ブログのTOPへ

ブログTOPへ

2011年の記事
出張⇒帰省します♪
背骨ユラユラレベル↑
話題満開の体操♪
考えるチカラは…。
1か月ぶりです。
考えた方がいいよ!
面白〜い体操でポカポカ
今年最後のいきいき講
調整運動でポカポカ
イブニングスターは…
石は生きている
今年のイチョウ…。
何も…していないのにネ
膝ケア体操しました♪
そんなに怒ったら…!
知らないより…!
気温の変化を感じたら…
ヨーグルトメーカー
不愉快な顔して失礼…
背骨ユラユラ⇒ポカポカ
童謡CD
目が覚める体操〜♪
じゃがいも料理は…
◎○しかできない?!
眠くなる体操でした?!
どっちが健康にいい?
一番いいのは何時?
おひさまパン焼きました
暑いケド…秋の?体操
紅茶セミナー♪
よく行く花屋さん♪
いい気持ちの時間
講演会の感想に御礼♪
ハイヒール履くなら…!
おひさまパン!!
自分が変わった方が…♪
残念でした(^−^)!
さすり加減の伝達♪
色鉛筆削ると…
久しぶりのギター(2)
久しぶりのギター(1)
暑いのが夏だよ!
夏だから…筋肉調整♪
話しかけ…大切にしたい
「やせたい!」のなら…
「やらないよね〜!」
豆乳ヨーグルト♪
米とぎ汁乳酸菌のつづき
気合いでどうにかなる?
水曜市場おいしいよ!
BOOK「子どもは…」
BOOK「死んだら…」
心は暑さの影響受ける?
リンパ流したら楽〜♪
やっぱり美味しい紅茶
古式 こんぶ茶
コメとぎ汁の乳酸菌
暑いね〜♪+α
病気の考え方
よくなりたい?
自転車の練習風景
乳酸菌と放射能
災害お見舞い
サツマイモ(2)
サツマイモ(1)
ラップのシン活用してね
再会の楽しみと喜び♪
肋骨開閉感覚!
新幹線でmyセルフケア
健康づくりの場は色々♪
「いのち」を大切に…。
「なんで?」
「からだ」は情報の宝庫
気になる…子どもの姿勢
雨の大阪いのちの時間
呼吸コンディショニング
感じるほど良好♪
やってもらうのはいいね
恐竜のたまご
体温調節機能はいかが?
もとにはもどれないよ♪
教わり方がポイント♪(1)
教わり方がポイント♪(2)
からだの声をきく感性
ちょっと違う健康体操
タンポポ茶について
レモングラスはいい
報国寺のお抹茶
新年の雪かき

ページタイトル右の、家のイラスト「homeさん」をクリックすると、 トップページへいきます♪

平成23年12月17日


平成23年12月17日

背骨ユラユラレベル↑

平成23年12月14日は今年最後の水曜市場、健康体操教室でした。
寒〜〜い日でしたね。お集まりくださった皆様、ありがとうございました。
寒い日ですが、こんな日だからこそ、動かしたい♪
調子よく、血行良好、筋肉ニコニコにしてあげたい♪
そんな部位を大切にケアする体操をしました。

加えて、継続して通ってくださった方は、動きの感度がよくなっているので、 次のステップのアプローチを始めたくなり、開始しました(笑)。
今回、レベルアップのアプローチをしたのは、骨盤と背骨の体操でした。

ううぅぅん?言葉で表現するのは難しいので詳細は書きませんが、 新たなパターンに、最初は皆さん、苦しそうに? やりにくそうに?していましたが、 初回はそんなものです(^−^)♪

しかし、だんだん続けているうちに、頭のイメージと動きが呼応しはじめました。
(やった〜〜〜!)
もちろん、見た目は、スムーズではありませんでしたが、 それで、OK!。私はやったよかった、と思いました。
なぜなら、その後の体操の動きがとてもよくなっていたからです。

寒い影響を受けて、カチコチになって、 それが、日常生活動作の妨げになるので、背骨&骨盤にしました。 他にもターゲットをしぼりたい部位(例えば膝や足首)もありましたが、 この日、お集まりの皆さんの「からだ」を観察していたら、 これは背骨&骨盤をほぐしてあげたい、と思ったから、かもしれません(笑)。

腰痛や膝痛の方は、できるレベルの動きをお伝えしました。 (この「できるレベル」は、以前よりレベルアップしています!)

最後は、呼吸調整&イメージ呼吸。 呼吸に関わる筋肉を念入りに調整して、深〜く、呼吸を満喫(?)できるように誘導しました。

背骨&骨盤と呼吸のメンテナンス体操は、やっぱり、いいなぁ(^−^)♪ と思い直しました。
最後に、とても気持ちよさそうに、呼吸をしている皆さんを見ながら、 私も、一緒に呼吸をしているような心地になって、いい気持ち=笑心地になりました。 皆さん、ありがとうございました。

☆次回は、1月25日水曜日、14:00〜15:00です。参加費は500円です。
【写真:水曜市場の紅大根と午後の売り場で…ゆずと私(笑)♪】


平成23年12月9日

話題満開の体操♪

平成23年12月7日の水曜市場健康体操教室は、冬らしいヒンヤリする空気の時間の開始でした。 私は、11月に続いて、寒さの影響を受けてしまう部位をターゲットに血行良好をしようかな、 と思っていました。
と思ったら…。私の体操よりもステキな話題に花が咲きました。
皆でワイワイと盛り上がったのが「手編みの毛糸の帽子」の話題。 魅力的な手編みの帽子に心が魅了され…、 会話に花が咲き色がつき…話題がつきませんでした。
(こんなところが水曜市場らしくてステキです♪)

手編みで衣類がつくれるって、本当にステキですね。 そして、その価値を知っている方々ばかりの集まりがこの日の参加者さんでした。 ステキはステキを呼ぶのね〜☆、と私はいい気分になりました。
だけど、いい気分になっている時間ではありませんでした(笑)。 開始時間が15分ほど過ぎてしまったので、コレはしまった!と思い、 私は、声をかけました。
「じゃぁ、太腿をさする体操しましょう!」
そうして、おしゃべりしながらできる体操で教室が始まりました。

いつも行っているパターンのリンパマッサージや関節運動は、 おじゃべりしながらくり返して行えます。
私は、それだけ、参加者の皆さんは、 体操を体得しているんだぁ、と新たな発見ができました。

この時の水曜市場の場合は、メインがおしゃべり。 意識は「毛糸の手編みの帽子」で、身体動作は健康体操です。
もしも、体操の動作に問題があったら、指導者から指示 (「◎○さん、腕は脱力しましょう」という指示や、体操のデモンストレーション) が入ります。 私に声をかけられた方は、ちゃんと聞いていて、動きを修正してくださいました。

これ、スゴイことだと思いませんか?!

話題に心を向けてワイワイ楽しみながら、 指導者の指示を目で見て、聞いて、判断して、行って、 注意されたらその指示を聞きながら、話題に参加しているのです。

今までは、話に花が咲く場合は、健康や医療に関する話題が多かったのですが、 今回は、全く異なるジャンルの話題で会話を楽しみながら、体操教室をしているのです。
こりゃ、ステキ♪ こんなレベルまで、皆さんが体操が出来るようになっていることに、 聖子大感激の午後でした。
とはいえ、苦手な体操やコントロールに集中して行わなければならない体操では、 ちゃんと動きに集中してくださいました(笑)。

定番のリンパマッサージと、 冷えると膀胱系のトラブルが起きやすいので関連部位のマッサージをしました。 そして、11月同様、背骨をほぐす体操、肩甲骨を動かす体操、 氣の巡りを促すさすりマッサージ体操などをしました。

そして、最後に話題がもう一つありました。
それにより、私は、ふくらはぎのメンテナンス体操を紹介しました。
話題というのは、テレビで放送された内容でした。 残念ながらTV番組には、 正しい情報よりも番組の面白さが優先されることが多いので、悪いなぁ…と思いつつも、 せっかくお話し下さった話題について、私は、話題をNGすることが多いです。
今回もそうでした。
そして、実はそれが、皆さんの情報の修正⇒健康情報の判断基準のクオリティを高めることに なっているので、私は、できるだけ健康や医療に関する情報をTVで得た時は、話題に出してもらっています。
しかし…、話題提供くださった御方のお気持ちは、 今回は、別にテレビを見なくてもよかったらしいのですが、
番組に私の母校、G大学の先生が出ている、というのが耳に入り、 「これは、岡村先生の出身大学だから、正しい情報に違いない!」 と思い込んで見てしまったのだそうです。ごめんなさいネ…。
…ところが、時代が変われば…何んとやら…。。。
私が、その大学の学生だったら、そのテレビに出演した先生に質問責めしたでしょうね…(笑)。 ヒドイ内容でした。(残念ですが、まぁ、仕方がありません。)
そして、ご希望のふくらはぎのメンテナンス(強化)体操をしました。
この時ご紹介した体操は…、以下の3つの観点の内容をフォローする体操です。

ふくらはぎの調整をしようと思ったら…。
体液の流れ(血液とリンパ)を良好にするために、
@筋肉に蓄積された老廃物を除去するマッサージ、
筋肉の弾力を調整するために、
A脱力してゆるやかに快適に動かす軽体操、
加重しても安定して力を発揮できるようにするために、
B重心をコントロールしながら、下腿〜足裏、
足指の筋肉への調整運動(基礎筋力強化&安定タイプの運動)。

(この女性は弱化が著しい部位なので、 重心のコントロール運動をして基礎筋力を養うタイプの運動にしました。)

地味な…体操でしたが、終わった後は…!!
体操の効果を体感してくださった声を伺うことができ、うれしかったです。

話題満開の水曜市場になりました。皆さん、ありがとうございます♪
次回は、来週12月14日水曜日、午後2〜3時です(参加費お一人様500円)。

【写真:水曜市場の大根の葉を干しました♪⇒入浴剤(笑)と先週の売り場風景】


平成23年12月6日

考えるチカラは…。

考えることができて、調べることができて、 それらの思考や知識を健康づくりに応用できる思考ができると、病気は早く改善します。
病気の予防行動をしてしまうので、病気を発症するレベルまで達しません。 このような事を、私は生活習慣病予防改善教室や、 腰痛膝痛予防改善教室を10年以上経験して、いつも問題だわぁ〜♪と考えていました。
このような情報は、 一体誰が教えるのでしょうか?
どこで教育されるのでしょうか?
昔からそうだったのでしょうか?
じゃあ、調べよう、 と時代をさかのぼると…上の言うことさえ聞いていればいい、 という時代がありました。(表現の失礼をお詫びします。)
自分で考えるよりも、昔からの習慣に従っておけばいい…等の思考がチラホラする時代は、 ずいぶん昔からあったようです。ので、現代に特化した問題ではありませんでした。

先日、国立文化財研究所で、文献閲覧をしました。
文化財として保存されている文献を調べて、それがよくわかりました。
病気や健康に関する視点で、文化財(芸術作品)を観ると、いろんな疑問が生まれます。
私が、いろいろ思ったことを言うので、学芸員の方が、 「当研究所の文献は全て文化財ですから、 望まれる方向性の資料は◎◎で検索ください。」 と丁寧に、アドバイスをくださいました。 引き続き調べてみようと思います。 詳細は別の機会にしますね。

それから、追加です。
子宮頸がんワクチン接種について調べて、私は恐ろしくなりました。
被爆と健康関係のリサーチをしていた際、たまたま目について、衝撃が走りました。 できれば、控えていただきたいと願います。
安全なように情報が流出していますが、 「どこが安全なの?」と疑問をもってしまう内容でした。
子宮頸がんワクチン等については、 対象年齢の女の子が家族にいる方にお話しています。 よろしければ、ご質問くださいませ。

自然治癒力をアップさせるには、毎日の生活の積み重ねをしなくてはなりません。
自然治癒力は養い、育てるものです。
そのためには、感じるチカラが必要です。考えるチカラも必要です。
必要な情報を収集するチカラも必要です。
そして、知識を参考にして、さらに深い思考をするチカラも必要です。
それらのチカラが現実行動を後押しして、よりよい健康づくり行動に進展していきます。
私たちはいろんなチカラを授けてもらっています。
祈るチカラも忘れてはなりません。人間知恵では無理難題が多いですから、 やっぱり大自然やご神仏、ご先祖様に祈り、お導きをいただけるよう励みたいものです。
ありがたいことです。
いろんなチカラに大感謝!
みんなでそのチカラを活用したいですねェ〜(^−^)!

【写真:桑名市、神館神社の木々と国道1号線沿いに咲いてたタンポポ♪】


平成23年12月6日

1か月ぶりです。

11月7日に更新をしてから、今年最後の(?)大体調不調が始まりました。
今回は、蓄膿系の頭痛と免疫系のトラブル続出でした。 仕事や行事をしている時は、何ら問題がなさそうに過ぎましたが、実は大変でした。
いろんな方々に「元気そうね♪」と言われましたが、 元気そうに見えることは、仕事上はまぁ、その方がいいのかな?と思いながらも、 内心複雑な一か月を過ごしています。
それでもネ…。
2年前の超大不調に比べたら、良好に改良が進んでいるように感じています。 このような体験をさせていただけることは本当に貴重なことです。 「からだ」がどうにもならなくても、 「いのち」はまったく別の存在であることを感じました。 魂という表現の方が意図的であるのかもしれません。 そして、魂は死ぬことがない、ということがよくわかりました(笑)。

私は、11月7日にトップページの「ありがとう体操とは?」の中に、 病気(不調)は「いのち」のメッセージ、と書きました。。
書いたので、よし!私も私の「いのち」を感じよう!、とその気になりました。
今まで、溜めていたもの、自分で曇らせていたもの、 頑固に凝り固まっているもの、トゲトゲしているものなどを、 少〜し解放(浄化)しよう、と思いました。
もういいよ〜、「からだ」さん、出ておいで〜〜♪ そんなイメージで私は自分の「からだ」に話しかけました。
そうしたら、私の「いのち」は答えを返してくれたようです。 これは本当にありがたいことです。全てに感謝を祈りました。

そうして再開した大体調不調。
もうしばらく、お付き合いしたいと思っています。 だって、この不調をつくったのは私自身ですから(笑)。 ・・・・・・
そんなこんなで、12月になりました。
あんまり、不調話をだすと、 皆様から「病院行ったの?」 「病院でなおしてもらえば?」「病院で検査をしてもらって!」 とご心配の御言葉を頂くので、 ちょうど健康診断の時期ですから、これから申し込みをしようと思います。
しばらくは、体調に合わせた更新作業になると思います。 スローペースなホームページ制作ですが、今後も気長にお付き合いくださいませ。
★花や SAKURAホームページ
【写真:花屋sakuraさんの山帰来のリース♪ステキでしょ♪】


平成23年12月6日

考えた方がいいよ!

考えないよりも考えた方がいいよ。 そう思うことが多くなりました。
そして、情報を鵜のみにせず、調べないよりも、調べてみた方がいい。 加えて、直観的に何か感じても、その直感を後押しする情報を得るまで、調べた方がいい。 自分の感じ方は個性の一つですが、その感性の判断の仕方を再確認した方がいい。 そんな時代になっていると思います。
直感の時代とも聞いていますが、実はこの直感の世界、次元は、多面的で奥が深いです。
このようなことを考えさせられる年月が過ぎ、 今年は特に、それを自問自答しながら、情報と体験のご縁に恵まれた一年でした。
健康や医療に関しては、様々な情報が渦巻く現代です。 また、情報の発信元の組織や研究視点により、 その宣伝力、というか表現力は多岐にわたり、 ついつい私たちは、その言葉のチカラに錯覚してしまいがちです。
だからと言って、信じないのではなく、 これを機会に、その情報の根本からのメッセージを得られるような思考を 養ってみるのはどうだろうか?
同時に、 私たちは、健康や医療に関しては、深く考えなくてもいいように、 調べなくてもいいようになってしまったのではないでしょうか?
情報が得られることは、 逆に健康的な思考を妨げているのではないかしら?

ということを今年は、よく考えました。
私は、人には考え過ぎと言われることが多いですが、 私の場合、考えないようにしていても、考えてしまうようで、 何度も、何も考えないようにしようと試み続けていますが、 未だに、その試みは失敗に終わっています。 小心者だからかもしれません。それとも臆病なのでしょうか? (これは余談です…)

病気に関しては、 「からだ」に関する、基礎的な知識があれば、自己判断ができます。 ある程度の自然治癒力のしくみがわかっていれば、 感情的にならず、心を落ち着かせて「からだ」と向き合うことができます。
ところが、ちょっと違和感、異変や身体的不都合ができたら⇒ 病院で医師の指示を待つだけの思考が優位に立つ人の多いこと、 多いこと…多くて、多くて…、そんな経験を約20年程しています。

今、私は、この現代事情では、 健康な「こころ」と「からだ」は自分で学びながら育てるものだ、 と思い直しているところです。 そして、そのためには、 正しい情報を学んで、理解する思考と行動する思考が欠かせない、 と思っています。
このことを、今後の私の情報発信に活かせるように、 しばらく思考の再構築をしたくなりました。 とはいえ、これは難易度が高い課題です。 言葉で書くとカッコイイ〜のですが、ちょっと気おくれもしています(笑)。
…ので、もしも私が気おくれして迷っていたら…、 軽めにソフトに肩をトントン♪とたたいてくださいませ。 よろしくお願いします。
【写真:桑名市、立坂神社の桜と松の幹♪】


平成23年12月6日

面白〜い体操でポカポカ♪

平成23年11月23日の水曜市場健康体操教室は、 のんびりモードで始まりました。
11月2回目の健康体操教室です。前回は、ターゲットの関節へ快アプローチをしました。 今回は異なる考え方の複合型の運動をしました。しかも、イメージつき(笑)。 背骨と骨盤、肩甲骨の動きをつくるのが目的の、自称「動きづくり」運動です。
ダンサーが行う身体制御メソッドの理論を活用した運動です。 といいながら、膝痛予防改善のために行う運動療法のプログラムでもあります。 また、私が幼児にレッスンする「運動遊び」のプログラムには欠かせない運動です。 つまり、老若男女問わず必要な「からだ」のメンテナンス運動です。 見た目も面白くて…楽しくて、行うのも楽しい運動です。

最初は、ギコチない動きも…繰り返して、呼吸とセットで繰り返しているうちに…。 とってもトロけるいい動きになりました。クネクネ…ウネウネ…楽しかったですね(笑)。
この動的で複合型の循環型タイプの体操、 参加者の皆様は、「これって、体操なの?」、 「体操なんだけど、体操じゃないみたい。でも楽しい〜♪」 とニコニコ笑顔で感想を口にしながら、ウネウネ〜♪してくださいました。
私はこのダンスのような身体運動が大好き(専門)です。 喜んで、楽しんでいただけて、私もすっかり笑顔満開でした♪
動きにしなやかさが表れる頃には、皆さんの顔色もよくなり、 「ポカポカ温かくなったわ。」と、うれしい声になりました。
寒い時期に動きが硬く鈍くなる手や手首のメンテナンス体操もしました。

話し変わって…
肩コリが慢性化すると、肩の位置が上がってしまい、 首が短く見える姿勢なりやすいです。猫背も助長してしまいます。 この原因への改善アプローチのニーズをいただき、ずっとずっと…続けてきました。
そうしたら、嬉しい報告をいただきました。
「この教室が始まってから…、お互いに肩の位置を確認したり、 ちょっとした合間に、肩をハァ〜〜♪(脱力)したりするようになったよね。」
「◎◎さんが、歩いている姿勢を見て、私も○○しよう、 と思ったりして、気にするようになったの。」
「胸や肩に手を当てて、さすったりするようになったよね。」
「私は、暇さえあれば、 できるだけ膝裏のリンパとふくらはぎのマッサージ体操をしているよ。 そしたら、むくみと肌のボコボコなくなったよ。」
など。(うれしかったなぁ〜♪ありがとうございます♪)

今年は、参加くださる方々のチョコッとナイスな行動の変化と、 その効果のご報告を聞く回数が増えて、聖子感激が沢山ありました。
小さな変化ですが、自分の「からだ」のために、 継続して行動できるようになることは素晴らしいことです。 その素晴らしいナイスな変化を 「うんと、ほめてあげたい!!」と思いますが、実際の場面で、 あまりほめてあげなかったり、 ついつい聞き流してしまった報告があったと思います。 皆さん、ごめんなさいね。
…ので、この場を活用してほめさせていただきます!!!

皆さん、水曜市場の健康体操教室に参加くださり、 ご自身の「からだ」のために愛のある行動を続けてくださり、ありがとうございます。
ご報告いただいた「からだ」の嬉しい変化を誘ったのは、皆さんご本人です!!
とても素晴らしいことです!!ありがとうございます!
誰も認めてくれなくても、あなたの「いのち」はそれを記憶しています!
私から、愛と感謝の気持ちをこめて祝福の光を送らせていただきますね(^−^)♪
そして、今後も、「からだ」への愛情の行動の継続をよろしくお願いいたします。

12月の水曜市場、健康体操教室は私の都合で、第1、2水曜日になります。

【写真:漬物名人tune子さん作小松菜の漬物と売り場、めばえちゃん♪】


平成23年12月6日

今年最後のいきいき講

平成23年11月16日(水)は、今年最後の飛島善光寺別院【いきいき講】でした。
【いきいき講】は年間5回開催されます。この日で5年目の5回目を迎えました。 ありがたいことです。
そして、この日は、参加くださる皆様の御気持ちに感激して、心がふるえる時間でした。 皆様ありがとうございました。
飛島善光寺【いきいき講】は、小さな集いです。 飛島善光寺のご住職様と副住職と檀信徒の皆様が心を合わせて開催されている講です。

「おがんでいるだけでは、何もよくなりませんよ。 正しい行いをして、それをあきらめないでコツコツ…し続けてこそ、良い結果が得られますよ。…♪」

副住職様は、いつもこのような言葉を投げかけてくださいます。
悩み苦しむ時はだれも皆、すがる思いで、やっとの思いで駆け込んでくるそうです。 が、だからと言って、すぐ悩みが解決するわけではありません。 諸々の事情を色々ご存じであればこその言葉がけをされている様子を伺い、 私はその都度、頭が下がる思いでいっぱいになります。
来る人の都合のいいように、言葉を返すことは簡単ですが、 その人の心や人生に合わせた言葉を選んで返すのは大変難しいです。

自分勝手になってしまった現代人に、 どうやって、人と和して生きることや 自然と和して生きることの真理を開かせたらよいのでしょう?

