の静寂?でしょうか? ウゥ〜ン!ちょっと違いますが(笑)、一般的に使用される言葉の感覚と違います。
だけれども、明らかに、 今現在をイキイキと生きている「いのち」や「魂」の波調があることを祝福したくなる、 感謝をしたくなる、そんな尊い時間でした。
ありがとうございます。 これからも試みたいと思います(^−^)♪

…といいながら、次回は今日(6/13)です。 更新が遅くなりました、ごめんなさい。お詫び申し上げます。 梅雨に入りました。 今日は6月バージョンの血行良好=代謝良好=呼吸円やかな時間を試みたいと思います。
皆様へ、紫陽花色のニコニコ元気を送ります(^−^)♪

【写真:キャベツの葉脈、カブ(教わって…マリネにしたら美味しかったョ♪)
    紫陽花】


平成24年6月12日

夏のからだへON♪

平成24年5月23日は飛島善光寺別院で「いきいき講〜からだほぐし」をしました。
近鉄蟹江駅から飛島村までのバスの車窓からは、 田植えの終わった田んぼが、空を映す鏡のようにキラキラ輝いて見える道中でした。
この日の私は、お腹にお日様キラキラの太陽をイメージする呼吸法をしよう! と思って家を出たので、とてもうれしい道中でした。
田植えの季節になると、私は日本の国に生まれて本当によかった、 と思い感謝の気持ちがあふれて涙がでそうになります。
農家の皆さんのおかげで、私はお米を口にすることが出来ます。 食生活を見直して、実りの秋を迎える時には、 今年のお米の滋養(恵)を得られるような「こころ」と「からだ」を養いたい、 と思い直していたら…「善光寺」バス亭につきました。

今回も「いきいき講」を楽しみにしてくださる皆様に、 優しい笑顔や言葉で私は迎えてもらいました。 ありがたくて、嬉しい時間になりました。 住職様、副住職様、善光寺の皆様の平素からの働きかけのおかげだと思います。 毎回のことですが、感謝の気持ちでいっぱいになります。 ありがとうございます(^−^)♪
右の写真は、「いきいき講」の看板がかかっている山門の中おられる仁王様の手です。 実は…ちょっとした隙間があるので、その中にデジカメを入れて撮りました。
いつも…この仁王様の手のような大きな手で私達を助け、 導いてくださっているように思います♪ 今回もその手の恵にあやかりました。ありがたいことです(合掌)♪
立夏したので、「からだ」には夏の氣が日に日に満ち溢れます。 細胞たちは、この夏の氣を得て夏バージョンの生成化育を開始します。
そして、夏は「からだ」の大掃除の季節です。 一年間蓄積した老廃物を、どんどん対外へ排泄する時期でもあります。 (だから私は夏が大好きです^−^)

この日のいきいき講では、 定番のリンパマッサージ体操とフットセラピーをして、 ポカポカ心地よい「からだ」をつくりながら、 参加者の皆様の質問にお答えしながら進行しました。
呼吸のワークでは、深〜〜く長〜い呼吸をみつけてもらいました。 とても静かで…集中した呼吸の時間になりました(^−^)。 私は、呼吸に…こんなに集中した皆さんを今まで知りませんでした。 素晴らしい時間でした。
この呼吸のお陰で、後半のヨガもどき(?)ワークが充実したようです。 お腹にお日様キラキラを集めて…呼吸&体操(ポーズ)をするのは、 やっぱりステキな時間になるなぁ、と改めて思いました。

最後は、住職様の「こころほぐし」のお話しでした。 「健康長寿十則」を紹介しながら、当たり前のような話ですが、 決して当たり前にならないお話しぶりには、頭が下がりました。
次回は、6月20日(水)13:30〜15:00です。 田園風景の鏡田は青田になっていると思います。楽しみです(笑)♪ 緑がイキイキ&お日様キラキラのニコニコ元気を送ります(^−^)♪
【写真:山門、仁王像の手、この日の資料】


平成24年6月6日

6月になりました♪

6月になりました♪
正確には、なってしまいました…という感じです。
かまくら市民活動のフェスティバスが終わり、 飛島善光寺へ飛び(笑)…久しぶりの聖子巡礼がしたくなり…。
そうしたら、いろいろ感性が刺激される事情が重なり、 うぅぅ〜〜〜んと勉強したくなった案件に没頭して…、 日々が滝のようにゴーっと流れ落ちていってしまった…。 そんな印象を持っています。 (ついでに、なんだかとっても疲れてしまい…←そりゃそうだ^-^;現在体調を調整中です。) 6月入り、茨城県古河市の徳星寺で笑心地のありがとう体操タイムをして… 気がついたら今日になっていました。

そういえば、5月に入ってから、 「オカムラさんは、自由人だね。」 「自由な人ですね。」等々のお言葉を頂戴する機会が増えました。
私って・・・自由に見えるのね…。 と思いつつも、私自身は、もっと自由人になりたい!と思う5月でした。

だけど…。現実世界で、私が思っている自由って、とっても難しい次元です。 「こころ」「からだ」、そして「いのち(魂)」の自由は、 それぞれが違う次元だワ〜、と気がついたからです。 また、40年の人生を経た思考の癖が… 自由を否定していることにも気がつきました。

そんなこんなで、始まった6月です。 自由という言葉をヒントにして、これから生活してみようと思います。
もちろん、ホームページの更新は自由時間にならないように心がけますので、 皆様、今後もよろしくおねがいいたします(^−^)♪

【写真;伊勢湾(津市)の朝陽、倭姫宮の熊笹】


平成24年5月17日

第14回かまくら市民活動の日フェスティバル

お知らせです(^−^)♪
平成24年5月19日(土)、20日(日)
鎌倉生涯学習センター(きらら鎌倉)で、
第14回かまくら市民活動の日フェスティバルが開催されます。 私も参加します。
参加の詳細は、コチラ♪
今回のテーマは、「暮らしやすい街づくりをめざして〜あなたのできること〜」です。 先ほど、テーマへのコメントを書いた当日チラシができたところです。 暮らしやすい街づくりには、健康づくりは欠かせません(笑)♪ その思いをチラシに込めました。

私は「ありがとう体操(健康体操)教室」を開催します。
5月19日(土)13:30〜14:30 
場所は、生涯学習センターの地下ギャラリー(参加費無料)です。

今回の、イメージは…、
「こころ」と「からだ」が仲良くなって いい気持ち=笑心地(えみここち)♪
真心いっぱい、ピカピカの笑顔で皆様のご参加をお待ちしております♪

ところで、市民活動と聞くと、皆さんはどんな印象を抱きますか?
私は、鎌倉に来て、その価値観や概念が新鮮にリニューアルできました。 ご都合のつく方は、ぜひ、足をお運びください。 そして、気になる人があったら、話しかけてください。
きっと、今の思考や価値観をリニューアルできるヒントを得ることができると思います。 街づくりを意識すると、生き方が変わります(^−^)♪

【写真;入魂?のチラシ(PCスキルが未熟で結局最後は手描きです^0^;)】


平成24年5月13日

運動後の牛乳は?

先ほど、フットセラピーをしながら…テレビをつけたらビックリ! この夏の節電対策&熱中症の予防(対策)として、 推奨される運動と運動後の牛乳の摂取を呼びかけるニュースをやっていました。 その内容に…思わず私は大声で発言をしてしまいました(笑)。
「やめようよぉ〜〜〜!」
「運動後(30分以内)の牛乳摂取は腎臓の負担が大きいようぅぅぅ〜〜〜!」
・・・・・・・・
放送されていた運動内容(有酸素運動⇒ウォーキング)にも…言葉が詰りました。
有酸素運動後に、糖質とアミノ酸の摂取が必要な状態かどうかは、 その前後の食事の摂取内容や体力レベルや、 内臓の調子や内分泌系の働きがどれぐらい正常かどうかなど…関係があります。 生活習慣病で現在、治療中の人は、鵜呑みにしてはNGですから、 熱中症の運動と栄養について自分に合った指導を受けるようにしてくださいませ。
体質で牛乳が「からだ」に合わない人もいますので…、 この報道には、なにかウラ(経済)があるのでは?と違和感を持ちました。
・・・・・・・・・・
有酸素運動後の乳製品の摂取効果の研究レポートは、以前拝見したことがあります。 スポーツ栄養学の観点からみて、必要なのは、近年の研究成果であるのは間違いありません。 が、牛乳という特定の品目で表現される内容ではないと考えます。

運動後の「からだ」は、非常に繊細です。 消化に負担のかかるもの、腎臓に負担のかかるものは避けたいです。 牛乳は負担の大きい食品です。 せめて4倍以上に薄めて飲みたい。 いいえ、牛乳じゃなくても、糖質とアミノ酸という定義だったら、 代換の食品は、たくさんありますよ(^−^)♪。

個人的に…
私自身は、運動後に牛乳を飲むと胃が気持ち悪くなって、 だるくなって、腸がイヤイヤな感じがします。 運動すると体調が良くなるので、水かお茶があれば満足です。
そもそも・・・
節電のために、熱中症を予防できる体質に改善するのなら…、 正常な体温調節ができるように、リンパや血液の流れを良好にして、 呼吸機能を調整して自律神経の働きをよくしてあげるような(発汗腺を解放するような) セルフケア(体調調整運動)を習慣化することからはじめることが、 ファーストステップだと思います。
これに適切な有酸素運動がセットで行われると、 体温調節機能の改善を促すことができます。

改善を促すためには、 生活スタイル(睡眠)や食事内容(水分摂取内容も含む)は重要(というより前提)です。

お昼御飯が、ご飯、お味噌汁、漬物、焼き魚、ほうれん草の胡麻和え、ひじきの煮物… というような内容で、それを12時から30分くらい時間をかけて食べて、その後は読書、 という時間を過ごした人では、 2時頃ウォーキングを30分して、2時35分に牛乳を飲む必要はありません。
なぜなら、お昼御飯の内容では、2時35分頃は血液中に栄養があふれているからです。 胃の負担を考えたら、食べる時間ではありません(笑)。
血糖値やコレステロール値が気になる人でしたら、なおさらです。
私が過去に病院で指導をしていた運動療法の教室では、 60分の運動教室中に摂取していいものは、お水かお茶でした。 (今も、教室時に胃に負担のかかる飲み物は控えてもらっています。 食事をしていない場合は、運動時の「からだ」に負担のかからない 補食内容をアドバイスしています。 空腹の時間は内臓の健康に大切な時間です。 ただ、運動時は体温調節のために水分が重要ですが、必要以上にガブガブ飲むのはNGです。 これ以上は書くと長くなるので止めますね^−^;)
運動は目的に合わせて行うのはいいことです。 ただ、注意したいのは、運動効果を出すためにはどんな生活をしたらいいのか? という思考ができるかどうかです。 運動に関しては、運動生理学を勉強している運動指導の専門家に相談ください。
加えて、良心的な管理栄養士さんは、この報道内容に(笑いながら…) 適切なアドバイスをしてくれるはずです。

節電と熱中症対策のために、急遽ガイドラインを作成しなければならなかったのだと思いますが、 偏った派閥の研究者の見解にまとまっているように感じました。
仕方がないことです。私が運動療法の研究を始めた当時から、 そのような世の中であることを私は教わっていましたから…(笑)。
医療・福祉・健康業界というのは、そんなモノです。 世間の波にもまれても、呑み込まれないように大海原を航海したいものです(^−^)。
あぁ。。。長くなりました。
読んでくださり、ありがとうございます♪

【写真;最近…ウォーキング→柔軟体操後にハマっているスギナ茶♪
    フットセラピー(足指もみ)♪、
    MY運動に持っていくお茶(36茶)とバナナ(トレーニングは約90分)♪
    ↑バナナを食べたら、夕食のご飯を半分にする日もあります(笑)
     おやつ昆布は帰り道の常備食♪               】


平成24年5月11日

進化論NG(笑)!