このようなことを真面目に考えるチャンスを私に与えてくれる場が 、飛島善光寺【いきいき講】です。
この日は、いつもより人が増えて、20人ほどの集いになりました。
「せっかく、先生が遠方からみえるのだから…。」
「やっぱり、先生にあいたいだで。」
「お友達を、先生に合わせたくて…。」
いろんな思いがこの日に集まったようでした。 その思いを、お一人、お一人が、私にそのお気持ちを伝えてくださいました。
家庭の事情や地域の行事、ご自身の健康事情等々がある中、 この日の【いきいき講】を優先してくださったことがわかりました。 長く通わせていただいているからこそ、 その言葉の重さが私にはよくわかりました。
私は嬉しくて、嬉しくて、こんなに嬉しいことがあるのかしら、 と思うほど、嬉しかったです。

ご本尊様のご加護とお導きであると思い感謝を祈りました。 そして、平素から檀信徒の皆様を大切にされている、 ご住職様と副住職様やお寺のご家族の皆様の御力あってのことである、と思いました。 御礼申し上げます。

と、こんな様子で…、
教室前に、大感激、聖子御礼の気持ちでいっぱいになってしまい、 もうこれで、終わったような気持ちになりましたが、 今回も、真心をこめてお勤めさせていただきました。

「いい氣を巡らせて ほぐして いい気持ち」をテーマに、 リンパマッサージと背骨をほぐす体操、フットセラピーなどを行いました。 もちろん、今年の「からだ」に「ありがとう〜〜♪」 と感謝と労いの言葉をかける「ありがとう体操」も行いました。

今年は、「呼吸」にフォーカスした内容の体操をしました。
来年は、「健康にいい氣の巡り」を整えることに着目した内容の体操を予定しています。
副住職様から、 「ヨガもどき?みたいな内容できますか?(ヨガのポーズに固執した体操はNG)」 というご希望を頂き、ああ、嬉しい〜♪の心地でプログラムを検討しはじめたところです。
来年も、お集まりくださる皆様と心を合わせて笑心地のステキな時間をつくりたいと思います。 皆様、今年もありがとうございました!!来年もよろしくお願いいたします。

【写真:飛島善光寺とバス停、資料用に描いたイラスト♪】


平成23年12月6日

調整運動でポカポカ

平成23年11月9日の水曜市場、健康体操教室は、 急に冷え込み寒さが「からだ」にしみる日でしたので、 気温の変化に「からだ」の適応を促す体操をしました。
私は、こんなに寒い朝で、 寒さを感じる時間に教室に参加くださった皆様の「こころ」の温かさが本当にありがたくて、 嬉しかったです。皆様、ありがとうございます。

外気温が冷えると…、どこがまず影響を受けると思いますか?
簡単です。皮膚と呼吸器です。体温を保とうと「からだ」は免疫機能をフル活動させます。 とっても素晴らしい仕組みです。

この日の体操は、冷たい空気を吸い込んで肺に取り入れる過程(呼吸器)への アプローチから始まりました。 定番ですが…、呼吸のためのマッサージです。 これは、耳鼻咽頭系の調子をよくするためです。
立冬したら、まず、再確認したいのが呼吸機能。大自然に冬の氣が立つので、 「からだ」に冬モードの氣の循環を促すアプローチをします。 特に呼吸は氣の巡りと関係が深いので、私は大切にしています。

人間には冬眠はありません。 立冬したら、冬でも円滑に活動できるように、一年の終わりを迎えるための準備をします。 12月に入ってからでは忙しいので、11月にメンテナンスを開始します。
呼吸に関するリンパマッサージ体操をして、 寒さでカチコチに固まった感じがする背骨をよくほぐす体操と、 骨盤の調整体操を念入りにしました。
・・・・(^−^)♪
脱力させて…小さく軽く楽に…しばらく…しばらく…軽〜く動かしました♪
私は、ターゲットの関節の動きを説明して…、イメージを誘導します♪ シンプルな動き(調整体操)をくりかえして行いました。

単純な動きのようですが、「コントロールが難しくて動かす感覚がよくわからない〜〜!」 と言われてしまう体操ですが、水曜市場の健康体操教室は2年目の冬を迎えました。
慢性的なトラブルがある方には課題はありますが、 長く参加くださっている方で、動きのコツに目覚めてくださった方々の動きは、 今年は改良の方向へ向かっているのがよくわかり、 私は、蒔いた種が芽生えた兆しを得たように感じられて、嬉しくなりました。
あぁ、確実に、細胞には経験が生かされている。
「からだ」の仕組みに合った、正しい動きができるように努力をしてくださった方には、 良好な変化がみえはじめたことに、私は「時の到来を待つ心」の大切さを思いました。
ラストは、イメージ呼吸。(ふくらんで、しぼむ⇒根をのばすイメージ♪) 気温の変動が激しい?11月の始まりです。が、冬の氣は確実に存在しています。
大自然に和する「こころ」、大自然の根本を感じる感性を大切にしたいと、 改めて感じました。皆様、ありがとうございます。

【写真:私が買ったお野菜(あ、名前忘れました。)と布草履(模様がステキ♪)】


平成23年11月6日

イブニングスターは…

先週、花屋SAKURAさんで買ったお花は、「イブニングスター」という名前でした。
ステキでしょう。
このお花の説明をしているオーナーさんの顔がとってもステキでした。
イブニングスター★
名前がステキな上に、奥様のコメントにニッコリ♪
「センブリだよ〜!」

センブリは薬草です。薬効のある草です。
オーナーご夫妻との会話が楽しくて、今回も…長居しました(笑)。 いつも、温かく迎えてくださり、ありがとうございます。

センブリといえば、今年の初夏頃…知人からもらった薬草でした。
ワオ〜!
ネットで検索したら…、
健胃、食欲増進、消化不良、胃痙攣、腰痛、下痢などの効能があるそうです。 抗炎症効果もあるようで育毛剤や育毛シャンプーにも使用されているようです。 オススメのサイトを忘れてしまったので、ページの紹介はしません。 ごめんなさい。

日暮れが早くなり、夜が早くやってくる時期になりました。 日が暮れたら、空には月や星が輝きます。
私の玄関には、この日から、イブニングスターが輝いています。 そろそろ…このイブニングスターも終わりそうです。
私が買うお花は、パテシエがつくるケーキ1カット程度の買い物ですが、 お花はケーキより日持ちするし、心が安らかになります。
玄関にちょこっと、お花があるだけで、私は救われています。
花屋sakuraさん、ありがとう〜!
★花や SAKURAホームページ
【写真:先週買ったセンブリとセンブリ茶】


平成23年11月6日

石は生きている♪

今やブームのパワーストーン。私はパワーストーンの治療効果をずっと調べています。 巷では、金運だの、勝負運、恋愛運だの…と言われている石について調べてみると、 そこには全く別の世界が広がっていました。
今回、私は新たな、というよりも、 やっぱりその道の専門家の経験と知恵は素晴らしいなぁ、 と思う情報を沢山得ることができました。 私を担当くださいましたNさん、ありがとうございました。

その場所は、鎌倉にある「瑶堂(ようどう)」というパワーストーン専門店です。
私が順番を待つ間、前のお客様や、 飛び込みのお客様のお話も聞き耳させていただき、非常に参考になりました。 パワーストーンの専門店は沢山ある鎌倉です。が、ここのお店は別格のようです。
私は、以前ゴムが切れたブレスレットの石を持参して、 それらを使ってまたブレスレットにしてほしい、という相談で行きました。 私は、単純に、拾い集めた石達をビーズのようにつないでもらえばいい、 足りないパーツだけ買いたせばいい、と考えていました。そうしたら…違っていました。
「石のパワー」の状態に意味がある、と初めて知りました。
石がお休みする(浄化する)時間をつくらないで、 毎日酷使していると…、石のパワーが無くなり、 色があせたり、曇ったり、輝きがなくなったり、 ボロボロしたり…するのだそうです。
持ち主に何かアクシデントや精神的な消耗事情が起きた時は、 石は身代わりのようにパワーを使い果たすのだそうです。 (その石の精神性は素晴らしいと思います。決して自己犠牲ではなく、 石の天命として働くようです。スゴイ!)
パワーストーンについては、定期的な浄化をしたり、 石のパワーをヒーリングしたりする必要性は知っていましたが、 そのメンテナンスをしないでいると、消耗が早くなり、 自然にかえしてあげるしか方法がなくなるのだそうです。驚きました。

私が持参した石にも、色が薄くなったり、曇ったり、濁ったり、 ボロボロになっていたり、プラスチックのような感じになっていたりしていました。 「これと比べてごらんよ(笑)。」と見せてくださった石と比べると、 一目瞭然で驚きました。

石を見ていて、私は、人間の細胞も同じようだ、と思いました。 細胞は、代謝がよくて、浄化力も高いレベルに維持できるように 手入れメンテナンスをすると、氣の流れが良い、いい調子の細胞になります。 調子のいい働きをします。「からだ」の主人のために喜んで働いてくれます。 ところが、一度、代謝を損なった細胞は、曇った感じがあるまま、 そのレベルで生成化育を続けます。
そして、改善をしなければ…ボロボロの?or異質な細胞の増殖をして 生命の危険を招くような細胞の代謝を繰り返す悪循環に陥ってしまいます。 そして、全身の細胞が曇り、濁ったら…(これはイメージです)、 この世での働きが終わり、土(自然)にかえします。つまり死を迎えるということです。
浄化をしてあげないと、石の本来の輝きを引き出してあげられるように パワーをチャージできる余裕をつくってあげないと…石はそのいのちが終わってしまうのだそうです。 あぁ、とてもいい勉強をさせてもらった、と、しみじみ思いました。

この日、つなげてもらったブレスレットの石達は、 いずれ私のためにいのちを果たします。大切にお付き合いして 、最後はお別れをさせていただきたい、と思いました。
瑶堂 水晶コレクションのホームページ
【写真:小さい方が自然にお返し(御礼)する石たち。】


平成23年11月6日

今年のイチョウ…。

私の住む鎌倉市植木には、諏訪神社があります。私の鎮守様です。 参道の石段や坂道は、短距離ですが太腿の筋肉がよろこぶ傾斜です(笑)。
鳥居の後には2本のイチョウの樹があります。 神社のシンボルツリーのように思っている 樹が、9月の台風で可哀そうな御姿になりました。 あの台風は本当に、大変でした。災害のニュースも多く、 胸が痛みました。 今年は日本だけでなく世界中で天災が多く、 被災された方々へ祈る日々を過ごし続けています。

そんな日々の中、11月になり、ふと、去年のイチョウはどうだったかな? と思いだしました。 去年11月末頃、諏訪神社のイチョウは、 フカフカの黄色いじゅうたんをしてくれました。 手にとって空へ投げ上げて、楽しんだ記憶があります。 写真もありました。
今年は、去年と全く異なる事情だな。 と心が痛みましたが、こんな自然状況でも、 イチョウの樹は自然の営みを続けてくれています。立派だなぁ、と思いました。
9月に葉が切れて、無くなってしまった場所には新たな葉がでています。
ちょっと春のようです。周囲の木々を見渡すと、 同じように春萌たような新緑がチラホラみえます。 同じような木々は鎌倉市や藤沢市で見かけました。
これは、木々がもっている自然治癒力だと思いました 。大きなトラブルを体験した後に発揮される力です。
人間であれば、大惨事の後、大きな事故の後に復旧をしようと働く治癒力です。 木々の痛々しい様子に、私は自分の交通事故に遭った時の状況を思い出しました。
自然は、人間のように嘆いたり悲しんだりしているのでしょうか? そんな様子を感じることなく、自然らしい佇まいで、 あるがままに台風や異常気象を受け入れて、空に向かって枝を伸ばしています。
強いなぁ、と思いました。倒れても仕方がないのにね。
後日、樹に話しかけにでかけようと思います。

大自然は、そろそろ…立冬します。
冬の氣が立つと、「こころ」と「からだ」に冬の氣が巡り始めます。 イチョウが黄色くなったら、一年を終える(まとめる)ための健康づくりをします。
今年は、黄色くなるのかな?

【写真:去年のイチョウと今年のイチョウ。】


平成23年11月6日

何も…していないのにネ

「何も悪いことをしていないのに、何で嫌うの??」
先日、久しぶりにこの言葉を聞きました。 私の母がたまに口にだす言葉です。 私もその言葉を聞きながら育ててもらったのを思い出しました。
私にとっては、いい言葉です。 私の感性そのものを養う言葉だったと気がついたからです。 私の実家、鳥取県は自然が豊かです。 故に、自然の本性を受け入れて暮らす感性を養うことができる土地でした。 (今は、様変わりしました。豊かな状態で 人と自然がお互いを生かし合っている状況から離れてしまっている土地が増えました。 残念ですが、仕方がありません。)
家の周囲や中には、蜂、蛇、ムカデ等の、 刺されたり、噛まれたりしたら命に支障のある生き物。 山の奥ではクマ、イノシシ、鹿等の、 出会うと場合によっては人間の方が危険な目にあう動物。 河や海にも危険がいっぱい。 自然を楽しみ、自然を満喫すればするほど…危険は伴います。 それが、自然なのだ、と受け入れる感性を養う環境であったと同時に、 その感性で仕事や生活をしている大人達(多くは祖母の世代)に囲まれて、 育ててもらえたからだと思います。 (今は、そのような大人は一部のようでした。こちらも、残念です。)

蜂が人を刺すのは、理由がある。 クマが人を襲うのには、理由がある。 イノシシやシカが国道に出てくるのにも理由がある。 蛇もムカデも人に害をおよぼす時には、理由がある。 人間勝手の都合で、虫や動物達の生活場所(自然)を考えるのは、思慮が狭い。 また、その事を心得ていると、知恵が生まれます。
…なんとなく、そう、教わったように思います。
今でも、スズメバチやクマンバチ、蛇やムカデに出会うと、 ギョッ!としますが、それも自然の一部です。 刺されたら、刺されてから考えよう、と思ってしまいます。
私は今でも、忘れていません。川で遊んだ時の水の甘さや、 山の奥の土の甘さを。空気の気持ちが良い香りと味わいを。 そんな土地には、蛇、ムカデ、蜂は当たり前でした。

「何も悪いことをしていないのに、何で嫌うの…。」
母ののんびりした声を、聞いて育つ姪っ子達の顔が浮かびました。 この子達は、私が子どもの頃に比べて、自然の中を満喫して遊ぶ経験が少なくなりました。
自然を受け入れて、自然の中で人間が生活させてもらえることの意味を知り、 勉強して行動している大人が少ない現代です。 そのために活動している方々には頭が下がります。 私も、これからできるアプローチを考えているところです。 どうか自然を嫌わないでください(笑)。

【写真:神倉神社から速玉大社の道中♪】


平成23年11月1日

膝ケア体操しました♪

平成23年10月26日の水曜市場、健康体操教室「ありがとう体操」は、 膝のリハビリ体操をしました。 参加者の方に、膝のリハビリ体操(運動療法)を再開した方がいらして、 病院の理学療法士さんからもらった手描きの体操イラスト(運動内容の指示つき)のプリントを、 私に見せてくださったのがきっかけでした。
そのプリントには、膝痛の運動療法の基礎運動が2つ描いてありました。 2つとも運動のめやす(指示)は「20回×2」でした。 運動のイラスト2つと「20回×2」という文字のみが描かれたプリントに、 私は正直、物足りなさを感じましたが、ご本人は満足そうでした。
何も知らない、というのは幸せです。が、不幸でもあります。 この指示、1回の体操を20回にして、一日2回行うのか、 一回の体操で20回×2セットするのかが、指示されていません。

私が過去に経験した現場では、このような迷わせるような指示を出すのはNGでした。 「同じ医療費を支払っているのに、 運動療法やリハビリの指導者の質の格差が大きすぎるのは問題です!」と声を大にして、 過去に運動指導者の育成に力を注いできた経験のある私は、久しぶりに呆れました。
担当されたのは、理学療法士さんだと思いますが、 患者さんが多くて余裕がなかったのでしょうか?若くて経験が浅い方なのでしょうか? 理由はいろいろあるかもしれませんね(笑)。
しかし、これを機会に、気がついて改めていただきたいと思います。
このプリントをもらった方は、質のよい医療を受けられた (「わざわざ手描きのイラストを私のために描いてくれたの〜♪」)と、 大変うれしそうでしたが、私は、リハビリ指導の質は悪いと思いました。 ため息が出ました。

医療機器や医師や看護師の質が充実していても、 患者様が、効果のある運動療法を教育的な視点で研究している指導者を確保して、 運動療法やリハビリ教室を実施している病院が少ないのが日本の現状です。 仕方がありません。
今回、膝痛のリハビリを再開された方の現状は、 運動療法のレベルとしては、超・超・超…基礎から再スタートする重篤患者のレベルです。 それ故、なぜ、この2つの体操と「20回×2」という資料になったのかは、わかりませんが、 もしかしたら、ご本人が気に入った体操がこの2つだったから、担当の理学療法士は 少ない時間でできる努力をした結果なのかもしれません。

それにしても、この指示は、この方の病態の理解力や身体状況 (むくみや肥満、筋肉の弱化&硬化、低体力等)には、実施が難しい内容でした。
水曜市場で行っている健康体操の多くが実施困難なので、私は 体操の代案(できそうな体操)を紹介している方です。
せめて、プリントに「今の目標は20回×2」 「まずは正確に10回できるようにしましょう♪」と書き添えていただきたかったです。

この日…、1つ目の体操も、2つ目の体操も…、 両方とも正確に筋肉をコントロールして動かすことはできませんでした。 できないのがわかっただけでも、いいのかもしれません(笑)。 代わりに、指示された体操ができるようになるための、基礎体操を紹介しました。

ここで私は、疑問が加わりました、 この女性の通院している病院のリハビリ体操では、 一体どんな運動(リハビリ)指針を設けておられるのだろう?
残念なことに、日本全国、このような指導をくださる病院は多いです。 私は、出張先で同様な情報を得ることが多くて、今は慣れてしまいました。
話を戻しますね。

この方は、病気の理解度が浅く、運動療法についても理解できないことが多い方です。 身体的にもネガティブが大きく、からだを動かすのがやっと…!の御方です。 膝痛だけでなく、生活習慣病の疾患歴が長く、病態は悪化の連鎖をしているご様子です。 以前私は、勤務していた病院で、この方と同様のレベルの患者さんへ運動指導していました。 それ故、この方の病気の療養状況が想像できて、心が痛みました。
月に2回の水曜市場の健康体操教室で、できることは限られますが、 私にできるサポートを試みたいと思います。

この日の、水曜市場の健康体操教室は、 定番のリンパマッサージ体操を、いい〜気分♪でしながら、 上述した膝のリハビリ体操2つと、 私が過去に膝痛改善教室で指導していた体操を念入りに行いました。 上述したように、私の心中は複雑でしたが、 膝のリハビリを再開された方のおかげで、 この日は、膝痛に注目した体操ができました。 Syu-さん、ありがとうございます。
それにしても…ありがたいことです!!
上述した、膝の手術をされた方を、 水曜市場の方や、ご近所の参加者の方は、 いつも温かい心で迎えて、励まし続けてくださいます。
今回も、その温かさに支えられて…の時間になりました。 頭が下がります。
皆さん、ありがとうございました。

★次回の水曜市場、健康体操教室は11月9日(水)14:00〜参加費お一人様500円。
【写真:水曜市場で買ったもの♪ルッコラは香りが抜群♪】


平成23年10月25日

そんなに怒ったら…!

先日、水曜市場の健康体操教室後の茶話会で 、私は大爆笑(すいません。。)してしまいました。
水曜市場は、本当に、明るくて、気持ちの良い心をいっぱいもっている方々です。 体操が終わった後は、いろんな会話がはずみます。 これが私はとても楽しみです。
水曜市場の健康体操教室は現在、月2回です。 ちょっと…しばらくぶりでお会いすると、その間、あった事情、 人情話が気持ちよく行き交います。 日常生活の些細な事や気になること、 知らせたいこと、知りたいこと、伝えたいことなど、いろんな話題が尽きません。
この日は、話の成り行きで、 嫁いで、40年、長年…蓄積した感情が快活に飛び出しました。。 長年隠して、隠して、我慢していた怒り(?)のような思いのようでした。 しかし、不思議でした。ご本人は、ドド〜ン!と発言されるのですが、 その場は、なぜか大爆笑。
「そんなに怒ったら、病気になっちゃうよ〜〜♪」
と夫婦漫才のように、相方役をされているha-さんの一言で、さらに大爆笑。
その気持ちわかるなぁ〜、と思いつつも、私も、つい笑ってしまいました。 不機嫌な話も、大笑いで円満な雰囲気になってしまう水曜市場です。不思議です。 本当に素晴らしいな、と思いなおしました。病気の神様も吹っ飛んでしまいそうです。
もちろん、いつも大笑いしているわけではありません。 心痛む話の時は、その痛みを分かち合い、気遣いをされている時もあります。
今回は、怒りが、円満スマイルになりました。不思議。
世の中には、いろんな集い、集まりがあります。
その集いの場に、心明るい方向へ会話を誘う心をお持ちの方は、
どれほどいるのでしょうか?
私は、いろんな集団、集まりを経験させて頂いていますが、 この水曜市場は、明るい気質抜群だと思いました。 それだけ、人生の難儀苦労をいろいろ…越えてこられた御方の集まりなのだと思います。 貴重な集まりです。ご縁をいただけたことに感謝をしています。 私にとっては、とても大切な、温かいハートを養う場になっています。。

【写真:土浦のダリア 2008年】


平成23年10月25日

知らないより…!

「知らないよりも、知っていた方がいい。」
少し前のニュースで、被災地の中学生(だったと思う)が インタビューに答えていました。 放射能の勉強を真剣に、模索を続けながら、 努力をされている映像に胸が熱くなりました。
この言葉は、真実だと思います。
いかに被爆のリスクを下げるか、については、 夏より情報が増えたように思います。 インターネットでしか知ることのできない情報も、 最近では書店で本になっているようです。 が、私は、まだまだ不足していると思っています。 良心的な情報が増えることを期待しています。
ところで、被爆は、人体に悪影響を及ぼすことは昔からいわれていました。 私が気になるのは、放射能の危険性はわかりましたが、
じゃあ、被爆したら、どうしたらいいか、 どうしたら人間の細胞が受けたダメージをクリアできるのか、 という情報が非常に少ないことです。

春からずっと、調べて、調べ続けていますが、情報は少ないです。
私は健康体操で自然治癒力を高めることを研究しているので、 自然治癒力で、被爆のフォローをしたい場合は、日常生活で、 どんなことを心がけて、どんなことを実践したらいいのか、 という模索を続けていますが、 今のところ、私が得たことをまとめると、以下のようになります。
「体内浄化力=免疫力=自然治癒力を高める生活習慣を実践し続けること。」
なぁ〜んだ、基本的なことじゃん、と言われてしまいそうですが、 基本のようで、基本じゃない。過去の概念を超バージョンアップした発想です。
ですので、今までコツコツ生活習慣を良好に実践されている方は、 その調子で浄化力のアップを超アップに心掛けていただくといいと思います。 今まで、自分の思うがままに、暮らしていた方々は、これを機に、 生活習慣病の予防改善はもちろんのこと、 体内浄化力を高める生活習慣にシフトチェンジしていただきたいと思います。 私も、今まで以上に、生活習慣を改良しはじめましたよ(笑)。

健康については、「知っておいた方がいいこと」は沢山あります。 ところが、知っておいた方がいい情報は、 なかなか…手に入らないのが現代事情の悩みです。 今回も、その事情がよくわかった半年でした。

【写真:土浦のねぎ 2008年】


平成23年10月20日

気温の変化を感じたら…

やっと10月らしい気温になりました。
急に気温が下がったので、体調の不調和、 不定愁訴を感じる方が多いようです。 私も、その一人です。
ですが、この「からだ」の不調和、不定愁訴は、「からだ」の声です。
「からだ」のサイン、メッセージです。
自然治癒力が働いている証拠、ともいいます。

気温が下がり始めた時、感じる不調和は、 温めてあげることで、改善することが多いです。 外部から温めるのは手軽ですね。
腹巻、レッグウォーマーは定番。
手袋、マフラー、ネックウォーマーもあります。 湯たんぽ、 カイロ等で、温めたい部位を温めます。
お腹や腰、背中を温めると、気持ちがよくて、 からだを動かすのが、楽になります。

私は、湯たんぽで仙骨を温める習慣を続けています。 温めるだけでなく、 リンパマッサージと筋肉を脱力させる軽体操をすると、さらに楽になります。 手間と時間はかかりますが、 眠りが心地よくなります。

風が冷たく感じる季節になりました。
私も、温めグッズを活用しながら、 「からだ」のメンテナンスタイムを大切にして、 温かい体調づくりに励もうと思います。
皆様、ご自愛くださいませ。

【写真:土浦のコスモス 2008年】


平成23年10月20日

ヨーグルトメーカー

今年の春から、米のとぎ汁でつくる乳酸菌づくり研究を続けています。 今年は異常気象で、暑い暑〜い春、夏でした。 そのおかげで、米のとぎ汁でつくる乳酸菌がうまくつくれました。 その乳酸菌で牛乳や豆乳を発酵させてヨーグルトをつくる生活スタイルが続いています。
ところが…、
秋になり、朝夕の気温が下がるようになったので、乳酸菌の発酵がうまく進まなくなりました。 そこで、仲良しのE-リンにヨーグルトメーカを借りたら、安定した発酵が可能になり、 大喜びの9月でした。

いつもE-リンにヨーグルトメーカーを借りてばかりはいられないので、 どうしようか?と思案して、 近所のノジマ電気に入ったら、偶然、安価なヨーグルトメーカに出会うことができました。
1,480円。
熱湯消毒ができて、自由に活用できそうです。
うれしくて、早速つくったのが写真のヨーグルトです。 ちょっと、ゆるい?感じのヨーグルトになりましたが、 米のとぎ汁でつくる乳酸菌の香りがして、良い気分になりました(笑)。

市販のヨーグルトを入れてつくるヨーグルトメーカーですが、 米のとぎ汁を発酵させることもできるようです。
発酵力は、夏の盛りの頃の自然発酵とは異なるようですが、 まぁ、まぁ、どうにかなりそうです。 今日は、豆乳でセットしました。
楽しみです。

ガン予防、生活習慣病の予防だけでなく、 内部被爆のダメ―ジを体内浄化するのに、乳酸菌はとてもいい働きをしてくれます。 免疫機能の改良にもなりますので、良いことばかりです。 皆様、ぜひ乳酸菌のチカラを活用しましょう♪
【写真:ヨーグルトメーカーとヨーグルト♪】


平成23年10月20日

不愉快な顔して失礼…

今朝、ゴミ捨ての時…、私は久しぶりに不愉快な顔をしてしまいました。 朝で目が覚めてなかったのでしょうか? ボーッと階段を下りて、アパートのゴミ置き場に行きました。 いつもだと、ご近所の方々と朝のスマイル挨拶を交わすのですが、 今日は違いました。
アパートの玄関先で、バスを待っている年配男性がタバコを吸っていたからです。 階段にタバコ臭さが充満して、ゲェ〜っとしたくなる臭いに、 思わず顔をしかめてしまい、 玄関を出れば、この煙害から解放されると思い駆け足したら、 そこに男性がいて、煙をパーっと吐いておいででした。
ヒドイ!!!
あんまり苦しくて、一体誰よ?
と言わんばかりに、私は睨んでしまいました。
(失礼しました。お許しくださいませ。つい…本音を出してしまいました。)
この男性、いつも私のアパートの玄関先でバスを待ちながら喫煙されています。 品の良いスーツを着て紳士的な印象に見えますが、タバコのマナーが最悪です。 ご近所でも、悩みの(タバコを吸って臭くて迷惑な)男性です。
バス停は禁煙ですが、 アパートの玄関前も禁煙で当然です。
鎌倉に越して3年目ですが、始めて、不愉快な顔を出してしまいました。 ノーメイクの顔で睨んで、失礼しました。
どうか、この年配男性が、タバコを他人のアパートの玄関先で、 吸わなくてもいい心になってくださるよう祈って止みません。
タバコを吸ってしまう心理要因があるはずです、それをクリアくださるように願っています。
今まで言いませんでしたが、私は勉強をしてしまったので、この場を活用して言いますね。
タバコは、肉体に悪いのはもちろんですが、 「こころ」にも害があります。魂が曇ります。 どうか、この世を、生きているうちに、禁煙して、 「こころ」と「からだ」の浄化につとめてくださいませ。
あの世にいってからでは、遅いですよ(^−^)。
「いのち」のしくみです。
どうか、皆様、お気づきになって、改めてくださいませ。
よろしくおねがいします。

【写真: 浅草寺 雷門】


平成23年10月20日

背骨ユラユラ⇒ポカポカ

平成23年10月12日の水曜市場、健康体操教室は、 気温が下がってきたので、からだにネガティブがある方、 特に腰痛、膝痛等の整形外科的トラブルをお持ちの方用に、 歩く動作に必要な背骨のコントロール運動を体験していただきたい、 と思い、背骨をターゲットにしました。
今回の背骨の動きは、「歩き」に関する動きのコントロールです。

有酸素運動は体脂肪を燃焼させる効果がありますが、 効率よく燃焼させるためには、背骨の動きが重要になります。
ただ、歩けばいい、というのはNG。
歩いていれば体脂肪が燃焼する、というのもNG。
毎回、お話をしていますが、 なかなか「歩き」の効率化のためのレッスンはしていませんでした。
私は、今日がチャンス!思い、 リンパマッサージと、呼吸の調整体操をした後に、 軽〜い有酸素的な運動になるようアプローチをしました。

いつもなら、体操をしながら質問があると、 動きを休めて、対応をします。 が、今回は、運動を続けながら…行いました。 「歩き」に必要な背骨の運動をしながら、 ジョギングのように呼吸をします。 軽〜い、小さめの、ゆるい関節運動をしながら行うので、 終わった後は、ちょうど良い感じのポカポカです。
背骨を活用しているので、とっても気持ちが良い運動です。 15分続けました。
椅子に座ってやる人。 立って行う人。それぞれ、からだの状態に合わせてできるのも利点です。
そして、この運動をした後に、柔軟体操をすると…。 筋肉の血流が増えて筋肉の温度が上がっているので、体操がし易いです。
「とっても気持ちがいい〜^0^〜!」
「やわらかくなってる〜〜!」
先週と同じ体操をしましたが、先週よりも体操がしやすい、と好評でした。 皆さん、ありがとうございます。

気温が下がると、代謝がダウンします。 筋肉への血液を増やして、運動で筋肉の温度を上げることが、 これからの季節のポイントです。
スイッチON!のプログラムです。
スイッチを入れないと、電化製品が動かないように、 「からだ」もスイッチON!してあげないと、快適に動きません。 来月は立冬します。今からスイッチ入れておきましょうね(笑)♪
★次回は、10月26日14:00〜15:00、参加費はお一人様500円です。
【写真:今週買ったオロヌキ菜(ぎっしり詰まって重い!スゴイ!美味しい!) 】


平成23年9月29日


平成23年9月29日

目が覚める体操〜♪

平成23年9月28日の水曜市場の健康体操教室は、 前回と違って「目が覚める〜〜〜!」時間になりました(笑)。 最初は、定番のリンパマッサージ体操で、気持ちよくてウトウトしそうな、 心地よい時間でした。
今回は、リンパだけでなく働きモノ&年代モノの筋肉へ、 愛情を込めて…メンテナンスマッサージを紹介しました。 さわりたいポイントを個人、個人…伝授しました。
ところが、そこにツボ経絡もあるので…。 痛かったり、硬かったり…。
私が「ここをこうさわって…ね♪」と触れたところ、
「痛〜〜〜ぃ!こんなに痛いのぉぉぉ?」
「目が覚めるぅぅぅ〜!」
と言葉を発してくださいました。
疲労して硬くなった筋肉は血行が悪く、圧すると痛く感じたりします。
リンパマッサージはソフトで良い気持ちですが、 筋肉マッサージは、筋肉の調子が悪いと、痛く感じます。
本当は「イタ気持ちいい」のが良いのですが、 今回は、最初は痛く感じたようです。(ごめんなさいね。)
もちろん、体操とセットで繰り返していくうちに…良好になりました。
水曜市場の参加者の皆さんは、本当に良い人ばかりで助かります。
「痛いけど、やってると…きもちがいいの♪」 「だから、気にしなくていいよ♪」 など、とお言葉を返してくださいます。ありがたいです。
後半は、肩甲骨と背骨の調整体操をして、 中性脂肪が高めになった御方へのスペシャルプログラムをみんなでしました。 (念入りな…柔軟体操です^−^)

筋肉は、動かしてみないとわからないし、 さわってみないと、その調子がわかりません。 私も毎日そう感じています。

筋肉が硬い=血行が悪くなっている可能性が大です。 血行だけではありませんが、詳細はまたの機会にします。 そして、硬い理由を次の3つで考えます。
・疲労して硬くなっている
・弱って硬くなっている
・上の2つのミックスで硬くなっている
これの他に、
・栄養状態が悪くなっている。
・内臓の調子が悪くなっている。
・良質の睡眠が得られていない。
・心理的な影響を受けて、緊張=硬くなってしまっている。
などの関連因子を伺って…フォローアドバイスをさせてただきます。

水曜市場の健康体操教室も、そろそろ…2年になりそうです。
市場の皆様の、素直であるがままの心で、言葉を発してくださるのが、 とても気持ちがいいです。市場スタイルの利点だと思います。 筋肉や病気改善の話は難しい、と言われてしまいましたが、 これからも、皆様のお役に立てるよう知恵をしぼり、精進いたします。
今後もよろしくお願いいたします。
【写真:水曜市場の看板と私♪ & 体操教室の宣伝チラシ♪】
 ※水曜市場の看板は「かまくら似顔絵倶楽部」代表の作品です♪
  but…光ってわかりにくいですね。ごめんなさい。またの機会にご紹介します。
 
かまくら似顔絵倶楽部のホームページ


平成23年9月29日

じゃがいも料理は…

水曜市場に行くと、 旬の食材に合わせた調理法や、 水曜市場の方々のオリジナルレシピを教えてもらえるので、 とても助かります。
お料理の仕方や工夫は、家庭によって異なります。 家族の好みと自分の好みとをフォローでき知恵を伺う度に、 スバラシイ〜〜♪と感激してしまいます。
お買いものもいいですが、 この水曜市場の方々からの情報のお陰で、 私の台所のクオリティが上がっています。
夏の終わりのある日、じゃがいもの種類とレシピを紹介したチラシをもらいました。 じゃがいもの種類、いろいろあるんですね。
男爵、メークインは定番ですが、 キタアカリ、ベニアカリ…など全部で7種類ありました。 加えて、今年はじゃがいもが不作?のような話も聞きました。 ポテトチップスのじゃがいもが例年より足りないよ。 などと…聞きました。 ありゃりゃ…。
今年の天候では、農家さんも大変です。 じゃがいもだけではありませんよね。 大変な時代です。 生き方を考え直しているところです。
【写真:いただいたチラシ】


平成23年9月29日

◎○しかできない?!

平成23年9月14日の飛島善光寺「いきいき講」は、 笑顔いっぱい、それぞれのお人柄がキラキラ輝く時間でした。 私が担当させていただく「からだほぐし」を楽しみに足を運んでくださる方々の 御気持ちがよくわかり、心が温まり、本当にうれしく思いました。 このように、ご評価いただくのは、 平素からのお寺(飛島善光寺)との深い絆のおかだと思いました。 ありがたいことです。御礼を申し上げます。
この日の「からだほぐし」は、 浅部リンパと深部リンパへのアプローチをして、 秋の「こころ」と「からだ」をポカポカ巡りよくしよう〜♪とイメージして始めました。 リンパマッサージと体操を組み合わせると、良好な結果が得られます。 定番の「ありがとう体操」になるので、笑心地づくりが広がります。
ご参加くさださる方々のお身体は年代モノ(働きモノ)です。 体操をすると、「からだの声」がいろいろ…出ます。 その声に合わせて、今回も、 私は知識と経験をフル絞り(笑)して助言を試み…時間が過ぎました。

その最中、膝痛(変形性膝関節症)の方が、声を発しました。 膝が痛むのと、日ごろ動かしていないのと…、 膝痛の改善のための知識と経験が浅いのと…で、 私が紹介した体操ができなくて、 困ってポッと発してしまった一言です。 私は、聞き逃しませんでした。
「膝がここまでしか曲がらない!!」
「これしかできない!!」
ちょっとヒステリックに聞こえました。
(それほど、心痛めていらっしゃいました。) 過去に私の膝痛改善教室に参加された方々も、同様でした。
しかし、痛くてできないことに視点を向けても、 今を快適に生きる思考にはなりませんので、 膝が痛くなくできるバージョンで、 目的の関節と筋肉のメンテナンスをする体操をお知らせしました。
同時に、「これしかできない」というマイナス思考を改良して、 「これならできる」「こんなにできる」というプラス思考をしてもらうようお話ししました。 実際、この時も、股関節はこんなに動かせる!!という発見をしてもらいました。
また、その場を共にした、皆さんも一緒に考えながら、見守ってくださいました。 みんなで気持ちを分かち合って、みんなで乗り越えた、そんな時間になりました。 (みなさん、ありがとうございます)

ところで、 この「◎◎しかできない!」発言は、 指導者サイドから聞くと、すごくポイントが高いです。
・明らかにマイナス思考。
・病気の改善を妨げる思考。
・知識が浅く、どうしたらいいのか、という適切な行動の経験が浅い思考。
などと、考察しています。
私は、上記の思考を補い満たす&潤す思考で改善のためのアプローチをすれば、 病気で悩む人の思い憂うことが減り、前向きに病気と向き合い、 改善する心を支える「添え木(気)」をつくることができるのでは??と考えています。 動作に難儀苦労をする人は、誰でもマイナス思考になります。 だって、健常な時に比べたら、明らかに動作はマイナスですからね(笑)。

病気の改善を目的に考える場合は、 人柄、性格は変える必要はありませんが、 正しい知識を学んで実践していただきたいのと、 病気の改善を妨げる心の癖は、自覚をして、改良につとめていただきたい。 そのようにも考えています。
そして、 足らない思考=不足不満を言う思考では、病気を改善できません。
私の指導経験では、その思考で改善した人を知りません。
逆に良くなって、病院の通院生活から脱した方は知っています。 その方々は、不足不満思考から、補う思考になり、心の癖を乗り越えて、 心を潤し、満たしながら、病気の改善に必要な知識を学んで、実践し工夫し続けた方々です。

初対面の方にはズバリ!とお話ししませんが、 長らく通わせてもらっている飛島善光寺「いきいき講」です。 そして、ご本尊様の御前です。
私は、こりゃチャンス!と思い、話題に取り上げました。
もちろん結果は、スマイルモード(^−^)。よく聞いてくださいました。 副住職様のご助言もあり、円満にまとまりました。 (こんな時は、仏教の教えが本当にありがたいです。) 副住職様、皆様、ありがとうございます。

私が担当する「からだほぐし」の後は、 副住職様の「こころほぐし」。
上述した件もふまえて、孔子様の教えを2つくださいました。

難儀苦労を乗り越えるのは、信仰心と、正しい生き方の道標を学んで実践すること。 そして、共に学ぶ仲間があること。素晴らしいなぁ…。でも簡単にはいかないなぁ…。 今日はバシッ!と言ってしまったけれど…、私もまだまだ…至らないなぁ…。 トホホ…。それでも、ありがたいことだなぁ…。 そんなことを考えて帰路につきました。
飛島善光寺ホームページ
★次回の「いきいき講」は、平成23年11月16日13:30〜です♪
【写真:飛島善光寺のソテツと本堂♪】


平成23年9月13日

眠くなる体操でした?!

平成23年9月7日水曜市場健康体操教室は、 とっても眠い…ウトウトいい気持ち…(^-^)? …になる方が多い時間になりました。 食後の午後2時は、眠くなる時間です。 だからじゃない?って思う方もいると思いますが、 この日は特別かもしれません(笑)。
とっても、いい気持ちで…ウトウト…される様子に、 私は、思わずほほ笑んでしまいました♪ 皆さん、ありがとうございました。
この日は、台風の後で、「からだ」はいろんな影響を受けているはずなので、 自律神経を促して、リンパを刺激して、 血行良好にして老廃物を除去して、スッキリしよう♪と思っていたのと、 健康な爪の代謝を促すアプローチ(フットセラピー)を紹介しよう♪ と思いついて教室をはじめました。
実は、それが、眠くなる内容でした(笑)。
夏のダメージと残暑のダメージを蓄積した「からだ」は、 自律神経の働きが促されて、体内浄化モード(お掃除モード)になり、 脳はリラックスして、眠くなります。

フットセラピーでは、井穴(せいけつ)というツボを入念に刺激しました。 足指は左右で合計10本。どれも働きモノです。 爪の生え方も、形も、10本とも異なります。 健康な爪の生えている指と、肥厚した爪の生えている指と…。 いろいろ観察をしながらツボの刺激をしました。

爪は生活習慣や、体調や代謝のバロメーター。
ちょっとぐらい爪の色が悪くてもいいじゃない…、 とお思いの方もいるかもしれませんが、それはNG。
爪は正直です。「からだ」は嘘をつきません。 皮膚や肌、筋肉は、素直にメッセージを発しています。 そのメッセージを聞いて、正常な代謝を促せるようにアプローチをしたいですね。
【写真:水曜市場の旗と私が買ったタマネギ&サツマイモ♪おいしいよ♪】


平成23年9月5日

どっちが健康にいい?

「果物と洋菓子はどっちが健康にいい?」
「洋菓子と和菓子はどっちが健康にいい?」
この類の質問を度々…頂戴します。 最近は、その後に続く、言葉やご本人の思考をよく聞くようになりました。
以前、生活習慣病の運動療法の教室を担当していた時は、 カロリーや病気と関連するリスクファクターについて、 知っている情報をお話することが多かったです。 病気の予防や改善が目的の現場では、質問の意図がわかり、 答え易すく、その後のフォロー教室のご案内(食事関係は管理栄養士の専門教室)を することができました。
ところが、今の私の環境ではそれが叶いません。
残念に思っていましたが、今では、巷の意見がよくわかるので、 それでいいや、私に求められていることをお返ししよう、と思うようになり、 笑ってお話を聞けるように努力しています。
「どっちが…って比較する理由は何ですかぁぁ?」
「どうして、そう思うのですか?」
そんな言葉を返しながら、その先(ご本人のご意向)を聞きます。
そうすると、様々な背景がわかります。 これが、とても勉強になっています。

食習慣の背景になっている心の癖、
食習慣の背景になっている身体感覚、
食習慣の背景になっている家庭教育観、健康観、人生観・・・・など。

質問をくださる方々が、病気の治療中であれば、
「だから、病気なんだぁ。。。」
質問をくださる方々が、病気の予備軍であれば、
「だから、病気になっちゃうんだぁ。。。」
質問くださる方々に、病気を察することができなければ、
「それじゃぁ、病気になっちゃうよぉ。。。」
私の心の中に、感想が湧いてきます。

果物や洋菓子、和菓子の個々のカロリーで比較すると、答えは簡単明瞭ですが、 その時と場合により、その比較の答えが変わります。 そして、その人の代謝や体調などで、比較の答えのフォローは、さらに変わります。 加えて、その人の心理的傾向によっても、答えは変わります。

今よりも、健康な方向へ思考転換ができるようにするためには、 私は、何をその人にフォローしてさしあげたらいいんだろう???