先日、キリスト教の信者の女性と進化論について、意気投合しました(^−^)♪
ある日の午前中、ピンポーン♪と聞こえたので、 玄関のドアを開けたら・・・布教活動をしている女性が立っていました。
そして…。「進化論は正しいと思いますか?」と聞かれました。
私は、「人間はずっと人間です。だから進化して人間になったのではありません。 と教わり、その真偽を調べて、 勉強して研究して…やっぱりそうだとしか思えないのが現在です。」 と答えました。
そうしたら、女性は大変喜んでくださりました。
そして、聖書を引用してステキな言葉をくださいました。 今は、何がステキな言葉だったのか、思い出せませんが、 ご年配のご婦人の、瞳がキラキラしてステキだったのを覚えています。 出会いに感謝(祈)でした。

私達が当たり前のように教養として記憶している情報の中には、 よくよく調べてみると見解が異なる情報が沢山あります。 時代背景を参考にして考える必要があると思っています。

進化論については、ダーウィンの原著を読んだわけではありませんが、 原著を読んだ人の話では、ダーウィンは進化論を強調していないように思ったそうです。 私は原著を読む能力がないのと、 原著を読んだ人の感想と同様の感想を過去に聞いたことがあったので、 そうだろうなぁ、私も読んだらそう思うのだろうなぁ…と思いました。 (いつか機会があったら原著にトライしてみたいです、が…やっぱり無理だと思います。) 参考までに、私が原著を読んだ人と表現した人の説明をします。 大学で研究論文を書くような職業の人です。

その後、進化論については、別のジャンルの研究領域から新たな見解を知り、 人間は進化して人間になったのではない、人間は人間である、と確信を得ることになりました。 教えてくださった研究者の皆様に感謝を申し上げます。
…ですので、ダーウィンの原著を読む必要はなくなりました(笑)。

今回、キリスト教の信者の女性から、進化論について、 その真偽を持ちかけられたのは新鮮でした。神様に感謝を申し上げます(祈)♪

【写真;諏訪神社の参道より、近所でとれた(?)ダンゴムシ♪】


平成24年5月10日

女性3世代和気ワイワイ♪

平成24年5月9日の水曜市場【健康体操教室】は、 いつものようにワイワイ♪おしゃべりの花を咲かせながら体操が始まりましたが、 呼吸のワークになると一変して、静かで集中した…とてもいい時間になりました。 初めて参加くださった方のお手本になるような(笑)素晴らしい変化でした。 皆さん、ありがとうございます。

この日は、6年生の女の子がお母さんと一緒に参加してくれました(ありがとう♪)。 そのおかげで3世代(女性)の体操時間になりました(笑)。
私は3〜4世代一緒に健康体操をする時間が好きです。 子ども〜お母さん〜おばあちゃん…がそろうと、 和やかで優しいタイプの健康観を養う時間になるからです。
加えて、世代が異なる「からだ」から発信されるエネルギーが、 空間を行き交い…調和します。とってもステキな時間になります♪ もちろん、この日もステキな時間になりました。

ところで、世代の異なる女性(10代〜70代)が集まった場合は、 どんな健康体操をしたらいいか…ご存知ですか? 今回私が考えた内容をご紹介します。

立ち仕事が多い水曜市場の女性達や、 午前中を過ごしてお昼を食べて…徒歩で教室に参加くださった女性達と、 学校で授業を受けて帰宅した6年生女子の「からだ」の条件が同じものがあります。
●午前中を過ごした「からだ」(身体活動レベルは様々だけど日内リズムは同様)
●お昼御飯を食べて、消化吸収中の「からだ」
●夕方までに…体液の流れを促進して老廃物を排泄する準備をしたい「からだ」

世代が違っても、午後の「からだ」は、老廃物を蓄積しているし、 背中が疲れたり、足が重く感じられたり、姿勢に癖が生じたりします。
体操後(午後3時以降)に、老廃物が除去されて、筋肉の調子がよくなって、 からだの移動が軽く感じられる。 おまけに、食後の腹部の重さが解消されて、 お茶が美味しく飲めるようなスッキリ感がつくりたい。 そんなイメージでレッスンしました(^−^)♪

この日の体操は、次の3つになりました。
@自律神経の働きを促して(血圧調整&発汗腺の解放⇒体温調節機能のスイッチON)、 本来の初夏の「からだ」にするリンパ&筋肉マッサージ体操(ポカポカ良い気持ち♪)
A深〜い呼吸のワーク(10秒×10秒の換気量コントロール♪)
B膝ケア体操(太腿の前面と後面の筋肉調整運動♪)

年代は違うけれど・・・それぞれの「からだ」に適した運動の効かせ方があります。 今回もその運動効果を狙ってレッスンをさせていただきました。
笑いあり、ポカポカ感あり、眠気あり…、
集中あり、筋肉プルプル感あり…♪
アッという間の60分でしたね(笑)。ありがとうございます。
次回は5月30日(水)14:00〜15:00 参加費はお一人様500円。

【写真;連休に見つけた「こいのぼり♪」、水曜市場の大根葉(味が濃い)♪】


平成24年4月27日

web支援講座

このホームページは、NPOセンター鎌倉の支援講座「Web講座」を受講して、 制作が始まりました。
市民活動団体の活動に欠かせないのが、 ホームページを活用した情報発信です。 講師のN先生の、情熱と真心あふれる講義は、本当にありがたいです。 Web講座は、毎回充実した時が過ぎ…昨年講座が終了しました。

講座は終了しましたが…支援を受けながら、現在も制作を続けています。 私のホームページは、完成までしばらくかかりそうですが、 他のWeb講座を受講された団体のホームページは完成して、充実したすばらしい内容です!! ぜひ、ご覧下さいませ!
それをお伝えしていなかったワ!と、最近、気が付きました。

湘南・鎌倉エリアの市民活動団体は多種多様です。 私は、初めてその魅力に出会った時、 自分の市民活動団体への固定観念が間違っていたことに気づかされました。 ホント…気づいてよかったです(笑)。
Web講座受講終了団体の紹介ホームページはこちら♪
《HPよりの抜粋》
鎌倉web-net 鎌倉市民活動センター広報部による 鎌倉の市民活動団体向けホームページ支援講座 受講者のサイト

このWeb講座、講師の先生の魅力はもちろんですが、 受講している人々の魅力に…私は心が和み、笑みこぼれてしまいます。
今は、Web講座終了団体の支援講座として開講された、 「web支援講座」を受講しています。
先日も、受講しました(^−^)♪
私は学んだホームページ制作スキルを、 すぐに自分のホームページに活用することができませんが、他の方々は、即行動されています。 素晴らしいです。私もそのレベルになる日を楽しみに制作に励んでいます(笑)。

先日のWeb支援講座で、席がお隣になったのは、游風さんと、 湘南の森さんです。2つとも、ホームページ内容が充実しています。 活動している人々の心の優しさを感じる団体です。ご紹介します(^−^)♪

游風(ゆうふう)のホームページ 
私は、鎌倉でリユース食器を初体験しました。 イベントの際は、ぜひリユース食器を活用したいものです。
環境について考える「紙しばい」は、私のお気に入りです(笑)
《HPより抜粋…》
鎌倉・逗子・湘南地域のイベントに環境に優しい、 リユース食器の貸し出しをする、市民活動団体 游風・遊風です。


湘南の森のホームページ 
活動しておられる人々の真心と、 湘南の森の生命の源泉が湧きでているような印象のホームページです。 ついつい…のぞいてしまうのが、「湘南の森の植物」です(笑)。
《HPより抜粋…》
湘南の森は、利用登録団体 「全国森林インストラクター神奈川会」に所属する、 平塚・大磯・湘南の森を守り、育てる若い世代を応援している、 自然保護・環境保全を推進する団体です。

【写真;游風と湘南の森のHP画像♪】


平成24年4月26日

太腿スッキリ⇔スリム⇔笑心地♪

平成24年4月25日の水曜市場【健康体操教室】は、 太腿の筋肉へのアプローチを…じっくり…的確に(笑)行いました。
参加者の皆さんは、今回のじっくりタイプの運動のくり返しに耐え(笑)、 じっくりと…よくついてきてくださいました。ありがとうございます。

骨の位置を明確にして、動かす方向や角度を決めて、 脚をゆっくりと正確に動きをコントロールする体操でした。 動きをコントロールしながら、呼吸もコントロールします。 コントロールしたいのに…ついつい力んでしまい、 息を止めてしまうのに気がつくたびに大笑い(^−^)♪ 楽しかったですね(笑)♪
最終的には、骨盤の動きと連動させて、 下半身を円滑に動かす試み(体操)までできました。 みなさん、スゴイ!よくがんばりました(^−^)!

また、この体操は、 膝痛や腰痛、脊椎疾患や生活習慣病の運動療法の指導で、 私が重視している運動プログラムの中一つです。 今回は、じっくり取り組んだ結果… 2つの大発見!大収穫!がありました。

@ 太腿のむくみが改善され、 筋肉が骨に向かってキュッと集まり、 太腿がスリムになりました (立ちやすくなりました⇔足がまっすぐのびて気持ちがいい♪)。

A 体操を終えて、立った時の股関節の感覚が心地よくて、 足踏みしたら、膝が正しい位置で動くようになりました
(膝が前を向いて、内腿が開きすぎない足踏みです⇔歩きやすそう♪)。

すばらしいと思いませんか?
私はとてもうれしくなりました♪
筋肉の仕組みに合った、 正しい動かし方ができるように体操をしてあげると…、 細胞は元氣に活躍してくれます。本当に「からだ」ってスゴイですね。
こんな、スゴくてありがたい仕組み(恵み)を私たちは授けてもらっています。 そして、その恵みを引き出す支援をさせてもらっていることに、 私は大きな大きな喜びを感じました。
・・・・・・
この@Aで整えた筋肉の状態で歩いてこそ、生活習慣病の予防や改善になります!
ただ歩くだけでは健康にならない時代になりました。 私はそれを伝えたくて、いつもウズウズしています(笑)。 5月も今回の続きをしようと思いました。
@Aの体感を得て、うれしそうにしておられる皆さんをみて、 私は本当にうれしかったです(^−^)♪♪ありがとうございます♪
次回は5月9日(水)14:00〜15:00です。参加費はお一人様500円。

【写真:水曜市場のほうれん草=濃い味で美味しい!&採れたてのアシタバ(笑)】


平成24年4月20日

バス停ベンチ維持活動

先日、「鎌倉を美しくする会」代表Taka様から、 「2011年度ステッカー更新完了のご報告とお礼」 のお便りを頂戴しました。(ありがとうございます!)
代表のTaka様はわたしのあこがれの市民活動家です。 「私の命が続くうちは…美しい鎌倉を守りたい♪」 という情熱と凛とした美しさをお持ちの女性です。 笑顔はとっても温かく優しい御方です(笑)。 私は、鎌倉に越してから、「鎌倉を美しくする会」を知り、 その徹底した活動姿勢に感動をしました。