実は、「どっちがいい?」という思考は健康教育で考えると、次元が低い思考です。
食品のカロリーは、調べればわかります。
だけど、そのカロリーと病気の関係や、カロリーを消費する「こころ」と「からだ」のしくみについては、ちょっと思考のレベルが高いので、難しそうな顔をされますが、 これらの知識を得ると、健康に関する思考が変わります。
思考が変わると、調べたくなります。勉強って、そういうものだと思います。
結果的には、どちらかを選択しますが、 私は、その背景の奥深さを深く考えてしまうようになりました。 それだけ、いろいろ経験を重ねてしまったのでしょうね。ありがたいことです。
※ご興味のある方は、糖尿病の食事療法を専門にしている管理栄養士さんにご相談ください。 いろんな情報を持っているはずです(^−^)♪
【写真:糖尿病食事療法のための食品交換表第6版(日本糖尿病協会・文光堂)】


平成23年9月5日

一番いいのは何時?

講演会で、健康体操を紹介した際、 体操を体験したらとても気持ちがよかったので、
それを何時やったらいいのか?
一番効果のある時間はいつですか?・・・
というような質問をよく受けます。
すぐやる気になってくださったんだ〜!と、 私はその気持ちが嬉しくなります。
ところが、私は・・・、
「一番いい」という思考を、 健康教育(運動指導)では、しない(避ける)ようにしています。 効果のある運動プログラムの研究をすればするほど、一番はないからです。

その人にとって、おすすめの運動プログラムに優先順序はあると思いますが、 運動療法や健康体操は、これだけやっておけば病気の予防や改善になる、 という思考は当てはまりません。
もちろん、体操をする時間も、一番いい時間、という思考はありません。 ので、私はこう答えてしまいます。

「いつでも、どこでも、何度でも(^−^)♪」 「必要な時に、からだの声を聞ききながら、
必要な内容の体操をしてください♪」

「こころ」と「からだ」は一日中変化しつづけています。 変化に合わせて、適切なアプローチが必要です。
また、自覚している健康課題がある場合は、 その課題解決にむけて、アプローチ策が必要になります。
朝は、目覚めるために・・・、
昼は、昼の活動を快適にするために・・・、
夕方は、その日の疲れをとるために・・・、
夜は、心安らかに眠るために・・・。

腰痛、肩こり、膝痛などの痛みがある人は、
痛みを予防したり改善するために、 必要な、時間を見つけて、一日に数回、 目的に合わせたメンテナンス体操をします。

生活習慣病で治療中の人は、
病気と関連している臓器や器官の調子と筋肉の代謝を促して、 健康な代謝のできる「こころ」と「からだ」を つくるメンテナンス運動を、 食事とのタイミングをみながら、一日に数回に分けて行います。
・・・・・など。

症例を紹介しながらお話すると、 皆さん、ああそうか!と納得くださいます。 そして、「私の場合はどうしたらいい?」と質問が増えて、講演後は、 熱のこもった濃厚な(笑)時間になります。
先日の講演会も、そんな話題で盛り上がりましたね(^−^)。
みなさん、ありがとうございました♪

【写真:帰省した時の、鳥取の朝の風景♪】


平成23年9月5日

おひさまパン焼きました!

今年もお日さまパンをつくりました。
絵本『おひさまパン』()を前の日に読んで、 やる気を膨らまして眠りました。
姪っ子(8歳と5歳)達と汗をブルブルかきながら、 力を合わせてこねたパンです。
今年は、メープルシロップを活用してつくりました。 ほんのり甘〜い感じのする、パンができました。
「おいしくなぁ〜れ♪」
「おいしくなぁ〜れ♪」
「おいしくなぁ〜れ♪」

・・・・・・
ずっと呪文のように唱えてこねました。
この日は、天気予報は曇り。 朝からどんより雲が東の空を覆っていました。
ので、パンをつくる前に、空に向かってお願いをしました。
「神様、いつもありがとうございます。 これから、お日様パンをつくります。 どうか、お日様パワーをください。よろしくおねがいします。」 このような内容を姪っ子とお祈りしました。
そうしたら・・・(^−^)。
なんてうれしいんでしょう!
ベンチタイムでは、お日さま登場!!!
お日さまパワーを「こころ」と「からだ」にチャージするダンス?をして、 パンに、お日さまパワーをたっぷり♪入れることができました!!
(実は、これがとっても楽しいので、パンをつくっています)
・・・・・・
子ども達と神様は、仲良しのような気がします。
どうして、その感覚を、私たちは、成長するにつれて…見失ってしまうのでしょうか?
その感覚は健康づくりの基本のように思います。 ステキなパンづくりでした。家族に感謝の一日でした。 みんなぁ〜、ありがとう〜〜♪

【写真:焼く前と焼いた後の、おひさまパン♪】


平成23年8月25日

暑いケド…秋の?体操

平成23年8月24日の水曜市場体操教室は、蒸し暑い時間の開催でした。 涼しくなって、また暑い日が始まりました。 気圧や気温・湿度等の変化に…「からだ」にネガティブがある方々はお辛いご様子でした。 私も右顔の麻痺部がムズムズ痛の一日でした。
蒸し暑いのは苦手な方は多いと思います。 が、蒸し暑さに適応させてあげれば、筋肉は動きやすい時期です。 立秋を過ぎているので、「からだ」は秋モードに転換しています。 代謝が盛んで、動きやすい夏が終わり、 代謝がトーンダウンする秋モードになっている「からだ」に対して、 秋のメンテナンス(健康体操の考え方など)を紹介しよう。 と思い家をでました。
・・・・・・
ところが、参加されている方々と会話しているうちに…お伝えするのを忘れて帰ってしまいました。 ごめんなさい(^−^)♪。
それでも、内容は秋モード体操になりました。 ちょうど、二の腕のたるみが話題になり、それを解消する体操をしながら、 リンパマッサージと関連する筋肉のメンテナンス体操をしっかりできました。 呼吸コンディショニングもバッチリ!できました。
そうなんです。
秋は、リンパマッサージをピンポイントで行って、 しっかり筋肉へ柔軟体操をしてあげることが、 秋の代謝ダウンへのアプローチ。
日常動作の癖の解消や、低下した筋力をメンテナンスして、 やがて訪れる冬に向かって 体力チャージをします。 がんばってガンガンからだを動かすのではなく、 円滑に楽しく、いい気持ちで、全ての筋肉を活用します。 ついでに、ボディーラインもスッキリしたい希望の方は多いみたい。
・・・・
続きは来月もします。 皆さんよろしくおねがいしますね♪

体操中は、硬〜くなっている筋肉を動かすのが鈍かったり、痛かったり?しましたが…、 最後の呼吸ワーク後は、スッキリいい気持ちになりましたね(^ー^)♪ 皆さんの、その気持ちよさそうな〜笑心地の〜お顔を見ることができると、 私は本当にうれしいです。ありがとうございます♪

★次回の水曜市場【健康体操教室】は、9月7日(参加費お一人様500円。)
今月は、私の都合で第1水曜日に、変更になりました。よろしくお願いいたします。
【写真:買った藤沢の梨♪ & 水曜市場11時頃 小松菜と私♪ 
                朝はテーブルには品物がいっぱいです♪】


平成23年8月10日

紅茶セミナー

平成23年8月6日は、ブンブン紅茶店の紅茶セミナーに参加しました。
講師の初鹿野先生の上品な説明を聞きながら、 なんとも優雅な時間を過ごしました。 私は、いつも、バタバタして、心静かにじっくり… お話を聞く機会が少なくなっているのがわかり、とても良い時間でした。 紅茶の美味しさを深くじっくり味わってみたい♪ そんな気持ちになりました。
ありがとうございます。

1909年の古書に直接触れることができたのも、喜びの1つです。
イギリスの食文化は、初めて認識する文化でした。
この日は、プティングがテーマ。
私はプリン?程度の知識しかなかったので、驚きばかりでした。
お菓子として定番かと思ったら全く違いました。
ローストビーフの付け合わせ、など、いろんなお話を伺いました。

そして、紅茶の入れ方の実演に、さらにビックリ!
こんなに手間をかけるのね…。
というのか感想でしたが、茶葉を美味しく抽出するためには必須でした。 講師の先生のご説明に、大大大ナットクをして帰りました♪
早速、家でためしたら、本当に美味しい紅茶でした。 ブンブン紅茶店で購入した紅茶のチカラを発揮しないまま、飲んでいた私は、 この日、改心しました(^−^)♪
ありがとうございます♪
★ブンブン紅茶店のホームページ
【写真:セミナーの日の写真いろいろ…♪】


平成23年8月9日

よく行く花屋さん♪

大船の観音様の下にある花屋さんは、私の癒しの場です。
鎌倉に引っ越して、水曜市場に次いで、 私のお友達になってくださった方々が、HANAYA SAKURAのご夫婦です。
ありがとうございます♪
私は、昔からお花屋さんが大好きです。
お花や葉っぱがたくさんあって、心地よいエネルギーで満ちているからです。
そして、一番楽しみなのは、花屋さんが花束をつくっている手をみることです。

魔法使いのような、その手は、お客様の注文に合わせて、 自然な動きで花を組み合わせて…花束にしていきます。
とてもステキな美しい作業です。
その過程を、のんびり、見るのが大好きです。
ので、私がお店に入った時に、
お客様から花束の注文があると、うれしくなってしまいます。
店主がお花の話をする時の、お顔も見逃せません。
我が子のように愛おしい目でお話しくださいます。
いいなぁ。お花もいいけど、人もいい。ステキな場所です。
いつも長居して、すいませんね(^−^)
・・・・
気がついたら、定期的にお花を数本買いに通っています。
お花は不思議です。
お部屋にお花がちょっとあるだけで、いい気持ちになります。 これからも、通わせてくださいませ♪
よろしくおねがいします♪
★花や SAKURAホームページ
【写真:ミニブーケ作成中…短時間に3つ♪♪】


平成23年8月9日

いい気持ちの時間

「こころ」と「からだ」が心地よい時間は、いいですね。 大自然の営みの中で、自然と一体化しているような気分になれる時は、本当に、いい気持ちです。そんな「いい気持ち」を、自分でつくることはできますか? 「こころ」も「からだ」も心地よい時間をつくりたい。 笑心地(えみここち)の健康体操で皆さんをナビゲートしたいのが、 その…、「こころ」と「からだ」がいい気持ちの時間です。
気持ちが良くて、心地いいから、自然に笑顔になってしまう。
ニッコリ ニコニコ いい感じ♪
「いのち」がほほ笑む いい感じ♪ …の感じです。
笑心地という言葉が浮かぶ前から、そのイメージがあったみたいです。
そして、近年では、「こころ」と「からだ」の心地よい感覚をみつけるために、 「いのち」の波調を感じてもらうよう誘う指導になりました。
どうやって???
へぇ〜?ちょっとアヤシイ!?
などと、言われることもありますが、 健康体操として行うので、その心配や誤解は、 その場で、すぐ解消されるようです。
セルフケアのマッサージや体操をしながら・・・、 「こころ」と「からだ」を感じてみたら、そこに「いのち」の感じがあった。
それを感じたら、いい気持ちになるみたい。
・・・・
指導している私も、だんだんそれを認めるようになって、 勉強&研究するようになりました。
そうしたら、運動効果が高くなりました。
そうしているうちに・・・、私の教室を経験した方々から、 「ありがとう体操」と呼ばれるようになりました。
・・・・・・
先日、仕事先で知り合った方に、
「最初から、ありがとう体操じゃなかったんですか?」
と聞かれて、私は「最初から、笑心地の健康体操、運動療法です。」と答えましたが、 私の考えていることと、それを体験する人では、印象が方が違うんだ。 と思い直しました。それで、いいと思っています(^−^)♪
いい気持ちの時間。これからも真心をこめて、おつとめさせていただきます。
【写真:鹿児島神宮の樹♪】


平成23年8月9日

講演会の感想に御礼♪

岡村さんの話は、病気の「からだ」についての話じゃなかったのがよかった。
健康な(代謝の良い)状態の「からだ」についての話が勉強になった。
体操の実技があったのもよかった(^−^)。参加してよかった。

先日、このような、とてもうれしいお言葉を頂戴しました。
その方々の話によると…、 健康をテーマにした講演会といえば 、一般的に病気の「こころ」と「からだ」について医学的な話が多いのだそうです。
○○という病気は、どこそこがこんなに悪くなります。
その原因は、○○●○◎××です。
予防は、○◎しましょう。
というパターン。
耳からの情報が多く、ネガティブな印象の講演会が多いのだそうです。
確かにそうですよね。。。そうなりがちです。
私の業界の言葉を使えば、
健康講演会では、医療従事者もしくは専門家が、 病態(病気の状態)を説明して、その治療法や予防方法に関して 、最新情報提供する、というパターン。
個人的には、もっと楽しく病気のことを学べる体験型の講演会がいいなぁ…と思っています。 そして、病気については、医療従事者や専門家はわかっていても、 一般庶民が理解できる内容にして講演会をする必要があるなぁ…と思って工夫しています。

といいながら、創意工夫の努力をしていますが、参加者の方々に・・・
「ムツカシイよぉ〜〜〜!」と言われてしまうことが多いです。
先日の講演会でも、「ムツカシカッタ…!」と言われてしまいました。
しかし、救いだったのが、冒頭の言葉を下さった方のお言葉でした。 ありがとうございました。

健康づくりには、病気の情報は必要ですが、 病気にならないようにするための予防情報や、 病気を改善するための情報がもっと必要だと思います。
「病気」の説明は、医療従事者や治療を専門にしている方々の得意分野。 私の得意分野は、調子のいい状態(正常な状態)の「こころ」と「からだ」です。 この講演会の時は、この違いが話題になりました。 そうですね。 私も再認識をさせていただきました。 ありがとうございます。
【写真:鹿児島、新田神社(だと思う)の大楠♪】


平成23年8月9日

ハイヒール履くなら…!

高校の非常勤講師をしていた時、 女子生徒との会話で、オシャレをすると、 腰痛、膝痛、足指痛になると聞きました。 高校2年生になると、休日は私服でオシャレをして楽しむ年頃です。 そのオシャレ話をする女の子達は可愛いなぁ、と思います。 そんな中、ある日、ハイヒールを履いてレジャー施設に出かけたら、 腰痛になった女の子がいました。 他の女子生徒に聞いてみると…膝痛や足指痛はよくある、と聞きました。
そこで、私は授業のプログラムでは、 フットセラピーやリンパマッサージなどの体調改善運動をしていましたが、
1つ、足りない運動要素があることに気が付きました。
あぁ!体調改善ではなくて、目的達成型のレッスンをしなくてはならない!ということです。 これは以前、専門学校の講師をしていた時も、同じ状況がありました。 そこで、私は次のような言葉を連呼してしまいました。
「ハイヒールを履くなら、ヒールが履ける体力にレベルアップしなさい♪」
「ヒール履いて、駅の階段を走れるくらいの運動感覚を養いなさい♪」
「それができないなら、ローヒールにしなさい♪」
「お金をためて、足をサイエンスした、値段の高いヒールを買いなさい♪」
授業で、詳しくその理由を話しました。
活用したい筋肉についても、動きを例示して紹介しました。 どんなにオシャレでも、歩き方が悪いと、かっこ悪いからです。
私は過去に、舞台で6〜12cmのヒールで、踊ったりパフォーマンスをしていました。 だから、どんな体力と身体感覚が必要か知っています。 当時は、そのための稽古を習慣にしていました。
など。いろいろお話しましたね(^−^)。
授業が終わった後、
「先生、超〜ためになったよ。ありがとう。」 「これからは、ヒール履いても疲れないようにフットセラピーやストレッチを、 家でやってみるね。」など、感想を教えてくれました。
その後、あの女子達は、どうしているのかしら?と、先日思い出しました。
丁度、駅のトイレで慣れないヒールを履いて、 疲れてしまった女の子達の会話を聞いたからです。
ハイヒールを履いて、ステキに歩けて、疲れを解消できる。 そんな女性が増えますように〜〜〜♪エールを送ります(^−^)♪

【写真:上越新幹線のホーム、沢山の…気の毒な?ハイヒール足に出会いました♪】


平成23年8月9日

おひさまパン!!

明日、鳥取へ帰省します。
帰省した時は、姪っ子達と力を合わせて(?)、
お日様パンをつくります。
写真は去年のお日様パンです。
ナッツを詰めたら、ちょっとおもしろい顔になってしまいました。
『おひさまパン』エリサ・クレヴェン作・絵 江國香織 訳 (金の星社)という絵本のレシピをちょっと変えて、つくっています。

この絵本は、心が温かくなるので私は大好きです。 絵をみながら、いろんな話を子どもたちとするのが大好きです。

お掃除が大変ですが、 とっても楽しくて、汗がでる(笑)、愉快なパンづくりタイム。 「こころ」にお日様をチャージするパンつくりです。
みんなの心にお日様を届けるパンを焼こう!
って、いろんなおまじないをしながら、つくります。
みんな、まっててね(^−^)♪

生活習慣病の運動療法指導をしている時、病気でお悩みの方々に接していて、 お日様の心を届けてあげたい、と思うようになりました。
私のレッスンで、この絵本をご覧になった方は多いと思います。 一緒に、優しい笑顔になりましたね。
介護施設でもリハビリ教室でも紹介しました。
言葉ではない、絵を通したコミュニケーション。
絵本を活用すると…理屈ではない、 「こころ」のスマイルコミュニケーションが可能です。 絵本に感謝♪♪お日様に感謝♪♪
【写真:去年のパンつくり写真】


平成23年8月9日

自分が変わった方が…♪

自分が変わった方が、早い♪
といいながら…、
なかなか「こころ」が変わらなくて…
困ったり、イライラしたりして
、 感情コントロールができなくなる時があります。
理屈ではない、感情の世界です。
私も、なかなか…ムツカシイなぁ…。
と自分の「こころ」と向き合う時があります。
それでも、以前の私に比べて、今の私は、変わるのが早くなったと思います。 ありがたいことです♪ いろんな人の出会いに助けられ、今があります。 そのご縁に感謝をして止みません。 ありがとうございます。
近年、どうやったら、今の私が変われるのかな?
ということを考え、工夫を始めました。
私が生まれ持った気質や性質は、変えることはできませんので、 そうでない部分の私を、私は変えたい、と思っています。 うまく表現できませんが、 「いのち」はキラキラ輝かせて、それに曇りや汚れがついていたら、 それをお掃除するイメージです。
・・・・
私の専門は健康づくりですから、 健康に関連した「こころ」があります。
ので、
皆さんの健康づくりのお役に立とうと思って、 私の健康課題に関連している、「こころ」私は私を変えたい、と思うようになりました。

ちょこっと…「こころ」を変えると「からだ」は変わります。 運動療法の現場で、それを実感しています。
人に心を変えることを誘っているのですから、 私が実践しないわけにはいかなくなって…今に至る、 というのが理由かもしれません。
理由はどうあれ、そのおかげで、 私は私の「からだ」を通して、 自分の「こころ」を感じる工夫ができるようになりました。
でもやっぱり…ムツカシイねぇ。。 とつぶやく事も多いですが、 気長に、続けることにします(^−^)♪

【写真:ブンブン紅茶店の朝顔♪】


平成23年7月28日

残念でした(^−^)!

膝痛、腰痛や頸椎の疾患でお悩みの方々にレッスンをしていると・・・。 「なおった。」という会話を良く使われています。
病院での運動療法の時も、地域の保健センターでの改善教室の時も…、 「なおった。」と表現されます。
正しい専門知識をご存じない方々ですから、仕方がないとは思いますが、 私は専門家ですから、状況を察するに…「治る」はなかなか使えません。
何がなおったか?というと、 皆さんは、痛みが感じられなくなったから「なおった」と言われていました。 痛みと脊椎や関節の疾患でお悩みの方々には、残念ですが、 「痛みが感じられなくなった」という自覚だけでは、 なおったわけではありませんから、 指導の際に、次の言葉を良く使います。 (隠れている「痛み」もあるからです。状況は複雑です。)
「残念でした〜!それは、なおってないよ〜(^−^)!」
変形性膝関節症、脊椎(頸椎や腰椎)の椎間板ヘルニアや肩関節周囲炎などでお悩み方々や、 交通事故等で骨や関節にトラブルがある方々にそれをお伝えすると、 皆さん、ショック!だそうです。

お辛い現実に、心情はお察ししますが、いつまでもドラマやシネマのような文学的思考をしていたら、 良くなりません。
運動療法では、なおるアプローチよりも、現状を正常化することに重点をしぼります。
(そうすると、からだの動きが良くなり、身体的な苦痛がなくなる人が多いからです。 加えて、日常生活や仕事を円滑に行うことができます。)
調子のいい所はもっと良くして、 痛む所は、現状維持の部分と、痛む部位であっても運動が可能な所(筋肉)には、 適した運動を効かせる、という考え方です。 これにより、骨格が修正され、筋肉の動きがよくなり、 痛みが軽減されます。
見た目の姿勢も変化します。 (来た時は、エレベータ、お帰りは階段を自力で降りる、という行動になります。 自宅までタクシーの人が徒歩で帰宅されたりします。)
私は、このメソッドをいろんな方々に知っていただきたいと考えています。
ですから、私に「残念でした〜!」と言われても、だいじょうぶ(^−^)!!
それを乗り越える知識と経験を積んだら…スマイルモードの人生になります♪
どうぞ、ご一緒くださいませ♪
【写真:昨年お参りした、建長寺の蓮】


平成23年7月28日

さすり加減の伝達♪

7月27日の水曜市場の健康体操教室〜ありがとう体操〜は、 新しい参加者の方がお二人来てくださり、うれしかったです。 ありがとうございました。
この日は、呼吸に関連したマッサージ体操と呼吸法を念入りに行いました。 また、今月、口内炎に悩まされた私の体験談をもとにした、 リンパマッサージ体操もご紹介しました。 肩の脱力&呼吸(ブレス)体操もしましたね。 他にもいろいろ、体操しました(^−^)♪
首や肩のリンパマッサージをする時は、 腕の重さを感じる体操をすると、肩〜首の筋肉さんが、とってもよろこびます。
この日、皆さんが気持ちよさそうに体操をしてくださっている様子に、 私もいい気持ちになりました。

リンパマッサージや筋肉のマッサージを行う時は、 私はできるだけ、皆さんのお身体のパーツ(目的部位)を触らせてもらいます。 「このように触れて、このようにさすって(ほぐして)ください。」 そんな気持ちで、触り方、さすり加減を、触りながら伝えます。 できるだけ、その人の「からだ」の様子に合わせて手を当てるようにしています。
そうすると…
「先生のは違うんだよね〜。」
「自分でやるより、やわらかい触り方で、気持ちいい」
「こんなに優しくていいの??」
「自分でやってみると…ムツカシイなぁ。。。」
などと、お声が返ってきます。
口で伝えられないことは「からだ」で伝える。 そして、「からだ」に覚えて帰ってもらう。 身体感覚の養成には欠かせないアプローチです。
一度体験した「気持ちが良い感覚」は、「からだ」に記憶されます。 その良い感覚をたよりに…自宅に帰ってからの実践が工夫されていきます。

水曜市場の健康体操教室には、 教室で体感した感覚を自宅に持ち帰って、 アレコレ…思考錯誤しながら続けてくださっている人がいます。
そして、その方々は、確実に良好な変化が起きています。
そのご報告をいただく度に、うれしさが倍増していきます。 この日も、いい報告を伺いました♪ 皆さん、ありがとうございます(^−^)♪
★次回の水曜市場健康体操教室は8月24日、14:00〜15:00 参加費500円です。
【写真:水曜市場で私が買った品々♪】


平成23年7月26日

色鉛筆削ると…

私は、小さな頃から色鉛筆が大好きです。
資料の挿絵や、解剖学のイラストを描くようになってからは、 メーカーを選んで色鉛筆を買うようになりました。 そして、集めたのが写真の色鉛筆です。
今日、色鉛筆を全部削りました。
そこで、きがつきました。
私は、体調を崩した後、良くなると…色鉛筆を削る習慣があるようです。
逆に言うと、
体調が悪くなると、色鉛筆を削らなくなる。
・・・・
その前に、食事の支度と後片付けが面倒になる。
そして、掃除の頻度が少なくなる。
洗濯物のたたみ方が、テキトーになる。
・・・・
ありゃ〜。
家事に余裕がなくなる=疲労状態or体調不調のサインなんだ〜〜。

理屈では、わかっていても、どうにもならないケースが、私にはよくあります。
次回からは、気がついたら、
トラブル(体調不調)が軽いうちに、
体調アップ策(睡眠・食事・メンテナンス運動)と、
「こころ」との調和策を試みたいものです。
そう思いながら、色鉛筆を削りました。
みなさんは、ありませんか?
生活習慣(日常生活)の中に出てくる「体調不良のサイン行動」。

【写真:今日削った色鉛筆と削りカス♪】


平成23年7月26日

久しぶりのギター(2)

実は、近年、私は、体調不調のまま…仕事をし続けています。
皆様からは、「元気そうね!」と言われることが多いのですが、 その都度、その日の体調をお伝えして、 コンディショニング(からだの手入れ)運動の必要性をお話しています。
「いいえ、今日も冷え症タイプで、胃の調子がイマイチ△です。」
「今日は、耳下リンパが腫れて、口内炎が2つあります。」
「目の疲労と、首のコリ(交通事故後のダメージ)がありますよ。」
「なんだか、睡眠が浅い感じで目覚めました〜。」
「午前中はOKでしたが、午後になったら、ふくらはぎが重くだるいです。」
など。

「からだ」の不調=難儀苦労は、実は毎日あるのかもしれません。 ですが、2年前の状態から比べると、いいです(^−^)♪ そして、私は、この2年間「からだ」に教えてもらってばかりいます。
「からだ」を悪くしたのは「わたし自身」であること。 「こころ」が「からだ」をつくっている、ということ。など。。
この2年間、私は、「からだ」をきっかけに、 私自身の「こころ」を受け入れることができました。
久しぶりのギターの指の練習は、 筋肉が鈍くて疲れましたが、 今まで私が弾いていた音とは異なる感じの音に聞こえました。
久しぶり過ぎて、耳の感度も鈍くなっているのかもしれませんが、 今日、やっと、弾けました!という達成感と、 同時に、2年前の私と、今の私の変化の確認をさせてもらえました。 ギターさん、ありがとう(^−^)♪ そして、「からだ」さん、ありがとう♪
気づかせてくださった全てに感謝の気持ちでいっぱいです。 ありがとうございます。
【写真:2年前の8月の鳥取砂丘です。お盆に帰省したら出かけようと思います♪】


平成23年7月26日

久しぶりのギター(1)

久しぶりに…クラシックギターを出して指の練習をしました。 すっかり、表現する「こころ」を活用するのも、忘れていたことに気が付きました。 ギターさん、ごめんなさいね。と抱えて、指の練習をしました。
久しぶりの私のギターの音色は、最初は雲っていました。 だんだん…指が慣れてきたら…♪ ギターが音を私に返してくれはじめました。 (私は、ギターは生きていると思っています^−^)♪
久しぶりの、ギターを弾く感覚が心地よく、うれしいひと時でした。 とはいえ…久しぶりです。筋肉が疲労して15分で終わりにしました。 それでも、うれしくて大満足になりました。 (ギターさん、ありがとう!!)
2年前、体調を崩した時、私は食べられなくなりました。
休んでも眠れなくなり、みるみる脆弱化しました。
そして、爪は、どんどん色が悪くなり、もろくなり、折れやすくなりました。 もちろん、ギターも弾けなくなりました。
この「からだ」の変化に、 爪は健康状態をリアルタイムに教えてくれる外皮の一部だと気づかせてもらい、 元気な爪の代謝になるように努力をはじめました。
今日、やっと!
ギターを弾きながら、爪の調子が良くなっているのを感じました。
あんまりうれしいので、ブログにかきました。
この調子で、いい爪が生えるよう、体調アップ大作戦!をつづけますね(^−^)♪
爪の健康については、またの機会にお話ししますね。
【写真:私のクラシックギター♪】


平成23年7月21日

暑いのが夏だよ!

先日の水曜市場で、つい笑みこぼれてしまいました。 市場にはとても働き者の男性陣がいます。 超ニコニコ顔で、私に教えてくれました。
「H-aさんに、バシッと、言われちゃったよ。」
「朝から…暑い、暑いって言ってたらさ〜、 『なぁーに言ってんの、暑いのが夏だよ!』ってさ〜、言われちゃったよ。」
気持ちのいいステキな話に聞こえました。

私もよく使っている言葉「暑いのが夏♪」を、 H-aさんは、朗らかにご活用されていました。聞いていて気持ちが良いです。
加えて、このH-aさんは、身体感覚がとても自然です。 「からだ」が暑くなる前に…、ちゃんとレスキュー行動をされています。 酷暑の中、お野菜を一軒一軒…お客様へお届けします。 台風がきたって、昨日も雨の中、配達に出かけて、 スマイルモードでかえってこられました。 まったく頭が下がります。
水曜市場には、他にもご紹介したいステキなメンバーが勢揃いしています。 いつも頭が下がる思いをして、帰ります。 人が集うと、人情いろいろあるはずです。 私もいろいろ難儀苦労を経験しました。迷惑をかけたりしました 。人が集まると人間関係が悩み事になります。
が、水曜市場は違います。 質の良いコミュニケーションを、実にナチュラルにし続けている… 人の集まりのように思います。 とっても勉強になっています。みなさん、ありがとうございます♪
【写真:今週買った水曜市場の大にんにく。比較のためスーパーのニンニクとうつしました♪】


平成23年7月21日

夏だから…筋肉調整♪

7月13日の水曜市場の健康体操教室は、ゆる〜いリラックスモードで始まりました。 太ももをさすって・・・・足さんありがとう〜♪と声掛けをしながら始めました。
この日の私は、口内炎が多発して右頬がはれていました。 蓄膿頭痛もややあり…レスキューにリンパマッサージをしている話をしたら、 「前回紹介した、目のマッサージをしていたら…副鼻腔炎になりました」、 という方がいらっしゃいました。今まで、リンパマッサージをしていなかった人が、 マッサージ方法と体操を覚えてアレコレ始めると…筋肉が解放されて、 今まで細胞内に蓄積していた老廃物がドドッと出ようとします。 教室で覚えたことを日々の生活で実践してくださることをうれしく思いつつも、 実は、浄化作用で、鼻水、タンなどが増えることをお伝えし忘れて言いました。 ごめんなさいね。(そして、この日、それを伝え忘れたように思い出しました。 重ねてごめんなさい。)

少し体操をしては・・・会話が弾む。 体操や動きに関連して、今までの実践結果を報告してくださったり、 現状の欲求をお話くださったり…いろんな会話がありました。 そんな時間になりました。
そんな中、私は再確認しました。 暑さの影響で、からだの中が熱くトロけてしまいそう…なので、 筋肉はどんどん柔らかくなるんじゃないか?と以前聞かれたことがありましたが、 そんなことはありません。
疲労して硬くなったり、弱くなって硬くなった筋肉は、硬いままです。 リンパの流れと運動神経の働きをメンテナンスしてあげないと、 柔らかくて調子のいい筋肉にはならないな!脚後部の柔軟体操をしながら思いました。
来週(7/27)も、のんびり&ゆる〜いモードで 「からだ」のメンテナンス体操をしようと思います。
★次回の 水曜市場健康体操教室は、7月27日 14:00〜15:00 参加費お一人500円です♪

【写真:小松菜!一週間冷蔵庫で出番を待っていました。シャキシャキいい感じ♪】


平成23年7月11日

話しかけ…大切にしたい

「ありがとう体操」では、リンパマッサージなどをしながら、「からだ」に話しかけます。
「いつも、ありがとう〜!」
「働きモノの、いい腕ですねぇ〜!」
「あなたが働いてくれるから、歩けるのよぉ〜♪ありがとう〜♪」
「(膝痛)痛くして、ごめんね、これからもよろしくね。。」
「麻痺させちゃったね。辛いね。これからよくなろうね〜♪」
「手入れ不足で、ごめんなさい。これからもよろしくお願いします。」
・・・・
感謝はもちろん。 お詫びや労いの言葉をかけながら、「からだ」をさわってもらいます。 ご自身はもちろん、ご家族、知人、友人にもご活用いただいています。
「からだ」は、いずれ、土(自然)に返します。 あの世には持っていくことができないので、 「からだ」は「借りモノ」と言う表現をするそうです。 私は、本当にそうだなぁ、と思いました。
それからです、「借りたからだ」だから、 真心をこめて話しかけて、 調子よい細胞の代謝が行われるようにメンテナンスする時間をつくろう、 と思うようになりました。
返す時は、多くの方が、お年寄りですね。 病気になったまま亡くなるのではなく、 私はやっぱり、病気は治して、クリアして、「借りたからだ」をお返ししたい。 そう思うようになり、その思いを伝えたい、と思っています。。
私は、12年前に交通事故で難儀をする「からだ」になりました。 2年前、体調不良で倒れてしまい、今も体調不良と向き合いながら、 笑心地の生活を試みつづけています。 確かに、「からだ」に不都合は多いですが、「こころ」は心地いいです。 この調子で、ニコニコ元氣をつくろうと思います。
だから、「からだ」に話しかけるのかなぁ??と思ったりします。
「からだ」にお話しかける解剖学的な理由(利点や効果)については、いつかお話しますね。

【写真:諏訪大社前社付近で撮りました♪夏の花ステキです♪】


平成23年7月11日

「やせたい!」のなら…

先日(といってもだいぶ前) 、都内の教室で、「やせたい!!」を切望されました。 TVや雑誌の情報に、心がすっかり迷子になっている方が多いように思います。 「からだ」の真実を語ると、そこにドラマ性がなくなる、 というようなことを脚本家や演出家の方に言われてしまったことがあります。 ゆえに、正しい知識を持たない方々は、TVメディア情報に迷わされながら、 情報に一喜一憂してしまうようです。 気の毒ですが…、その情報は、貴方様の健康をアップさせる内容ではありません。 と、言ってしまうことが多いです。 ゴメンナサイネ。
迷う情報が多い世の中です。 だから、正しい情報と実践方法を知っている人を探して、 教えてもらえるように良縁を祈るしかないのかもしれません。 私も、本当のことを教えてもらえるよう祈って止まない今日この頃です。

さて、タイトルの「やせたい!」のなら…、のつづきです。
単純なサイズダウンでは、体力ダウン、代謝ダウン、 自律神経のエラーなどの問題を引き起こしてしまうので、 その「やせたい!」は「どうなりたい!」のかを伺います。
そうすると・・・。
「やせたい!」を「からだ」の何がどうなったらいいのかがクローズアップされました。
A 皮下脂肪の減少。
B むくみの改善。
C 筋肉のたるみ、かたさの改善。
というのがTOP3に上がります。
これに加えて、
@「太りにくい体質になりたい!」
A「からだが軽く動けるようになりたい!=若々しい動き」
という2つが上がります。
サイズダウン、ウエイトダウンとセットで得たいのは、ABCと@Aでした。 これなら、私の専門領域です。
・・・・
A ⇒ 筋肉で皮下脂肪を燃焼させたらいい。
   and燃やせるチカラ(有酸素能力)を高めたらいい。
B ⇒ 滞った水分(体液)を排泄できるようにしたらいい。
   リンパの流れをよくしてあげたらいい。
   むくみに関連する筋肉の調子をよくしてあげたらいい。
   内臓の調子をよくしてあげたらいい。
C ⇒ 筋肉の調子を良くしてあげたらいい。
   運動神経の働き感度を良好に促してあげたらいい。
これらABCの「してあげたらいい」ことを習慣化すると、 @Aはクリアできるようになります。 (そんなに沢山あるのぉ???とよく言われます♪)

これらは、健康運動、という観点ですが、 食事や睡眠、生活スタイル、「こころ」の持ち方&生かし方も大切です。
「からだ」は毎日生まれ変わっています。 その生まれ変わりが調子よく行われるように、 「からだ」の手入れメンテナンスが必要な時代です。 「からだ」の改良=バージョンアップしたいですね。

教室では、全部お話することは、しませんでしたが、 TVメディアとは異なり、「ムツカシイわねぇ〜!!」とかえってきました。 (そうですね。わたしも、そう思います。簡単にはいかないので、仕方がないです。)

手間と時間と、「こころ」の改良等々が必要ですが、続けていると…月日を経て…、 「こころ」と「からだ」が変わっていく楽しさ、心地よさを体得することができます。 私がご提案する、笑心地の健康づくりは、 その心地よさを見つけてもらうためにあるのかもしれません。

明日、都内教室です。皆さんにお会いできるのが楽しみです♪
【写真:諏訪大社上社の付近の、ひまわり畑ステキでした♪】


平成23年7月11日

「やらないよね〜!」

先日、連呼されました。
「先生に教わった○○は、やらないよね〜〜!!」
ズバリ!と言われてしまいました。
もちろん、そんなことを言われても、私は経験豊富になりました。
「あらあら…そうですかぁ〜??」
「それでは、どうしたいですか?」
「すいませんね、ムツカシイことを私はお伝えしているのですねぇ。。」
「やりたくないなら、おかえりになってもかまいませんよ〜♪」
「やらないでいたら、どうなるとおもいますか?」
「私がお伝えする○○をやらなくてもいいような、調子の良いからだになりたいですね♪」
・・・・
状況に合わせて、会話を重ねながら、 いろんなお言葉をかえして様子を伺います。 発言してしまうのには、理由があるからです。 その理由を察しての、スマイルフォローができたらいいな♪ という気持ちで、現場対応(修行?)をさせていただいています。
また、このように発言してしまわれる方を囲んで、 周囲の教室参加者の方々のフォローにも助けられることがあります。 (と書きましたが、この時は、みんなも同じ意見みたいでした♪) ありがたいことです。
今の自分を改善するために、必要なことはわかっていても、それが実行できない。 人生いろいろですから、このような状況はありますよね。
その悩みを、みんなで一緒にスマイルモードで乗り越えて、 よりよい方向へ向かうことができるよう知恵を絞り合うのが 健康教室の場であるように思います。
幸せな人生を支援する健康づくりをしたい、と考えるようになって…18年になります。 これからも精進しますので、みなさん、よろしくおねがいいたします♪
【写真:土曜日、名古屋駅の高島屋で撮った金魚♪】


平成23年7月11日

豆乳ヨーグルト♪

私がMyブームになっている、米のとぎ汁でつくる乳酸菌のつづきです。
豆乳でヨーグルトつくれました! 米のとぎ汁乳酸菌:豆乳=1:9に、1%のオリゴ糖でつくるそうでした。
いろいろ試して(というより、なんとなくいい加減な分量で)つくったのが写真の豆乳ヨーグルト。 オリゴ糖は、てんさいオリゴ糖を使いました。30ccくらい入れました。 そうしたら…。食べやすい味になりました。 米のとぎ汁提供者のE-rinにも味見をお願いして、「これならOK!」をもらいました。 うれしかったなぁ♪素朴な味です。
市販されているヨーグルトの完成度?というか、 保存料も含めていろいろ入っているのだろうな…、という話をしました。
市販されている製品は、添加物が入っている分、味覚調整されています。
濃い味のように仕立てて、美味しい感じ(脳への刺激)を促すしくみです。 故に、「からだ」の立場で感じたい「自然の味わい⇒美味しい」からは遠くなってしまいます。 食品業界に仕込まれた(?)味覚から脱する努力をしたいですね♪
実は、有酸素運動はその味覚に対して、調整効果があります。 味覚を正常に保つのに有効です。薄い味でもおいしい、と感じる味覚感覚になります。 どんな運動なのかは、説明はまたの機会にしますね。
【写真:米のとぎ汁でつくった乳酸菌♪でつくった豆乳ヨーグルト♪】


平成23年7月7日

米とぎ汁乳酸菌のつづき

先日、ご紹介した米のとぎ汁でつくる乳酸菌できました!! E-rinありがとう〜〜〜!! 初めてだったので、毎日、毎日…発酵が進む様子にウキウキしてすごしました。 そこで、気が付きました。
この米のとぎ汁の発酵の臭いは、 母乳で育てた赤ちゃんのウンチの臭いと同じです。
すばらしいね!! E-rinと、本当だねぇ〜〜!って話合いました。
乳酸菌は、ガンの予防にも注目されています。 腸内環境を整えてくれる上に、放射能物質の除去もしてくれるそうです。 スプレーに入れて、口腔に噴射したり、肺に吸い込めるようにしたりしました。 確かに、痰がよく出ます。喉の粘膜もよく反応してくれます。 土壌汚染にも活用できるそうです。

牛乳に出来上がった乳酸菌を入れて、ヨーグルトもつくってみました。 試作をくりかえして、市販の飲むヨーグルトに近い味になったのが、写真のヨーグルトです。 豆乳でもつくれるそうなので、これからつくります。
放射能については、いろんな情報が飛び交いますが、私は、事態は深刻な状況だと考えています。 毎日できることをコツコツ続けるしかありませんが、 体内浄化力を高める努力を以前より真剣に考えて行動にしています。 リンパの流れと呼吸、内臓の調子を整えることは基本ですね(^−^)♪ あ、ということは、 今まで私が提案している笑心地の健康づくり「ありがとう体操」と変わっていませんね(笑)。

【写真:できあがった米とぎ汁の乳酸菌とヨーグルト♪】


平成23年7月7日

気合いでどうにかなる?