鎌倉の美しい街並みが存在しているのは、 「鎌倉を美しくする会」の活動のおかげです。 他にも鎌倉を美しくするために励んでおられる団体があります。 皆、鎌倉を愛している人々の集まりでした。 いつも頭が下がる思いでいっぱいになります。 私は、昨年、ベンチ維持活動の話を聞いて、 せっかく、ご縁をいただいた鎌倉のお役に立ちたいと思い、 気持ちよく「バス停ベンチ維持活動」へ寄付をさせていただきました。
バス停ベンチ設置・維持活動についてはこちら

そしたら、嬉しいことにベンチのステッカーに広告 (メッセージ)がだせるそうでした。 Taka様のアドバイスをいただいて、 私はめばえちゃんのイラストをかき、 「いのちにありがとう♪」のメッセージを添えました(^−^)♪

いただいたお知らせには、2か所のバス停がありました。 「常楽寺バス停」と「島の神バス停」です。
その「島の神バス停」に、先日、自転車を走らせました(^−^)♪
そして、ベンチに挨拶をして、 股関節と膝裏のリンパマッサージ&下肢のメンテナンス体操をしました。 鎌倉を美しくする会の活動にも御礼の気持ちを祈りました。 帰宅してからは…、近所のゴミ拾い&外出⇔ゴミ袋持参の生活を再開したところです。

「鎌倉を美しくする会」のホームページはTaka様が制作されています。
ブログの内容がすご〜く充実しています(笑)。ぜひご覧くださいませ。
最近では小学校の授業と連携して子ども達への教育活動も展開されています。
きれいで美しい街づくりについて、 その具体的な思考や実践方法を学ぶ子ども達や大人が増えて、 自分が住む地域を愛して、美しくする活動に目覚めて行動をくださる人が 沢山増えてほしいと祈念しています(^−^)。

鎌倉を美しくする会のホームページ 

《ホームページより抜粋》
ボランティア市民活動団体「鎌倉を美しくする会」は、 鎌倉の自然や環境を守るために、 NPO鎌倉センターを拠点に、 美化清掃運動、公衆トイレの美化、ごみ箱、観光、落書き、違反広告、 バス停ベンチ設置・維持活動など多岐にわたるまちづくりに取組んでいます。

【写真:鎌倉を美しくする会のHP画像、島の神バス停、私が出したメッセージ♪】



平成24年4月18日

インドの乳酸菌は…?!

乳酸菌の本を読んでいるうちに…、 以前、ブンブン紅茶店で拝見した本の中に、 インドのヨーグルトの話しがあったのを思い出しました。

乳酸菌の免疫力の強化力は素晴らしいです。 ガンの抑制&予防、生活習慣病の予防&改善に効果が期待されています。
私は、できるだけ雑菌や感染症のモトになる細菌や、 健康に有害な科学物質や放射性物質にズバッと対応してくれる、 超ハイレベルな免疫力を養うために、 パワーの強い乳酸菌を日常で摂取できたらいのに、と思いました。 できれば…超ハイパワーな乳酸菌が知りたいなぁと思いついて、 ちょっとぐらい不衛生なところでも、 食べても(笑)お腹OKな結果に導いてくれる⇔腐敗菌に強く、 発酵力が強い乳酸菌っていいかも?そんな乳酸菌って、なんだろう?と思いました。

そこで思い出したのが、ブンブン紅茶店の本棚にあった本です。 乳酸菌といえば、ヨーグルト。
インドのヨーグルトについて、汚そう?な報告(スイマセン)がしてあった本が…、 『河童が覗いたインド』 (妹尾河童著、新潮社、1985春にあとがきがある本で、今は絶版)です。
私はもう一回読んでみたいな♪と思い、今日、確認をしました。 店主に感謝♪。。

「ヨーグルトの運び屋」(10ページ)にありました。
天秤棒を肩に下げた老人?男性のイラストつきです(^−^)。
その中に…以下の内容がありました。
「…つぼの汚れはかなり迫力があったが…」
「…これを飲んでいれば下痢なんかしない。腹の薬になる。というのを信じて…。」
(飲んだそうです)
「…少し水っぽくて、酸味が強い。」

私は、この言葉が知りたかったのです!! (来てよかった♪と思いました♪) 乳酸菌を育てると…酸味が強くなります。 発酵させた乳酸菌でヨーグルトをつくると、 発酵が進み過ぎると…、やや水っぽくなる時があります。
(確かに、インドのヨーグルトの乳酸菌はハイパワーなんだろうな、と思いました。)

店主の姉様と奥様に聞いてみると…、
インドのヨーグルトは素焼きの入れ物(壺)に入っていて、 アヤシゲだけど…、「飲んだらとってもオイシイーのよ(笑)♪」 と笑顔で教えてくれました。ありがとうございます。

インド旅行をする際は、現地の生水を飲んではNGという話をよく聞きます。 インドを旅した知人は、ガンジス川の水は汚くて飲みたくない、と言っていました。
私は、そのような土地で生存できるのは、 インドの風土で培養(発酵)させた、 ハイパワーな乳酸菌を常食しているからだと思いました。
その乳酸菌を活用して調理した食事がインド料理の魅力なのでしょうね(笑)。
確かに、インド人がつくっているカレー料理の魅力は、 薬効の高いスパイス料理であるだけでなく、発酵食品を活用した料理なのだと再確認しました。 今のままでは推察にすぎませんが、いつか続きを調べてみたいです。

ところが、私が過去に、日本国内でご縁をいただいたインド人の多くは、 残念ながら、肥満体形でした。 糖尿病も増加しているような情報も聞いています。
これは何で???
(フフフ…理由は考察済みです^−^)

【写真:『河童が…』本と『発酵マニアの…』本と
   クリームティ(スコーンと紅茶のセット=今時期限定の特別新茶でした。
   初めての味でオドロキ!ジャムは本日つくりたて苺ジャム♪
   このセットは、今だけです⇔超オススメ。。)、
    発酵が進み過ぎて分離しちゃった豆乳ヨーグルト♪】
ブンブン紅茶店のホームページ


平成24年4月16日

私が手術から得たこと

私が顔面多発性粉砕骨折になり、 手術をしたのは13年前の4月11日か、12日でした。
だんだん記憶が薄れていくものですね。 ちょっと前までは鮮明に記憶していたのですが、 13年も経つと…別の思考になっているのを確認しているところです。
私の手術は、12時間かけての形成外科手術でした。 T県立病院のS医師のおかげで、 今でも、私の顔は人間らしい形状を保つことができています。 S先生、ありがとうございました(^−^)♪
(ちょうどいい機会なので、この場をかりて御礼を申し上げます。)

この13年間の体験と過去の現場の蓄積から、 私は手術後のリハビリや運動療法のあり方について、 深く追求するようになりました。
手術後のリハビリ・運動療法の考え方には、自然治癒力の育成が欠かせません。
ダメージや欠損を体験した筋肉へ、 どんなことをしてあげたら筋肉がよろこぶのかな?と考えた時、 自然治癒力の状態が筋肉の活動(代謝)に密接にかかわっていることを、 私は自分の「からだ」で知ることができました。
内臓の調子、脳の調子を、筋肉はダイレクトに教えてくれました。
そして、運動療法で重視される有酸素運動も私の脳や内臓の調子を円滑にしてくれました。
私は、自然治癒力を高め、 治癒を促すレベルのリハビリや運動療法があることを、 我が身を通して知ることができました。

また、手術を機会に、体内に入ったお薬の影響(ダメージ)は、 自然治癒力に大きいことも体験しました。 「からだ」はとても繊細です。自然治癒力も繊細です。
手術前に、お薬のリスクや手術後の身体感覚の欠損や 自然治癒力への影響についての説明を受けたのかどうかは、 記憶していません。あったのかもしれませんが、 私の場合、交通事故後の緊急手術だったので、 説明を確認している余裕はありませんでした。
ただ、頭蓋骨のCTかMRIの画像が3Dになっていて、 すごくわかりやすかったのを覚えています。 粉砕骨折の画像は素晴らしいと思いました。

今では、手術後のリハビリや運動療法には、 自然治癒力を養うことを目的にして、 以下の5つの改善アプローチを心掛けています。 結果は、笑心地です(^−^)♪
「手術」を「病気」や「事故」などに置き換えてもOK♪
・手術で影響を受けた患部の機能改善、
・手術で影響を受けた患部ではない部位への機能改善、
・手術で影響を受けた健康体力全般(特に免疫系と内臓の代謝)の改善
・手術で影響を受けた「こころ」と「からだ」の調和感覚(身体感覚)の改善。
・手術の影響を受けていない「いのち」との調和感覚の改善。

【写真:諏訪神社のムスカリ、ヨモギ♪自然のパワームンムンです♪】



平成24年4月12日

ハッ♪お臍が凹む時間

平成24年4月11日水曜市場【健康体操教室〜ありがとう体操〜】は、 桜の花舞う時期ならではの内容になりました。
「花冷え」という言葉があるように、この時期は、桜が咲き心は春心地になりますが、 地面の温度(足元の冷え)や風に体温を奪われて、「冷え」を体感しやすいです。 また、桜が散ると…新緑の季節が始まります。 リンパの流れをマッサージや体操で促して、血行良好にして、 呼吸のメンテナンスと背骨の調整体操をして、運動神経系のスイッチONがしたい。 そんなイメージで活動しました。

この日は、以下の4つを行いました。
@花冷え時期に触ってほしい部位(膝、太腿、股関節〜骨盤)のリンパマッサージ体操と、 定番の全身7か所のリンパマッサージ&体操(さすってポカポカいい気持ち)。
Aフットコンディショニング(足指&足首のメンテナンスワークで足感覚改良♪)。
A肩〜腕と前屈タイプの柔軟体操 (筋肉が硬くて伸びなくてイタイところはどうしたらいい?をしました)。
B呼吸の調整(お臍が凹む呼吸ワークを念入りにしましたね♪)。
C背骨の調整体操(呼吸と背骨の動きを連動して行うと…滑らかでいい気持ち♪)。

特にBの呼吸の調整ワークは、胸郭呼吸を深〜くじっくりと行ってから、 「ハッ♪」とお臍が凹む呼吸法をしました。
お臍を意識して呼気を吐く時、連動して筋肉が動いてしまう場所があります。 「ハッ♪」としたときに、肩が上がったり、首が前にでたり、 背中を過剰に緊張させてしまったり…。いろいろありましたね(笑)。
それが、日頃の動きの癖(ついつい力が入りっぱなし=緊張しっぱなし) になっている話をしたら、 皆さん、納得されて、くり返して呼吸をしながら… 「からだ」の声を聞くことに集中されていましたね。
とっても、「からだ」がよろこぶ、ステキな時間でした。
「(フンワリ)息を吸って〜」「ハッ♪…」
私声と皆さんの呼気音だけが響く、という、静かな時間になりました(笑)。

続けて、私のいろんな投げかけの言葉に合わせて、 ご自身のあるがままの「からだ」を感じて、整えるアプローチをいろいろしました。 「からだの声」の世界が広がったように感じます。
皆さん、お疲れ様でした。ありがとうございます(^−^)♪

このような運動の時間は、 身体制御(運動神経系の感度コントロール)を自己修正する時間になります。 これは、自分でしかできない修正です。 服用や外用するお薬ではアプローチができません。 それ故、自分で、定期的に、自らの運動神経を活用して、 自己修正を試みることができるのは、 運動療法(健康体操)のメリットだと私は考えています。 気長にお付き合い頂いて、セルフケア=自己調整=自己改善(改良) できる楽しみを見つけていただきたいと思っています。
そして、水曜市場【健康体操教室】に参加くださる皆様は、 私の言葉を信頼して参加くださるのがわかり、うれしくなりました。 ありがとうございます。精進いたします。
次回は、4月25日(水)14:00〜15:00です。参加費はお一人様500円。お待ちしております(^−^)♪
【写真:諏訪神社の桜影、水曜市場のきのこと野良坊菜=味がしっかり美味しい♪】