「気合いで、なおす」
よく聞く言葉ですね。
「氣」の勉強をいろいろして、気がついたことがあります。 「氣」の次元、というかレベルは様々あるということです。 過去の歴史の中で、高次元の氣の存在を発見することがありました。 が、それはその氣を体得された方々のお話のようです。
ところが、それを現代人の現状で考えると…。 ちょっとムツカシイかなぁ・・・。と考えなおすことが多いです。
やる気や緊張感、責任感等々で気を張りつめて、 事情の難儀苦労を乗り越えた場合、 昔の人が言われていたような「気合でなおす」という次元とは異なるように思えてなりません。

「からだ」は、良い氣(正しい氣)が流れてこそ、 正常な細胞の活動が可能だからです。 勉強すれば、するほど、現代人に照らし合わせてみた時の、 言葉の矛盾にきがつきます。
会話やコミュニケーションでは成り立つ言葉かもしれませんが、 健康づくりを前提にした場合、やっぱりムツカシイなぁ・・・。 と考えてしまいます。

この暑さ、気合で乗り越える???
そんな会話を聞く事がありました。
私は内心、 その気合は、どんな理論背景があるのかしら?
(ないよなぁ。ただの会話だものねぇ)
この暑さに適応できる氣を巡らせる生活習慣と、 暑さに適応できる「こころ」と「からだ」に改良するほうが、いいと思うなぁ・・・。

【写真:竜宝寺トンネル近に咲いていました。名前忘れましたが夏の花ですね♪】


平成23年7月7日

水曜市場おいしいよ!」

写真は、昨日の水曜市場です。
前日の火曜の夕方に行くと、沢山の種類のお野菜があります。 私は、枝豆、なず、定番のトマト、きゅうり、小松菜などを買いました。 卵も買いました。 水曜市場の卵を使って卵焼きをつくると、とっても美味しいです。 私の料理の腕ではなく、素材がいいと、本当においしいおかずが出来上がります。 スーパーで買うより、味がしっかりしています。 旬採れの野菜ばかりなので、次の週にないものもあります。 それがステキ!家に畑がなくても、畑の様子(自然の営み)がわかります。 これは、とっても大切なことです。
以前、幼稚園で子ども達に、 「トマトはいつのお野菜?」と聞いたとき、 「○○スーパーだよ!」とかえってきました。
自宅に畑がある家が少ない現代です。
仕方がないのかな?それでいいのかな?
大人も子どもも季節の恵みをいただく心や感性や身体感覚がぼんやりしている。 そんな危機感を、私はずっと感じています。 健康づくりの仕事についてからずっとです。
水曜市場は、ガレージの一角です。
夏らしい環境にお野菜が売ってあります。
だから、いい。
確かに、涼しい売り場は快適ですが、
夏らしい「からだ」の身体感覚で、 お野菜を買いに行くと…「からだ」が要求しているお野菜が見つかりやすいと思います。
これも、夏の「からだ」の感覚。私は大切にしたいと考えています。
「お暑いですねぇ〜♪」という会話から、 おいしいお野菜のお買いもの会話を楽しむ方々の様子に、笑みこぼれる私です。

★来週は、14:00〜15:00は、水曜市場の健康体操教室です。楽しみです♪
【写真:昨日の水曜市場♪】


平成23年7月3日

BOOK「子どもは…」

生まれてくる「いのち」も、私の研究課題。
では、本の紹介です。
赤ちゃんは親を選んで生まれてくる、 という報告をしてくださっている産婦人科医がいらっしゃいます。 池川先生のご著書のお陰で、私は幼児教育の現場を さらに豊かに展開することができるようになりました。
私達大人は、「いのち」は大切だ、と言葉で表現はしますが、 その奥深さを勉強して、その真理を心得て、 日々実践している大人が少ない時代です。 巷の浅知恵の世間話に心を向けている場合ではありません。
「いのち」の本当のことを、私達はお互いに学んで、 人生に生かし合うことの必要性を私は強く感じています。

余談です・・・、
私は、昨年、高校生に授業で「いのち」の大切さを、 毎回…アノ手コノ手で伝える努力をしました。 その中で、この本を紹介した時、 私と高校生との「いのち」の共有感覚がつくれたように思います。
「みんな、お父さんと、お母さんを選んで生まれてきたんだよ〜。」
生徒達の様子を見ながら、コレはチャンス!と思いつき、 ある日、私は話しかけました。 生徒達の複雑な心境を察しながらも、両親を選んで生まれてきた、 という事実を彼らは素直に聞いてくれました。 そして、このことを知らないで親になっている大人が多いことも加えました。 1年間でしたが、高校生といろんな話をしました。 殆どが、私の独演会でしたが、みんな〜、 私の話を聞いてくれて、ありがとう〜〜!(余談おわり)

【写真:『子どもは親を選んで生まれてくる』(池川明著、日本教文社)の本】


平成23年7月3日

BOOK「死んだら…」

私は、生き方が亡くなり方(死に方)を方向づける。
この仕事をさせていただきながら、つくづくそう思うようになりました。 関連した書物をいろいろ探しては、読んで研究しています。
今年の、5月頃だったかな?
『死んだらおしまい、ではなかった』(大島祥明著、PHP出版)を知り、購入しました。 生き方が亡くなり方と関係することが、ズバリ、書いてありました。 ありがたい御本です。 著者の実体験が的確につづられています。 膨大な研究成果です。頭が下がる思いで読みました。 わかりやすく、慈愛のまなざしで書かれてあります。(感謝御礼の気持ちで読みました) サ〜ッと読んだままですが、読む人によりとらえ方は様々かと思います。 私には、参考になることが書いてありました。
・・・・・
幸せな人生を歩むのを支援する健康づくりを研究しよう!と決めた時、 私は、死に際(亡くなり方)の考え方について学ぶ必要がある、と心得ました。
様々な方々にご指導いただいて、今があります。
死んだらおしまい、ではありません。亡くなってからでは、手遅れです。
よろしければ、参考にしてくださいませ。
私も、これからも勉強します。
【写真:『死んだらおしまい、ではなかった』(大島祥明著、PHP出版)の本】


平成23年7月3日

心は暑さの影響受ける?

夏は暑いのが夏!
暑さ⇒酷暑に適応する「こころ」と「からだ」をつくる時代になりました。 こんなことを私は10年以上前から、テーマにして運動療法の研究をつづけています。
夏の季節は、暑さに適応するように、体温調節機能がフル活動します。 この体温調節機能が、私達の「からだ」に備わっている天然のエアコン機能です。 ところが、この天然エアコンは、その機能を引き出すような生活習慣をしていないと、 その機能は低下してしまいます。
この天然エアコン機能は、体力や疲労状態ととても関係が深いです。 体力、と表現しましたが、私は体力要素の中でも、 有酸素能力(呼吸循環機能)と関係が深いように考えています。 疲労状態というのは、脳や内臓の調子、筋肉の調子の疲労のことです。 もちろん、氣の流れも重要です。
「からだ」が暑さに適応できると…仕事も勉強も快適に行うことができます。 今の「からだ」のバージョンアップ(専門用語では「暑熱適応」)を考えて、 アプローチをしたいですね。
それと、「こころ」について。
暑さに適応できない「からだ」の不快感は、不愉快な感情を誘発します。 また、マイナス感情が蓄積していると、暑さの不快感がマイナス感を助長するようです。 心を清らか、和やかに安定させたい、と思っていても、 暑さの影響を受けて、「からだ」がヒートアップ、疲労アップしてしまうと、 ついつい…言動が荒ぶってしまいやすいです。
そんな時は、ご自身の「いのち」を感じながら… 円やかに、ゆっくりと呼吸をしてみるのはいかがでしょうか? 「こころ」や「いのち」には形がありませんので、 暑さを感じることはありません。 氣の浄化や鎮静のための時間をつくるのもオススメです。 清々しい氣が巡ると、いい気持ち。夏の自然の氣を受けて、いい気持ち。 「いのち」に感謝をしたくなります。(←これは私です。)
どんなに暑い夏でも、夏は大自然の恵みです。 どんな夏でも仲良くニコニコいい感じ♪と、 過ごせるようい知恵を出し工夫をしたいですね(^−^)♪
自然を嫌って、不足を言うと、 その嫌いや不足は「こころ」と「からだ」を不調にします。 「からだ」には、適応するチカラがあります。 それを引き出せば、いいですよね(笑)。
【写真:浅草寺のほおずき市 2008年♪】


平成23年7月3日

リンパ流したら楽〜♪

最近、たまたま出会った友人からうれしいコメントをもらいました♪
出会った時の、再会の言葉は、「今日も、暑いよね〜!!」から始まりました。 そして、その次がうれしかったです♪
「教えてもらったリンパ(マッサージ)やってると…、暑さが楽みたい〜!、 家の子どもたちは、暑い〜暑い〜って言ってるけど、私は、寝苦しくないの〜〜〜♪、 リンパさすってるからかなぁ(^−^)??」
・・・・・
(私は、ウンウン!うなずきながら聞いていました)
「そうなの〜〜〜!うれしいなぁ♪ リンパの流れをよくしてあげると、体温調節機能が働いて…、体内にこもった熱が出て行きやすくなるのよ〜〜!こう暑いと…からだは大変だよね。 私も、一日何度も、リンパ流してるよ〜〜!リンパの働きってすごいねぇ〜♪ これからも、続けようねぇ〜(^−^)♪」
・・・・・・・
というような、立ち話をしました。
熱中症の予防に欠かせないのがリンパの流れを良くするメンテナンスの体操です。 暑い!と感じたら・・・リンパの流れを促すマッサージ体操を加えてみてください。
【写真:茨城県のどこかで撮った紫陽花♪】


平成23年6月27日

やっぱり美味しい紅茶

土曜日の午後、ブンブン紅茶店でイベントのプランニングをしよう! とウキウキ気分でお店に行きました。 紫陽花シーズンで混雑する鎌倉駅を出て、 ニコニコ気分でトンネルをテクテク歩いて行きました。 そんなに遠い距離ではないのに、この日は沢山の人とすれ違いました。 テクテク鎌倉観光を楽しむ観光客でいっぱい。 すれ違うチャンスをいいことに、 私は、ついつい…人物観察をしてしまいます。 これは職業病です(笑)。
露出してくださっている脚の様子を観察します。 筋肉の状態や関節の動き、むくみ、爪の生え方など。 靴の紐の結び方、靴の履き方もです。
あぁ、腰…痛いんだろうな。
むくんでパンパンの脚、重いだろうな。
サンダルが食い込んでムチムチになっている足、歩くの辛いね。
指の生え方が…変形している足、そんな状態だから姿勢が悪いのね。
・・・・・・・・。 いろいろ。。。
毎回、鎌倉駅周辺でウォッチングさせていただいていますが、 気の毒な状態の方が多くて、本当に…気の毒に思います。 みんな、知らないんだろうな。 「からだ」の本当のことを…。 知ってほしいな〜〜!!と祈る気持ちになってしまいます。
そこで私にチャンス到来!! 大好きなブンブン紅茶店で、 夏のイベント時に、20分程度の、ちょこっと教室をさせていただくことになりました!! 聖子感激!!ブンブン紅茶店さん!ありがとうございます!! 詳細は、後日お知らせしますね♪
この日は、ケーキセットでウバティをいただきました。 あんまり美味しくて、美味しくて、追加で1ポット頼んでしまいました♪
ブンブン紅茶店のホームページ
【写真:私が飲んだ紅茶カップ♪】


平成23年6月26日

古式 こんぶ茶

5月末、呼吸(ブレス)講習会の会場近くにある、 「からほり商店街」にある 【こんぶ土居】で購入した「こんぶ茶」です。 今日のお昼ご飯の野菜の即席漬けに活用したら、終わってしまいました。
自然の味、というのは、コレだなぁ、と再確認しました。
私の「からだ」もよろこびました。「コレなら食べてもOKよ!」 そんな返事を「からだ」からもらったのが、【こんぶ土居】の製品。
注意書きに、こうあります。
化学調味料[表示上で調味料(アミノ酸等)]や酵母エキスにたよらないで、 天然の真昆布だけを使用しています。
私は、この表示の仕方がお気に入りです。
ホンモノを売りにしているお店は、ここまで注意書きをしてくれます。 【こんぶ土居】さん、ありがとうございます。
大阪といえば、たこ焼き!等の食べ物を想像されている方が多いと思います。 ところが、私は、なぜか、大阪といえば、昆布製品! そんな気持ちになっています。 なぜなら、刃物文化が非常に古く、昆布の加工には古い歴史がある町だからです。 子どもの頃、祖母が大阪みやげに、おやつ昆布をよくくれました。 その素朴な味を私の味覚は忘れていません。 この【こんぶ土居】さんの、「おやつ昆布」を食べて古い記憶を思い出しました。 お店の前を通りがかって、本当によかったと思います。
こんぶ土居ホームページ
【写真:【こんぶ土居】の「こんぶ茶」心も温かです♪】


平成23年6月23日

コメとぎ汁の乳酸菌♪

いい感じでプクプク…泡が、上がっています♪ 先ほど、ついキャップを開けて、においを嗅いでしまいました。 (いいのかなぁ・・・?発酵した感じみたいなんだけどな。という感想です)
先日、「乳酸菌と放射能物質」でご紹介した、 米のとぎ汁を発酵させてつくる乳酸菌です。 実は、このコメのとぎ汁は友人のE-rinからもらいました。
大家族はコメのとぎ汁が沢山でます。
ありがとう〜〜〜♪
昨日からの気温上昇で発酵が進んでいるみたい。
あとで、続きを調べて、試してみます(^−^)♪
ヨーグルトもつくれるそうです。 ちょいと、経過報告です。
暑い季節は、発酵シーズン。楽しみですね。
【写真:発酵中♪】


平成23年6月23日

暑いね〜♪+α

急に、暑くなりましたね〜。
昨日の水曜市場の健康体操教室は、 少し風通しのいいガレージ(お野菜売り場)に椅子を並べて、のんびり行いました。 昼食後に、ちょうど眼精疲労が話題あがったので、 目のセルフケアマッサージを紹介しました。 私もたまに行う目ケアです。 ソフトタッチの刺激に…目が気持ちよくて…眠気がフワーッと包む中、 私のソフトタッチ感触を伝授させていただきました。 上手にできると、とっても気持ちがいいです。 「こんなにソフトでいいんだぁ〜〜^−^♪」 片目を行って、左右の目を比べたら、目の大きさが違う方もいました。 疲労していると、目の周囲がむくんで、 筋肉が硬くなり、筋肉の感度が鈍ります。
このように、水曜市場の健康体操教室は、 その日、話題にでた「からだ」の悩み事をヒントに、 毎回様々なワンポイント情報を紹介しています。 今回は、目のケアでした。
気温がグングン上がり、暑い時間でした。 こんな時は、リンパの流れを良くして、 体温を正常に保つ機能(自律神経)を調整する健康体操をして、 暑さに適応する「からだ」をつくる努力をしなくてはなりません。
・・・・・・・・・
昨日の水曜市場の健康体操教室は、暑かったけど・・・。
下半身の血流を増やすマッサージ体操と、リンパマッサージと呼吸調整体操で、 全身の血流を促して⇒発汗スイッチON体操を行いました。 皆さん、暑い中、ありがとうございました! 水分の巡りと氣の巡りよい日々をお過ごしくださいませ(祈)
★次回は、7月13日(水)14:00〜15:00です。参加費は500円。
【写真:朝とりトウモロコシ♪甘くておいしかったです♪】


平成23年6月23日

病気の考え方

病気は、「こころ」や「からだ」のメッセージ。 人生からのメッセージ。「いのち」からのメッセージです。 私もわたし自身の「こころ」と「からだ」と向きあうことの難解さを知っています。 それを、他人様に仕事として行うのですから、 長い目で見守ってあげましょうよ〜。と思うようにして、精進しているところです。
が、「からだ」には限界があります。どうにもならない限界。 大難が小難に、小難が無難になってほしい。そう思い、祈ったりしませんか?
私は、健康教室の参加者の方々の中に・・・。 小難が中難に向かい、大難の兆しが見え隠れしている人をお見かけするたびに、 どうして知らしてあげようか?と悩んでしまうことがあります。 本人は、私の情報は必要ない、自分の好きにしたい、のだそうです。 (じゃぁ、何で参加しているのでしょうか?心理的要因は察しています。)
「好きにさせてよ〜。」
「いいよ〜。」と返事をしてあげたいけれど・・・。
ときどき、レッスン中に心筋梗塞などが起きたらどうしよう〜。と、心配にもなります。 ので、神頼み。ご神仏のご加護を祈って止まない今日この頃です。
人生いろいろ、病気もいろいろ、個人の好きでいいじゃない〜。 どうせ病気でしんじゃうんだから〜。そうよねぇ〜。と話している人もいます。 「それで、いいですか?」=これは、私の心の中にあるつぶやきです。
・・・・・・・・。
私は、以前、生活習慣病改善教室(もしくは膝痛腰痛教室)の生徒さんに、 こんなことを言ったそうです。
「病気になったら、死ぬのは、病気をなおしてからにしなさい!!」
筋金入りの先生、と高校生にも言われましたが、 私の中では、病気はなおすもの。 完治できなくても良くなる工夫と努力をすること。 頭の中に、このような一本の筋道が通っています。 この世を去る時は、「からだ」は土にかえします。 病気まみれで穢したまま返しては、大自然に失礼です。 だから、愛情いっぱい、感謝と真心をこめて手入れをして、 笑心地で生かして(病気はなおして)・・・土にかえそうね! と言い続けています。 そんな私です。私のレッスンを受ける人は、実は…大変ですね(笑)。
【写真:伊勢神宮内宮の鯉♪】


平成23年6月23日

「よくなりたい?」

「病気、よくなりたいですか?」 「なおりたい?」という表現もありますね。
私は、病気の方々が行う運動療法 (運動を薬のように「からだ」に効かせる運動プログラムの処方と指導) を仕事にさせてもらっています。
病院で受け持つ運動教室では、病気を改善するが目的の教室なので、 「よくなりたい。」「よくなりましょう。」という「こころ」が前提です。 だから、本気で「よくなりたい!」「なおりたい!」人は、 行動力と思考力を発展させて、どんどん良くなります。
良くなる人のケースとしては、 生活習慣病(例えば、高血圧)の発症がわかり 、最初はお薬で治療をしていたのが、食事療法の勉強と運動療法の勉強をして、 年月をかけて実践して、その間、医師の診察を参考にしながら…、 専門家のサポートを得て、実践に工夫しつづけてくださって……
年月をかけて、 お薬の量が減り、そのうち薬がなくなり、通院が減り・・・、毎年の健康診断で 、様子をチェックするだけ、というレベルに到達!という道のりを歩んでいくケースがあります。
自分一人でがんばるのではなく、医師、看護師、管理栄養士、保健師、 健康運動指導士という専門家のサポートを活用してくださったのと、 ご家族や知人の協力も欠かせません。難儀苦労を学ぶ喜びにして、 新たな生活習慣を展開するために、自らの心を変化させながら、 積極的に教室に参加されるそのお姿は、本当に素晴らしいと思います。
このレベルまで到達する方は少数派なのかもしれませんが、 良くなる人はいます。どのレベルで良くなった、と考察するかで、 考え方は異なりますが、良くなる人には、思考や意識の変化に共通点があります。 その1つが、「病気をなおしたい!」「よくなりたい!」という心の強さです。
この、心の強さ、というのは、「なおしたい!」という意欲満々の強さではありません。 病気を治すのに必要な知識や情報を知り、理解をする努力ができたり、 学んだことを、自分の生活習慣の改善に活かすことができる、長期的な心の強さです。 自分で自分の心を変えることができる、心の強さです。 困ったことを素直に話すことができる心の強さです。 他にもいろいろあります。強さ、よりも大きさ、なのかもしれません。
生活習慣病の運動療法の研究をしながら、私が考えるようになったのは、 病気を予防したり改善したりする「こころ」の持ち方、つくり方でした。 私を11年も糖尿病治療の現場で育ててくださったM先生に心から感謝を申し上げます。
【写真:石上神宮の神鳥】


平成23年6月23日

自転車の練習風景

自転車って、いつ頃から乗れるようになったのかな? ご両親や祖父母に見守られて…、 自転車の練習をしている子どもを見かけるたびに、 応援する気持ちでいっぱいになります(^−^)!!
笑い声を発しながら、うれしそうに失敗をくりかえしている様子をみかけると、 私は、安心します。
いいよ〜♪ いいよ〜♪ その調子♪
わたしも同じ気持ちで、エールを送っています。 子どもの身体感覚は、愛情に包まれ感いっぱいで、 笑顔になれる心理状態で育成すべき。これは私の幼児教育の鉄則です。 技能の上達を支える「こころ」の安定感の必要性を、私達、身体教育のプロは知っています。だから、スマルモードの指導を精進しています。 愛情いっぱいスマイルモードの見守り心。大きな光りで包んであげる、そんなイメージです。
私が出会う自転車の練習風景に、そのスマイルモードの見守りパワーがあるのがわかると、 とっても嬉しくなります。特に、ご両親やご家族のスマイルパワーは別格。 (いいですよね〜♪)
といいながら・・・。
最近、愛あふれる見守りスマイル応援団をしているご両親が少ないように感じます。口先だけのノウハウ指導、上達を追求するコミュニケーションが耳に痛く聞こえます。それほどに、ご両親の心理状態が切迫しているのがわかります。 笑心地のエールを祈る気持ちで送り、その場を離れますが、胸が痛くなります。

【写真:伊勢神宮外宮の枇杷…撮影は5月です♪】


平成23年6月20日

乳酸菌と放射能

久しぶりに、なつかしい知人と長電話をしました。 そこで、肺の放射能物質除去に関する情報を教えてもらいました。 「コメのとぎ汁でつくる乳酸菌って知ってる?」
へぇ〜〜。そんなんで、つくるんだぁ〜。
早速、検索をしました。
放射能の「からだ」への影響はできるだけ除去する生活習慣にしたいですね。 私も、いろいろ調べては、実践をこころみています。 食生活は特に意識して実行したい、と思っています。 しかし、なかなか…食生活改良はムツカシイですね。 それでも、何かないかしら?と思っていたとこと朗報。 この情報は初耳!助かりました。
ご興味ある方は、「米のとぎ汁 乳酸菌」⇒検索 くださいませ♪
放射能物質の除去だけでなく、体内浄化を促進しますので、 「からだ」にいいと思います。 体質改善にもオススメの乳酸菌になるのではないでしょうか。 とはいえ、これからつくるので、失敗したりするはずです。 報告はしばらくお待ちくださいませ♪ 私の、今年の夏の自由研究は、コレ(乳酸菌研究)に決まり!!
楽しみです(^^)。
【写真:このペットボトルでつくります。】


平成23年6月20日

災害お見舞い

東日本大震災から3カ月が過ぎてしまいました。 被災者の皆様方のご健康と順調な復興をお祈り申し上げます。 ホームページづくりに精いっぱいで、災害お見舞いをブログでいたさず、大変失礼をいたしました。 お詫びを申し上げます。
先ほど、潟c塔xルのDMが届きました。 東日本大震災の特集でした。救急時に迅速に決断と行動をされ、組織力を活かしたご活動をされている企業の報告です。メディアで報じられていたこととは全く異なる見解もあり、心がふるえました。 私は、被災者の方々に対して物理的に行動する経済的余裕と健康や体力の余裕がなかったので、 日ごろから寄付行為を続けている組織を中心に義援金を送らせていただきました。
そして、全ての組織から5月末頃から、御礼状と共に報告書が届きました。 迅速な対応結果と今後の見通し等々…民間組織ならではの現実を目の当たりにした鋭いレポートばかりでした。 頭がさがりました。
心乱れる事態が続いております。 こんな時だからこそ、氣を円やかに、心を静めて事態に向かう必要がある、と思い直しました。
今日も被災地の皆様のご健康と心の癒しを祈り申し上げます。
【写真:今日届いたモンベルのDM(私はモンベル製品が大好きです♪)】