平成24年4月6日

悩みの…「第二の◎○」

「ふくらはぎは第二の心臓」「腸は第二の脳」
などの「第○の◎○!」と断言されている表現について、 私は、ある時期から…不満を持つようになりました(笑)。
これらの言葉を世に出してくださった諸先輩方には申し訳ありませんが、 やっぱり、私は、どうしても…どう考えても不満足。
今回は、私の腑に落ちない…悩み事をご紹介します(笑)。

以前の私は「第二の◎○」をレッスンで活用していましたが、 いつの頃からか、私は「第二の◎○」を使用しなくなりました。
指導の際、この言葉(情報)を伝えることで、 参加者の方々の健康行動がより良い方向へ向かったか、 と考察した際、疑問に思うようになったからです。

(以下は、ある一部の人々の傾向例です)
私のレッスンで、この言葉を覚えて、 オウム返しのように「先生、ふくらはぎは第二の◎○だよね!」 と返してくれる人々の多くは、 言葉をセリフのように覚えても、 「ふくらはぎ」の役割(運動効果)の理解が浅く、 ご自身の改善したほうがいい課題(身体感覚や心の癖、 病気の原因になっている生活習慣)への改善意識が浅い上に、 「教室には通っているけど、よくならないわよね〜。」 などとネガティブな言動を発して、周囲に同意を求める人でした。
この発見を機に、私は指導アプローチの模索を始めました。

ところで…、 このような人は、少ないよ、と思っていてはNGです。 (ある現場に行くと、半数以上がこの傾向だったりします。)
経験のある、健康教育を心得た指導者だったら、 「このような思考だから、 病気を改善できないんですよ(病気を予防できなんですよ)。」 と察して、参加者の方々と、 円滑で教育的なコミュニケーション指導を試みると思います。
覚えれば良くなる、という平面的な思考では健康づくりはできません。
また、教室に参加くださる人々の言動には、そうなる理由(原因)があります。
運動指導の現場は、人生いろいろ…実に奥が深いです(^−^)。
・・・・・・・・・
そんなある日。。
いろいろ指導に工夫をしても実らない疲労感を感じていた頃です。
「知っていても、健康(行動)の役に立たたないのでは、伝える側は、むなしいなぁ…。」
私は、心に隙間風がピィ〜ピュ〜吹くのを感じました。 ですので、考え直すことにしました。
そういえば…、「第二の◎○」という言葉を私は、覚えてはいるが、 私にはその身体感覚が伴わない。 私は、「第二の◎○感覚」を体感したことがないことに気が付きました(笑)。 私が実感しないのだから、伝わるはずがありません。
私は、「第二の◎○」を発言していながら、「第二の◎○」を知らない身体感覚でした。 これは大きな矛盾です。早速、現場での「第二の◎○」活用を止めました。
我ながら大発見&大納得(笑)。スッキリしました。

ところが、私の業界では、講習会等を受講すると…、「第二の◎○」情報は健在です。 「第二の◎○」を表現くださった先達の諸先生には、本当に申し訳ないのですが、 勉強をすればするほど…、「第二の◎○」はないなぁ…、と思い至ってしまいます。
残念です。いつか「第二の◎○」を肯定し、満たされた感覚になってみたいものです。
健康や医療に携わる人々の中に、私のような思考をしている人はいるのでしょうか?
ちょっと勇気を出して、聞いてみたいものです(^−^)♪

【写真:江の島神社奥津宮の桜】



平成24年4月4日

生活習慣病は…?

「生活習慣病は、昔はなかった病気です。」
私はこの言葉を耳にするたびに、 心の中で「あったよぉ〜。」とつぶやいてしまいます。
先日も、大きく(笑)つぶやいてしまいました。

生活習慣病という名称でなくても、 現在、生活習慣病として扱われている病気は、昔もあったと思います。 昔はあっても、現代にはない病気と、昔はなくても、現代にはある病気もあります。 (確かに…「生活習慣病」という名称は、昔ありませんでしたね。この名称は近年です。)
生活習慣病の考え方を、現代のみに当てはめて考えるか、 古来の生活習慣が起因する病気の考え方に視野を広げて考えるかで、 見解が異なる場合もあるようです。
(私が耳にした生活習慣病の定義は、 肥満、糖尿病、高血圧等のことをさすようでした。 ので、「あったよ〜。」と心の中で言ってもよさそうな 様子でしたのでつぶやきました。)

私が運動療法の研究を始めるきっかけになったのは、 大学院時代「内臓脂肪(代謝)への有酸素運動の効果」 の研究のご縁をいただいたからです。 内臓脂肪型肥満への運動療法の研究です。 これが私の生活習慣病研究のはじまりでした。
当時、日本肥満学会が、平安時代の絵巻物「病草子」を研究して、 肥満病の女性は平安時代にも存在しているという報告を出してくれました。 確か、藤原道長は、糖尿病で有名です。
これが、私が昔から生活習慣病はあったんだぁ〜、と思考するきっかけです。
また、絵画に描かれた人物の健康状態を考察して、 生活習慣病は昔から存在していたことを示唆する報告もありました。 確か、モナリザは高脂血症だったと思います。
そのおかげで私は、文化芸術作品に垣間見る健康情報にすっかり…ハマってしまい、 美術館や博物館によく通い、芸術鑑賞と健康観察を大いに楽しみました。 これらのことは、ずいぶん前に、文庫本等になっていたと思います。

芸術鑑賞=健康観察をする度に、私は、人間の「からだ」は、 健康でいられるように生きてあげないと、 病気が蔓延して大変なことになってしまうのね。と思いました。 いつか、私見も含めてレポートしたいと思います。

人間は昔から、人間です。
現代人だけが、生活習慣病になるわけではありません。 現代人も昔の人間同様に、古来からの人間のしくみがベースになっています。 これからもそのベースは変わらない、 いや、ベーシックは変わらないと私は考えています。
時代の変化の影響を受けて、病気は多種多様、多次元的に変化すると思いますが、 病気になるしくみを考察すると…、 病気から何かを学び、病気を解消(浄化)していく過程には、 病気を越える「こころ」と「からだ」の存在があることを考えるようになりました。
病気には意味がある、という思考です。
同時に、私たちは、生活習慣病から何を学んで、 未来に向かってどう生きていったらいいのか? ということを考えるようになりました。
運動療法を仕事(研究)に選んだのも、この思考所以の結果だと思います。
実に勝手な私見ですが、健康⇔病気=人生(生き方)の世界は、 広くて奥が深くて、実に不思議です(^−^)。

・・・・なぁ〜んて、以前は真剣に考えていましたが、 しばらく、忘れていました。(ごめんなさい。)
そんな私に、先日、上述した言葉を投げかけてくださいました。
立場上、笑ってその場を過ごしてしまいましたが、 もう一度、何か…考え直す時期がきているのでしょうね。 そんな気持ちになりました。
投げかけてくれて、ありがとうございます(^−^)♪ 次回の席では、笑って過ごさないで、 気持ちの良い会話を楽しめるようにしたいと思います(笑)。

【写真:2010年の諏訪神社の菜の花とハルジオン♪今年はこれからみたいです…】



平成24年3月30日

これは名案⇔明暗

(さまざまな経験をミックスしてお話にしました。ちょっとご提案を申し上げます。)

10年くらい前でしょうか?
糖尿病を含めた生活習慣病の研究をしながら、思いついたことです。
「これは名案!いいじゃん! 病気の予防改善をするには…、 世の中から製菓会社、清涼飲料水会社、 ジャンクフード会社等々…がなくなっちゃえばいいんじゃん!」
「お菓子屋さんもなくてもいいじゃん! 食べたいなら自分でつくればいいじゃん〜!」

思い出すたびに微笑んでしまいますが、 食べ物が及ぼす病気のリスクを知っているので、 それを日常生活から遠ざけたら、リスクが減るだろう、 という安易で気軽な発想でした。
しかし…
「そんなことをしたら今の経済が崩壊してしまうでしょ〜!」
と、ご意見をいただいたことがあります。
最初は「なんで?」と思ったのですが、雇用と実生活を考えると話は別でした。

わたしが「なくなっちゃえばいいじゃん!」といった業種がなくなると、 ものすごい数の人々が失業します。 そして、失業した人々の家庭生活が崩壊してしまいます。
「ありゃ〜。うまくいかないものなのねぇ…。」
名案とばかり思いつきの遊び心での発言でしたが、 人生の明暗を分けるくらいの重大発言でした。
ちょっと、びっくり。
だけど、これは、現代社会の矛盾です。仕方がないことなのでしょうか?

子ども達に生活習慣病のメカニズムを (子どもにわかるレベルで)話した際、上述したような、 私と同様の発想をかえしてくれました。

(病気の予防や改善のために…) 「じゃあ、どうしたらいいと思う?」 と聞くと…、。
一部の子どもたちは…、
「ボク、チョコレート食べなくてもいいよ。みかんやおにぎりがいい。」
「甘いジュースよりも、おばあちゃんがつくる麦茶がいい。」
…などの発想アイデアを出してくれました。

だけど、「お父さんやお母さんのお仕事がなくなっちゃうお家ができるねぇ〜???」
となると、みんなの心と、私の心は複雑…複雑…(笑)、明るい発想が浮かばず、
曖昧なアイデアしか浮かびませんでした。世の中って…複雑なの…。
しかたがないので、続きは未来へ…希望を託して保留にしました(笑)!

・・・・・・・・
未来の「わたし」へ、未来の「家族」へ、未来の「日本」へ、 お日さまキラキラのエールを送ろう!
そして、今の「わたし」、今の「みんな」へ、今の「日本」へ、 お日さまキラキラのエールを送ろう!
そして、過去には、感謝の光を送ります!

(このラストの文言は、今、思いつきました。 そしたら、ちょっと気が楽になりました。 全てのご縁に感謝をいたします。)

【写真:2008年3月末頃に土浦で撮りました♪なつかしい春心地(^−^)♪】



平成24年3月29日

手首足首ほぐしと私ほぐし(笑)

平成24年3月28日の水曜市場【健康体操教室〜ありがとう体操〜】は、 のんびりおしゃべりムードで始まりました。
このおしゃべりモードに、私はいつも心を奪われてしまいます(笑)。
そのため、指導内容が紆余曲折したり、 おしゃべりの内容によっては、体操を途中で変えってしまったりします。
そして、そんな時は、しばらくすると、 参加者の方々のご支援(ご指導)の御言葉のおかげで、 体操内容が修正されます。皆様、ありがとうございます。

水曜市場で教室をさせてもらうようになってから、 私は参加者の方々の「おしゃべり」に魅力を感じるようになりました。
「おしゃべり」の内容は健康に関係のあるものから、 ないものまで様々です。 しかし、体操を介して浮かんだ文言や思考が自然にあふれてくるご様子なので、 運動指導をする際、「あぁ、体操をしながらこんなことを思うんだ、思い出すんだなぁ。」 と勉強になっています。

この現象は、幼児にレッスンをしているのと似ています。 ですが、この現象が幼稚と判断するのは間違いです。
「おしゃべり」の様子に垣間見る、参加者の方々の健康観やその日の体調、 その日の思考の様相を察して、次の運動プログラムに活かしたい、 そう思うから…私は「おしゃべり」を聞きたくなってしまいます。
とはいえ、聞いて…その話題に翻弄されないように努力をする必要があります。
…と、書いておきながら、その努力の仕様にまだまだ…多くの課題があるのが、 今の私の現状です(笑)。
毎回、参加者の皆様にその課題を助けてもらっているな、とこの日は実感しました。 今回も、助けてくださり、ありがとうございました。

この日は、先日私が講習会でスキルアップしたので、紹介したいプログラムがありました。 講習会では、実習の際、私は水曜市場の教室をターゲットにしたプログラムを作成しました。 それを伝えたくて、 その思いが先走り…指導詰まって=おしゃべりに翻弄されてしまった、 というのが自己観察です。
リニューアルして物事を伝えると、いろんな失敗をします(笑)。 そんな私の失敗も、スマイルモードで返してくれる(その上、私を導いてくれる)、 そんな参加者の皆様がありがたかったです。

今回は、「手首と足首」と「肩」の調整プログラムをしました。
@手首まわりの筋肉をゆるめて肩から脱力させてあげると、肩甲骨の運動が楽にできる。
A足首まわりの筋肉の緊張を解放して、 足指や中足骨周辺の筋肉も弾力をもたせるようなワークをしたら足の感覚がきもちよくなる。
このことを体験していただきたい、と思って家をでてきました。
そうしたら…(^−^)!うれしい反応(変化=体感)を返してくれる人がいました。 次回は、もう少しプログラムを改良して、代謝アップも狙った内容にしようとおもいます。

また、この日は、 昨年の腰痛後の違和感がやっと…改良され、 「おかげで、上をむけるようになりました。」 という嬉しい報告もいただきました(以前は顔を上向きにあげると、痛い様子辛そうでした)。
Saさん、ありがとうございます。よかったですね(^−^)♪
子育て中のお母様なので 、日中の「からだ」のメンテナンスは難しい御方です。 それでも、肩腕をさすったり、 お風呂でフットセラピーやリンパマッサージをコツコツ実践されていました。

一度、腰痛等で痛む部位をつくってしまうと、 その筋肉の調整には月日と年月がかかります。
確か私は、そんな話をしたと思います。 Saさんは、それを素直に聞いてくださり、 コツコツ…毎日できることを励んでくださいました。 努力家のSaさん。すばらしいですね!

多くの人は「まだなおりません!!」と困った顔をされますが、 Saさんは違いました。 現実を受け止めて、良くなる日を信じて続けてくださったのだと思います。

「待てない心では、なおらない。待てない心では、なおせない。」
このような言葉を、以前、教わったように思います。 病院での運動療法教室や有疾患者への運動教室を経験して、 私はこの言葉を腹に据えるようになりました。
「待つことができる」という行動を支える、 正しい知識と思考と経験(学び)や感性(直感)の修養が必要ですが、 素直に先生と呼ぶ人の意見を聞ける心のチカラは大きいと思っています。

ところで、このSaさんは、この日、私のレッスンを支援(指導)くださった、 ありがたい御方です。頭が下がります。 Saさんを頭に参加くださる皆さんに学ぶ教室でした(^−^)。 本当にありがとうございます!

次回は、4月11日(水)14:00〜15:00、参加費はお一人様500円です。

【写真:教室後の茶話会のお茶うけ2品。
    手作りたくあん、中東の国のお土産=デーツ
    学会誌『子どもと発育発達4月号』⇒子どもへのニューメデイアの影響…
    体力(健康)低下・学力低下報告を紹介しました!】



平成24年3月27日

C1講習会の再受講しました♪

日曜日と月曜日に、 C1=コンディショニングインストラクターC1の資格認定講座を再受講しました。 NPO法人 日本体調改善運動普及協会が開催する認定講習会です。 詳細は、ホームページを参考にしてください。
コンディショニング(体調改善運動)で、 日本をもっと元氣にしたい!と信念を貫いている団体です。
体調改善は自分でできる!
自分で調子よい「こころ」と「からだ」をつくることができる!
その実践方法を研究&情報発信&指導者養成されています。
ステキな人材ばかり(特に講師の質が高い!)で、 日本全国、この団体の資格を取得して活躍されている 運動指導者は年々…増員中だと思います。うれしいです。

私は、自分の研究だけではスキルアップに限界があるので、 この団体のコンディショニングインストラクターの資格を取り、 資格を更新し続けています。
この団体が発想&企画する資格更新のための各種専門講座は、 指導のスキルアップと情報強化に必ずつながる内容を私に提供してくれます。
加えて、ワクワク楽しみになって、ドキドキ自分の指導方法を省みたり…、 私にとっては、自己確認&自己改良の場になっています。
この発想や観点には、いつも頭が下がる思いがするのと、 毎回、「素晴らしいなぁ〜、来てよかった〜♪」と思って帰ります。 そして、同じ資格を持った仲間が沢山いて、日本を元気づけているのかぁ、 と思うと、いつもうれしくなります。

ぜひ、お近くで「コンディショニング…」とか 「体調改善」、「フットセラピー」などのキーワードを発信している 専門家=コンディショニングインストラクターがいたら、 その方々のレッスンをお受けになってみてください。 必ず、「からだ」がよろこびます♪
・・・・
C1の資格認定講座は、非常に濃厚で充実した内容です。
即、現場で活用できる指導プログラムの提供はもちろん、 関連した理論の徹底化のレベルの高さに、 毎回私はヒェ〜と目を丸くしてしまいます。
特に、指導方法(コミュニケーションスキル)の講義は圧巻です。
「は〜い、動きをまねてください〜。」「このように体操します〜。」というような、 模倣型の運動指導ではなく、参加者の方々の「からだ」が、 心地よい快感覚で運動ができるように、 「見せて」、「感じさせて」「伝える」指導スキルを講義くださいます。
この指導スキルのレベルと次元の質は、 参加者が体感する運動効果(「こころ」と「からだ」の結果)を左右します。
故に、私は、運動指導の資格を取りたい、という相談を受けた時は、C1の取得をオススメしています。 おかげで、今回私は、頭の再構築(思考のリセット&アクティヴ化)の2日間になりました(笑)。

認定講座を受講された方々は、整体師や鍼灸マッサージ師、ヨガの指導者、 フラダンスの指導者、ジャズダンサー、トレーナー、フィットネスクラブ等のインストラクター等でした。 運動指導に際して、動機づけと意識が高く、講師への質問の質が高い方々でした。 2日間ご縁いただいた皆様の益々のご活躍をお祈り申し上げます。

そして、この講習会は、 私の現在に至るまでの変遷(指導者としての成長)を振り返る時間になりました。
新年度(4月)を迎える前に、いい区切りがついた、そんな2日間でした。 充実した2日間。ありがとうございました♪
・・・・
講習会の会場は、南青山(最寄駅は表参道)。
帰りに、花屋さんでお茶タイムをして、ステキな気分で帰りました。
ところが…、この2日間、私は超〜集中して、 熟考を徹底し続けて…限界、頭がクラクラでした。

会場を出て、ボーっと、路地を歩いていたら…、
花屋のTEA HOUSEの看板が目に入り…
吸い込まれるようにお店に入ってしまいました(笑)。
吸い込まれて大正解!癒しの(ウトウト…)時間になりました。よかったです。
お花って本当にステキ(笑)。
お花に感謝♪ & お花屋さん、ありがとうございます♪

NPO法人 日本体調改善運動普及協会
青山フラワーマーケット (※TEA HOUSEサイトは現在準備中みたいです。)
【写真:講習会テキスト、会場の玄関、ハーブティ、看板】


平成24年3月26日

くもった(?)料理…。

愛煙家の方々には申し訳ありませんが、タバコの食べ物への影響話です。
とはいっても、現代の科学的な研究方法では検証することができない話。 だけど、私はそのことをずっと以前、 子どものころから気になって仕方がありませんでした。
近年、波動の転写という思考でそのことを表現(論証)くださる書物が増え、 私の子どもの頃からの悩みが解消されました。
・・・・
ある日、教室で参加者の女性(POさん)が報告くださいました。
「先生〜、実はね、私の息子は、 ◎○(レストラン名)の食事がおいしくないっていうんです。」
(◎○は、近隣では、良心的で素材もいいし、美味しいと評判のお店です)
「息子以外は、気持ちよく、おいしい、 って家族みんなで食事をしていましたが、 息子は、食べないんです。 聞いてみたら、おいしくない理由があったんです〜。」
「……それがね、先生が言われているタバコの曇りの話だったんです〜〜〜。」
「息子が言うには、タバコを吸っている人の料理は曇っていておいしくない。 曇っているから食べたくないって言うんです。」
「それまで、息子を否定してばかりいましたが、 違うんですね〜。だから、◎○に行くときは息子以外 (ご夫婦の時間)にするようにしました(笑)。」

POさんのお話、うれしかったです。
ありがとうございます。
そうなんです(^−^)!
料理をつくる人の魂の輝きは、つくる料理に転写されます。 タバコの害は肉体のみならず、魂を曇らせるといわれています。 (みえないけどね。わかる人にはわかるそうです。)
とはいえ、世界は広いので、 もしかすると魂を曇らせないタバコも存在するのかもしれませんね。 タバコの煙(曇り)については、次の情報のご縁を期待しているところです。 (だって、このままでは、愛煙家=曇った魂の人、 という印象のままで可愛そうですものね。)
タバコの曇り(の感覚)に慣れてしまっている人、 もしくは、無感覚で、タバコの曇りを知っている(受け入れている)人にとっては、 理解し難くて、自覚できない次元の話かもしれません。
ですが、健康づくりを意図した際には、 自分の「いのち」=健康を守るために、 とても有効な感性(感覚)の一つに入る、と私は考えています。

それ故、料理する人も、食材をつくる人、 獲る人、販売する人も…このことを心得ていただきたいなぁ、と願っています。
わからない人にはわからないけれど、わかる人にはわかる…話。 ちょっとご紹介です(笑)♪

私見としては、タバコを経験していない、 もしくは回避している人がつくった食材、 お料理は、食べた時「からだ」がよろこんで細胞がキラッ!と輝く気がします。
このような感覚は、 私が出会った子ども達や、大病を経験した方々と感覚の一致を確認(共感)しています。
また、私は大人になってしまったので人間関係もあり… このような話題はできるだけ控えています。
タバコだけの曇りじゃないものも食品には転写されていますから、 いちいち気にしていたら社会生活が大変ですから…(笑)。
最後に、タバコをすってしまう人々の心の浄化をお祈りもうしあげます。
(吸わなくても、いい感じになれるといいですね)

【写真:近所の山道…空気が気持ちいい♪
    以前…茨城県民だった頃、常連だった紅茶店で購入したカップ達。
    この紅茶店は確か…店内禁煙で店長はもちろんスタッフ全員禁煙者でした。
    私が真心こめて調理中のパスタ。キャベツは水曜市場の春キャベツ♪】


平成24年3月24日

乳酸菌力活かしたいね♪

乳酸菌の健康効果は、とても高いんだぁ〜! …とつくづく最近思います(^−^)。
そもそものきっかけは、 昨年の今頃から、放射能と健康に関する勉強を開始したことでした。 いつかお知らせしようと思っていますが、 被爆の影響は、体内の細胞の代謝サイクルに大きなダメージをもらたします。 免疫機能はとても影響を受けてしまいます。 自然治癒力を超〜超パワーアップする生活習慣に転換しないと、 こりゃ大変です。 勉強すればするほど、被爆の脅威がわかりました。 ですが、怖がっている場合じゃありませんね(^−^)!