平成23年6月19日

サツマイモ(2)

先週のサツマイモ、今週はさらにグングン伸びました。 根っこも、よく伸びました。 日当たりが良いとはいえない、私の家の台所です。 それでも、よく伸びました。 夏の氣は本当に素晴らしいパワーに満ちています。 本当にありがたいことです。
感謝の祈りをささげて、感じてみましょう。

立秋するまで、この夏パワーを、 私たちは「こころ」と「からだ」に巡らすことができます。
活用したいですね!
感じてください、大自然の夏の氣を。
そして、「こころ」と「からだ」の掃除をしましょう♪

【写真:今日のサツマイモ♪】


平成23年6月19日

サツマイモ(1)

以前、水曜市場で買ったサツマイモ。 大きいので、どうやって食べようかな、楽しみだな、ってとっておいたサツマイモ。 立夏したら、芽が出始めました。 お水につけたら、ちゃんと根っこが生えてきて…。 先週の6月12日(日)、うれしくて写真をとりました。

私たちの「からだ」にある毛細血管や神経も、この根のように伸びています。 自然界のしくみと同じしくみが「からだ」にもあります。 勉強すればするほど…その不思議を知ることができ、嬉しくなります。 人間に生まれさせてもらって、本当によかったと思います。 ありがとうございます(^−^)! 「からだ」のしくみのページで、この喜びをご紹介できるようにがんばりますね。 しばらくかかると思いますが、お待ちくださいませ。
【写真:先週のサツマイモ♪】


平成23年6月19日

ラップのシン活用してね

先月末、大阪出張の際も大活躍!! レッスンで紹介したところ・・・。
「これ〜〜、気持ちイイィ・・・!」
「場所を変えると、ココもいい気持ちィ・・・!
私もそうです(^−^)。
どんなことを紹介したか?というと、 椅子に座って、ラップのシンを床に置いて、 足の裏をのせて、コロコロ・・・。 膝を小さく動かしながら、 コロコロ転がす体操です。

足の側面(外側と内側)もコロコロできます。
股関節が外また(外旋)の時は、足の外側をコロコロ・・・。
股関節が内また(内旋)の時は、足の内側をコロコロ・・・。
することができます。

この体操は、膝の小さな運動になりますので、 膝痛・腰痛さんは必須体操。
デスクワークが多い方にも、足の血行を促す知恵グッズとしてオススメ。 小さな刺激の繰り返しが・・・ 関節の動きを円滑にメンテナンスしてくれます。
私も、コロコロはよくやります。 忙しくなるのがわかっていたら、忙しい分「からだ」のメンテナンス時間がとれません。 12年前に交通事故に遭った私の「からだ」には必需品です。すっかり出張グッズ。
コツがつかめると、さらに血行良好♪ お試しくださいませ♪
【写真:私の愛用=ラップのシンたち♪】


平成23年6月17日

再会の楽しみと喜び♪

6月15日(水)は飛島善光寺別院「いきいき講」でした。 私に会うのを、心から楽しみにしてくださっている方々がいてくださり、 その気持ちを言葉で私に伝えてくださる方々がいます。 本当にうれしいです。 だから、私も心の底から「いきいき講」が楽しみで、楽しみでなりません。
そんな気持ち=イキイキ笑心地で伺いました。 今回も入魂の呼吸イラストを描いて資料にしました。 呼吸は氣の巡りを調整できる、素晴らしい「いのち」の仕組みです。 とはいえ、呼吸にかかわる筋肉をメンテナンスすることをご存じない方が多いです。 機能解剖学や運動生理学をもっと知っていただきたい!と強く思っています。 そうすることが、自然治癒力を高め、病氣を正氣に導く実践の助けになるからです。
ご本尊様の御前で、今回も熱意ムンムンに説明をさせていただきました。 そして、皆さんで、大笑いしながら「からだほぐし」を楽しみました。 フィニッシュは、副住職様の「こころほぐし」。 孔子様の教えをもとに、今日の私達の「こころ」の在り方をお説法くださいました。 私はドキリ!と反省しながら帰りました。 今回も、円やかな笑心地タイムでした。ありがとうございます。
【写真:久しぶり?再会のかなへびさん、と、本堂の入り口】


平成23年6月17日

肋骨開閉感覚!

6月8日(水)の水曜市場健康体操教室は、 呼吸(ブレス)調整体操と定番のリンパマッサージで、 ポカポカ良い気分のスマイルタイムになりました。 先月末に、私は呼吸(ブレス)コンディショニングの ワークショップでスキルアップしたばかりでしたので、 コレはやりたい!! と意欲と情熱と改善する確信をもって臨んだプログラムが、 肋骨の動きにクローズアップした体操。
正常な呼吸ができなくなっているから…、 代謝が正常に行われなくなっている。
(太りやすくてむくみやすい状態になっている)
(酸素が体内に取り込まれる割合が少なくなっている)
(筋肉が委縮して、弱化、硬化している)
このような状態にある「からだ」を細胞の代謝レベルで正常化するのが、 運動療法の目的です。 体調改善運動【コンディショニング】をして筋肉の働きの正常化を促します。
特に、梅雨時の「からだ」は不調になりやすいです。 この時期に、呼吸に関連する筋肉を整え、酸素の通りをよくする運動は必須。 同時に自律神経系の働きを正常化するリンパマッサージ体操も行い、 発汗を促して、体温調節ができる「からだ」にバージョンアップしたい時期。 そんなテーマを心に抱きつつ、「からだ」に 感謝の気持ちをこめて体操をしていただきました。
そこで、大発見!!
肋骨を開いたり、閉じたりする体操を体験してもらいたい、と個別フォローをしていた際、 うれしい発見を皆さんがしてくださりました。
「あ!腹筋が動いたのがわかった〜〜!」
「呼吸の体操をすると…腹筋が動く〜〜!」
「私、はじめて腹筋を使った感じがする!!」
この言葉の意味わかりますか?
皆さんが読んでいる腹筋は私達プロでは腹直筋と言います。 肋骨開閉の呼吸体操で意識していただきたかったのは、 別の筋肉でしたが、今回は結果OKにしました。
私達プロは当たり前に使っている筋肉たち。 実は、皆さん日常生活で活用できていない、ということがわかりました。
「どおりで、やせないわけだ。」
「今まで、腹筋に力を入れて!と言われていたけど、入ってなかったみたい!」
みんなで、笑い話になりました。
いいでしょう(^−^)♪
次回は、6月22日(水)14:00〜15:00です。参加費はお一人500円。
「からだ」の悩みを笑心地でみんなで乗り越える。とってもステキな水曜市場です♪

【写真:水曜市場で買ったものと、祖母の味を思い出して煮た空豆】


平成23年6月7日

新幹線でmyセルフケア

出張のある日の朝は、忙しいです。
早起きできる前日の過ごし方をすればいいのですが…。 何かと多用が続くと…、 私は「からだ」のメンテナンスタイムがつくれない日もあります。
日々のライフスタイルが安定して、
タイムスケジュールが決まっている人もいらっしゃると思いますが、 私はそれが当てはまらないライフスタイル。
2年前に倒れてから、朝の体調不良は定番化。
12年前の交通事故のダメージもあり、 私にとってフットセラピーは、毎日の体調アップに欠かせないセフルケアワークです。
いつ、どこでやる?
どこなら、できる(^−^)??
チャンスを探しては、実行しています。
今回も、周囲にお客様が見えない座席でフットセラピーしました。
むくみがとれ、足先までスッキリ!よかったです。
写真は、「指先モミモミ…♪」です。
足指先が気持ちいい〜感じレベルで、
それぞれの指先を、モミモミ…♪…と、5回ずつしました♪
【写真:新幹線でフットセラピー実演写真♪】


平成23年6月7日

健康づくりの場は色々♪

先日、舞阪の葬儀社、ふじホールで健康体操「ありがとう体操」をしました。 友引の日はご葬儀がないそうで、お話をいただいています。
私の周囲の方々は、葬儀会館は健康体操の場としては印象が悪く、 NGコメントをくださる方が多いですが、私は気にしていません。
確かに、ご依頼いただいた当初は、いろいろ考えました。
数年、いろんな会場でお仕事をさせていただくうちに…、 私の中でOKサインが深まりました。
世間の方々のお考えは十分理解できますが、 私が提案する笑心地(えみここち)の健康づくりは、 「いのち」や魂の存在を前提にした健康づくり。 場所を選ぶ必要はあるだろうか?と思ったら、気が楽になりました。 ご葬儀と一緒に健康体操をするのではありませんから、気持ちの整理がつきました。
私が伺う時は、ご葬儀のない時です。
確かに…いろいろな事情や課題はありますが、
「ありがとう体操」のご依頼をいただく、 ということは、何か意味があるのだと思っています。 確かに、巷の健康教室と異なり、貴重な体験をさせていただくことが多いです。
先日の、舞阪の健康イベントでは、ご参加くださった方々と 「生きていること」と「死ぬこと」について、 ほのぼのと…お話合いをしながら、「ありがとう体操」をしました。 皆さん、それぞれに心配な健康課題や悩み事がありました。
リンパマッサージや関節の調子をよくする軽体操をしながら、 いろんなお話をして…、 今の「からだ」がポカポカ温かくて、 呼吸をするのが気持ちよくて、 生きている感じが気持ちいい〜笑心地〜、 をみつけてもらいました。
笑顔で、安らかな臨終の時を迎えたい。
ご参加くださった方々の「からだ」が、そう言っているように思いました。
ご縁に感謝いたします(合掌)。
【写真:舞阪〜東海道 浜小僧と松波木〜】


平成23年6月7日

「いのち」を大切に…。

健康づくりに関して、子どもは、大人の生き方を、ズバリ!見抜いているなぁ。 そう思うことが、しばしばあります。 自分の「いのち」を大切にしているのなら、 日々の「からだ」が、病気にならないように、 調子よく過ごせるように、創意工夫をするはずでは?
いつの頃から、そう考えるようになりました。
言葉で、「いのちは大切」と言ってはいるものの、
じゃあ、日々の生活で自分の「いのち」をどのように大切にしていますか?
「いのち」を宿す、「からだ」を大切に思って、 調子よく快適に活動できるように情報を得て、 日常生活に応用し、実際に行動にしていますか?
と聞かれると、
私は、心の中に曇りを感じたりして、申し訳なく思うことがあります。
「からだ」には、理屈ではない次元があります。 行動の結果が、毎日刻々と露見します。
健康づくりは「いのち」に対して行われる日常の営みなのだ…。
私は、そのことを、子どもたちに再確認させてもらうことがありました。
「どうして、大人は自分のいのちを大切にしないの?」
「どうして、お父さんは、病気にならないようにしないのかな?」
「どうして、お母さんは、自分の健康より…私の病気ばかり気にするのかな?」
「どうして、先生たちは、腰痛や肩こりにならないようにしないのかな?」
「いつも疲れているんだったら、どうして、 本当に疲れがとれることをお勉強しないの?」
一部の子ども達は、わたしの投げかけに対して答えてくれました。
子どもたちを育てる立場の私達大人は、 自分の「いのち」を大切にする生き方=自分の健康づくりを考え直す必要があると思います。
【写真:伊勢神宮 内宮より♪】


平成23年6月7日

「なんで?」

「なんで?」「どうして?」と素直に考えることは、とても大切なことですね。 先日、久しぶりにお会いした方の話を聞いて、そう思いました。
(部下の)仕事の成果(報告)を見れば、 どのように思考して行動したのかがすぐわかる、と言われていました。
Aさん;
○○は●●でした。▽▽は▽▽でした。だから◎です。
Bさん;
○○は●●でした。▽▽は▽▽でした。ので、 ○○と▽▽の結果の理由を調べたら、〜^^^〜^でした。 だから**%%%は、◎○**++○でした。
・・・・・
AさんとBさんの報告は、途中から全く別の内容になりました。
AさんとBさんの違いは「なんで?」と思ったか否かだったそうです。 とちらが会社に有益な情報になるかは、わかりますよね。
このような話はよく聞く話ですが、健康づくりにも欠かせない思考です。
生活習慣病の改善教室では、この思考が病気を改善する思考になります。
ちょっとした出会いの場での会話ですが、私はとても参考になりました。
ありがとうございます。
【写真:大阪 万博記念】


平成23年6月7日

「からだ」は情報の宝庫

「からだ」に聞いたら、
教えてくれるよ(^−^)。
「からだ」は、いつも答えを返してくれます。
運動療法の現場では、それが指導プログラムのベースになります。 私自身もそうですし、私のレッスンを受ける方々にも同じ考え方で、 よくなるためのアプローチをします。「からだ」を動かしながら、 「からだ」を感じていると……、
「からだ」が、今、どうなっているのかがよくわかります。
加えて、 リンパの流れ、運動神経系の感度、筋肉の様子を感じながら、体操をすると…、 過去の記憶や思考、心情がよみがえってくることもあります。
これは、とても自然な営み。
「からだ」の声を聞きながら体操をしていると…。
「からだ」に記憶された、事情や心情、思考が、自然にわいてきます。
このことを、私は自然治癒力の一部のように考えています。 運動効果を引き出すために必要な情報をフィードバックしてくれるとともに 、改善に必要な「こころ」のヒントを提示してくれます。
その声を受け入れて、現実の「からだ」の状態が理解できると…、
筋肉の過剰な緊張がなくなったり、呼吸がしやすくなったり 、筋肉の動きがなめらかになったりします。 筋肉だけでなく、内臓の調子も変わったりします。
不思議ですね。
おかげで私は、理由なく「からだ」は悪くなったりしないことがわかりました。
「からだ」の手入れをしながら、「こころ」にも気が付くことができる。
これは、とっても大切なことだと思っています。
みなさんは、いかがですか(^−^)?
【写真:諏訪大社前社だと思います♪】


平成23年5月31日

気になる…子どもの姿勢

「うちの子…姿勢が悪いんです。」
「どうにかなる体操ありませんか?」
毎年…季節を問わず、よく質問を受けます。
様子をうかがうと…、 そこには、様々な要因分析ができ、様々な視点で改善課題があるのがわかります。 姿勢を改善するための調整体操や身体感覚の調整はもちろん必要になりますが、 姿勢については、運動では解決できない課題もあります。 体質の課題や、食事や生活習慣、心理的傾向や家庭生活環境などにも課題があります。 生き方や人生観も姿勢と関係する課題のように考えています。 実に、奥深い世界です。
それらをお話すると、「えぇぇぇ、そんなことも関係するんですかぁぁ!」 「姿勢って、簡単には改善できないのですねぇ〜。」と驚かれる方が多いです。
上述した内容で質問くださる方々の殆どは、 姿勢に関する知識や思考をご存じないために、 子どもの姿勢を改善するため、 「どうにかなる体操」で、どうにかしようとお考えになっていました。
私も自分の姿勢に課題や問題を抱えたまま子ども時代を過ごしました。
当時、大人は誰も教えてくれませんでした、 その不都合に対してアプローチができるようになったのは、 運動療法のプロの道を選択してからでした。
家庭でも義務教育でも教わることができない「姿勢」へのアプローチ。 気合いでどうにかなる、と言う人がいますが、 残念ながら私は、どうにかなっている人に出会ったことがありません。 ので、気合いで姿勢にアプローチをするのは、 私の研究課題BOXに入れたまま保留にしてあります。
・・・・・・
「お子さんが、いい姿勢になるように、お育てになりましたか?」
ときどき私は、このように言葉がけをお返しすることがあります。
子どもの姿勢を考えながら、大人の姿勢や生活習慣を考えていただきたい。
そう思うようになりました。
【写真:どこかの公園のバラ】


平成23年5月31日

雨の大阪「いのち」の時間

この時期、緑が豊かに雨にぬれる様子に心が洗われるような気がします。 雨の日は、私は好きです。 といいながら、週末、出張先の大阪で台風2号到来。よく濡れました。
濡れたけど…雨宿りをしながら、お寺の本堂で静かな時間を過ごすことができました。 広い本堂は私一人。
呼吸をしながら、
わたしの「いのち」も呼吸をしているように感じ…、
ご神仏も呼吸をしてくださっているようにも感じ…。
激しくなったり、おだやかになったりする雨音を聞きながら過ごしました。
こんな静かな時間は、しばらくなかったなぁ。 いいえ、違うな。
ここが祈りの場だから、静かなんだ。
私は、ご神仏は見えないけれども、確かにいらっしゃる、と確信をもっています。 魂の存在も確信しています。
呼吸をする時、授かった「いのち」を「からだ」で感じてみる。
呼吸コンディショニングとセットでそれを試みつづけています。
結果は…(^−^)♪OK♪笑心地です。奥野深い世界です。
専門知識でそれを補うことには限界がありますが、いろいろ調べて研究したら、 「いのち」を感じる呼吸法があるように思えてならなくなりました。
台風2号の大風と大雨の中、こんなに波風たっても、
心が穏やかで落ち着いていられるような「呼吸」ってどんなものだろう?
どんな「こころ」なのだろう?
いろいろ巡った久しぶりの大阪巡礼でした。
【写真:大念佛寺の本堂(この下で、雨宿り⇒フットセラピーしました♪)】


平成23年5月31日

呼吸コンディショニング

先日、「ブレス(呼吸)コンディショニング」6時間ワークショップを受講しました。
私は健康運動指導士と、コンディショニングインストラクターの資格を持っています。 今回は、そのスキルアップ講座。
私達が毎日当たり前に行っている【呼吸】は、 「呼吸に関連する筋肉を調整してあげないと…、調子よく呼吸ができないんですよぉ〜。」と、 コンディショニング(体調改善運動)理論を学んでから、 私は確信を持ってお伝えするようになりました。
このようなワークショップを開催してくださる、NCA(特定非営利活動法人 日本体調改善運動普及協会 さんに大感謝! ありがとうございます。
今回も「からだ」でナットク! その理論と実践方法を前回よりも1ランクアップで学ぶことができました。
今回のブレス(呼吸)コンディショニングで、 私のウエストは7.5cm減。←もちろん、今はゆるんでいます(笑)。
ボディラインを整え、内臓の調子を整えるのにこのメソッドは本当にお役立ちメソッドです! 「からだ」に備わっている筋肉の活用方法を、 お近くのコンディショニングインストラクターのレッスンで学んでくださいませ! オススメです。
この夏のプログラムに活用できるようにこれから再研究を始めますね!
NCA(特定非営利活動法人 日本体調改善運動普及協会)
【写真:講習会の資料】


平成23年5月25日

感じるほど良好♪

今日は、水曜市場【健康体操教室】でした。
午前中にお買いものに来てくださった、若い奥様が見学参加くださいました。 ありがとうございます!! 察するに…。肩痛が強くて大変お困りのご様子でした。 改善するために、がんばって肩をまわしておられる様子は 、首と肩関節の位置が正常な位置ではなく、改善というより、 悪化させるような動作でした。
見学の方の、肩の悩み事(肩コリ&肩痛&冷え)は市場の方々も悩み事。
ですので、今日の教室は、肩・腕ポカポカプログラムにしました。 定番の呼吸コンディショニングは胸郭呼吸のいい感じ♪体操をしました。 水曜市場の健康体操教室で経験を重ねてくださっている方々の中に、 初参加の方が加わり・・・始まりました。
そして、私は気が付きました。
経験を重ねた方々の「からだの感じ方」が良好に養われていることをです。
私が伝えたい「笑心地(えみここち」の感覚を、 自分の「からだ」の中でみつけるように体操をしてくださっているのがわかり、 うれしかったです。
この感じ方は良好な運動効果を引き出すポイントです。
「からだ」は、さわって、感じて、動かしてみないと、 調子がいいかどうかはわかりません。わたし自身もそうです。
「あ!こってる!」「筋肉が…イタイ!」 このようなネガティブサインに気がついたら、改善してあげればいいだけです。 そうしたら、ニコニコいい気持ちになります。
初参加の女性は、水曜市場の方々から、その「感じかた」を感じてくださり、 「からだ」の不調が良好になったようです。(よかったですね♪)
★次回の水曜市場の健康体操教室「ありがとう体操」は、 6月8日(水曜日)14:00〜です。参加費はお一人500円です。
【写真:家の観葉植物の葉っぱ】


平成23年5月24日

やってもらうのはいいね

5月18日(水曜日)は、飛島善光寺別院「いきいき講」でした。 今年2回目の「いきいき講」。通い始めて5年目だと思います。 のどかに広がる田園風景に、いつも心が癒されます。 そして、お集まりくださる方々の優しい心に、いつも癒され、 温かい気持ちで帰ります。 今回は、特別の温かく優しい気持ちで帰りました。
転倒予防ではなく、転び上手(転んでもケガをしないボディーコントロール) 運動として「からだあそび」をしていた時のことです。
出会ったときは5年前。お互い、年齢は5つ増えています。 うれしいことに、5年前よりも、「からだ」の動きが良くなって、 体操指導のレベルを上げてもOKの方が数人いらっしゃいました。
その方々は、「いきいき講」で学んだ体操を毎日行ってくださっていました。 (うれしかったなぁ。)
そこで、私は、私が感じたことをお伝えして、 レベルアップさん達向けに新たな体操(重心コントロール運動)を紹介しました。
そうしたら・・・どうでしょう???
最初はドキドキ…!少し難しそうでしたが、続けているうちに、OK!OK!OK! 「からだ」を動かす心地よさ、楽しさを満喫してくださいました。 ご本人もうれしかったと思います。
そして、最後に私がうれしかったのが、私の背中をさすってもらえたことです。
私は先生なので、教室中は参加者の方々の背中をさすってばかりです。 そんな私をいつも見てくださっている方が、「いきいき講」終了後、
「先生の背骨にありがとう〜してあげるね〜〜〜!」
と、温かい真心いっぱいの手を私の背中に当てて、さすってくださいました。
(うれしかったなぁ。。ありがとうございます!!)
・・・うれし話はもう一つ。 「いきいき講」で体験した「背中さすりワーク」を、 ご自身のお母様にしてくださっている方もいました。うれしかったなぁ。。
【写真:飛島善光寺別院の母子の祈りの像】


平成23年5月23日

恐竜のたまご

5月21日土曜日、「第13回かまくら市民の日フェスティバル」。 午前中、キッズコーナーのスタッフをしました。 そこで、「恐竜のたまごつくり」に出会いました♪
子ども達は、うれしそうに、楽しそうに、面白そうに… 恐竜のたまごつくりをしていました。
この恐竜のたまごつくり、超面白いワーク!! 大人達もすっかり、ハマってしまった様子でした〜〜! 私もその一人。 そして、発見。 このたまごつくりは、脳と運動神経への刺激が抜群です!!
筋肉に緊張やコリがあると、うまくシャカシャカできません。 (このたまごつくりには、シャカシャカ…シェイク動作があります。) 熱心に恐竜のたまごつくりをしている様子をみながら、 子どもから大人まで…「からだ」の様子を観察させていただきました。
そして、この「恐竜のたまご」は「こころ」も変化させる…不思議な「たまご」♪ 楽しかったなぁ〜〜。ありがとうございました。
このたまごつくり効果でしょうか?? 午後2〜4時の健康体操【ありがとう体操】は、脳光なステキな時間になりました。
フェスティバル実行委員の皆様、参加団体の皆様、御客様に御礼を申し上げます。
フェスティバルの様子
【写真:my恐竜のたまごつくりグッズ♪】


平成23年5月23日

体温調節機能はいかが?