賢い(笑)頭でよく考えて、わからなかったら勉強をして、 よくわかっている人に教わって、 どうにかこうにか…この大難を乗り越えたいとおもいませんか?
私は良心的な方々を探し、その方々の情報を得て今日を迎えています。
メディアには、いろいろ事情があって、真実が遠ざけられてしまうようです。

老若男女、被爆の影響を受けてしまいます。
子どもの方が心配…な大人の方々の会話を良く耳にしますが…。
お気持ちはよくわかりますが、 御自身は、自分の健康のために、 どれだけ自然治癒力を高め養う生活習慣を学んで実践貫いてきましたか?
健康になるための正しい知識得る努力をして、行動しつづけてきましたか?
と、質問したくもなります (私は、講演会では、このような投げかけをして、 熱烈に声を発しています^0^!ホホホ…。)。
過去に「からだ」の仕組みに反した生活習慣があれば、それは病気のモトになります。 被曝の影響は、その病気のモトに影響を及ぼします。
子どもの未来を救う前に、 子ども達が大人になった時、御自身が健康でいられるように思考を巡らすのが、 賢い大人の思考だと思います。
(ちょっとキビシイ表現かもしれませんね。ごめんなさい。)

また、御年配の方々も同じです。
自分は高齢者だから大丈夫、とお話しされている方が沢山いらっしゃいましたが、 違いますよ〜(^−^)!
過信は禁物、正しい知識と思考があると、全く別の会話になります。
人生は、自己責任ですので、仕方がないのかもしれません。 個人の健康に関する価値観を尊重していのかもしれませんが、 私は、気になってしまいます。

それにしても…、乳酸菌って本当に素晴らしいですね。 ガンの予防改善、内部被曝の浄化、 免疫⇔自然治癒力改良など… とっても、とっても…ステキな働きをしてくれます。 関連情報はまたの機会に紹介したいと思います。

私達の「からだ」は、口から入る食べ物のチカラを得てつくられています。 市販されるよりも、自分でつくったほうが、とびきりのチカラをもっています。
そして、乳酸菌の効果について、一年間模索した私の思考は…、 口に入れるだけでは足りない。となりました。
では、口から入れた乳酸菌のチカラがさらに良好に発揮されるためには…?
このテーマで約一年検討しています。
今は、免疫系と自律神経系の調整を目的とした、 マッサージやコンディショニング系の調整運動が、 乳酸菌力を体内で活かすのに役立つと思い至っています。
特に皮膚感覚を心地よく刺激するマッサージ体操と、 できるだけ多くのリンパ系へのアプローチマッサージや軽体操と、 呼吸のコンディショニングは必須プログラムになりました。
体操ではなく、意識して生活習慣にしたいのが、
質のよい睡眠をすること。
体内浄化を促す食生活を実践すること。
歯磨きや入浴の仕方を、免疫系の改良を目的に実践すること。
呼吸法で「こころ」と「からだ」と「氣」の流れを調整すること。
・・・などいろいろです。
自然治癒力に関わる視点は、多くて多次元的です。 私たちが得ることができる情報はその一側面、一次元でしかない、 ということがわかります。
食べるだけでOK。
そんなキャッチコピーで表現できるような、 カンタンなしくみに「からだ」はなっていないと、 私は関連書物を勉強する度に思います。

そして、私の一年間の結論は…、 今まで研究してきた運動療法の考え方と同じだ、ということにたどり着きました。
なぁ〜んだ(笑)。 基本はやっぱり基本なんだ。 というご報告です(笑)。
健康情報はいろいろ沢山ありますが、 いろいろな視点の情報を統合して、日々の健康づくりに活用したいですね。
皆様の健康づくりに「乳酸菌力」を活用していただければ幸いです(^−^)♪


今のところ、私がつくっている(発酵させている)のは、下の2つです。
参考になるサイトは沢山あるので、検索して調べてみてください。
 ・米とぎ汁でつくる乳酸菌
 ・りんご酵素ジュース

乳酸菌と健康(病気)についても、様々なサイトやブログがあります。
すごーく沢山のサイトで調べて、参考になるところは参考にして… をくり返して今になります。ので、お手数ですが、調べてみてください。
いつか皆様にご紹介できるようにしたいとは思っています。 (すいません)

書籍でしたら次の2冊はいかがでしょうか?
 ・『乳酸菌力』後藤利夫著(小学館)定価1,200円+税
 ・『発酵マニアの天然工房』きのこ著(三五館)定価1,200円+税

【写真:日光浴をさせている米とぎ汁乳酸菌など、
    りんご酵素…プシュプシュシュワ〜♪発酵中の写真と瓶、
    乳酸菌の本と本に刺激され、昨夕買ってしまった品々と…
    米とぎ汁乳酸菌でつくった豆乳ヨーグルト(最下の写真右)。】


平成24年3月21日

新年のご祈祷…

手帳を見直していたら…今年のお正月のメモが出てきました。 ブログで紹介しよう!と神社の帰り道、どんどん降り積もる 雪道を歩きながら…心に刻んだメモでした。
帰省時、今年も鳥取はよく雪がふりました。
私は雪が大好きです。
その雪に恵まれ(笑)、心が温まり澄み清まったご報告です。

私は毎年、お正月は、因幡一の宮宇部神社で新年のご祈祷をしてもらいます。 宮司様の祝詞が楽しみなのと、 ご祈祷後の宮司様のお話しが素晴らしからです。 毎年感動して涙がこみあげます。 今年も、参拝された方々へ誠を尽くして真心のこもったお言葉を授けておられました。

雪の中、それぞれ神様へ願う思いは純粋です。 真剣に神様に伺い、希う御祈祷姿には胸が熱くなりました。 宮司様、宇部神社の神職の皆様へ御礼を申し上げます。

宇部神社は私の産土神様です。 いつも、私を包み守り導いてくださっています。 その御神氣のありがたさを私は参拝の度に、体感しています。 宇部神社の神様、ありがとうございます。

「あせらず、あわてず、あきらめず」

宮司様が、御祈祷の後に、 兵庫県但馬(?海辺)から軽トラックで雪の中、 参拝に訪れた80歳の御夫婦へ手をかけながら(肩や背中、手に手を当てながら) 発声されていたお言葉です。
80歳のお祝いのお言葉と、 これからの人生を神様と共に、 自然体で愉快に歩めそうなお言葉をかけておられました。
お二人とも大病(ガン)で大手術をして、大難を超えての参拝でした。
お話を伺い涙がでました。
人生80年。どんな心境で、そしてこれからどのように生きていこうか、 という話は圧巻でした。
余分な力みなどない、自然で大らかなお言葉に、私は返す言葉がありませんでした。
この時に伺ったお話をメモしておけばよかった、と今思いますが、 またお会いしたいと思いました。 (たぶん、叶わないと思いますが、ステキな老夫婦でした。ありがとうございます。)

この老夫婦は、初めての宇部神社の参拝でしたので、 私は境内を御案内させていただきました。
お別れする頃には、雪で真白の宇部神社でしたが、 心温かくて優しくなれる…ステキな時間でした。
ありがとうございます。
(お別れした後、老夫婦のご多幸とご健康をお祈り申し上げました。)

宮司様の私へのお言葉は…、「あと20年、がんばれ♪」
いい気持ちで円やかに励めそうなパワーもいただきました。 ありがとうございます。
とはいえ、私の人生は頑張りすぎて疲弊した人生でした。
もう頑張れないよ〜〜〜! といつも内心嘆いていました。
頑張らざるを得ない状況ばかりが続く…、 そんな人生を選択して生きてしまいました。 数年前に倒れてからは、生き方を再考しなおし、 もうやめました(笑)。
肉体は、頑張りすぎると壊れます。 肉体がいい調子で活躍できるように生活するのが、 正しい頑張りだと思っています。
「がんばらなくても、いい感じ」
良好な結果を得られて「こころ」も「からだ」も笑心地な生き方を考えています。 がんばれるのは一時期のみ。 それでも、ここぞ!という時に大いに頑張れて力を発揮できるような、 健康体力を養う生活を提案するようになりました。

ので、この日、宮司様にお言葉を頂戴して、 すぐ私の心に浮かんだ言葉は…、
「はい!20年、円やか晴れやかに、 清々しく頑張れるよう、生き方に創意工夫をしたいです。 神様と和して過ごせるようにはげみます。 そして、20年後は60歳。 60歳で最高潮を迎えるイメージで生きています。 今年は、その20年の一年目。 良きスタートをさせていただきます。」
…というような内容でした。

20代は、何もしなくても華があり輝く時代。
30代は、心を磨いて、心の花を沢山咲かせる時代。
40代は、俗称「おばちゃん」だけど、家庭や社会では充実した時代。
おおいに神様のお助けをいただいて励みなさい(笑)。。。 宮司様は、このようなお話を、御祈祷後の参拝者に一人一人…くださいました。
私は、心が元氣になり、澄んだ勇気が湧いてくる…そんな心持になりました。

毎年、新年の御祈祷では、いろんな発見や発想の転換があります。
そして、私も宮司様のように、 一人一人…その御魂の御前で、 真心のこもった言葉を発せるようになりたい、と毎年思います。 精進します。

春分の日が過ぎ、季節は少しずつ…春から夏へ移行します。
今年をこれからどのように過ごすか、春のうちに心をサッパリさせたいです。

因幡一の宮 宇部神社ホームページ
【写真:御祈祷の日の行きの道中(晴)、宇部神社の新年垂れ幕、双履石、
          雪の帰り道、近所の柿(家まであと2分!全身雪まみれ!)】


平成24年3月15日

豊氣巡る笑顔の時間

平成24年3月14日は、今年初めての飛島善光寺別院「いきいき講」でした。 近鉄蟹江駅からローカルバスに乗って… 窓越しに広がる田園風景にのんびりしながら、 でもちょっとドキドキしながら、善光寺バス停を降りました。 (皆さんお集まりくださっているかしら…?)

・・・・・ ありがたいことに、山門をくぐると…
優しい笑顔で「先生〜・・・!」と、 声をかけてくださる方々がいてくださり、とてもうれしく思いました。
・・・・
今年の「いきいき講」の「からだほぐし」は、 副住職様よりヨガもどきの体操をご依頼いただきました。 そして、バッチリ!笑心地スタイルのヨガもどき体操ができました。 ヨガもどき、 と表現するとヨガを専門とされている方々には失礼かもしれませんが、 ヨガ的な、という表現も適さない内容を意図する意味で活用しています。
そうしたら…私の研究成果を創意工夫して、 今までの概念を超えた(笑)体操スタイルになりました。
というより…、続けていくうちに…新しい価値観になりそうです。 ステキな課題を副住職様にいただきました。 ありがとうございます。
このように書くと、何がなんやらわからないですよね。 (すいません。) 私も、この新しいスタイルをどう表現したらいいのか、 これから再考して、皆様へお伝えできるように研鑽しようと思います。

再会をよろこび合い、 ご本尊様の御前で講演会をさせていただくよろこびを感じました。

今までよりも、魂の存在を重視して、 「いのち」を宿す「からだ」のエネルギーフィールドを整えるための体操、 とう視点で体操をしました。
そうしたら…、いろんな発見がありました。
模倣する思考と「からだ」を感じる思考と、 「いのち」や氣の流れを感じる思考と、 過去の価値観で身体操作をしてしまう思考と、 今よりもよりよくなりたい!笑心地をみつけたい!という求める思考と、 先生のような身体感覚を得たい、という意思が混在して、今回の「いきいき講」 「からだほぐし」の現場は、 思いがいろいろ…巡り巡って…大爆笑の連続になりました。 (楽しかったです♪)

どんなに意欲しても、思考しても、現実の「からだ」は素直。 できないことがい〜っぱい(笑)♪
だけど、そこに流れるエネルギー(氣)は、 私達の「からだ」を巡り、本堂いっぱいに、豊かに巡りましたね(笑)。
言葉では表現できないような、素晴らしい空間でした。
とっても、いい気持ち(^−^)♪

私の「からだほぐし」の後は、副住職様の「こころほぐし」。 孔子の教えを2つ引用して、お説法くださりました。 平素の「学ぶ」意識への警鐘と正義の真実を知りました。
(毎回、オドロキの時間です。今回も、現代社会の落とし穴をズバリ! 生き方は教わらないと魂が曇ってしまう、と思いました。)
善光寺のご神仏に感謝をお祈り申し上げます。
そして、住職様、副住職様、お集まりくださった皆様、 ありがとうございました。
次回の飛島善光寺「いきいき講」は、
5月23日(水)13:30〜15:30です♪楽しみです♪

いきいき講の紹介
飛島善光寺ホームページ
【写真:山門と私が持参した資料、本堂の風景♪】


平成24年3月11日

黙祷

東日本大震災から一年になりました。
震災時刻を前に…防災鎌倉からメールがあり、 「黙祷を捧げましょう」というような内容をいただきました。
帰宅して、遅い昼食をしていた私は、昼食を終わりにして、 歯磨きをして、気を整えて、近所の諏訪神社へ向かいました。
黙祷を神様の御前でしたい、と思ったからです。

神社には、明るい光が満ち、静かでした。
神様に包まれて息をしている気持ちがしました。心が静まりました。

この一年間は、震災以外にも多くの自然災害が重なり、 胸が痛む思いを沢山しました。 その度に、私は手を合わせ、祈りました。
この日も、心静かに祈りました。 これからも祈り続けます。

亡くなられた方々への祈り…
生きて人生を歩んでおられる方々への祈り…
被災した土地への祈り…
日本への祈り…
世界への祈り…
…など。
いろんなことを深く考え、答えを求めた一年でした。

今日は笑心地のニコニコ元氣&清らかな光と風を送ります。


【写真:諏訪神社の山。いつも私を浄化してくれます。】


平成24年3月9日

太りすぎちゃダメぇ〜!

生活習慣病は予防ができる病気です。
その中でも、肥満症は、 そのプロセスが外見や測定値で判断できる上に、 身体感覚が伴うので、自覚が用意なため、 確実に予防ができる病気だと思っていました。
しかし、ちがうみたいでした。
私の専門は運動療法。肥満症の方への指導経験があります。
ところが、多くの肥満の方々は、 自覚があっても、思考が違う?というか、 私が出会った肥満症の方々は、 別の次元の身体感覚と自己認識や思考をおもちでした。
コレは、奥が深〜い病気だ。と考えるようになりました。

肥満症の多くは、代謝異常です。
太ったから代謝が異常になった (悪くなった)と考える人が多いようですが、違います。
正常な代謝でなくなったから、 太る方向へシフトしていったのです。
(正しい身体感覚があったら、 改善行動をしてしまうので、太る方向に向かいません。)
「からだ」が、調子よく正常に働くことができない状況にも関わらず、 「からだの声」を無視して、 正しい知識と思考力を養わないまま、 個人的な価値判断や感情で生活を続けているから、 太る方向へシフトしていったのです。
(正しい知識と思考力を養うと、 価値判断が変わり行動が改善されます。 感情の調和を整える方法を得ることができると、 より豊かな感情で生活を改善することができます。)
シンプルに言うと、太るような生き方をしているから太ったのです。
加えて、太るように育ててもらったから太ってしまった、 と判断せざるを得ない人もいました。

他にも様々な視点で太る方向へシフトしていきます。 私は今までの指導経験から、実に多くのことを学ばせてもらいました。 (皆さん、ありがとうございます。)
もちろん、このように書いている私も、太るような生活をすれば確実に太ります(笑)。
太るメカニズムは、本当に奥が深いです。人生いろいろ…背景いろいろでした。 関連して、病的な痩身も要注意です。異常な痩身(痩せすぎ)はケアが必要です。

タイトルに「太りすぎちゃダメぇ〜!」としたのは、 この言葉を、私は高校生の授業で、よく投げかけた記憶があるからです。
家庭生活に肥満のルーツがある高校生達に、 健康づくりの正しい知識と思考を伝達して、 正常な「からだ」の代謝を引き出す コンディショニング方法を伝えるのが授業の目的 (生活習慣病の予防教育)でしたから、 私は、特大の愛と真心をこめて、肥満の生徒達に接していました(笑)♪

その高校生達を最近思い出しました(^−^)。
あの子たちは、今頃どうしているのかしら…? 
正しい健康づくりに目覚めて、
セルフケアの健康づくりを実践してほしいものです(祈)。
みんなぁ〜応援しているよぉ〜!

【写真:桃とストックの花。食べ過ぎる分の食費をお花に変えるのはいかがですか?
             お花は、3/3に花屋SAKURAさんで買いました。】
★花や SAKURAホームページ


平成24年3月8日

肩甲骨と心ポカポカ♪

平成24年3月7日の水曜市場健康体操教室は、和やかで心温かな時間になりました。
天気予報では花粉注意の日でしたので、花粉症ケアの運動内容にしました。 花粉症の時は、副鼻腔から咽頭エリアの粘膜系へアプローチをする体操をします。
昨日は、花粉症でツラ〜イよぉ〜!と声が聞こえてきそうな…、 頭部から首〜肩〜胸部の筋肉の調整体操と、丁寧に…呼吸調整をしました。
そして、胴体から下半身の筋肉の柔軟体操もセットで行いました。 啓蟄が過ぎたので…、筋肉の基礎運動をはじめたい3月なので、 チョコット太腿の体操もしました。

前半は肩甲骨をよく動かす体操を沢山しました。 肩甲骨の動きと連動する脊椎を感じながら…モニャモニャ? (フフフ^0^…私のイメージです)しました。 いろいろやっているうちに、 肩甲骨周辺がポカポカ…ホカホカしてくるのを体感くださったようで一安心。
私はとても気持ちがよかったです(あたりまえですね)。
そして肩や腕をさすりながら「ありがとう〜」と話しかけている時 遅れてNa-さんが来てくださいました。 杖を2本ついてやっと…来てくださいました。

その時です、私は心が温かくなりました。 それまで、自分の「からだ」に「こころ」をむけて 体操をしていた皆さんの「こころ」が、 一斉にNa-さんへ向かうのがわかりました。
優しくて、温かい言葉がけや行動をしてくれる水曜市場の教室の皆さんの様子に、 私は心が温まり、潤う気持ちがしました。

「ほぉ〜ら、(私の)元氣をあげるよぉ〜♪」と言いながら自分の手をさすり、 Na-さんの手をさわりに動く人。 さっと席を立ち、Na-さんが座りやすいよう椅子やストーブの位置を気遣ってくださる人。 「よくきたねぇ〜(笑)♪」と温かい声と笑顔でエールを送る人。
みんなNa-さんの御身体が、辛くて痛くて動くのが大変なのを知っています。 そして、体操をした方がいい(よくなる)のも知っています。 「Na-さん、今日は来れるといいねぇ…。」とみんな待っていました。
・・・・・・
私は、教室を続けさせてもらっている有難さと、 こんなステキなみなさんに指導をさせてもらえる有難さを感じました。 皆さん、ありがとうございます(^−^)♪
・・・・・
水曜市場の健康体操教室は、 市場の事務所だったり、ガレージだったりしますが 、健康づくりに大切な「こころ」が温かで優しい場所のように思います。
Na-さんは、「歩きやすくなった!うれしい!来てよかった(笑)!」 と言ってお帰りになりました。
★次回は3月28日(水)14:00〜15:00です。参加費はお一人様500円。

【写真:水曜市場で買ったトマト。やっぱりオイシイ!って毎回思います♪】



平成24年3月6日

フクラムまごころさん♪

私が描いている…
ハートマークのイラストは「まごころさん」という名前です。
この世の全ての「もの」には「まごころ」が通い合う。 ずっとそう思っていました。
人間はもちろん、生き物やモノにも…。
近年、波動医学や生体磁場等々のジャンルを勉強して、 私が感じ、思い描いている「まごころさん」は存在しているみたい! と勝手に私的な考察を進めているところです。

イラストは、今年初めて描いた「まごころさん」です。
真心は膨らみます(笑)。
そして、優しい光で私を含めた全てを包んでくれるように思います。 そんな、真心をつくれるようになりたいなぁ。
そう思ったから描きました(^−^)♪
とても都合のいいイメージですが、 自然治癒力に関係の深いイメージだと考えています。
といいながら…。
描いておきながら、私の心の小ささを自覚する今日この頃です(笑)。
そんなものなのでしょうね。
創造力では大きくなりますが、現実は小さな感覚なのかもしれません。
それでも、 人が集まって…みんなで心を合わせて、
「いのち」がよころぶような、心が明るくなるような活動をしていると、 「まごころさん」はドンドンふくらむのがわかります。

ね、だからみなさん♪
いっしょに…「まごころ」をふくらませましょう♪
そうして、未来の健康をつくりましょう♪

【写真:フクラムまごころさん♪】


平成24年2月28日

女バス部の会話…

先日、西鎌倉でモノレールにのって帰宅する途中…、
後の席の中学生か高校生の女の子二人組の会話がよく聞こえました。
一人は左足首にギブス。
もう一人は、左膝に包帯を巻いていました。
会話の内容は、バスケットのプレーの話と練習の話しです。
が…、聞きながら、とってももどかしい思いがしました。
スポーツ医科学が当たり前になった現代事情から、外れた内容だったからです。

ジャンプした時と着地時の右足の向きの修正は…
コンディショニングで修正して、フォームを改善すればいいじゃん!

普段の練習での息切れは…、
的確な有酸素トレーニングをすればいいじゃん!

いくら集中しても…、
右肩と指の緊張の自覚があって、 左右の重心バランスが崩れている状況では、気合をいれてもミスするはずじゃん!