「からだの体温調節機能が、良好に働くようにしていますか??」
新緑が濃い緑になった頃、梅雨が近づいてきた頃…。 健康教室や講演会でお話する機会が多くなるのが「体温調節機能について」。
メディアでは、不快指数等を例にして、熱中症予防や暑さ対策の注意喚起が増えますが、 「からだ」に備わっている体温調節機能を良好に刺激して、 夏の暑さに適応することができるような具体的情報が少ないように感じ、残念に思います。
(これはメディアの限界だと考えています。しかたがないですね。)

お金をかけて、衣食住や生活環境を暑さに備えて整えることは、確かに大切ですが、
健康体操でも、暑さ対策が可能です。お金もかからず電気代もかかりませんので、オススメです。 知りたい方は、お近くの運動指導のプロへご質問ください♪ 私は、次の4つをポイントにして、夏の運動指導をしています。
★良好な発汗
★良好な体液循環
★良好な脳リラックス
★良好な背骨や骨格の調整
これらは、運動生理学や運動療法の勉強をした運動指導のプロは、皆知っている内容です。 知りたい方は、お近くの運動指導のプロにお尋ねくださいませ。

私が健康運動指導士になった頃から、夏の暑さ対策は問題にされていたと思います。 15年くらい前です。その頃から、私は研究を続けています。 今は、上記の4つに加えて、夏と和合する「こころ」と「からだ」について再検討中。
夏の氣を感じて、「こころ」と「からだ」に夏の氣を巡らせることは大切な営みです。 自然を感じて…その氣を巡らせること。 簡単なようですが、これは人により次元が異なり奥深い世界です。 ということで、夏の健康づくりのご提案です。
夏の氣を巡らせて、
「こころ」と「からだ」を夏モードに切り替えましょう♪
暑さに和合できる「こころ」をつくって、感性や思考を養い、
暑さに適応できる「からだ」にバージョンアップしましょう〜♪

いかがでしょうか?
もちろん、食事内容や生活習慣も夏モードです♪
具体的な情報はまたの機会にしますね。
【写真:伊勢神宮外宮バス停の楠の木】


平成23年5月13日

もとには「もどれない」よ♪

よく耳にする言葉ですね。
「元のからだにもどす」って……。 「もとにもどる」と思いますか?
私の答えは「もどりませ〜ん!」(^−^)♪

産後のからだを妊娠前にもどす。
20代のからだにもどす。
病気になる前のからだにもどす。
事故に遭う前のからだにもどす。
入社した時のからだにもどす。

加えて、私は12年前に交通事故で顔面多発性粉砕骨折をしましたが、 「よく、顔をもとにもどしたね!」
このように、お言葉を頂戴するたびに、 12年前の顔の状態にはもどっていない現状とその理由くりかえし説明しています。

メディアでよく使用されていますし世間話でも多く活用されている言葉ですね。 学識経験者も活用されていますね。

計測できる数値で評価すると…「もどる」と表現してもいいのかもしれませんが、 私は健康づくりのプロ(研究家)ですので、 過去の「からだ」にはもどれないことを知っています。
細胞レベルで「からだ」や「いのち」について健康を考えて研究していくと、 数値のみの評価や外見に固執する健康思考はなくなってしまいます。
人生観のような思考がムクムク湧いています(^−^)♪

詳細は、またの機会にしますが、 病気のメカニズムや、良好な細胞の代謝を研究していくと、このようになりました。

一度、病気になった「からだ」は…、
病気になっていく過程と、病気になってしまった状態をからだは記憶しています。
(こころの状態もセットで記憶されてしまいます。)
病気が発症する以前の「からだ」に戻りたくても、 記憶を消滅させることはできません。
「こころ」の状態とセットで潜在意識の中にプールされていきます。
記憶した情報(感情や体験等)をもとに、今の「からだ」は制御されているので、 パソコンのデータを消去→リセットするようにはできていないのです。

サイズは同じでも、「からだ」の状態は異なります。 私は今までいろんな方々の病気の予防や改善を支援する仕事をしてきましたが、 その経験から「もとにもどる」という思考はなくなってしまいました。

同時に、私の「からだ」を通して、
「事故以前の状態にもどす」ことはできない、と知り得ました。

私の「からだ」に関して言えば、私は交通事故に遭った頃は27歳でしたが、 その頃よりも、今の方が、身体感覚はフレッシュですし、 顔のしわとシミは増えましたが、 笑顔の輝きキラキラ度は比べモノにならない程、パワーアップしています♪
内臓の調子も、筋肉の調子もいい感じです。
ただ、体力は27歳の頃より低下しました。
5年くらい前から積極的なトレーニングを止めたからです。

何を「ものさし」にして考えるかで、物事の表現は変わります。
ですが、幸せな人生を考えた時、サイズで「からだ」を評価することよりも、 「健康のものさし」のクオリティを上げることが必要な時代のように思います。

【写真:ブンブン紅茶店のジャスミン(いい香り♪)】


平成23年5月12日

教わり方がポイント♪(その1)


「先生」と呼ばれる立場は大変だなぁ…って思うことは多いです。
子どもの頃の「先生」のイメージは偉大でした。
とはいえ、その立場になってみると、
「先生と呼ばれるのだから…」といろいろ考えたり、 反省したりの毎日で、いろいろと気をすり減らして、疲れたりしたことがあります。

……そのうちに、自分の器量を超えることはできないことに気がついて、
「先生とは呼ばれているけれど…」の立場になっている今日この頃です。

諸論いろいろありますが、教え方については研究が盛んに行われているように思います。
私の業界(健康教育、運動指導等)でも、参考になる情報が多くなり、 現場のクオリティが上がっているようです。

ところが…「教わり方」については、あまり研究されていません。

「教わり方」は「教え方」よりも、分析が複雑で実にムツカシイ領域のように思います。
とはいいながら、単純明快であったりもします。 あまり深く考えると鶏と卵のような関係のようになってしまうので、 深く追求はしていませんが、健康づくりには非常に大切な項目です。
健康体操を教わっている時は、運動効果を左右します。

先日、都内での健康体操教室の時…。
私のレッスンを始めて体験された方の様子をみて、 この「教わり方」について再度考えさせられました。

私達が、運動を教わる時は、
日常生活習慣と過去の経験をもとにして、 自分で自分の「こころ」と「からだ」を活用して、
運動効果を引き出す方法を体操をしながら体験をしていきます。
健康づくりや病気の予防&改善を目的に体操(運動)をする場合は、 体操をする前よりも、体操をした後は、
少しでも…(^−^)…
「こころ」が輝いたり、
スッキリ清らかだったり、
和やかだったり…
というような、
ポジティブで明るくなりたいです。

そして、
「からだ」は、
呼吸が心地よく、深くできて、
ポカポカ温かくて…心地よくて、
動きやすくて軽い、
自然な動きが可能な感じがして疲労感がない…

というような、 ポジティブで、内臓の調子がよくて、運動神経の感度が良好な…状態になりたいです。
このような運動は、誰にでも可能です。
故に、運動療法は動く薬とも表現されています。 「からだ」に備わった自然のチカラを引き出せるかどうかは、 指導者の「教え方」の器量と、 参加くださる方々の「教わり方」次第です。 この融合が、大変素晴らしい、学びの時間をつくってくれるように考えています。

【写真:鶴岡八幡宮の桐(いい香り♪)】


平成23年5月12日

教わり方がポイント♪(その2)

先日のレッスンでは、フットセラピーを行っている時、 私は、初参加者の方(Tさん)に、言われました。

その日は、排泄を促してむくみを改善する反射区と 自律神経の働きを調整する反射区をテーマに丁寧に足や指を触っていました。
加えて、脳のリラックスもしていただきたいので、 ゆる〜くいい感じモードでインストラクションしていた時です。
「もうおわったから、いいの。」
と、Tさんは、フットセラピーを止めてしまわれました。
私は最初から気がついていました。

一つの動作に集中ができず、
自分の過去の経験で体得した体操方法でパッ!パッ!と行われていました。
下を向いて、黙々と…体操をされていました。
私からみると、運動効果を引き出す行動とは逆効果の体操方法でした。
(ありゃりゃ〜〜〜!こりゃタイヘンだわぁ。様子をみてチャンス待とうかなぁ…。
そんな気持ちで、他の方々のフォロー指導を優先していました。)

他の方々は、足を触るのが心地よくて、いい気持ち〜〜(^−^)♪でしたが、
Tさんにはそんな心地よさはなくて、無表情でした。

かわいそうに…お辛いでしょうねぇ…と察しました。
首と肩、股関節周辺の筋肉の過緊張があるように見えました。
初参加で緊張されていたのでしょうか?
察するに…「からだ」はお辛いご様子です。私ならすぐ不調和を口に出してしまいます。
フィットネスクラブに通ってらっしゃると言われていましたが、 体操慣れはされているご様子ですが、そのクラブ指導者の問題でそのようになったのでしょうか? いろんな考えが頭に巡りました。

Tさんの「もうおわったから、いいの。」の一言に、 私は、過去の経験が全て凝縮されているように思いました。
そこで、私は、Tさんのからだの状態を確認しました。
そして、フィットネスクラブ等でのレッスン時の指導者の教え方について質問をして、 Tさんの「からだ」の現状について、私の観察結果をお伝えして、 私だったら…○○します等の指導アプローチ策をいくつかお話しました。
それと、運動効果を引き出すための「からだ」の感じ方のコツを紹介して、 どんな「こころ」でレッスンしてほしいかをスマイルモードでお伝えしました。

すると…(^−^)Tさんは素晴らしいです!
私の言葉を素直に受け止めてくださりました。

その後のレッスンでは、徐々に…私の指導方を受け入れてくださり、 リンパマッサージや骨盤の調整体操などをしているうちに…、 からだが心地よくなる感じがみつかったご様子で、 ニッコリ笑顔でリンパマッサージをされていました。

嬉しかったなぁ。

そして、もっと嬉しかったのは…、
Tさんのニッコリを感じた他の方々も、それを察してニッコリされていたことです。

ちょっとしたことで、「教わり方」が変わります。
今回のTさんレポートは結果良好⇒笑心地になりましたが、 実は、そうでない時もあります。
悩みのレポートは別の機会にしますが、
「教わり方」の世界は不思議な世界。心の向け方開き方で結果をつくります。 「教わるよろこび」は「こころ」の糧になります。
「からだ」の未来をつくります♪
よろしければ、皆さんもお考えになってくださいませ。

【写真:竜宝寺トンネル下に落ちてた桐の花(いい香り♪)】


平成23年5月1日

「からだの声」をきく感性♪

4月27日の鎌倉市玉縄小学校近くで、
毎週水曜日に開催されている、 水曜市場の健康体操教室は和やか円やかに無事終了しました。

定番の「ありがとう体操」。

リンパマッサージ体操を行いながら「からだ」に「ありがとう〜〜!」と、 感謝の気持ちを伝えます。
季節の変わり目なので、丁寧にさする体操をしました。
「これ、気持ちが良い〜〜。」「いい気分で眠くなってしまう…」 からだを触っていると、このような心地よいツブヤキが始まります。
同時に、心地よくない…ツブヤキも始まります。 「からだ」に老廃物が蓄積して、筋肉が硬くなり、動きが鈍くなっている部位があると、 皆さんそれぞれに、状況を口に出してくださいます。

「ああ、私はこっちの肩が硬いのよ〜♪」
「わたしは、右腕が上がらないのぉ〜〜!」
「あぁ、こっちは足が開かない…!硬い〜痛い〜〜♪」

水曜市場健康体操教室では、リンパマッサージと老廃物を流して血行を良くする体操をしていると、 このようなツブヤキが自然に出てきます。これはいいことです。

この現象は自分で自分の「からだ」の声を聞く事ができている証拠。
運動指導のプロは、このネガティブなからだの声を調子よく誘うのが仕事です。

運動効果を引き出すために必要な身体感覚(感性)が、
この「からだの声」です。

全員ではありませんが、最近このようなツブヤキが増えたことが嬉しいです。
今の「からだ」の状態を確認するには、動かして、感じてみないとわかりません。
未病のうちにそれを除去して改善するチカラは、自然治癒力のスイッチを入れる大切な行いです。
自分都合の動かしたいように使っている「からだ」には、必ず日常生活の癖がでます。
動き悪くなってから、痛んだり、日常生活に支障ができてから、気がついて 「からだ」をメンテナンスしはじめるのでは、遅い!と私は実感しています。
何事も、起こってからでは遅い、と言われますが、「からだ」も同じです。
とはいえ、「からだ」に難儀が起こってから、 「からだ」のメンテナンスを始める人は沢山います。
私もその中の一人(^−^)。

「からだの声」は自然治癒力の働いている証拠。
それをどのように感じて、考えて、正しい知識をもとに行動していくのかが、 改善のポイントになります。

予防に行う場合も同じ。
私が出会う方々は、もうすでに治療として運動療法が必要な方と、 健康体操がきっかけで、「からだの声」に気がついて早い時期に解決方法を知り、 生活習慣として実践してくださっている方と…いろいろミックスです。
軽度な方、重篤な方も混在します。
水曜市場も軽度〜重篤な症状な方々がいらっしゃいます。 人生いろいろ、「からだ」もいろいろ…♪人柄も性格もいろいろ…♪です。
そんな皆さんとのコミュニケーションがとても楽しい時間です♪
水曜市場の健康体操教室に参加くださる方々に、 「からだの声」を感じる感性が芽生えていることを嬉しく思います。

新緑のパワーを得て、参加くださる皆様方のこの芽生え感を、 誘うことができるように精進したいと思います。(^−^)。

★次回は、5月11日(水)14:00〜15:00 です。参加費はお一人500円です。ご興味のある方は水曜市場でお尋ねくださいませ♪



平成23年4月20日

ちょっと違う健康体操?!

水曜市場は完売閉店です。 今日、私が行ったときには写真のネギと梅干し1パックがありました。 賢い人は前日(火曜日)の夕方に、買い物に来るそうです。 ほしい野菜や卵などは予約をしておくと、手に入ります。 私もそうしようかしら、と思いました。
先週の4月13日の水曜市場【健康体操教室〜ありがとう体操〜】は、 のんびりリラックスモードで体操をしました。
リンパマッサージが大好評でうれしいです。

私の紹介するリンパマッサージは、体操とミックスで行うことで、 筋肉の感覚(運動神経)に良好な刺激をすることが目的。
自然治癒力を高めることが目的の体操やセルフワークなので、 ちょっと愉快な…動きをしたりします。
「一般的な健康体操とはちょっと違うわ♪」とよく言われます。 とはいえ、病気の治療を目的とした運動療法の立場では、これは当然のプログラムです。

運動不足だから病気になる、という考え方はNG。

病気になっていく過程で・・・「こころ」と「からだ」に何が起きてしまったのかしら? と考えてみると、そこには「いのち」の素晴らしいしくみがあるように思います。 ちょっと思考を変えて、行動すると「からだ」は応えてくれます。 参加くださった方々から、「こころ」や「からだ」のちょっとした変化や実践の報告を聞く度に、 うれしくなります。
★次回は、4月27日(水)14:00〜15:00 です。参加費はお一人500円です。ご興味のある方は水曜市場でお尋ねくださいませ♪



平成23年4月19日

タンポポ茶について

私の家から竜宝寺の前を通っていくと、トンネルの手間は花盛り♪ ちょうど目の高さにタンポポが咲いていました。 ブログに載せよう!と思い、撮りましたが、写真撮影の難しさを知りました。 ・・・私の心がキャッチした、このタンポポの咲くイメージとは違う印象で撮れるのですねぇ。 しかたがないので、諦めましたが、ブログやホームページを持つということは、 アクセスくださった方々へ写真でアピールすることができる利点があります。 これから、すこしずつ慣れていきたいと思います。

タンポポは薬効のある植物です。 葉の活用法を以前、調べたことがありますが、すいません、忘れました。 通称“タンポポ茶”もしくは“タンポポコーヒー”、 “ダンディライオン”という名でご存じの方も多いと思います。 体内浄化にオススメのお茶です。 嗜好品の珈琲と色が似ているからでしょうか、 「コーヒー」と表現されています。ですが、違います。ノンカフェイン。 胃腸にやさしい薬草茶です。 薬効がギュっと詰まっている根を乾燥させ、煎ってあります。 薬草茶・ハーブティに関する本は手元にいろいろありますが、 大きく、まとめると、体内浄化に効能があるようです。私はよく煎じて飲みます。 助産院で紹介されて母乳育児に活用している女性も多いですね(^−^)♪ 冷え体質の改善、むくみ、便秘、アレルギー、解毒等々・・・様々な薬効があるようです。 もちろん、男性にもオススメです。 私は肝臓と腎臓が弱い体質のようで、一年中愛飲しています♪ あぁ…!失礼しました!このように書いておきながら、今日はヨモギ茶を煎じて飲んでいます(笑)




平成23年4月7日

レモングラスはいいですよ

昨日は、水曜市場に買い物へ出かけました。 私が、鎌倉ブランドの野菜を知ったのは、この水曜市場です。。 新鮮・安心・安価の3拍子そろった美味しいお野菜や卵、お漬物があります。 加えて、有機栽培のレモングラスあったりします(^^)! 有機栽培シリーズ?は他にもあります。梅干しやマーマレードなど・・・。
ずいき、切干大根もあったりします。 ・・・いつもあるわけではなくて、 その時仕入れた旬のものばかりなので、季節を味わう楽しみがあります。
私の楽しみは、イキイキ元気な市場の皆さんの超ニコニコ笑顔です。
写真は、レモングラス(250円)。私は薬草茶(ハーブティ)が大好きです。 いろんなメーカーのレモングラスを購入したことがありますが、 水曜市場のレモングラスは新鮮で香りが強くて…お気に入りです。 安価なのと、国産(たぶん…葉山産?)で安心なのも見逃せませんね(笑)。 胃腸の調子がスッキリしない時や、疲労で身体が熱っている時や、 風邪でのどがイガイガの時などに飲んでいます。お風呂・足浴にもいいですよ♪ ・・・・・・・♪

レモンに似たさわやかな香りが特徴で、 消化を促進させて、疲労を回復する作用があるといわれています。 ドライハーブのレモングラスは、殺菌作用、腹痛・下痢・頭痛・発熱などに効く薬としても利用されています。 (「ハーブ&アロマ事典」佐々木薫監修、大泉書店)



平成23年4月5日

報国寺のお抹茶

鎌倉に越して、2年が経ちます。あれ?3年だっけ?あとで計算してみます。
まだまだ新参者ですが、鎌倉スピリットを持つ方々に出会える幸せを楽しみに暮らしています。 観光地の鎌倉ではなく、鎌倉をこよなく愛し、人生の源にしておられる方々に学ぶことは大きいです。 友人や知人に「鎌倉の○○行った?」と聞かれても、まだよくわからないところが多いので、 「るるぶ鎌倉」などを参考にして、出かけ始めました。
写真は昨年の12月に訪れた報国寺です。竹林の奥で、お抹茶をいただきました。 静かな時間でした。が、冬の夕暮れは早くて・・・お抹茶をいただき終えた頃は、 うす暗くなりはじめていました。次回は、早い時間に出かけようと思い帰りました。 とても、心がホッ♪とする一服でした。ありがとうございます(^−^)
今日から、ホームページの作業を再開しました。ああぁ・・・。どうしよう?困ったなぁ?の連続ですが、ブログの更新ができました。あぁよかった(^−^)♪



平成23年1月1日

新年の雪かき

今年の始まりは、大雪でした。私の実家は鳥取県。
年の瀬に急に…ドンドン…と…ふりふりふり積もりました。 明けて元旦の朝、黒雲の塊がちょっと動いてくれて…お日様サンサン良い気分。
おもいっきり雪かきして、姪っ子達と遊びましたよ♪
思いだして、書いています(^^)。実は、今日は4月5日(月)。
大変な一年がはじまるんだぁぁ・・・。そんな予感のする元旦でした。
写真は雪かきの途中(?)の写真です。川へかいた雪を運ぶ前に、 一時的に雪を積み上げていましたが・・・。姪っ子達が穴を掘り始めてしまい・・・。
私も楽しくて雪を崩して遊んだ一枚です♪
楽しかったケド・・・この後が大変でした。遊んだ分、散らかった(?) 雪をまた集めて川へ運ぶ(投げ入れる?)作業で汗ブルブル、 お腹ぺこぺこになりました(^−^)。
Copy right ありがとう体操  all right reserved  岡村聖子  Since 2011.Feb