私は、心の中で、会話に突っ込みを入れてばかりいました(笑)。
彼女たちは、気合を入れる会話が楽しいみたいでしたが、 故障したままの身体感覚を正常に調整(コンディショニング)する思考は皆無でした。

しらないんだろうなぁ〜。
とはいえ、そのアンバランスな身体感覚のまま成人することは医療費が上がります。 予防、改善してほしいと思っています。 予防・改善できるから、私はコンディショニングを知っていただきたいと思っています。

昨年、縁あって高校生にコンディショニングの授業をすることができました。 1年間でしたが、 コンディショニングの意味を全くしらなかった高校生は…新鮮な授業だったようでした。
部活の先生やコーチとは異なる見解を私は、どんどん紹介しました。 私が紹介した内容は、トップのアスリートでは当たり前の知識や思考です。 しかし、巷の中学〜高校の部活動の生徒達はその情報を得ることができていません。
気の毒でなりませんでした。

大船駅の改札で、二人の女子の足と歩き方をみながら…、 今の時期に、スポーツリハビリ&コンディショニングができたら、 どんなに快適な身体感覚をつくることができるだろうか、と考えました。
彼女たちがコンディショニングに目覚めてくれることを祈りながら改札をでました。

【写真:西鎌倉 龍口明神社の水仙♪】


平成24年2月23日

のんびり体操しました♪

平成24年2月22日の水曜市場【健康体操教室】は、 のんびり…リンパマッサージ体操からはじめました。

今回は、新たな膝ケアマッサージを紹介しました。
前日に、むくみや膝痛のセルフケア体操に関する本を、 数冊見直していたところ…、 私は、今まで注目していなかったページがあったことに気がつきました。
そこには、膝周辺のマッサージポイントがありました。 早速、私の膝周辺に試したところ…コレは、いいかもしれない♪ と思いました。ので、皆さんに紹介したくなりました。

まだまだ寒い季節なので、 屋外では下半身は冷え、筋肉が硬くなり、むくみやすいです。 紹介する膝ケアのマッサージが、 改善の助けになるといいなぁ、と思っています。

今回紹介したのは、 骨のカタチを確認しながら、クリクリ…っと♪圧していくマッサージ。
的確に刺激ができると…筋肉の状態(緊張)がわかり、 くり返したら…、膝周りがスッキリするようでした。 が、ちょっとインストラクションが曖昧でした。すいません。
今回は初めての実践でしたので、お試しで紹介しましたが、 筋肉の調整体操とセットにして、 今後の体操のプログラムにいれてみようと思いました。

その後は、肩甲骨をよく動かす体操をいろいろ行いました。 腕を上げる時、肩の位置と肩甲骨の位置を確認して体操をしました。
呼吸の調整体操をしたり…、 お話しをしながら…のんびりした時間が過ぎました。
みなさん、ありがとうございます。


もう一つ、ご報告です。
教室前の話題で、私は考えされられました。
「今までのからだ(身体感覚)ではない、ということを心得なければならない」
そんな年頃になってしまったことを受け入れて、 出来る工夫と努力をしなくてはならないねぇ〜♪
60歳を過ぎた方々のお言葉は、確実で賢いなぁ、と思いました。 そして、穏やかな口調に聞こえました。
決してあきらめているのではなく、前向きないい言葉に聞こえました。
同様な言葉を私は以前も聞いたことがありましたが、 その時は、未来への危機感(心配)であふれていました。

同じ言葉でも、その言葉を発する思考が未来をつくるように思います。
いろんな人がいていいと思いますが、 笑顔で感覚の変化(加齢)を語ることができる知恵を養っている人はステキです。

★次回の教室は、3月7日(水)14:00〜15:00です。参加費お一人様500円です。 【写真:買ったじゃがいも♪ 有機レモングラスティーは生産者自信作♪】


平成24年2月20日

春の氣ムンムン体操♪

平成24年2月8日の水曜市場【健康体操教室】は、今年初めての教室でした。
寒い中、ストーブを焚いて、やかんにお湯をわかしてくださる 水曜市場の皆様の心の温かさがありがたかったです。 ありがとうございました。
そして、教室を楽しみにしてお集まりくださった皆様、 ありがとうございます。 寒いけど…やっぱり、教室を開催させてもらえて、 本当によかった、とうれしく思いました。

今年初めての教室なので、定番の「からだにご挨拶体操=ありがとう体操」は、 今年のご挨拶体操になりました(笑)。
太腿や、足をさすりながら…、
「いつもありがとうございます! 今年も一年間、大晦日まで…よろしくおねがいします! と一年分の真心をこめて、さすっていただくよう促したところ…、
皆さん、黙々と…念入りに…優しい笑顔で「からだ」をさすってくださいました。
毎回ですが、「からだ」に一期一会の真心をこめて、 行っていただきたいと、思っています。 その思いが純粋で素直な思いであるほど、 わたしは「からだ」が、「いのち」がよろこぶと考えています。
そこに、笑心地のパワーの泉が湧くからです(^−^)!

立春したら、大自然は春の氣が立ちます。 「からだ」は、春モードの代謝が始まります。
私は、立春する時の大自然の氣の転換を「からだ」で感じるのが毎年楽しみです。 今年も、感じることができました。
あぁ、やっぱり、私も大自然の一部なんだな、とうれしくなります。 この話はしませんでしたが、立春後の「こころ」と「からだ」の変化の話をして、 この時期ならではの春心地を感じてもらうように促して、体操を始めました。

定番のリンパマッサージ&柔軟体操、背骨と呼吸の体操をして、 いい氣を巡らす時間になりました。 2か月ぶりの体操でしたが、円やかな春の氣が巡るステキな時間。 皆さん、ありがとうございます♪

★次回の教室は、2月22日(水)14:00〜15:00です。参加費お一人様500円です。
【写真:水曜市場のほうれん草、やっぱり甘くておいしい♪】


平成24年2月7日


平成24年2月6日

いろいろかるた

今年の年末〜年始+αは、実家で姪っ子達(6歳、8歳)と沢山遊びました。 その中でも岡村家では大ヒット!な遊び?ができました。
姪っ子達と、ちょっとした思いつきではじまった 「かるたづくり」遊びが…、本格化しました。
読み札の内容を、考えて考えて…悩んで、考えて…。 それをくり返して2日過ごしました。
絵札の内容と絵札の裏の装飾模様を、 考えて、考えて…描いてみて、悩んで…2日。

おやつを食べるのも、トイレに行くのも忘れて、没頭しました。
6歳と8歳の女の子がこんなに集中できるのねぇ。
びっくり! やっぱり、子どもって素晴らしい、ステキをもっているのね!
と、私はうれしくなりました(^−^)♪ yuーyuちゃん、re-reちゃん、ありがとう♪

この「かるた」は、岡村家メンバーが登場します。 ちょっと、笑っちゃう内容もあれば、 子どもだけと、真実をしっているなぁ…と考えさせられる内容もあります。
「あんぱんだいすき、おじいちゃん」
「そうじがだいすき、おばあちゃん」
私は…「にんじんだいすき、せいこちゃん」です(笑)。 家族をよく観察しているのがわかる内容ばかりでした。
思案中に…いろいろ湧き出る文言に、 本当に、いろいろ…考えさせられました。
子どもにアレコレ言う前に、自分の行いを良くする努力を。 私達大人はしなくてはなりません。 それがよくよく、笑っちゃうほどにわかりました。 (ホント…大反省、子どもは大人の鏡ですね。)

読み札の中で、私は次の2つが印象に残っています。
「こころがひろいと、せかいがひろい」
「わたしたち、こころはみんなつながっているよ」
8歳の女の子がニコニコ笑顔で考えた「こ」と「わ」の読み札です。 家族や親せき、学校や社会を行き来して思ったことみたいでした。
なんてステキ〜〜!!聖子感激の内容でした。 あ、この時、ぎゅ〜〜って抱きしめてあげればよかったぁ〜〜! と今、思い直していますが、この時、私は、厚紙をカットするので大忙し。 子ども用のハサミは小さくて切るのが難しくて、奮闘中でした。

売り物の「かるた」はきれいでステキですが、 今回創った「いろいろかるた」は、持ちにくくて、 少し不便ですが、愛情と人情あふれるステキな「かるた」です。
汗ブルブル&大興奮→のどがカラカラになるまで、 大笑いして楽しんだのは言うまでもありません。
みんな、ありがとう(^−^)♪


【写真:かるたの入れ物、かるた(絵札)、読み札ネタメモ紙(広告の裏紙)♪】


平成24年2月5日

お休みになりました。

平成24年1月25日の水曜市場、 健康体操教室〜ありがとう体操〜は、 インフルエンザや体調不調の方が多くなりお休みになりました。 確か…昨年も、寒い時期(寒の時期)だから、 1月はお休みにしましょう、というような話をしたのを思い出しました。
そうですよね(笑)。 今年は特に、寒いですから。 お家で温かく、心地よくお過ごしくださいませ(祈)、と思いました(^−^)。
とはいえ、市場のメンバーさん達は、 前日の仕入れから、当日の早朝から大忙しをされていました。 どんなに寒くても、ちょこちょこと…ストーブで暖をとりながら、 ニコニコ笑顔&元氣声でお客様の対応をされています。 頭が下がる思いがしました。
私は、ついつい…膝裏やお背中をさすりたくなり、 近づいては…(ナデナデ…)→(笑)。。 邪魔をしてしまい…すいませんでした(笑)。

温かい春が待ち遠しいですね。
本当にそう思いました。
そして、どんなに寒くても、 心に春を待つ楽しみを抱かせてくれる市場の皆さんって、 ステキだなぁ、と思いました。ありがとうございます。

それと!
お野菜、すごくおいしい!
寒い中、とっても味の濃い、うまみのあるお野菜でした!
だから、みなさん・・・!
寒いけれど・・・、
温かくして、皆さんに食べてもらうのをうれしいな♪って、 待っているお野菜に…会いにきてくださいませ。
「からだ」がよろこぶお野菜ばかりだよ〜!

★次回は、明日です(笑)!皆様お待ち申し上げます♪
【写真:ほうれん草は甘かくて美味しい!水曜市場のルッコラは抜群の味です!】


平成24年2月4日

立春しましたね♪

節分の日は、近所の諏訪神社では節分祭がにぎやかでした。
ご無沙汰しております。
今年の冬休みは長期、実家で過ごして、 リフレッシュ&リニューアルした気分になって戻鎌倉しました。 が、やっぱり、疲れていました。 今まで経験したことのないしもやけにもなりました。
……
今年もゆっくりペース、昨年よりもマイペースな一年になりそうです。 そうしよう、いいえ。 そうしたい、と思いました。
今年は、交通事故に遭ってから… 無我夢中で頑張ってしまった12年を振り返りながら実家を出ました。

あれから12年。
今年のお正月は月日の流れを思い起こして、 サッパリと洗い流したようなお正月でした。
ちょっと、ご報告します。

実家には、交通事故後に初めて迎えたお正月に、 私が制作した龍の色紙が捨てないで、 とってありました(お母さん、ありがとう)。
その龍の色紙には、当時の私の魂の様相が表れていました。
祖母に、呆れ驚かれ、「まったく…!」と言われたのを記憶しています。 龍の色紙の台紙に、私は何を思ったのか、 濃厚にアクリル絵の具を塗り、 その上に金襴の布で丁寧に龍をこしらえていました。 奇抜なようで…不思議、一つにまとまってみえました。

私は、当時を振り返って、 そうでもしないと、新しい年を迎えることができなかったのよねぇ…(笑)。 と思いだしてフフっと笑いたくなりました。
そして、今の心境に至ることができた全てに感謝をしました。

この12年間を振り返ってみると、 あのような大事故に遭わないと、 私は気がつく事ができなかったことが多かったなぁ…、 と思うことが沢山ありました。
途中、何度も、その気づきの大きさに圧倒されて大ショックだったりして、 この先どうしようかしら?と思考が止まってしまいそうになりましたが、 おかげさまで月日が続いております。
ありがたいことです。

そして、40歳になったので、気になる顔面麻痺や手術傷は…どうにかなじんで、 外見はオバチャンで、都合がいい=ちょうどいい感じになりました(笑)。 これからは、初老モードで体調調整に工夫をしながら、 毎日を新しい気持ちで過ごせるようにしたいと思っています。

皆様におかれましては、 新しい年が始まり…立春を迎え、 心身を温かく過ごされていると思います。
皆様の心円やか、和やかな一年をお祈り申し上げます。
今年も元旦から、大空に向かってお日様キラキラ、 笑心地パワーを送っていますよ〜〜〜(^−^)♪


【写真:大晦日、久しぶりの朝陽でした♪長靴⇔雪道サクサク…♪お日様万歳♪】


Copy right ありがとう体操  all right reserved  岡村聖子  Since 2011.Feb